[海外映画]ザ・ロック


THE ROCK
  • 熱血
  • 友情
  • 格好良い
  • 感動
  • 面白い
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数79位5,233作品中総合点41 / 偏差値80.54
海外映画平均点33位620作品中平均点2.05=とても良い/20評価
1996年海外映画総合点2位78作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.75(とても良い)4
映像1.75(とても良い)4
ストーリー1.75(とても良い)4
声優・俳優1.50(とても良い)4
音楽0.75(良い)4
熱血75%3人/4人中
友情50%2人/4人中
格好良い50%2人/4人中
感動50%2人/4人中
面白い50%2人/4人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

米海軍の歴戦の英雄ハメル准将(エド・ハリス)は、12人の部下と共に海軍兵器庫から致死性の神経ガス・ロケット弾を奪うと、観光客81人を人質にアルカトラズ島を占拠。ロケットの照準をサンフランシスコに向けた。ハメルが奪った新兵器の神経ガスを燃焼し、効力を失わせることができるのはプラズマ兵器だけだが、未だ開発中でタイムリミットまでに間に合うかはおぼつかない。残る手段はただ一つ、島に潜入してロケットの発射装置を除去するしかない。FBIの化学兵器スペシャリスト、スタンリー・グッドスピード(ニコラス・ケイジ)がその任務に選ばれた。かつて脱獄不可能な刑務所として知られたアルカトラズは、もともと複雑な設計に加えて増改築を繰り返したため、内部を知る者は誰もいない。ただ一人、33年前にここから脱獄した囚人ジョン・パトリック・メイソン(ショーン・コネリー)を除いては。メイソンは最高の訓練を受けた元SAS(英国特殊空挺部隊)の諜報部員だが、なぜかその存在は一切抹消され、裁判も行われぬまま60歳を越した今も幽閉され続けていた。
1996年アメリカ 制作
配給:ドン・シンプソン=ジェリー・ブラッカイマー・プロ ハリウッド・ピクチャーズ ブエナ・ビスタ
監督:マイケル・ベイ
脚本:デヴィッド・ウェイスバーグ ダグラス・S・クック マーク・ロスナー
日本 公開開始日:1996/09/14(土)
海外 (アメリカ):公開開始日:1996/06/07
公式サイト
1. http://www.simpson-bruckheimer.com/rock/
14,9602020
最近の閲覧数
2001001130
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/03/21 / 最終変更者:kunku / その他更新者: シューゴ / 管理人さん / SHUNIA / TCC / 提案者:馬王 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2013/04/18 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:466(64%) 普通:108(15%) 悪い:157(21%)] / プロバイダ: 14178 ホスト:14152 ブラウザ: 5345
【良い点】
ショーンコネリー演じるメイソンがユーモアもあり、非常にカッコイイ。
インテリキャラのグッドスピードとのコンビも巧く噛み合っている。

カーチェイス、潜入、ガンアクションなど、見せ場が豊富。

【悪い点】
せっかく、ショーンコネリーで元英国諜報員という設定なのだから、
誰かに『まるでジェームズボンドだ』というようなセリフを言わせて欲しかった。

グッドスピードが途中から身体を張り出し、普通のアクションヒーローと
大差無くなってしまうのは残念でした。アクションはメイソンに任せて
もっと頭を使って窮地を切り抜けるようなのが見たかったです。

安定して面白い分、話の展開に新鮮味が無い。

【総合評価】
このコンビの活躍をもっと見たいと思わされるアクション映画の
見本のような作品です。

2013/03/25 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:53(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 614 ホスト:522 ブラウザ: 10112
【良い点】
映画全体に迫力がある。

【悪い点】
ねえな。

【総合評価】

TVでやれば必ず見る作品ですね。
なんていったってラストの敵同士の裏切り、そして銃の駆け引き、あれがザ・ロックの醍醐味だと俺は思う。

2012/11/13 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:362(78%) 普通:43(9%) 悪い:60(13%)] / プロバイダ: 20198 ホスト:20271 ブラウザ: 4643
【良い点】
●ハリウッドのアクション映画にしてはそれなりに比重を置いていたのか、物語の大筋はなかなか面白かった。
●演技派が揃った役者陣のなかでも、特にエド・ハリスの演技が光る。彼の鬼気迫る演技は、文面だけだと軽く思えてしまうハメル准将のバックボーンに、しっかりと重みを付加させていました。
●敵が一枚岩ではなく、個々に様々な思惑を持っているという作りはなかなか面白い。それぞれに背景を想像させる余地があります。
●発煙筒を振り回すシーンからラストへの流れはなかなかよかった。ただミサイルの爆発を除けば。

【悪い点】
●グッドスピード、メイソンらの主人公達とハメル准将が劇中でほとんど絡まず終わってしまったのは残念。後半での三すくみ状態のシーンなど、主人公二人はほとんど蚊帳の外の状態で、このあたりはもっと練って欲しい部分だった。
●アクションは内容、カット共に大味。緊張感や単純な躍動感(パンの多用が目に付く)を重視するばかりで、絵的な面白さ、わかりやすさ、リアリティに欠けていました。銃撃戦の味気なさもありましたが、個人的にはグッドスピードのもとに手榴弾が投げ込まれるシーンはちょっと白けてしまいました。
●その他、お互いに戦闘のプロか? と疑問に思うようなシーンもチラホラ。アクションの脚本単位の扱いも少々雑。トロッコのシーンなどは正直いらない……
●面白味はあったとしても、細かく見てみると脚本は大味。序盤のカーチェイスも目的が娘と会うためだけではかなり肩透かしであったし、グッドスピードとハメルの友情も描写不足な感は否めない。また、序盤と後半でVXガスの扱いに差があったのもかなり気になりました。(最初は転がって壁にぶつかっただけで割れてたのに……)
●ハメル准将の目的を考慮すると、傭兵を雇うこと自体に疑問が生じる。今回の事件を起こしたキッカケも描写されないため、大物そうな人物像と行動原理の短角さにズレが生じ、ただ脚本をなぞるだけではハメル准将が"人徳のある無能"であったようにしか見えない。(特殊部隊において家族への死因のごまかしや勲章が授与されないことなどは、入隊する前からわかっているようなこと)

【総合評価】
90年代アクションの有名作。ニコラス・ケイジやショーン・コネリー、エド・ハリスなど名優の演技が光る一作。

脚本に関しては大筋は良いものの、作り込みが甘く、リアルな戦闘などを期待すると肩透かしを喰らうでしょう。細かな部分を気にする人にも勧め難い。絵的な面白味にも欠けます。
ただ役者陣の好演(個人的にはエド・ハリス)が光る作品でもあるので、ハリウッドのアクション映画にこれといった苦手意識を持たない方になら勧められる映画ではあるでしょう。

個人的にはいろいろと惜しい作品だなぁと思いました。
評価は良いよりの『普通』で。

2012/11/12 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:882(66%) 普通:353(27%) 悪い:93(7%)] / プロバイダ: 31188 ホスト:30920 ブラウザ: 7394
監督はマイケル・ベイ。
製作にジェリー・ブラッカイマー。
音楽にハンス・ジマー。
脚本のリテイクにクエンティン・タランティーノ。

ザ・アクションって感じのスタッフ布陣ですね。

ベイとブラッカイマーのコンビなんでストーリーは大したことないというか、シリアスな話な割に
娯楽的な雰囲気を重視している印象。4
俳優陣とグットスピードとメイソンのやりとりが面白いかな。

アクションも見どころ。金かかってますね。
ザ・ロックでの戦闘はアドベンチャー映画のようなスリルがあります。

コネリーのキャスティングは『007シリーズ』を意識してのことなのかな。
007まともにみたことなんですけどね。

今作を気に入った方は『タップス』なんか見てはどうでしょうか。
アクション映画ではありませんが軍学校に通う生徒たちの反乱を描いた作品です。

2012/06/08 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6806(87%) 普通:574(7%) 悪い:419(5%)] / プロバイダ: 36387 ホスト:36144 ブラウザ: 2413(携帯)
この映画ですが、豪華キャストと迫力あるアクションがバランスよく噛み合っておりました。

とにかく理屈は抜きにしてテンポが良い、カーチェイスに銃撃戦に肉弾戦そして、ちょっぴりほどよい感じに頭脳戦があったりとこの映画ひとつにアクションさながらのたくさんの醍醐味があますところなく盛り込んでいます。

特に私が一番好きだったのはカーチェイスですね。一体どれだけやったら気が済むのというくらいに金をかけている。当然高級車も容赦なく台無しにする。このおもいっきりのよさがいいね!

ショーン・コネリーとニコラス・ケイジのコンビも息が合っていてカッコよかったです。でも、コネリーが頼もしさとワイルドさがあるのに対し、ニコラスのひ弱で優男な印象とのギャップはなんとも。

ちょっぴり残念に感じたのはアルカトラズという難攻不落の要塞にしてはそのスケールを生かしきれていなかったことかな。途中、敵の待ち伏せに合って味方を一気に死なせるよりも立ちふさがる障害により、一人また一人と犠牲になっていく構成にしたほうが、脇役を引き立たせることができてより映画に厚みが増したと思います。

もちろん、二人の無双ぶりも清々しいものがありましたが、そのせいで序盤でのFBIの上司の面々の個性が霞んでいる印象が否めません。

ただ、ラストでの二人の絆の深さにはグッとくるものがあり、終わり方も映画としてはきっちりときれいな締めくくりでしたので評価は最高に近い「とても良い」とさせていただきます。

2012/06/04 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2183(58%) 普通:756(20%) 悪い:847(22%)] / プロバイダ: 15458 ホスト:15408 ブラウザ: 7541
水曜プレミアで見ましたが、なかなか良い映画でした。
敵味方含めて三人の主人公がおり、それぞれの考え方・生き方に好感が持てたのが良かった。
かつて刑務所だった場所が舞台というのも面白かったし、侵入方法やあの泥臭さも好きです。

グッドスピードは、一応体面上の主人公という感じで、主義とかは無いにしても、充分な描写はされてたし、能力の高さも常識的な様子も好きでしたね。
前半のカーチェイスシーンなんかでも機転を利かせて大活躍してますし、存在感が薄くなりがちなキャラにも関わらず、なかなか印象に残りました。
他の主人公二人が超人的なのに対して、コイツはインテリですが…。

メイソンは20世紀少年のオッチョに似てますね。オッチョのモチーフなのかな?よくわからないけど。
まあコイツも軍人以上の腕の持主で、殺人に抵抗ないくらい冷徹だけど、娘思いで仲間思い。殺意のない相手には危害を加えず…という感じで好感は持ちやすいです。
敵の倒し方にしろ、グッドスピードとの掛け合いにしろ、結構プロフェッショナル感があって良かった。
特に、炎をくぐってくところとか凄い。戦い方が泥臭いのも結構良かったですね。

あと、敵側の主人公・ハメルはただの私利私欲を目的としたテロリストではなく、立派な大義を持ち、冷徹になりきれない(一般人を巻き込めない)という珍しいキャラでカッコよかった。
シャワー室の撃ち合いでは、侵入者を射殺しまくる部下を必死で制止しようとしたり、部下思いだったり、死ぬのが可哀相に思えるようなキャラクター。
一貫して政府がカスだったので、ほかの主人公二人だってハメルのようになるかもしれないでしょう。

とにかく、危機感も大きく、生きるか死ぬかの瀬戸際かもしれないシーンが多かったように思えます。
特に終盤で水爆が撃たれたシーンとか。
敵に銃を向けられて、ミサイルを発射して回避するのも面白かったなあ…。

まあ、そんなわけで飽きずに見られてキャラクターもカッコよかった映画。
ダイ・ハードとかも好きなのですが、こうして色んなキャラに目を向けるのは良いですね。

2011/01/02 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(33%) 普通:0(0%) 悪い:2(67%)] / プロバイダ: 15959 ホスト:15918 ブラウザ: 3440(携帯)
〔良い点〕
迫力満点のアクション!
・カーチェイス
・シャワー室の銃撃戦
・プラズマ発射
エド・ハリスとショーン・コネリーが渋い!
ハメル役のエド・ハリスはハマり役でしたね〜
アビスの時の彼も好きですがこの映画でも良い味出してます。メイソン役のショーン・コネリーは年の割に非常にパワフルな演技をみせてくれました。
皮肉を言うクソじじいのくせにやるときはやる。
かっこよかったです。
あとニコラスケイジは若干2人に押されがちでしたが、爆弾解除のシーンや最後の殴り合いのシーンなどハラハラする見せ場もあってそれなりに輝いてました笑
〔悪い点〕
しいていうとハメルの最期がちょっとあっけなかった。。。

〔総合〕
この監督ってマイケル・ベイなんですね〜。パールハーバーなどの件もあって見下してましたがちょっと見直しましたね笑

2010/05/15 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3075(33%) 普通:3194(34%) 悪い:3018(32%)] / プロバイダ: 30580 ホスト:30332 ブラウザ: 10712
ハメルという、アメリカ海軍准将の反乱から話が始まった
この映画だったけど、中盤まではなかなか見ごたえは
あったと思います。

そのハメルは、彼なりの信念は確かにあって、それなりに
キャラは立っていたし、吹き替え版声優の、柴田秀勝氏の
好演も光り、ハメルの存在感をより引き立てていました。

ロケット発射を止める為に、彼らが占拠したアルカトラズ島に潜入する事になった
化学兵器のスペシャリストな主人公と、そこからの脱走に成功した過去を持つ
冷静沈着な囚人のメイソンも最初は凸凹コンビな印象があったけど、
絆を深めていく様とか良く掘り下げられていったと思うし、カーチェイスや
銃撃戦などのアクションも、普通に迫力とか緊迫感とか
ありました。

おかしくなっていったのは、一時彼ら主人公コンビが敵に手に
落ち、メイソンがハメルと対面してからだったのだけど、
ハメルが目が覚めたのは良いとして、部下達と内輪もめを起こして、
撃ち合いの末に死んでしまったのは何だかあっけなかったし、
その部下達も、一人はZガンダムのシロッコだったけど、
皆小物でハメルには全然及ばないつまらない連中で
ラスボスとしては役不足でしたな。彼らを駆除した後、
主人公がメイソンに恩赦が下らない事を知って彼を逃がす代わりに
ケネディ大統領暗殺事件等の証拠が明かされている某フィルム
の在り処を教えるなどのギブアンドテイクなラストは確かに
余韻はあったけど・・・・・・・・・・

ショーン・コネリー氏やマイケル・ビーン氏等豪華俳優陣も
無視できないし、自分にとっては光る点も多々あったけど、終盤の展開で
大きく点を下げてしまった残念な映画でしたね。せめて
ハメルが主人公コンビをかばって死ぬ展開ならまだ分かるのだけど・・・・・・・・
評価は厳しいですが、「悪い」ですかね。

2009/12/04 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:156(82%) 普通:20(10%) 悪い:15(8%)] / プロバイダ: 6573 ホスト:6475 ブラウザ: 6209
ショーンコネリーとニコラスケイジの二大スターが共演してます。
緻密なストーリー展開とアクション、最後まで飽きない展開で見応え有ります。

2009/11/01 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:163(69%) 普通:40(17%) 悪い:34(14%)] / プロバイダ: 15358 ホスト:15342 ブラウザ: 6653
【良い点】
アクションイイネー!

【総合評価】
カーチェイスとガンアクションが特にお気に入りです。他のアクションは正直微妙な点もあったりするけどね。

一番胸が熱くなったのはシャワー室での銃撃シーン。一方的な展開ですが、「海兵」の誇りを賭けて戦う隊長の心意気には感動しました。同じ海兵の出身であるハメル准将が必死に説得するシーンも迫るモノがあり、それを見ている僕はヒートアップ臨界点!

ザロックという囚われの島で理想と現実に縛られた男達が繰り広げる戦いの中、メイソンというかつて囚われた男が飄々と渡り歩く様もなんとカッコいいことか!

これを見て外国映画すげー!って思ったけど・・・なかなか良い映画にめぐり合うのは難しいですね。

2009/05/11 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:503(44%) 普通:378(33%) 悪い:254(22%)] / プロバイダ: 26251 ホスト:26365 ブラウザ: 9125
【良い点】
・キャストが良い。
・人間描写がしっかりしている。
・ストーリーが面白い。
・アクションシーンに迫力がある。

【悪い点】
・アクションシーンで見づらいところがある。

【総合評価】
まず、メイソンは重厚な雰囲気があって良かったです。
ショーンコネリーがぴったりですね。
その他の登場人物もそれぞれ存在感がありました。
また、人物描写がしっかりしているので、主要登場人物の関係性、言葉にも重みが出ていました。
テロの目的も明確で理解できるものでした。
アクションシーンは、カーアクション、銃撃戦などなかなか迫力とスピード感があって、見ごたえがあります。
ただ、色々な角度から見せようと、カメラワークに懲りすぎていて見づらい部分もありました。
あと、字幕翻訳が古すぎて違和感がありました。
普段使わないような言葉だし、今じゃ意味すら分からない部分も多々あるでしょう。

評価は、全体的に楽しめたので「良い」とします。

2009/03/22 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2189(50%) 普通:1097(25%) 悪い:1097(25%)] / プロバイダ: 5925 ホスト:5698 ブラウザ: 8816
【良い点】
キャラの奥深さ。
グッドスピードは一通りの訓練は受けているものの戦闘のプロではないので正面きって戦うと、ほぼ必ず負ける(笑。
メイソンのふてぶてしいクソ爺っぷりが最高。
そして何より敵であるハメル側がアクション映画にありがちな絵に描いたような悪役でない所が大きい。
凸凹コンビの護衛でついて来た特殊部隊の面々を壊滅させるなど強いですね〜。
戦いの理由においても戦争で使いつぶされた兵士達のためという大儀があったし
(まあ米国に攻撃受けた国からしたら所詮、自己憐憫かもしれませんが)
軍人としての矜持ゆえに結局、市民に向かってミサイルを撃てなかった准将、
土壇場で裏切られた形になった部下の失望感、両者の板ばさみになる少佐、
三者が銃をつきつけあいながら対峙する終盤の緊張感は主人公が殆ど置いてけぼり。

【悪い点】
戦場の兵士の苦しみや悲哀といった部分はストーリーとしては生かされているが
テーマとして「ランボー」第一作のように昇華できていたとは言い難い。

【総合評価】
ニコラス・ケイジ主演の映画としては自分の知る限り一番、面白かったです。
面白かった最大の要因はエド・ハリスですが。
[共感]
2009/03/22 いや、全く。「エド・ハリス出演映画にハズレなし」ですね。10年前に映画館で見た時も、妻の墓参りや三すくみのシーンが強く印象に残りました。 by 青い羊

2009/03/03 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:37(16%) 普通:61(27%) 悪い:127(56%)] / プロバイダ: 27715 ホスト:27470 ブラウザ: 6399
二堂;二堂です。

新駄;新駄です。

二堂;化学兵器をもった部隊がアルカトラズ刑務所を占拠。立ち上がったのは生物学者ともと脱獄囚だった。

新駄;まぁ脱獄囚がショーン・コネリーでありまして、もとイギリスのスパイ。もう007やないかいとまぁこの時点でおもろいわな。

二堂;そうかな僕には年とったルパン三世に思えたね。

新駄;まぁだからいろんな見方があるけど、まぁ良くあるなんかやってくれそうなおっさんですね。でまぁ普通にそれがなんか頭でっかちな学者とくんで悪をやっつけるだけならこれはおもしろくなかったと思うね。すごく娘思いでわざわざ会いに行くよね。

二堂;ワザワザ町中で騒ぎ起こしても会いに行くってのが、そこを結構しっかり描いてるよね。

新駄;あれ尺考えたら正直いれるかまようけど、入れて映画作れるのがすごいは。で刑務所で戦いするけど、トロッコとかのインディージョーンズなんだよねこれが。

二堂;確かにコネリーのじじぃはインディーでてましたけどなんかねぇやはりそうくるかって漢字亜だったはな。

新駄;でまた悪になりきれない悪役とかね。なんかこういうのの悪役って本当の単なる悪党やん。そんなんでいままで部隊統率できたのかよって思う奴も多々あるけど。まじもんの軍人の中間管理職の人だからね。コノ映画は描写がすごい。

二堂;ニコラス・ケイジもびびってんのに虚勢をはってる演技がすごかったですねぇ。

新駄;まぁおもしろい。アプローチも楽しいし、ありがちなネタをうまくアレンジしています。「普通」かな。

2007/01/20 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:82(73%) 普通:7(6%) 悪い:24(21%)] / プロバイダ: 1239 ホスト:1131 ブラウザ: 5234
良い作品です。主人公側も、それに敵対する側も、両方の描写が非常に丁寧でした。これは最近とみに目だってきた「映像(アクションとかCG)はすごいけど肝心の中身スッカスカ」な映画が乱発されている現状から見ると、「もう一度この頃に戻ってくれ〜!」という心境にもなります。

グッドスピードとメイソンの全く正反対の凸凹コンビがまず良い感じ。それに悪役として描かれるハメル准将も、単なる金目あての犯罪人・テロリストなどではなく、国家が裏で行ってきた戦争にかりだされて亡くなったにも関わらず、名誉も慰謝料も、そして真実も伝えられない戦友達の遺族のために、という想いから、ああいう行動をせざるを得なかった、という事が描かれ、話に深みが出ています。ハメルは一般人を殺傷する事はしない、とグッドスピードに断言し、彼に反対意見を言われたメイソンの「ヤツの目は殺戮者の目じゃない。軍人の目だ」という台詞が、皮肉にもハメルという人物を一番端的に表現している言葉ではないでしょうか。

物語序盤で全滅した特殊部隊のリーダー(お久しぶりのマイケル・ビーン氏)が敵に対し、「我々だって国家のやり方に対して怒りを持ってる」という意味合いの事を叫ぶシーンは、リーダーや他の隊員の心中には「もしかしたら、ここに立てこもっていたのは自分たちだったかも知れない」という気持ちがあったんじゃないかなぁ、と考えてしまいます。

と、ここまで散々ストーリー&登場人物を褒めまくってますが、勿論アクションも迫力ありです。今まで視聴したアクション映画の中では5本、いや3本の指に入る名作です。

…しっかし、やっぱりニコラス・ケイジはひ弱な役柄の方がしっくり来るんですよね〜。『フェイス・オフ』で暴れまくる彼を見たときは正直、最期まで違和感が拭えなかった…。

2005/03/05 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:66(49%) 普通:8(6%) 悪い:62(46%)] / プロバイダ: 32756 ホスト:32771 ブラウザ: 3045(携帯)
エド・ハリス最高ーっ!もう本っ当にこれに尽きます。魅力的な敵役がいないと物語じゃない。そして彼演じる准将は間違いなく、ここ近年ではずば抜けてますね。この演技でハマりました。
国に使い捨てにされる軍人の悲哀がもう…(号泣)
私は何度見たら気が済むのだろう?というくらい好きです。

もっと読む

「エド・ハリス演ずる准将が、泣かせてくれます!戦死した兵士のために蜂起する姿、カッコイイです。最後まで...」 by Sicherheit


次のページを読む

この評価板に投稿する



2013/05/14 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 7509 ホスト:7377 ブラウザ: 11895 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 感想#07 by エスパー
... て友情分かち合うシーンはベネ。徐々に友情深まってきていいなあ。 玉美さんがいきなり情報提供者になってて「アレ??」ってなっていたんですが、会話の順序が変わっていたんだな。 原作では最初自分の金融関係の仕事について語っていましたからねー。もしかして闇金だったりするんじゃあないよな…?w ズェッテーこの人ロックで弱み ...
記事日時:2016/05/14 [表示省略記事有(読む)]
2. "『洋画〜公開作品〜』史Ⅳ" by 陣兵
... です。今まで公開された 洋画作品 を振り返る。 「サイコ」 「最高の恋人」 「最高の人生の見つけ方」 「最後の初恋」 「最後の誘惑」 「サイン」 「・ウォーカー」 「サウンド・オブ・ミュージック」 「・エッグ〜ロマノフの秘宝を狙え〜」 「サクリファイス」 「・センチネル/陰謀の星条旗」 「・タウン ...
記事日時:2011/06/23 [表示省略記事有(読む)]
3. 原作未読って by おきゃん
... ます。トホホ。 大抵の映画は原作小説が存在しています。もともとヒットした小説を原作に映画化するという 流れが多いからです。また、オリジナルの映画の場合は作品紹介のために映画のシナリオを 小説化したもの、いわゆるノベライズの小説が出版され映画の公開にあわせて書店に並ぶのが 一般的になっています。読み応えのあるロボコップ、ロックやステルス ...
記事日時:2011/05/25
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ