[海外映画]グリーンマイル


THE GREEN MILE
  • 悲しい
  • 怖い
  • 涙流した
  • 考えさせられた
  • 勉強になった
  • 感動
  • 美しい
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数38位5,177作品中総合点57 / 偏差値93.35
海外映画平均点170位617作品中平均点1.39=良い/41評価
2000年海外映画総合点1位86作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.80(とても良い)5
ストーリー1.60(とても良い)5
キャラ・設定1.40(良い)5
映像1.20(良い)5
音楽1.00(良い)5
悲しい80%4人/5人中
怖い80%4人/5人中
涙流した60%3人/5人中
考えさせられた60%3人/5人中
勉強になった60%3人/5人中
もっと見る
属性投票する
1999年 アメリカ
制作/脚本/監督:フランク・ダラボン
原作:スティーヴン・キング
音楽:トーマス・ニューマン
日本 公開開始日:2000/03/25(土)
海外 (アメリカ):公開開始日:1999/12/10
23,3064441
最近の閲覧数
1100101012
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/11/05 / 最終変更者:永田 / その他更新者: アセチルサリチル酸 / TCC / 提案者:宝家義頼 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2015/05/24 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:507(54%) 普通:198(21%) 悪い:242(26%)] / プロバイダ: 25972 ホスト:26037 ブラウザ: 5171
不思議な力を持った大男と死刑執行人との悲しき物語。

なんでコーフィーがあの能力を持っているのかは、そういうものだと納得するしかないだろう。本人もこの能力の為に世間の負の念を感じてしまうのだろう。聖人というか、一人の人間として救いが欲しいのも理解できる。
アニメファンには琴浦さんをイメージしてもらうと分かりやすいだろうか。

親の七光りの下衆看守パーシーと真犯人ウォートン、コイツらは絶対許さない。
どうせなら処刑で死ぬべきだったんだが・・・。地獄に堕ちるべきだな。

また、ジングルズがほとんどのシーンにおいて本物のネズミであることも評価されるべき。助演男優賞でもおかしくないレベル。

欠点と言えば、3時間もの長丁場のため冗長と感じる人もいるだろう。
だけど見様によってはその十分な尺を活かして、コーフィと看守たちとの交流・人間ドラマを描いた事は称賛に値する。

【総合評価】
消せない罪を背負い続ける者たちの、人生というものについて考えさせられる悲劇。
ポールが100歳以上生き続けるのは、受け継いだ能力のせいか、はたまた神罰か。
後者なら下すべき人間は星の数ほどいる筈。
清き者ほど儚いのは、この世の常なのか。だからこそ、我々は楽園を追い求める・・・・

ダンカン氏にとっては間違いなく出世作。この映画の13年後、本当に逝去されてしまったことをお悔やみ申し上げます。

2012/11/20 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:20(51%) 普通:0(0%) 悪い:19(49%)] / プロバイダ: 171 ホスト:365 ブラウザ: 10314
【良い点】
死刑囚と看守たちの心理描写がうまく描かれている。
出演者の演技が完璧。
【悪い点】
所々にキツいシーンがある。
【総合評価】
死刑囚と看守たちの心情を描いた感動作。
無実でありながら死刑にされてしまうコーフィ、コーフィを死刑から救うことができなかったポールをはじめとした看守たち、そしてポールはその償いとして、ねずみのミスタージングルスと一緒に誰よりも長い人生を送ることになる。
このように悲しいストーリーだが、そのなかで人生について感じられる良作映画だ。
とても深い内容だったので評価は「とても良い」としたい。

2012/06/26 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:326(30%) 普通:448(42%) 悪い:303(28%)] / プロバイダ: 7683 ホスト:7691 ブラウザ: 4895
スティーヴン・キング原作小説の映画化。死刑囚が収容されている刑務所でのファンタジーだ。
188分ながら、中だるみもや無駄の感じられない大作となっている。人の病を治す力を持つ死刑囚、ジョン・コーフィ(マイケル・クラーク・ダンカン)を中心に様々な奇跡を見せてくれる。彼が死刑執行されるまでの様は彼がイエス・キリストのように人間の罪=冤罪をかぶって死ぬという構図がすぐに見えてくる。この作品が勧善懲悪の物語展開、そしてコーフィの特殊な能力などから、聖書を土台に持つ完全なファンタジーとして出来上がっている。ただ、ファンタジーであるにも関わらず、演じられている内容は非常に重く、それぞれの登場人物の苦悩を見せてくれる。主人公、ポール・エッジコム(トム・ハンクス)をはじめ、一人一人が善人、または悪人としてわかりやすい役割を与えられていること、そしてミスター・ジングルスというネズミの存在などが長い物語にメリハリをつける効果を出している。
ポールとミスター・ジングルスの長寿と言う結末はコーフィの能力の副作用ととるか、神からの罰ととるかでまた趣も変わってくる。ポールが罰を受けるということであれば、他に罰を受けるべき者はもっといるであろうと思えてしまう。これは罰ではないと思いたいところだが、新約聖書の聖人ロンギヌスのくだりを考えても、ポールが今まで自分が見えなかったものが、コーフィの死で見えるようになり、改心したと捉えることになってしまう。人間として幸せな人生を送れないであろうポールに同情心しか起こらない。

2012/05/28 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:14(88%) 普通:2(12%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 10736 ホスト:10804 ブラウザ: 5829
死刑制度の勉強会で見るはずだった映画だったのだが、結局見ずに、レンタルして視聴した。

ファンタジー色が入っていることを知らずに見たので、ちょっと途中でビックリした。でも、色々と考えされられる映画ではあった。しかしながら、メッセージを受け取ることは出来なかった。確かに、パーシーは最低な野郎だった。それに、少女殺しの犯人も最低な野郎だった。しかしながら、ジョン・コーフィー(Jhon Coffey)の能力によって、個人的に報復する形になったのを、快く受け入れることを自分は出来なかった。やはり、法の下で国が死刑をするべきだと思う。ここらへんは、刑事ドラマ的なのを見過ぎているせいかもしれないが、個人が「目には目を」で復讐をしていった場合、憎しみの連鎖を断ち切るのは難しいと思う。国が死刑をすることは、迅速的な対応であり、被害者側の親族にとっても、事件に対して一区切りを入れることが出来るので、非常に合理的なものだと思う。

だから、ジョン・コーフィーのやり方には受け入れられないし、死刑制度を廃止すべきだというメッセージ性も伝わってこなかった。特に、冤罪がわかっているのなら、看守達は必死のそれを訴えていくべきだと思う。最初から諦めたように死刑を執行していく様子は、煮え切らないものを感じました。

まとめると、色々と考えさせられることはあったけれど、メッセージを受け取れなかったことや感動出来なかったし、3時間という拘束時間の長さも欠点と感じているので、良い評価は出来ない(まあ、最後まで見せる話の力はあったと思うので、つまらないわけではなかったのですが)。

2012/04/17 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6657(87%) 普通:560(7%) 悪い:407(5%)] / プロバイダ: 21846 ホスト:21794 ブラウザ: 2413(携帯)
この作品が描いたもの、それは苦しみだと思います。

この作品は完全に主人公ポールを視点にしており、いわば彼が第三者のような意味合いの強さを感じる。個人的には表の主人公がジョン・コーフィとしたほうがしっくりくるかも知れないと思う。彼の存在は刑務所の中で極めて異質にうつるのだが、このあたりが本作の映画としての娯楽性を引き出す核になるのだ。彼が不思議な治癒力を使ったのは本編ではわずか数回なのだが、そのインパクトの強さは絶大で刑務所というただ絶望と苦しみの中の閉鎖空間の中において、ひとすじの希望を何度となく演出させ、エンターテイメント性を見事に発揮させている。また、その無垢な瞳にはひたすら人の苦しみを背負ってきた男の悲しみに満ちた雰囲気を漂わせている。他の死刑囚たちとの日々もどこかふざけた微笑ましいやり取りがありながらも決してもの悲しさが消えることはない。死刑囚たちはその日々の中でも確実に一人また一人とグリーンマイルを歩き死のゴールへと進んでいくのだ。そして、ゴールへたどり着いた瞬間の最後の苦しみを極めて生々しく描いており、これが見ていてあまり気分のいいものではないのだが、それが命の重さや死への苦しみをダイレクトに伝えている。 刑務所での物語はジョン・コーフィの死刑執行により、幕を閉じるのだがそれまでの数日間、ポールたちはコーフィの望みを聞き、それをかなえさせた。最後の晩餐に食べたいものを聞いたやり取りの中でコーフィがミートローフやグレービーソースといったご馳走からいつかポールの病気を治してくれたお礼にポールの奥さんが丹精込めて作ったコーンブレッドも最後に食べたいと所望するあたりに食べ物という身近なものを通して生への尊さとポールとの確かな絆を感じさせ、思わず涙を誘われてしまう。また、コーフィはポールたちの粋な計らいにより、刑務所の中で生まれてはじめて映画を見るのだが、そのときの子どものような好奇心に満ちた様子には救われる思いはしないものの、しばしの苦しみを忘れさせてくれた。

そして、コーフィの死刑執行直前、懺悔の言葉を述べるのだが殺人を犯した行い(冤罪であるのだが)に対してではなく、自分が生を受けたことに対して謝るあたりに背負ってきた苦しみの重さがひしひしと伝わってくる。そして、彼の死のあとポールは彼の分まで苦しみを背負って長生きすることになる、ネズミのミスタージングルスとともに。

それでも彼は生きていくのだ。“一輪の美しい花"を散らせてしまった行為に対する懺悔のために……………。

2010/11/22 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:670(88%) 普通:60(8%) 悪い:33(4%)] / プロバイダ: 48295 ホスト:48197 ブラウザ: 3876
ずっと退屈せず見れた。でも何か印象に残らなかった。ただ退屈せず3時間近くの作品を見れたというのはとても良い時間だったと思う。

コーフィー以外どうみても刑務所物。だがコーフィーの存在がかなり特殊な作品に仕上げている。それを超能力と呼ばずに神の奇跡と呼ぶことでキリスト教的な雰囲気のする作品に仕上がっていた。

死刑囚の刑務所での出来事が延々と場面として流れて行く。それについて何かを言う事が思いつかない。ただその物語を見ていた。

一つ印象的だったのは、死ぬまでの人生を電気椅子までのグリーンマイルと例えていた事。そこだけが余韻として頭に残っている。

まず最初に死刑が行われるシーンが印象に残る。

続いて、新人の死刑囚がやってきて騒動を起こす。

その後トムハンクスの病気をコーフィーが治す。初めての奇跡。

パーシーのお漏らし事件。

続いてデルの死刑に絡んでジングルスがパーシーに踏み潰されてコーフィーが直す。2度目。

デルの死刑。ここでパーシーが仕組んだ事で大騒ぎに。

所長の奥さんを助けるためにコーフィーを出して連れて行く。3度目の奇跡。

この後、パーシーに奥さんの何かをコーフィーが吹き込んで、ビルを殺してしまう。

トム、コーフィーから事件の真相を手を伝って知り真犯人がビルだと知る。

コーフィーの処刑。

こういった出来事を単純にお話として見る。それが楽しかった。私はあらすじを書いて感想にするのを出来る限り嫌う。ただ伝えたかったのは、出来事事件と言う小単位のお話の連続を、死刑執行の刑務所内で起こる事として見て楽しんでいたと言う事。

実を言うと、同じ監督、同じ原作者のショーシャンクもポイントとなる所がたくさんあるのだが、それ以外に刑務所内の出来事の連続を単純に楽しんでみていた。同じ様にグリーンマイルもこれが楽しかったのだ。

他の方は全然違う感想になるのかもしれないが、私は敢えて素直に一番感じた事を書きたいのでこういう形で感想を書く事とした。

2009/08/16 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 24375 ホスト:24367 ブラウザ: 10315
死刑囚と看守の関わりを描いた作品。最初に処刑された男は、原作を読んで分かったが、酒を飲んださい勢い余って相手を殺してしまったらしい。確かに人を一人殺したが、本人も深く反省しているのに、半ば強制的に死刑に決定した。原作でも深く描かれていないが、時代背景を考えると、恐らくインディアンという事で死刑になったのだろう。これが、純アメリカ人ならせいぜい数年ぐらいで釈放されているはずだ。他にも、単純に人殺しを楽しむアメリカ人に、盗みの証拠を消す為に放火したさい、数人もの人間を焼き殺したドラクロア。最後に、無実の罪で死刑になったコーフィ。確かに泣ける所もあったが、その時代のアメリカという姿と命という物を描写した映画とも見える。

2009/08/07 悪いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:76(66%) 普通:12(10%) 悪い:28(24%)] / プロバイダ: 13991 ホスト:14001 ブラウザ: 3121(携帯)
話が単純だけど、深い。人物描写が丁寧で、個性豊かな登場人物達が違和感無く行動していた。ただ、提示された材料を考えれば先が読める展開だったし、どんでん返しも無く本当に単純な話だった。まぁ言い換えればスッキリとした話と言える。
この作品は主人公に感情移入出来るかどうかで評価が変わると思います。僕は全くどの登場人物にも感情移入出来なかったので、単純な話の展開と主人公の安直な行動に辟易したのであまり好きになれなかった。でも、悪い作品では無くむしろ良い作品なんだろうなぁとは思います。

[推薦数:1] 2009/07/01 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:154(60%) 普通:49(19%) 悪い:52(20%)] / プロバイダ: 1803 ホスト:1690 ブラウザ: 7368
難しい映画ですね。
宗教色の強い映画で、キリスト教的感覚で見ると、救世主のコーフィが現れて、病める者を救い、悪を罰して、自ら望んで天へと導かれる・・・。
と、解釈するのでしょうか?
この場合コーフィは、神によって与えられた力で人々に幸せを与え不幸を与える者を排除する、徳をつんだコーフィは苦しみのない世界で神の恵みをうけて天国で幸福を手にする。
一方、本意ではないにしろ無実の罪で死刑台へとコーフィ送り出したポールは、いつ訪れるか判らない死と向かい合わなければならない罪を受けてしまう。
と、なるのでしょうか。

無宗教の見方は、
無実の罪で死刑囚になってしまった心優しきコーフィが、人々の為に特殊な能力を使って救い、報われる事なく死刑になってしまう。
ポールは、コーフィに散々救われたのにもかかわらず、死刑を阻止する事も出来ずに彼を
死へと追いやる、その罪として、いつ訪れるか判らない死と向き合わなければならなくなる。

前者は、神の使いがキリストと同じ様に、彼を信じない者達によって死刑台へと送られてしまうと言う、奇跡の話しになるが、
後者は、特殊な能力を持った人が冤罪で死刑になってしまうという、悲劇になってしまう。

作り手側としては、前者の「神の奇跡」的な映画が作りたかったのでしょう、
ワイルド・ビルや、パーシーが残酷な罪を受ける事。
この部分は仏教が主の日本では、あまり理解出来ないですよね。
でも「十戒」などを見てもらっても解る通り、神を信じない者は死んじゃうんです。

無宗教の私などには、全部理解する事は出来ないのでしょうが、トム・ハンクスの演技力もあり、苦悩や悲しさなどは十分に伝わってきましたし、感動的な映画として見る事が出来ました。

2009/05/16 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:59(83%) 普通:6(8%) 悪い:6(8%)] / プロバイダ: 2655 ホスト:2660 ブラウザ: 4550
個人的に主人公はパーシーでなければ気がすまない。

まずジョンの奇跡を悪役パーシーの前では、
披露しないで終わったことにすごく不満があった。とにかく公平さに欠いている。
ジョンは彼をなぜ救ってやらないのか。
もちろん彼の行為は確かにまずい。でも彼はもともと精神的に病んでいるだとすれば?
ジョンは肉体的に病んでいる人、お礼をくれる人だけ、救う。
ひょっとしたら所長の奥さんようにパーシーだって、
脳に障害がある可能性だってあるじゃないか。
もう罪を犯した以上見限られたのか。

ジョンは一人を殺し、そして彼をその罪を着せ精神病院送りにする。
あの行為を行った時、ジョンはああいう結果になったことにまったく驚きはしなかった。
つまりこんなことを何度もやった前科があるんじゃなかろうか。
彼はあの捕まった例の事件では無実かもしれないが、
知らないところで無実ではないかもしれない。
無自覚な悪意を撒き散らす、ジョンとパーシー、結局似たもの同士じゃないのか。

周りの人に恵まれた善人づらしたポールを主人公にしている時点でもうガッカリ。
パーシーの心の闇にまったく触れず、
スポンジに水を濡らさなかった一件で、
パーシーの過ち犯した理由を親身になって聞かず、
リンチまがいのことを平気でするポールらとその仲間に嫌悪感を覚える。
決まりきった善意になんら疑問を持たない人たちによって、
悪意をおこす本当の事情は黙殺される。

パーシーがおかしくなる前に、ジョンが自分の感受性を分け与えて、
一瞬でも彼に良心の呵責を感じさせたならば、
二人のあいだで気持ちが通じ合ったのならば、
……僕は無神論だが、個人的に神な作品になりえたかもしれない。
ジョンの誤解されがちな孤独を理解できるのは、
看守たち見渡してもやはり疎外感のあるパーシーしかいないように思われるのだが。

あのオチ(ネタって『さまよえるユダヤ人』?)も
罪多きかつジョンと近い心境になれる見込みのある彼にこそふさわしいような気がする。

とにかく、この作品で個人的に救いは得られない。
[共感]
2009/05/19 「奇跡と善意を強調するあまり、バランス・公平さを欠いた映画になっている」という視点に共感します。自分もこの映画で引っかかっていたことです。罪を贖わせるのではなく安易な報復(復讐)になっているところに疑問を感じます。ミステリーファンタジーともいえるリアリティを求めている作品でないことは確かですが「人間の原罪」という核心部分まで小奇麗にごまかしてしまったように感じました。 by おきゃん

2009/05/10 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:503(44%) 普通:378(33%) 悪い:254(22%)] / プロバイダ: 26251 ホスト:26365 ブラウザ: 9125
【良い点】
・テーマ性、メッセージ性がある。
・役者たちの演技が良い
・印象に残る台詞がある。

【悪い点】
・無駄な演出が多い。
・少しあざといかな。

【総合評価】
深い内容で考えさせられる映画でした。
観ている者を惹きこむ力があり、長さもさほど気にならずに観ることが出来ました。
ただし、少し距離を置いてみるとあざとさが目立ってしまう映画でもありました。
この作品には、映画を観るタイミングや姿勢の大切さを教わりました。

[推薦数:1] 2008/12/08 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:83(80%) 普通:14(13%) 悪い:7(7%)] / プロバイダ: 15943 ホスト:15999 ブラウザ: 4926
「グリーンマイル」とは、死刑囚が処刑室に行くときに通る「緑の廊下」のことを指すそうです。刑務所の床のこと一般を指すのかもしれませんが、「刑場への道」の方が「人は誰でもそれぞれのグリーンマイルを歩いている」という台詞の意味を良く示していると感じます。

他の人の病気や怪我を、自ら引き受け、苦しみながらも霧のような形で口から吐き出すことで人を癒す能力があるコーフィ。最終的にコーフィを刑死から救おう看守たちに対して、コーフィは自ら死を受け入れる意志を示します。ディテールは違うものの、奇跡によって病を治し、人の罪を背負って刑死したといわれるナザレのイエス(いわゆるキリスト)の姿が、コーフィの姿と被っているように感じました。

本映画は原作を丁寧かつ適切に映像化しているように感じます。小説を先に読んでいたのですが、お涙頂戴にとても弱いので、ストーリーを予め知っていてもやはり泣いてしまいました。
[共感]
2010/11/22 ナザレのイエス/一度キリストに似てると思ったのですが、最後刑死したのも同じだったんですね。気が付きませんでした by 名もなき詩人

2008/11/20 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:41(50%) 普通:5(6%) 悪い:36(44%)] / プロバイダ: 15547 ホスト:15324 ブラウザ: 8753
【2008年12月3日・評価やり直し】

この作品について語りきれていないので、もう一度書く事にします。

「ジョン・コーフィ」の奇跡の力を神秘的に見せているが、最後には感動を誘う為に強引に死へ持って行かれたような印象を受けます。主人公の上司の妻の病気を治した時、吸い込んだ毒を吐かず留めていたのか、それとも本当に吐き出す事が出来なかったのか判りませんが、牢獄に戻った後に性格の悪い小柄の看守を捕まえ毒を吐き移したのも、その後都合よく「ジョン・コーフィ」が恨む少女2人を殺害した真犯人を、毒で狂った彼が銃で撃ち殺していたのも、強引な辻褄合わせに思えてしまう。同時にこの瞬間、「ジョン・コーフィ」は人殺しと同等になり汚れてしまった。最後は「ジョン・コーフィ」が無実である事が分かり、看守達は何とかしようと努力したが、結局はどうする事も出来ないとサジを投げた。無実の人間を目の当たりにしてそんな事で済む訳はないし、散々彼の優しさや超能力のお世話になったのに、用済みといわんばかりだった。あまりにも冷たい。彼は死にたいと言っていたし、汚れてもはや生きている資格がなくなったから全てを受け入れる。だからこれは仕方がないと、観客に納得させようとしている感じを受けます。

評価はやはり、これらが個人的に矛盾している様に見える事から最悪とさせていただきます。

2008/10/13 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:33(52%) 普通:6(10%) 悪い:24(38%)] / プロバイダ: 28056 ホスト:28119 ブラウザ: 8090
DVD視聴
【良い点】
あえて言うなら映画として上手くまとまっているところ。

【悪い点】
ストーリー。綺麗ではあるが起伏が浅いと思う。

【総合評価】
丁寧な作品で、異能力に上手くリアリティを持たせているので破綻することもなく綺麗にまとまっている、のだが。
何かインパクトがないんだよなぁ。展開がありきたりで、「うわっ、こうくるか!」というドキドキ感が全くない。「感動映画」であるから、涙線にくる人にとっては十分なんだろうが・・・そうでない人にとってはやはりストーリーを見てしまう。意外性で感動させてくれたらいいんだが。
感動映画であまり感動しない人間の意見ではあるが、評価は「普通」で

2008/08/26 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:328(45%) 普通:169(23%) 悪い:226(31%)] / プロバイダ: 30269 ホスト:30458 ブラウザ: 7505
話として非常に良く出来ているし、演技も素晴らしい。

が、本作の肝の1つである特定の描写群が痛々しい、男性には切実なネタなので実感を伴った痛みを受けると思います。
痛いのが苦手な私は一作品として考えた場合には最高と絶賛は出来ない。

面白いとは思うけど、そういった描写の1つ1つ自体は好きになれない(痛々しさを上手く表現できているとも言えるが、
それが好きなシーンにはならないだろうという話)ので最高とは評価出来ず、こんな感じです。

もっと読む

「印象に残らせるのが非常にうまいなぁと思った。一度見たらそう簡単には忘れられない。特に台詞が良いと思っ...」 by からくり


次のページを読む

この評価板に投稿する



2015/05/24 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 25972 ホスト:26037 ブラウザ: 5171 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事涙流した/悲しい/怖い/考えさせられた/勉強になった 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. 評価予定の作品 by オルタフォース
... ロボット大戦OGサーガ←プレイ中 大乱闘スマッシュブラザースX←同上 閃乱カグラ 新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女 ・実写総合 ウルトラマンダイナ アルフ 仮面ライダー555 パラダイス・ロスト 獣拳戦隊ゲキレンジャー ネイネイ!ホウホウ!香港大決戦 侍戦隊シンケンジャー 天下分け目の戦 海賊戦隊ゴーカイジャー 空飛ぶ幽霊船 仮面ライダーカブト レジェンド・オブ・ゾロ グリーンマイル アタシ ...
記事日時:2014/03/30
2. ちょっとしたこだわり by 墨汁一滴
... に素朴な味わいが実にたまらなくてこれに温かいコーヒーが良く合います。 だけど、スーパーやパン屋とかに売られているコーンパンは大抵生地の上にマヨネーズとコーンを和えて乗せているやつが多いんですよね。 それも美味しいには美味しいのですが、ちょっとこってりとしていて甘さがしつこかったりするのでやはりオーソドックスな方が好きです。 そういえば映画「グリーンマイル」の中で ...
記事日時:2013/06/22 [表示省略記事有(読む)]
3. アトランティスのこころ by スー
... たペテン師Byベン・ジョンsん」 監督はスコット・ヒックス。原作は『グリーンマイル』、『スタンド・バイ・ミー』のS・キング。 主演は『羊たちの沈黙』のアンソニー・ホプキンス。 ・インサイド・ストレート。 ・失われた地平線 ・二都物語 あんなトランプの遊びがあるんだ。 意地悪なキャラクター、過ぎ去った日々への憧憬を感じさせる内容とキング原作らしさを感じます。 キング ...
記事日時:2012/08/26
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ