[海外映画]ステップ・アップ2:ザ・ストリート


すてっぷあっぷ2 ざすとりーと / Step Up 2: The Streets
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数4,248位5,011作品中総合点-2 / 偏差値46.03
2008年海外映画総合点134位170作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像0.50(良い)2
音楽0.00(普通)2
キャラ・設定-1.00(悪い)2
声優・俳優-1.00(悪い)2
ストーリー-1.00(悪い)2
熱血50%1人/2人中
悲しい50%1人/2人中
道徳心&モラル50%1人/2人中
友情50%1人/2人中
考えさせられた50%1人/2人中
もっと見る
属性投票する
監督:ジョン・チュウ
脚本:カレン・バーナトニ・アン・ジョンソン
製作:パトリック・ワックスバーガーエリック・フェイグアダム・シャンクマンジェニファー・ギブゴット
製作総指揮:アン・フレッチャーボブ・ヘイワードデヴィッド・ニックセイメレディス・ミルトン

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
海外 (アメリカ):公開開始日:2008/02/14
プロモーションビデオ (1個)
1,14322
最近の閲覧数
1002010001
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/10/04 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2014/11/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:66(92%) 普通:5(7%) 悪い:1(1%)] / プロバイダ: 9201 ホスト:9069 ブラウザ: 10092
【総合評価】
ダンスシーンがストリートと銘打つだけあって、個人的には良いと思った。ブレイクダンスはパワー系も多く見られ、見応えがあり格好よい。前作の主人公のチャニング・テイタムが出てくるのも、ニヤリとさせる演出だ。
ストーリーはいまいちだが、及第点。アメリカの学生達の日常を見せてくれていると思う。アメリカで暮らしたことがないので分からないが。ところで、アメリカの平均的な家庭でも、庭でみんなを集めてパーティーって、軽ーく行われるのか。日本ではあまり見られない光景なので、参加したいと思ってしまった。

2014/11/24 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3414(33%) 普通:3573(35%) 悪い:3328(32%)] / プロバイダ: 14043 ホスト:13846 ブラウザ: 7455
自分も前作は知りませんが、題材が題材だっただけに(?)もう少し見れるだった
はずでは・・・・・・でした。正直な話。

主人公のアンディって、仲良くなった、長髪で痩せ気味だった兄ちゃんと初めて
会ったシーンも、「いや他人の席取ったの黙ってないで何か言えよ?」でしたが、
良く言えば自由奔放、悪く言えばやや自己中心的で後先考えない所がありましたね。

流石に彼女自身、「自分が大事になってしまった元凶だ」な自覚はあったようですが、
ダンス学校に転校するまではまあ良かった。しかし、ストリートダンスのグループ
と掛け持ちしたのなんて無理あったでしょう。「好きな事に夢中になって生きる青春
真っ盛りな女の子」とか言えば聞こえは良かったのでしょうが、ドラえもんの道具
(分身ハンマー)で本人と分身に分けてもらうわけにもいかないのだし。

言い訳も他のメンバーに代行してもらったと思いきや案の定バレてしまいましたが、
このグループの黒人な兄ちゃんもです。まあ熊手事件ですっかり男を下げてしまった
「あの人」と本質的に同じだったのでしょう。その後の嫌がらせ等決して彼女は一方的
な被害者ではなかったのに、「俺こそがルール。俺の命令は何でも正しく、メンバーで
いたいのなら誰も従わなければいけない」と言わんばかりな、独善的なお山の大将
タイプでしたが、学校の体裁しか考えてなかったダンス学校のお偉いさん(別の同級生
の兄ちゃんは彼の弟だった)共々必要以上に悪く描いたステレオタイプ的なキャラで
全く底が浅かったです。

結局このリーダーも、最後はアンディ達の「体の良い引き立て役」みたいになって
しまって、アンディの何げに重かったバックホーン共々彼との和解とかももっと
良く掘り下げて描けば良かったのにでしたが、地味に主人公・ヒロイン補正があざとい映画
でした。これでは、「大切なのはダンスを通して何を得るのか」な「自分の好きなものに
打ち込む事の大切さ」を説教されても説得力はありません。こういう題材の映画って、
特段そうした題材には興味がなくとも「面白そうだなあ。やってみたいなあ」と
少しでも思わせないと駄目なんじゃないの?とは他の最近見た映画の評価版でも
述べましたが、本作も特に脚本がそうしたレベルには程遠いクオリティでした。
評価は厳しいですが、「最悪」とします。

この評価板に投稿する



2014/11/24 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 14043 ホスト:13846 ブラウザ: 7455 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事悲しい/考えさせられた/道徳心&モラル 
ストーリー最悪(-3 pnt)
キャラ・設定最悪(-3 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優とても悪い(-2 pnt)
音楽悪い(-1 pnt)

もっと見る

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合非適切にバランスを欠いた評価とみなして削除されます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ