[海外映画]シックス・センス


THE SIXTH SENSE
  • びっくり
  • 考えさせられた
  • 感動
  • 悲しい
RSS
注意: これは海外映画版。その他メディアのページ: 文学:シックス・センス
海外映画総合点=平均点x評価数43位5,177作品中総合点55 / 偏差値91.75
海外映画平均点206位617作品中平均点1.25=良い/44評価
1999年海外映画総合点2位87作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
ストーリー1.75(とても良い)8
映像1.50(とても良い)8
声優・俳優1.50(とても良い)8
キャラ・設定1.38(良い)8
音楽0.50(良い)8
びっくり75%6人/8人中
考えさせられた62%5人/8人中
感動62%5人/8人中
悲しい50%4人/8人中
怖い38%3人/8人中
もっと見る
属性投票する
1999年 アメリカ
配給:東宝東和
監督・脚本:M・ナイト・シャマラン
製作:フランク・マーシャル キャスリーン・ケネディ バリー・メンデル
日本 公開開始日:1999/10/30(土)
海外 (アメリカ):公開開始日:1999/08/06
18,3114744
最近の閲覧数
21102123411190
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2018/11/06 / 最終変更者:634 / その他更新者: シューゴ / 提案者:宝家義頼 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/01/13 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:83(62%) 普通:35(26%) 悪い:16(12%)] / プロバイダ: 10318 ホスト:10332 ブラウザ: 4721
【良い点】「秘密」は2つあり、1つは途中で明かされるが、もう1つは観客が見つける仕組みになっている。ヒントは多数あり、最後に「種明かし」のシーンもあるのに、それでも分からない人が出る構成の巧さ。
もう1つの「秘密」が分からなかった人も「感動」すること間違いなし。

【悪い点】本作のできがあまりによかったので、同じ監督の作ったこれ以降の映画が「駄作」に見えること。過度な期待の弊害!

【総合評価】「シックス・センス以来の衝撃のラスト!」をキャッチコピーにした映画は多数あります。
このキャッチコピーには該当しないが、今回久しぶりにDVDをみて思い出した別の映画との比較も書きました。1つは洋画で「パッセンジャーズ(2009)」、もう1つは邦画で「いま、会いにゆきます(2004)」
以下、これら3作の「ネタバレ」です。







「パッセンジャーズ」は「シックス・センス」の影響を強く受けているように感じました。主人公が「すでに自分は死んでいる」のに気づかないこと、「他の人の指摘でそのことを理解して消えること」は同じです。違いは「パッセンジャーズ」では上映時間の大半を「幽霊たちだけの世界」を描いているのに対し、「シックス・センス」では「幽霊がこの世にふつうに存在」します。カメラの視線は主人公のマルコムまたは少年コールの視線そのもの。「パッセンジャーズ」の描き方は容易にできるが、「シックス・センス」は観客に気づかせずに描くことがいかにたいへんか分かると思います。

「いま、会いにゆきます」は、設定が一部「シックス・センス」の真逆です。観客が「幽霊」だと思っていたヒロインは実は「その瞬間は」生きていた。また、「いま、会いにゆきます」は観客を2度泣かせますが、「シックス・センス」も2度泣かせます。「いま、会いにゆきます」では1度目は母親(ヒロイン)と息子の別れの場面、2度目は女性(ヒロイン)から男性へのプロポーズの場面。「シックス・センス」では1度目はコール少年と母親が互いに相手を理解できるようになり和解する場面、2度目は全てを悟ったマルコムと妻との別れの場面です。

最後にこの映画の評価ですが、「最高」がふさわしいと思います。

2018/10/23 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2164(50%) 普通:1088(25%) 悪い:1088(25%)] / プロバイダ: 35550 ホスト:35531 ブラウザ: 5173
「ダイ・ハード」等のアクション映画俳優のイメージが定着しているブルース・ウィルスが
抑えた演技により精神科医マルコムという稀有なキャラクターで成功を収めた作品。

本作はサイコサスペンスの側面があるが故にラストに明かされる事実もありますが、
既に指摘されているように、それは結末を飾るサプライズ以上ではなく
本質はマルコムと霊視能力を持った少年コールが互いを救済する「共感」の物語でした。

苦しんでいる人に対して傍で見て可哀想と思うのは当然の感情ですが、そういった「同情」は極論を言えば誰でも出来る。
相手と向き合い、その苦悩を我が事のように受け止め「共感」しながら力になっていくのは大人でも大変な事で
良い方向に作用すれば互いに励まし合えるが悪い方向に作用すれば互いに精神的に参ってしまう。
このため被災地の支援者や末期癌患者及びその家族に関わる医療従事者等は
「共感」を重視しながら一定の所で線を引き適切な距離をとっているものなのですが
本作は容易にコントロールできない霊視能力の設定をストーリーに上手く生かしています。
また、それを上手く表現するブルースと子役のハーレイは見事な演技でした。

ストーリー上で難を言えば霊視能力を持ったコール以外の子供も非現実的なキャラが多かった事でしょうか。
俳優志望だからといってアルバイトでコールの友人を演じるガキとか、
継母に殺される現実を淡々と受け容れながら隠しカメラを仕掛ける少女とか。

評価は「良い」で。

2017/07/27 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:33(60%) 普通:4(7%) 悪い:18(33%)] / プロバイダ: 14667 ホスト:14568 ブラウザ: 9175
サスペンスやホラー扱いされることがありますが、純粋なヒューマンドラマとして観てもとても良いです。
ハーレイとウィリスに注目されがちですが、コールの母親役であるトニ・コレットの演技が素晴らしかったと思う。
息子が理解できずに苦悩する女性を上手に演じていた。終盤のやっと息子のことが理解できた時の「Did I meke her proud?」のセリフは何度聴いても涙を誘う。

2016/09/04 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:287(51%) 普通:83(15%) 悪い:197(35%)] / プロバイダ: 2620 ホスト:2469 ブラウザ: 8795
【総合評価】
ネットで映画の評判を調べたり、名作は何だ!と調べて映画を見ようとするなら必ず目にしてしまう…恐ろしいのは大抵オチもセットで知ってしまう事だ

これはこの映画に限らず猿の惑星も今となっては見るより先にオチのほうが目に入ってしまう事が多い
かくいう私もネットでオチを見てしまったうちの一人で、名作であるにも関わらず長年視聴を避けてきた
シックスセンス?オチ知ってるからいいよ!ってな具合に

それでもなんだかんだ言って誰もが名前をあげる映画だから見ておこうと思って視聴したわけだけれど…結構良かった
オチの実は○○でしたーの部分はさして重要ではないんですね…
いや、重要ではあるけれどそこはメインでは無い!が正しいか

あくまでもメインはカウンセリングのマルコムと誰にも言えない特殊な悩みを持ったコールのヒューマンドラマだったように思う
心温まるというより、最後に登場人物らの心情や立ち位置を全て理解したうえで考えさせられてしまう。もう一度見たくなる。道徳的なお話になっている
これがホラーとして扱われているのは不思議だし、特典映像の告知映像での全米震撼!も疑問しか浮かばない
全く怖くないと言えば嘘になるし、霊的なシーンが0だとは言わないが、ホラーだから…と避けられてると思うと少し残念だ

じゃあ何なんだろうと言うとマルコムとコールが前進する話になると思う
マルコムは自分が奥さんと上手くいっていない、家に元相談者が襲撃してから悩んでいる
コールは自分が学校で上手く行っていなくて尚且つ誰にも悩み、秘密を明かせずに悩んでいた
悶々とした思いを抱えた二人が噛みあっていくまでの過程も説得力十分で、淡泊ながらに二人が信頼していくことに納得がいく
マルコムが家庭の悩みを打ち明ける流れもごくごく自然
カウンセラーが悩みを打ち明けるなんて普通は変なシーンになりかねないのにね。それだけ描写が淡泊でありながらも丁寧だと言いたい

幽霊たちの声も聴いてあげよう、からの流れは特に好きでぎこちなく残された遺品のテープを渡す時の頑張って実行した感がすっごい好きです
この子役の演技は言うまでも無く最初から最後まで良い。
全体的にぎこちなく震えがちに見えるがそれも恐らく演技 秘密を抱えた何かに怯える少年としてはベストマッチ
あまり確信めいた事を言いたく無いので避けてしまうと私が言えるのはこれまで、ストーリーとしては今では珍しくは無いと思うが是非見て欲しい

2016/04/14 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6657(87%) 普通:560(7%) 悪い:407(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:22077 ブラウザ: 1975(携帯)
「ダイハード」シリーズ等でお馴染みのブルース・ウィリス主演のサスペンス映画でしたね。

主人公は子どもの心の病を治す医師として活躍していたものの、あるときに自宅でなにやら物音がしたので、浴槽へ行ったら、かつて自分が担当したヴィンセントという患者が、どうして自分を置いていったんだと問いかけてきた挙げ句に拳銃を発砲してきて、主人公はその胸に銃弾を受けるものの、なんとか一命を取り止めます。

それからしばらくして今度はヴィンセントに似た症状を持つ少年と出会い、同じあやまちを繰り返さないと言わんばかりに奔走するわけですが、途中、単なる再生の物語かなと思いきや決して一筋縄ではいかない内容だったのが特徴的でしたね。

少年の治療のために家族を顧みずに奔走していた主人公でしたが、そればかりに注目していたせいで、すっかり見落としていたものの、最後の最後で衝撃の事実が明らかになったときは鳥肌物でした。

また、一見すると心温まる内容かなと思いきや一方で人間の闇の部分も描かれており、それらが絶妙なバランスでまとまっていた良作だったなと思います。

最後に、評価になりますが、「とても良い」とさせていただきます。

2015/07/22 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:533(58%) 普通:229(25%) 悪い:158(17%)] / プロバイダ: 1605 ホスト:1372 ブラウザ: 7913
【良い点】
・良く練られたストーリー構成と結末
・オスメントくんの真に迫った演技
・二度おいしい

【悪い点】
・二度目を観ると、ちょっと粗も感じる

【総合評価】
16年ぶりに機会があって二度目を視聴したが、一度目とは違う楽しみ方ができた。一度目は公開当時も話題になった、あの結末を楽しむのが醍醐味
だが、二度目はその結末を知ったうえで各人物がある場面で放ったセリフや行動、表情をじっくりと堪能する楽しみが得られる。特にオスメント
くんやブルース・ウィルスの奥さん。そういう意味では二度おいしい作品と言える。

最後のタネあかしについては賛否あるのかもしれないが、自分の場合は気付かなかったし、あの終わり方は満足のいくものだった。そしてその結末
に向かって進むストーリー構成は良く練られていたと思う。

一度目はどうにかタネを明かそうと躍起になって観ていたので気づけなかったが、ホラー・サスペンスとしてだけではなく、親子や夫婦の人間ドラ
マとしてもなかなかぐっとくるものがあった。オスメントくんと母親が車中で祖母について話すシーンなんかはちょっと泣けてしまう。

死者を扱っていながら再生をテーマとしているような、ホラーともドラマとも言い難いような、不思議な魅力を持っている映画だと思う。

2013/02/14 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:363(71%) 普通:78(15%) 悪い:73(14%)] / プロバイダ: 17361 ホスト:17537 ブラウザ: 5387
【良い点】
☆オスメントの演技。
☆やっぱり驚愕の仕掛け。
自分は気づきませんでした。
どんでん返しがある作品に触れる時は鈍感になることにしてるのでw

【悪い点】
★やっぱりネタバレしちゃうと見る気起きないだろうということ。
知り合いにバラされて見るのやめちゃった人がいます。

【総合評価】
真相を知った時「あっ!」って叫びました。
なんで気づかなかったんだろうと悔しさもありましたけど
この仕掛けは見事ですね。

真相を知って二回目見たら別の楽しみ方ができるんだろうけど
そこまでの気力は起きないです。

2012/08/07 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:773(60%) 普通:341(26%) 悪い:179(14%)] / プロバイダ: 6368 ホスト:6078 ブラウザ: 9615
有名な映画ですね。
前々から名前だけ聞いていて、ラストが衝撃!な映画らしい…との事で見る前から気になっていた作品です。
実際見終わった後はあのラストに「あー…やっぱり」と思ってしまって…あんまり驚けなかったのが残念です
でもまあ、それでも面白い映画です。
ラストが分かっていても面白いですが、できれば変な期待はせずに見た方が良いと思います。

2012/06/11 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2159(58%) 普通:744(20%) 悪い:833(22%)] / プロバイダ: 15458 ホスト:15408 ブラウザ: 7541
全体的に地味でどんよりした雰囲気を持っていますが、面白かったのは確か。
マルコムとコールの交流や、それぞれの持つ問題を解消していく様子は非常に良かったと思うんですが、ラストは「ああ、やっぱりね…」くらいにしか思いませんでした。
意外性はない。バレバレの伏線で、あんまり隠れてなかったので、もっと工夫が必要だったかもしれない。
でも、そういう引っ掛けなしのドラマとしては非常に感動しました。

特に良かったのは、コールが劇の重要な役割を担ってみんなに祝福されるシーン。
この映画には、結構感動するシーンが多かったんですが、ここが一番好きですね。前向きで。
他は死んだ人間の思いとかによる感動なので、これから生きていく人間の起こした感じが良いです。

あとは、コールの母親が、コールの口から祖母の想いを聞くシーン。
号泣したのはココです。ベタだけど結構泣いた部分です。
全体的にホラー・サスペンス調だったけど、こういうのをもっと増やしても良かったんじゃないかな。

ラストシーンは、なんだか中途半端な部分もあったように思います。
というか、すごく不自然な終わり方に思ったので、もしかしたら「水曜プレミア」がカットしたのかもしれません。
「え?この後、コールと会わないの?」ってちょっと思いました。
コール側のエピソードは感動的なのに、マルコム側はショッキングな終わり方でしたし…。

2012/01/30 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:363(80%) 普通:53(12%) 悪い:35(8%)] / プロバイダ: 11729 ホスト:11834 ブラウザ: 4788
【良い点】
キャストが素晴らしいと思いました。オスメントの鬼気迫った表情がとても印象的でした。
コールの秘密、ラストのある秘密の暴露など構成が精密で上手いなぁと感心しました。
終盤のコールと母の車での会話のシーンがとても気に入っています。母の涙につられ少しホロっときました。

【悪い点】
展開が所々急に感じました。アーサー王の劇のシーンとか急にトミーがしょんぼりしててあれ?ってなりました。
冒頭のブルース・ウィルスのメッセージが僕にはあまり良くなかったかもです。頭の隅っこでより先読みしてしまい、ラストでの衝撃があまり無かったです。

【総合評価】
構成、キャストの演技力が合わさってかなり良い作品に仕上がっていると思いました。

2011/09/11 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 13618 ホスト:13725 ブラウザ: 11752
【良い点】
・ある秘密がコールにある事
・出だしからホラーな事。
・孤独を2人で共有する事。

【悪い点】
過去に挫折した事からマルコムが弱音吐く事。

【総合評価】

コールは救われるんですがラストは意外でした。

2011/08/21 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:882(66%) 普通:353(27%) 悪い:93(7%)] / プロバイダ: 31188 ホスト:30920 ブラウザ: 7291
オチ自体はそれほど驚きはありませんでしたが、オチを成り立たせる脚本と演出が大変素晴らしかったです。
後半ただの感傷的なストーリーで落ち着いてしまったのはすこいざんねんでしたがそういうものとしてみれば良い作品だったと思います。
オチの素晴らしさと脚本、演出の巧さという点でアイデンティティーという作品が素晴らしいのでおすすめしときます。
それとこの作品が笑いの種として使われている作品で『オーシャンズ12』なんかもどうでしょうか。ブルース・ウィルスもカメオで出演していて笑えます。

[推薦数:1] 2011/07/10 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:728(64%) 普通:178(16%) 悪い:225(20%)] / プロバイダ: 18179 ホスト:18094 ブラウザ: 5345
・ラストの真相解明シーン!
これを観た瞬間、序盤で感じた(拭いきれない)違和感が
解消されたというものです。
そして、ラストにはしんみりさせられたものです。

・幽霊出現シーン・・・あれは怖かったです。
幽霊を見ることができるコール君が
その恐怖に打ち勝ち、向き合い、
救われるシーンは感動に値したものですね。

【総合評価】
【とても良い】とします。

2010/11/04 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:670(88%) 普通:60(8%) 悪い:33(4%)] / プロバイダ: 18359 ホスト:18482 ブラウザ: 3876
【良い点】
どんでん返しみたいなラスト
オスメント君の怖わがる顔
所々で出てくる幽霊たち

【悪い点】
オチに気が付いてしまうとつまらないかもしれません

【総合評価】
悪い点に書きましたが、私は全く気が付きませんでした。家庭が上手く言って無いのかなとか。奥さんと上手く話せないのを信じきっていました。そもそもスタート時の事件、てっきりブルースウィルスは助かって次の仕事をしてると思い込んでしました。映像を見てしまうと生きてるようにしか見えませんからね。

後オスメント君の怖い顔とその先にある幽霊たち。これがまさかウィルスもその一人だったなんて…。

他にもオスメント君が助けようとする虐待されていた女の子の話、隠し撮りしていたビデオの映像が気持ち悪かったです。

何でしょうね。この監督が撮るものってすべて良い感じに気持悪いです。これもこの作品の魅力です。

2010/06/30 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:27(43%) 普通:6(10%) 悪い:30(48%)] / プロバイダ: 27699 ホスト:27755 ブラウザ: 3428(携帯)
ナイトシャマラン監督作品の中では一番ましな作品ですね。これが初監督だったか忘れましたが、『登場人物がいちいち眉間にシワを寄せて深刻そうにぼそぼそ喋る』という演出フォーマットはこの作品から後続の作品までずっと変わらないような(笑)。
主人公に関するからくりが昔見たジェイコブス・ラダーと似通っていたため、特に新鮮味はありませんでしたが、霊の見え方が割と面白かったのが救いといえば救い。
当時の予告編でやたらクローズアップされたゲロ吐き少女のくだりがそこまで重要性が無かったのが意外でしたが、あのゲロ吐き少女で丸々一本やっても良かったような気もしました。
まぁ、後続のナイトシャマラン作品がどんどん酷くなるのを思えば、普通に見られるレベルの作品かと思います。もっともヴィレッジまでしか見てないので最近はどうなのか知りませんが。

もっと読む

「ここでの評価は【良い】ようですね私は昔見て面白いと言うかつまらなかった記憶しかないストーリーもくだら...」 by THAT RIGHT


次のページを読む

この評価板に投稿する



2016/09/04 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 2620 ホスト:2469 ブラウザ: 8795 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/友情/ロマンチックな気分/面白い/びっくり 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. だらだら視聴、その2。 by bit
... としては全然洗練されておらず新鮮さも感じなかった。中国マーケット目当てなら色々腑に落ちるけど…。 「がっこうぐらし!」 第1話ラストでビックリ展開がある事は薄々小耳に挟んでいたけれど、なるほどビックリしました(笑)。僕が気付けた複線は園芸部の畑に十字架が立っていたところだけ。第1話だけなら映画「シックスセンス」と似た ...
記事日時:2015/07/28
2. 今更(7ヶ月前)だけど、「沖縄 八重山諸島 旅日記」を、UP!! by 青い羊
... やはり使えない。ボタンが反応しない。まずった。 しかたがないので、小学校帰りと思しきチビっ子達に道を…いや、「事案」になるか。 窮屈な時代になっちゃたな。全く。結局、聞いたけど。私は阿良々木暦さんよりは紳士なのだ。 問題ない。問題はチビっ子の語彙が「ガーッと行って、ギュッと曲がる」みたいなシックスセンス的な ...
記事日時:2015/04/08
3. 食いつくか、食いつかないかはあなた次第 by またおまえか
... ですか? ★舞台設定にフック(時代、世代、文化、風俗、習慣、異世界… あなたがそそられる特性は何ですか? ★ジャンルにフック(あなたは笑いたいですか? 泣きたいですか? それともニヤニヤしたいですか? ★物語構成にフック(回想、時系列シャッフル、オムニバス同時進行、タイムループ… お好きですか? ★物語全体にフック(シックスセンス、十角館の ...
記事日時:2014/06/06
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは海外映画版。その他メディアのページ: 文学:シックス・センス
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ