[海外映画]ランボー


THE FIRST BLOOD
  • 格好良い
  • 考えさせられた
RSS
注意: これは海外映画版。その他メディアのページ: ゲーム:RAMBO(ランボー)
海外映画総合点=平均点x評価数82位5,176作品中総合点41 / 偏差値80.36
海外映画平均点164位617作品中平均点1.41=良い/29評価
1982年海外映画総合点3位47作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.60(とても良い)5
声優・俳優1.40(良い)5
ストーリー1.40(良い)5
映像1.00(良い)5
音楽0.80(良い)5
格好良い60%3人/5人中
考えさせられた40%2人/5人中
勇気貰った20%1人/5人中
涙流した20%1人/5人中
悲しい20%1人/5人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

ベトナム戦争の帰還兵であるジョン・ランボー(シルベスター・スタローン)は、粗末なバッグ一つを担いで戦友に会いに行くが、彼はベトナムで浴びた化学兵器によるガンで既に死んでいた事を知る。

道を歩くランボーを、パトカーに乗った保安官のディーズル(ブライアン・デネヒー)が見つける。「食事をしたいから町にきた」と言うランボーを車に乗せ、町外れで下ろすディーズル。「よそ者は町に来るな」と忠告し立ち去るが、ランボーは来た道を戻り始める。


※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
1982年 アメリカ
制作/配給:カロルコ・プロ 東宝東和
監督:テッド・コッチェフ
原作:デヴィッド・マレル
海外 (アメリカ):公開開始日:1982/10/22
16,0153129
最近の閲覧数
1100002111
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2010/01/04 / 最終変更者:kunku / その他更新者: スペ9 / 提案者:宝家義頼 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2014/06/05 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2157(58%) 普通:743(20%) 悪い:832(22%)] / プロバイダ: 15458 ホスト:15235 ブラウザ: 5173
誰よりも強い戦士であり、同時に誰よりも深いトラウマを抱えた人間であったランボーのキャラクターが、やはり今作で一番良かったポイントでしょう。
戦争を終えて帰る場所がないランボーの哀愁がこの作品の味であり、実はアクション映画として見るよりもランボーの孤独に目を向けながら見ていく作品なんですよね。
そのため、個人的に印象に残っているのは、ランボーがサバイバルしていくシーンよりも、最後に観念して逮捕されるシーンだったりします。
シルヴェスター・スタローンではなければできない役柄なんですよね。
最強の兵士なのに誰より孤独…というのは、スタローンのあの独特の顔立ちだからこそ説得力があるんですよ。

前半はランボーという人物にそこまで人間味がないので、正直全然楽しくなかったりします。
というか、ごく最後の最後まで、ランボーに共感できる人間の方が少ないくらい、ランボーが無感情な兵器みたいなキャラクターなんですよね。
最初の方で友人が自殺したり、トラウマを発症したりしているけど、前半はそれが原因で狂った人間にさえ見える。行動や言動が戦場に帰れなくなった人間の蛮行そのもので、日本人には共感し難い部分がありました。
とにかく寡黙で、着々と敵を殺していくようなキャラクターだったので、「兵士」というよりは、もはや「兵器」なんです。町を破壊する事にも躊躇がないくらいですし…。
「元グリーンベレーの隊員」という設定かつそこでも最強クラスで、「コマンドー」的な痛快娯楽が期待されるような超人的設定の兵士であるゆえに余計にそう見えます。強すぎるんだもん…。

ストーリーが進むにつれ、ランボーが最初に抱いたあの孤独が忘れられるくらいランボーが乱暴になっていくせいで、前半が終わる頃にはランボーが狂人に見えていき、後半はそれ前提で見る事になります。戦争が原因でおかしくなったんだなぁ…とか、強すぎだろコイツ…とか思いながらボケーッと見る事になります。
「あいつらが先にやったからやってるんだ!」と言いだすところで、「それにしてもオーバーキルすぎるだろっ!」っていうツッコミが湧きましたし、だんだんとランボーへの共感が手放されていくようでした。
しかし、それがラストで、「あぁ…ランボー…」ってなってしまう。
大佐との深い友情や、七年経っても消えない戦争のトラウマがこちらにも容易に想像する事ができる独白に、かなり気分が沈む…。
それくらいランボーの孤独がはっきり伝わってくる良いシーンで、良い感じに暗い照明のお陰で余計にその孤独が引き立っていましたね。

映画そのものの時間も97分が丁度良くて、これ以上なら飽きるかもしれないギリギリのところで終わる。最後のランボーの悲哀で綺麗に完結するんですよね。続編が何するんだかわからないくらい。
後味は良くないけど、まあランボーが殺されなかったぶんマシという感じでしょう。
音楽も、ランボーそのものを良い感じに現した曲で、このエンディングテーマとともに終わるのはなかなか哀愁がありましたから、ラストが心に残る映画の一つになりました。

評価は「良い」です。

2013/03/17 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6654(87%) 普通:560(7%) 悪い:407(5%)] / プロバイダ: 21846 ホスト:21800 ブラウザ: 1975(携帯)
原題は「ファースト・ブラッド」ですが、第一作がアメリカよりも日本でのほうがヒットしたということで、以後、本国でも「ランボー」という名前をタイトルに使うことになったといういわくがあります。

ベトナム帰りの帰還兵のランボーが戦友の故郷へと向かううちに保守的な保安官らとの戦いを余儀なくされるという第一作は、判官びいきの日本人には好まれやすい物語です。インディアンの血を引くというランボーの森へ入ってからの1000人もの州警との孤軍奮闘ぶりが本作品の最大の見所でしょう。

第二作では、ベトナムの捕虜救出、第三作では30万もソ連軍に戦いを挑むといったようにスケールは次第にアップしていきます。

守りのヒーローからやがて戦いのヒーローへと変化を遂げましたが、スタローンの骨身惜しまぬ活躍ぶりとともに、戦友や上官を救出するという「自分の戦い」は共通。ベトナムやアフガニスタンを背景にタカ派的なスタローンが活躍をすることで、とかく論議の的にもなったシリーズでしたが、同時代のアクションスターであるアーノルド・シュワルツェネッガーが「ターミネーター」などで人造人間イメージを強調したのに対して、スタローンがどこまでもつらぬき通したのは痛みのある人間としてのヒーロー像でした。

評価は「最高」とさせていただきます。

[推薦数:2] 2013/01/12 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:46(52%) 普通:23(26%) 悪い:19(22%)] / プロバイダ: 45494 ホスト:45290 ブラウザ: 4694
ベトナム戦争とベトナム帰還兵に対する反発がアメリカ国内に根強くあった時代、
ベトナム帰還兵であるランボーの視点から、アメリカ社会におけるベトナム帰還兵に対する闇と、
そのベトナム帰還兵の悲劇を描いた意欲作です。

大国アメリカが敗戦を喫し、アメリカ国民がベトナムの傷を引きずる時代背景の中で製作されたことにより、
80年代の映画でありながら、アメリカン・ニューシネマ的な内省性が色濃く反映されている作品となっています。
よって、本作はランボー2以降の続編作品とは全く違う、単なるアクション映画ではない、
社会派映画とも受け取ることができる内容になっています。

そしてこの作品の肝は、何と言ってもスタローン渾身の演技による、
ラストシーンにおけるランボーの涙ながらの独白でしょう。

俺の中で戦争は何も終わっていない。
祖国のために死ぬ気で戦って戻ってきたにも関わらず、待っていたのはどこまでも冷淡な対応の自国民達。
外に出れば厄介者扱いされ、寝ている時には毎晩のように戦場の悪夢を見る。

そして、
「100万ドルの武器を任されたが、国に戻ってみれば駐車係の仕事すらないんだ」
という言葉。

ランボーのこの言葉こそが、この作品と現実のベトナム帰還兵達の、
アメリカ社会に対する強烈なメッセージなのであろうと私は思います。

本作はアクションも勿論素晴らしいのですが、
何より単なる娯楽作とは言わせない、当時のアメリカ社会に対する明確な問題提起が一番の見どころであると思います。

祖国のために命を懸けた兵士達と、彼らに対する、冷淡な当時のアメリカ社会の闇が強く伝わる名作です。
評価は「とても良い」とさせていただきます。
[共感]
2013/01/12 85年の11月に日本テレビ系の金曜ロードショーで放送された時に観ました。スタローンの吹き替えを渡辺謙がやったバージョンでしたけど,迫真の演技でしびれました。 by CHIGE

2012/12/08 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:410(55%) 普通:50(7%) 悪い:285(38%)] / プロバイダ: 7932 ホスト:7898 ブラウザ: 9615
アクションが素晴らしいのは言うまでもありませんね
サバイバル的な内容でしたが凄い演出でした
初視聴時は憧れを抱くほどインパクト強かったです

2012/10/14 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 1876 ホスト:1923 ブラウザ: 4895
いやー、驚きました。ラスト十分でここまで化けた作品はそうそうお目にかかれません。
序盤から中盤にかけては、ランボーによる痛快活劇ものかとばっかり思っていたのだけど、最後の最後、ランボーの独白によって作品の中身がゴロッと変わります。

国の為に戦い、敗れ、心に深い傷を負い、そして友を失ったランボー。そんな彼を迎えたのは、彼をただの浮浪者としか見ない、町の保安官。(軍人とは違う形の守る人っていうのがポイントですよね)
保安官から町に必要のない人間と言われ、追い出されるなんて、この時点でランボーからすれば、かなり精神的に堪えます。それでも町に入ろうとするのは、多分彼なりの意地というか、認めてもらいたいという気持ちの表れだったんでしょう。しかし、その結果彼は捕まり、酷い仕打ちを受ける。認めてもらえないどころか、暴力を振るわれた彼は怒り、保安官との戦いに至るわけですが、はっきり言って、ランボーのこの行いは子供の癇癪と同レベルでしかありません。
でも、彼はそれ以外の方法を知らないのです。認めてもらうにはどうしたらいいのか。そう考えた時、兵士であり、戦うことだけを強いられてきたランボーには、戦う以外の選択肢はないのです。言葉で分かってもらうとか、我慢するとか、そういうことが出来ません。出来ないというか、考えつかないんでしょうね。

もっとも、僕がそう受け取るようになったのは、ラスト十分からのランボーの独白によるものが大きい。正直それまでは、活劇モノとして観てましたから; 実際、多少の正義感はあるもののふてぶてしくて傲慢な保安官は好感をもてるようなキャラクターではなく、だからランボーにいいように振り回されてる彼らの姿を楽しんでました。ところが最後のランボーの独白といったら、それまでのランボーの行動、保安官の態度の全てを独白の説得力に昇華してみせました。これは凄い。作品の中でこうも印象がガラリと変わるとは、憎い演出です。

ラストがとても印象的な本作ですが、一方でランボーの活劇部分も面白い。森の中のゲリラ戦的な場面ではひたすらランボーの技術の高さに驚き、洞窟に身を潜める場面では服を破いて油を染み込ませて松明に巻いて火を維持するなど随所でみられるサバイバルの技術に感心します。ネズミが怖かった……。
リアリティがどうこう以前に、純粋に感心出来たし、関心も持てます。その手の知識に乏しい僕は特にそうでした。

2012/09/27 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:362(78%) 普通:43(9%) 悪い:60(13%)] / プロバイダ: 19885 ホスト:19941 ブラウザ: 7300
【良い点】
●ジャングルでのゲリラ戦など、それなりにアクションとしての見どころはあった。
●ランボーの最後の独白自体は面白い。苦悩自体は感じられる。

【悪い点】
●ストーリーに全くもって説得力がない。ランボーがただのイかれた暴力野郎にしか見えず、「ベトナム帰還兵で、居場所がないからこんなことしちゃったんだね」と納得させるにはあまりに行動がイカれすぎています。本当のサイコパス野郎だとか、ハンニバル・レクターのような精神異常者の怖さを描いた作品だったとしたらまだ理解できても、あくまで一般的感覚を残しているランボーがあんな行動を起こすのは説得力がないし、「帰還兵はこんなに苦悩してるんだから、こんなことしても仕方ないよね」と言う内容なのがちょっと……。警官たちも警官たちで、性格づけは大雑把に『嫌な奴ら』としか描かれていないし、ヘリから銃殺させようとしたのも短核的すぎるし展開として突飛している。もっと分かりやすく悪役として描いていたならいいものを、なまじ正義感があるためにランボーの行動が浮いてしまっていました。
●ランボーがあまりに強すぎます。グリーンベレーがまるで超人集団のように描かれていますが、これも説得力がなさすぎる。元隊長が言う「一端放っておこう。その内どっかで捕まるだろう」というような発言も全然納得できない。
●全体的に規模が小さく、明確な悪役が存在しないのでストーリーに膨らみがない。だいたいランボーが罪の無い相手に好き勝手やって、警官たちが右往左往するだけなのでカタルシスもない。そして大味なアクションの間に挟まれるのはランボーの「俺は悪くない、あいつらが先にやったんだ」という感情移入の出来ない、子供のような言い訳……。正直、どこを見ればいいのか分からない内容でした。

【総合評価】
『ランボーっていうベトナム帰還兵が、八つ当たりに暴れて街をメチャクチャにしたり暴力を振るったりする映画』と言えばわかりやすいでしょうか。最早ランボーは通り魔の類です。

個人的には全くもって楽しめませんでした。言いたいことはまだまだありますが、とにかくランボーがやりすぎだったと言うことです。
何故これが売れたのか、恐ろしいほどに理解できない作品でした。評価は『最悪』で。

2012/05/19 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:882(66%) 普通:353(27%) 悪い:93(7%)] / プロバイダ: 31188 ホスト:30920 ブラウザ: 7309
「この山では俺が法律だ」
「何も終わっちゃいない。」

スタローンの代表的作品。
シュワルツネッガーの『コマンド―』のような内容を創造していたので、ベトナム帰還兵の苦悩を描くまじめな内容に驚きましたが、面白く視聴できました。
スタローンも良かったですが、ティールズ保安官役のブライアン・デネビーもいい味出してましたね。
そういえば、『トゥルーライズ』で今作をネタにしたセリフがあったなあ。
アンドリュー・ニコルの『ロード・オブ・ウォー』でも今作についての言及がありました。
気になった方は見て確かめてください。
この作品が気に入った方はベトナム戦争を扱った映画を渉猟してみてはいかがでしょうか。
『フルメタルジャケット』、『グッドモーニング・ベトナム』なんかかお薦め。『フォレストガンプ』、『ロッキー』なんかもいいですね。

2012/03/10 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:134(48%) 普通:64(23%) 悪い:80(29%)] / プロバイダ: 4212 ホスト:3938 ブラウザ: 7357
【良い点】※原作未読
・ランボーというキャラクター:ダメ人間ですね。彼はベトナム帰還兵達を名指ししてベトナムの子供たちを殺したとか村を焼いたなどど糾弾した米世論の節操のなさを非難する至極真っ当な意識を持ちつつも、結局本土では役立たずで戦場でしか自らの価値を見いだせない体たらくなわけです。しかも戦友は化学兵器による癌で死んでおり自らは制御不能なトラウマ持ちという悲惨さであります。ベトナム戦争の業の深さを感じさせてくれるスマートなキャラクター設定でした。
・配役:シルヴェスター・スタローンの無骨な雰囲気が良い味を出している。それと肉体美。正にハマリ役でした。それと保安官役も強烈な個性でした。あと忘れてはならないのがトラウトマン大佐。ニコポンな大佐が本シリーズの裏の悪ですね。
・反戦映画:ベトナム戦争末期のアメリカの状況を簡略化した良く出来た映画でした。アクション映画の割に色々なメッセージを詰め込んだ内容であるがちゃんと反戦という方向に集約されているのは素晴らしい。
・アクション:バイクアクション・ヘリとの対決・森林での格闘・坑道からの脱出・ラストの大暴れ。なかなか多彩です。
・音楽:『ロッキー』同様に耳に残るテーマ。

【総合評価】
・テッド・コッチェフ監督作品。ベトナム戦争帰還兵のジョン・ランボーが田舎町で保安官や州兵相手に戦争する映画。保安官達の冷笑的な態度とランボーの無制限な暴力どちらも罪深く理不尽である。ラストの長台詞は泣けてきます。

2009/11/27 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:26(46%) 普通:9(16%) 悪い:21(38%)] / プロバイダ: 2969 ホスト:2619 ブラウザ: 9705
【良い点】
ランボーがとにかく暴れる
でも最後には悲しい現実が・・・

【悪い点】
いくら何でもランボーはちとやり過ぎ

【総合評価】
面白かった〜たまに観ると良いかも。

2009/11/06 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2714(60%) 普通:758(17%) 悪い:1057(23%)] / プロバイダ: 14516 ホスト:14622 ブラウザ: 6307
2作目以降、レーガニズムに染まる等で作品のスタンスが大きく変わってしまった事。
これが、このシリーズで最も不満な事です。

内容は、戦友が死んだ事を知って森を彷徨うベトナム帰りのランボーが保安官に捕まり、
裸にしてホースで水攻めにする等の虐待に遭った事が原因で戦場で心に受けた傷が開き、
保安官達に反撃して脱走、ランボー1人と保安官達の戦いに発展すると言う物でした。

ランボーの戦友の死因、警察で虐待を受けている最中に蘇るベトナムでの記憶、保安官たちとの戦いを通してランボーに突きつけられた現実等、
作中では、それらを通してベトナムから帰ってきた兵士達が味わった現実を生々しく伝えていました。

また、ラストでランボーが上官に叩き付けた台詞は、ベトナムから帰還した兵士たちがアメリカに向けて発する声その物でした。

2009/11/06 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 4788 ホスト:4858 ブラウザ: 8573
【良い点】
戦争の虚しさを感じさせる
迫力があるわけではないですが面白いです
警察が馬鹿みたいで面白かった
ランボーの体力と知力は最高!
ランボー改めシルベスターが若い
EDが泣ける

【悪い点】
ベトナムでの戦争を見たかった
ランボー逃げる→警察追い込む、のくり返し
もうちょっと暴れて欲しかった
ストーリーが地味

【総合評価】
良かったです、戦争の虚しさを感じさせられます
だからと言って2は必要なかったようにも…まぁとにかく評価は「良い」

2009/08/11 悪いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:93(76%) 普通:11(9%) 悪い:18(15%)] / プロバイダ: 13611 ホスト:13603 ブラウザ: 10588
【良い点】
エンターテイメントとして何も考えずに観れれば面白いかも?

【悪い点】
単なるプロパガンダムービーでしょう?

【総合評価】
簡明直截に・・・マイナーだけれど極めて優れた反戦映画アンダー・ファイアと比べたら、本シリーズの欺瞞は誰にだって解ります・・・米帝国主義の欺瞞が。

あ、自分は間違ってもアカじゃないですからね、悪しからず。

2009/08/10 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 16790 ホスト:16750 ブラウザ: 10315
ランボーは怒りの脱出を含めて二作品ほど覚えている。やはり、一作目が良い。アメリカ映画では、珍しくまともな戦争映画だからだ。戦争という名のグロテスクなアクション映画とは違う。
戦地から帰ってきた兵士(ランボー)に待っていた者は、罵声と屈辱。ベトナム人はもちろんとして、兵士も悪くない。その戦争を命じた「アメリカ」という国のおかしさがこの作品から見えてくる。

もう一度打ち込むが、アメリカでは比較的まともな「戦争」を描写した映画だ。一作目だけは。

2008/12/29 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:114(72%) 普通:0(0%) 悪い:45(28%)] / プロバイダ: 34710 ホスト:34607 ブラウザ: 2983(携帯)
ランボー作品の中でもメッセージ性というか、やはりスタローンならではの「無骨、それを隠さない!」がとても効いている。

数多くのベトナム戦争映画が作られたが、スタローンの無骨さがベトナム戦争の悲惨な傷跡を強く強く印象づける。

後作はパロディに使われるなどエンターテイメントの印象が強いが
今作品に限ってはストレートに熱い想いが伝わってくる作品である。

戦争はイラクからアフガニスタンに移り、アメリカ・イラン情勢も薮の中。
宗教的な対立もあるので決着が見える気がしない。

2008/05/27 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:23(79%) 普通:3(10%) 悪い:3(10%)] / プロバイダ: 1200 ホスト:1053 ブラウザ: 7590
ベトナム帰還兵の不条理な戦いを描いた作品。
当時のアメリカを縮尺したようで非常に濃厚だった。
最後のランボーの台詞にすべてが凝縮されています
【総合評価】
ベトナムを舞台にせずベトナム戦争を描いたこの作品。
私は好みですね。

もっと読む

「昨日のテレビ放送で初めて拝見しました。 なんか能天気なアクションものだと思っていたのですが、ベトナム...」 by 青いエビータ


次のページを読む

この評価板に投稿する



2013/04/29 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 7720 ホスト:7490 ブラウザ: 11895 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. 5 by OYJAR40
... を見ていてみつけた記事。 「ランボー5」制作決定! 9月より撮影開始! 早速私と同じ映画好きの兄弟にメール。以下、私から。 ///////////////////////////////// 件名:笑った ランボー5、制作するみたいだね。メキシコの麻薬カルテルと戦う話になる ...
記事日時:2018/05/09
2. 2000年代以降から頻繁に視るようになった“ レジェンド "という存在について。 by 塩キャラメル
... はありますが、90年代までは有り得なかったことが起き続けていました。もちろん良い意味で。特にスタローン×ウィリス×手話ちゃんの共演なんていったい誰が予想したことでしょうか。 「仮面ライダー1号」「ウルトラマン」「ギャバン」「ロッキー」「エクスペンダブルズ」「ランボー」「ダイ・ハード」「スーパー戦隊」といった、 ジャンルを問わず、数多くの主演者たちがかつて一世を風靡し、その当時に視聴 ...
記事日時:2016/08/27
3. 漫画『蟲師 外譚集』 『らいか・デイズ18』、SF小説『ダイナミックフィギュア(上)』を買ったり by 青い羊
... klcM をリアルタイムで実感してるし、し続けたいんですよ。 例えば、官邸ドローン事件( http://u111u.info/kldb この微妙なライブ感が現代というか21世紀的。因みにこの纏め記事も日記書き込み時で、17分前の掲載)。 出頭した(自称)犯人は、結構マジで、30年越しでやってきた、サイバー・プチ・ランボーだなとか ...
記事日時:2015/04/26
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは海外映画版。その他メディアのページ: ゲーム:RAMBO(ランボー)
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合非適切にバランスを欠いた評価とみなして削除されます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ