[海外映画]スター・ウォーズ エピソード5 / 帝国の逆襲


すたーうぉーず えぴそーど5 ていこくのぎゃくしゅう / Star Wars THE EMPIRE STRIKES BACK
  • 面白い
  • ロマンチックな気分
  • びっくり
  • 楽しい
  • 格好良い
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数96位5,177作品中総合点37 / 偏差値77.18
海外映画平均点247位617作品中平均点1.12=良い/33評価
1980年海外映画総合点1位35作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽2.14(とても良い)7
キャラ・設定1.71(とても良い)7
声優・俳優1.71(とても良い)7
映像1.29(良い)7
ストーリー1.14(良い)7
面白い57%4人/7人中
ロマンチックな気分43%3人/7人中
びっくり43%3人/7人中
楽しい43%3人/7人中
格好良い43%3人/7人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

遠い昔、遥か彼方の銀河で・・・

デス・スターを反乱同盟軍にまんまと破壊された帝国軍の反撃は激烈を極めた。
反乱同盟軍にとってまさに暗黒の時代の到来である。

※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
1980年 アメリカ
制作/配給:20世紀FOX
監督:アーヴィン・カーシュナー
製作総指揮:ジョージ・ルーカス

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:1980/05/21(水)
16,7543633
最近の閲覧数
2000011020
1人の方がこの作品が海外映画として最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2017/10/30 / 最終変更者:Iccid / その他更新者: SHUNIA / スペ9 / 634 / 提案者:宝家義頼 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/10/10 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:34(76%) 普通:1(2%) 悪い:10(22%)] / プロバイダ: 22901 ホスト:22796 ブラウザ: 9175
ベイダーにアナキンのライトセーバーを紛失されてクラウド・シティの下の風向計へ放り出されるルーク、ルークをカーボン凍結させるために実験台にされて連れ去られるハン・ソロ、ドラゴンスネークに飲み込まれそうになって汚れてしまうR2など正義の主要人物達が不遇な目にあってしまいます。
オビ=ワンからの言葉を聞いてヨーダの元で修行するルークがフォースの訓練中にレイア達の危機を感じて修行を中断してしまったことでルークはジェダイを滅ぼした実力を持つベイダーに圧倒される結果を迎えます。ベイダーがルークを暗黒面に誘おうとする恐怖はホラー感溢れる恐怖映像になり、スター・ウォーズ史上ホラーで最悪な作品になるでしょう。

2017/05/23 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:165(68%) 普通:45(19%) 悪い:31(13%)] / プロバイダ: 7154 ホスト:7319 ブラウザ: 10093
私は「帝国の逆襲」が掛け値無しにシリーズ中、最も面白かった作品だと思っています。嫌いな方も多そうですが・・・
エピソード4から始まる前期三部作は初映はもちろん、リマスターなどがなされると黙っていられずに見に行きました。で、活劇としてのメリハリも、エンターテイメントに徹しているところも一番だと思います。おそらく終わらせる必要もない、物事に決着をつける必要もないのが、良い方向に結びついたのでしょう。
映像的には、懐古趣味に走るつもりはありませんが、CGを多様してオリジナル版との継ぎはぎがどうしても目についてしまうリマスター版よりも、やはりオリジナルがいいかなぁ、と思います・・・BDの要領を生かしてその辺を選択出来る版が作られると比較観賞出来て嬉しいのですが・・・。製作者としてはイヤなのでしょうね。

大体それぞれの三部作で好きな順序は2>1>3という感じです・・・なので、今冬上映される最新作が実は楽しみだったりします。

2017/03/04 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 36318 ホスト:36204 ブラウザ: 10209
【良い点】
・キャラクター。
今作では登場人物の掘り下げを本格的に行い、より感情移入しやすくなりました。
ヨーダのもとで修行していく中で起こったルークの葛藤、ハンソロとレイア姫のロマンスなど、前作にはないドラマを作ったのも良かった。
ダース・ベイダーの悪人オーラもかなりパワーアップ。
・展開。
観ててショッキングな展開が多め。ハン・ソロが冷凍され、ルークとダース・ベイダーが親子だった事が判明し、しかもルークの敗北で幕を閉じたのですから。
・テンポ。
前作からは考えられない程、テンポが凄ぶる良い。
・バトルシーン。
バトルシーンに迫力がある。ライトセーバーでの闘いは、前作のような安っぽさは無くなり、見応えのある物に仕上がっています。
【悪い点】
・単体で観ると・・・。
単体で観て面白いわけではありません。前作[エピソード4]を観ていないと何が何やら分からない作りだし、キャラクターへの感情移入も出来ないでしょう。簡単に言えば「一見さんお断り」という所。
・終わり方。
続きがある事前提で終了だった事もあり、やや不完全燃焼ぎみ。[バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2]の時も思いましたが、三部作の真ん中はそんな傾向がある。
【一言】
悪い点で挙げた通り、単体だと楽しめないと思いますが、前作から一転して帝国軍からの逃走劇となった分、スリリングさが増したのは凄く良い。
【総合評価】
とても良い。

2017/01/12 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:46(68%) 普通:5(7%) 悪い:17(25%)] / プロバイダ: 45021 ホスト:44975 ブラウザ: 10291
【良い点】
・前作からさらに進化した特撮。ストップモーションで描かれるAT-ATの姿は必見だ。
・元々魅力的だった各キャラクターの描写が更に掘り下げられており、より感情移入ができる。
・前作では剣道みたいで残念だったライトセーバー戦のクオリティがだいぶ上がった。なんでも、今回はライトセーバー戦の撮影のみヴェイダーのスーツアクターを変えたそうだ。
・大団円をEPⅥまでとっておき、繋ぎという部分に徹したストーリー。おかげで作風は一貫している。

【悪い点】
・メインストーリーは味方サイドが大した逆転も出来ずに負け続けるというもの。クオリティ自体はともかく、前作のようなスカッとした爽快感を期待すると少なからず肩透かしを食らうだろう。
・ルークがワンパに襲われて雪原で彷徨うシーンは、マーク・ハミルが事故で顔に負った怪我に不自然さを感じさせないように加えられたらしいが、長い割に本筋にあまり絡まないので正直いらないのではないか。

【総合評価】
子供の頃は敗走続きのストーリーを退屈に感じたが、今観ると中々よく出来ているのが分かる。
かなり暗い展開が続くので観る前には覚悟がいるが、クオリティそのものは自信を持って名作と断言できるレベルだ。

2016/01/06 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6657(87%) 普通:560(7%) 悪い:407(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:21941 ブラウザ: 1975(携帯)
前作をだいぶ前に視聴したものの、続編である本作を今まで視聴していなかったものでしたが、昨年末にようやく視聴する機会に恵まれたので評価を。

個人的にはハリソン・フォード扮するハン・ソロの隣でウォーッ!!という奇声を上げているチューバッカが印象的でしたが、ノーベル文学賞筆頭候補に毎回名を連ね、プロ野球では昨年度のペナントレースでそれまで3連覇中だった巨人を打倒して見事セリーグ制覇を成し遂げた東京ヤクルトスワローズのファンであり、ちなヤクおじさんこと村上春樹氏がもしスターウォーズの世界のキャラになれるならチューバッカになってハリソン・フォードの隣でウォーッ!!と叫びたいというのもなんか共感できるものがありました。

そういえば、お馴染みのダース・ベイダーのBGMのインパクトもありましたけれども、何よりもクライマックスでルークとダース・ベイダーが対面を果たしたときにダース・ベイダーの口から予想だにしなかった衝撃の事実が告げられたくだりでしたね。トイストーリー2でもパロディーとして描かれていたのを思いだし、「おお、このシーンだったのかあ!!」と感激させられてしまったものでした。

評価は「とても良い」とさせていただきます。

[推薦数:2] 2012/10/15 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 107 ホスト:148 ブラウザ: 4895
【良い点】
・シナリオ。
・次作への期待感。
・映像技術。

【悪い点】
・これといっては特に……。

【総合評価】
三部作作品の中で、ここまで純粋に楽しめた二作目の作品はそうそう無い気がします。
シナリオは前作同様に、相変わらず王道まっしぐらといった感じ。だけど盛り上げる場面はきっちり作りこんでますね。特に中盤から終盤にかけての、ヨーダ登場→修業→ダースベイダーと対決→敗北→次作へ……は興味をがっしり掴まれました。
修業中に語られたダースベイダーの秘密とルークの持つ可能性。そして師匠の静止を聞かずに飛び出してしまうルークの若さを強調してからのダースベイダーとの対決と敗北。そこへ追い打ちをい7かけるかのように明かされたダースベイダーの正体と、一方でハン・ソロの拉致。次作に向けてどんどん加速していく展開にワクワクしました。

本作は映像面の変化も大きな特徴でした。前作は第一作目ということもあってか映像はお世辞にも綺麗とは言い難く、技術の方も正直に言ってB級の映画のようでした。
が、本作は映像面が格段に進歩しており、最近の映画に慣れ親しんだ方でも問題なく視聴できることと思います。(実際、僕がそうでしたから)前作と比べて一番驚いたのが、この映像技術の向上です。

主人公としての魅力に厚みが増したルーク、本作でも健在であるR2-D2とC3POのやり取り、相変わらず個性を出してる仲間達と、本シリーズの娯楽性の高さを実感させられる作品となっています。
[共感]
2012/10/15 これがシリーズ最高傑作です。リアルタイムで劇場で観たときは本当にわくわくしました。ルークとベイダーのチャンバラはめちゃくちゃスリリングだったな。 by CHIGE

2012/09/20 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:545(70%) 普通:88(11%) 悪い:148(19%)] / プロバイダ: 6965 ホスト:6777 ブラウザ: 4783
【良い点】
ヨーダの登場がなかなかにインパクトがある。
ヨーダの元で修業するルークへの期待感。またその成長が感じられる。
ベイダーの過去が明かされるシーン。
メカが多い。

【悪い点】
ハンソロはあれでいいのか・・・ルークよ

【総合評価】
全体的に良い。

2012/06/02 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2159(58%) 普通:744(20%) 悪い:833(22%)] / プロバイダ: 15458 ホスト:15408 ブラウザ: 7541
さて、エピソードⅤはダースベイダーの正体がバレる有名なシーンのある作品です。
ルークが何気に心強かったというか、あんまり強いイメージないけど結構頑張ってましたね。
もう一人の主人公とでも言うべきハン・ソロもかなりカッコよかったし、話は全体的に面白い。
やっぱり、ルークとダースベイダーの対峙するシーンや、そこから運命に挑んでいく姿が非常に良かったんですよね。
バトルシーンも前作よりグレードアップし、巨大メカなんかもかなり自然に動くので見飽きない。
ヨーダも登場し、新三部作とはまた違う形で活躍してましたね。
音楽もあの有名な曲が流れたりして、ある程度盛り上がった二作目だったと思います。

実際のところ、エピソードⅥの繋ぎのようですが、次が気になる終わり方でよかった。
まあ、スターウォーズは、あんまり前作のラストから繋がったような始まり方をしないんですけどね…。

2011/01/22 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:20(77%) 普通:2(8%) 悪い:4(15%)] / プロバイダ: 29328 ホスト:29361 ブラウザ: 12803
【良い点】
特撮技術の当時としては奇跡とも言うべき表現の幅を感じた、特にファルコン号が小惑星帯をかすめて飛び洞窟に侵入していくシーンは当時観て 嘘っ とあまりにも驚いた

つまらない部分があまりにも少なすぎて
どういった観客層にもアピールできる底力を持つ作品です
キャラクターの魅力 宇宙の壮大さ ロマン あまりにも贅沢すぎる傑作です

【悪い点】
これを観た時点 一作目を未見でした
あまりにも一作目に期待しすぎる結果となり
後からテレビでみたニューホープがなんだつまらん と感じた
結局スターウォーズ全体通しても傑作と言えるのはこれだけ

【総合評価】
遊園地気分 そんな贅沢な作品です

2010/11/24 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:494(44%) 普通:197(18%) 悪い:428(38%)] / プロバイダ: 7763 ホスト:7452 ブラウザ: 8737
ああ、またコイツも死んでしまうのか(正確には死んでないかも)
1から見てるからこそ思う悲しさが味わえる

ストーリーはねー、あんまり・・

評価は普通

[推薦数:1] 2010/11/07 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:913(76%) 普通:206(17%) 悪い:90(7%)] / プロバイダ: 13482 ホスト:13662 ブラウザ: 12025
80年に公開された宇宙スペクタルアクション映画で前作「スターウォーズ -新たなる希望-」の続編。`死の星(デス・スター)'が粉砕されて本拠地を失った帝国軍だったが、やがて勢力を盛り返して大きな軍団となって反撃を開始。反乱軍は氷に閉ざされた惑星ホスに逃れる。“ダース・ベイダー"は、各惑星に偵察機を送り、ホスで反乱軍の動きを察知し、攻撃を開始する。猛攻をかける帝国軍に、遂に反乱軍は屈し、“ハン・ソロ"と`チューバッカ'は“レイア姫"と`Cー3PO'を`ミレニアム・ファルコン号'に乗せ、ホスを脱出。一方、“ルーク・スカイウォーカー"も`R2ーD2'と共にダゴバ惑星に向かう。ダゴバにはジェダイ師の`ヨーダ'が隠棲しており、ヨーダに会って霊力の修行をすることをルークはベンから勧められていたのだった。ヨーダと会ったルークは、そこで霊力の修行に励む。一方、ソロたちは親友ランドのいる`雲の都市(クラウド・シティー)'に到着するが、帝国の魔の手はここにも及び、捕まってしまう。ソロたちの危機を感知したルークはヨーダやベンの忠告を振り切り、単身救助に向かう。

広大な宇宙を舞台とした壮大なスケールで作られ、SF超スペクタルアクション特撮映画として一斉を風靡した前作「スターウォーズ -新たなる希望-」の続編として製作されたのが本作品で、3部作として企画した中間に位置する作品である。それだけ前作の反響が大きかったことを意味してるんでしょうけど、キャラは前作のレギュラーだったルーク・ソロ・レイア姫やCー3PO・R2ーD2・ベン・ベイダーを主流ですが、敵本部に乗り込んでの救出劇だった前作と比べると、規模を拡大していろんな惑星や都市を登場させて視野を広くしており、スケールがUPしており、その分テンションも高くなってます。

ストーリーは前作が敵本部`デス・スター'に乗り込んでレイア姫を救出するという展開でしたが、本作では勢力を盛り返した帝国軍によって追い詰められた反乱軍のレイア姫とソロたちの逃亡劇とルークの成長が主体となっており、戦闘アクションより宇宙を駆け巡る逃避行劇ドラマといった感じです。でもそれが前作よりスケールを大きくしており、スリリングさでは一番だったと思いますね。最初の雪原の巨大4足歩道戦車`ATーAT・スノーウォーカー'との戦闘も然ることながら、ファルコン号の宇宙逃亡や帝国軍の巨大戦艦スター・デストロイヤーとの追跡は手に汗握る迫力があり、いかにも宇宙って感じが伝わってきましたね。また`雲の都市(クラウド・シティー)'も臨場感あってなかなかよかったです。あれが絵とは信じられませんでした。そしてルークとベイダーの一騎打ち。そして衝撃の真実を知ることと、物語の展開もなかなかよくできていたと思います。次作の繋ぎのための布石なんでしょうが、ソロは氷漬けのまま、借金主の元にいかされ、ルークとレイアは何とか帝国軍から逃げ延びますが、1つの映画としての完成ではなかったのが残念です。これも次作を視聴させるための演出だったんでしょうけどね。

本作品は前作を上回る壮大な宇宙設定と特殊メイクの異生物や名優たちの演出、そして特撮技術の粋を集めた技術とスピード感溢れるスリリングな展開等、すべてにおいて前作より盛り上げたと思いますので、評価は【最高!】です。前作での挑戦が功を奏して、本作ではよりスケールを大きくしており、これによって映画界に新たな歴史が綴られたんだと感じますね。

2010/07/28 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 16029 ホスト:15909 ブラウザ: 12486
どうでもいいことですけど
帝国軍はミスをした兵隊をいちいち殺してて大丈夫なんでしょうか?

あとストーリーはルークがダースベーダーに負けるバッドエンドでしたが
緊張感があって続きが気になりました。

2009/03/03 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:11(61%) 普通:2(11%) 悪い:5(28%)] / プロバイダ: 23332 ホスト:23389 ブラウザ: 8335
Ⅵへのつなぎということもあり、
あまり印象に残らなかったが、
最後のシーンは気に入らない。

最後、何で2つのグループに別れるの?
ルークはハンを助けに行かないの??
レイアはハンを凍結された瞬間を見ていたのに・・・。
あれ程一緒にいたのに
仲間なんだろ。
別にレイアを助けたから一段落。
めでたし、みたいな終わり望んでないよ。
どういうこと
意味分からん

Ⅵを見ないと何とも言えないけど、Ⅴにおいては最後のシーンで印象がた落ち。
評価は【とても悪い】

2008/12/10 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:30(59%) 普通:7(14%) 悪い:14(27%)] / プロバイダ: 12619 ホスト:12414 ブラウザ: 7395
さて、大好きなシリーズ・・・旧3部作の中で1番嫌いな作品です・・・
だけれども旧3部作の中で1番評価が低いだけで、映画自体は大好きです。

べスピンの町並みも綺麗だし、ホスやダゴバなどの特徴的な惑星もリアルに描かれていました。
ダゴバの洞窟には蛇とかトカゲとかたくさんいましたので、そこは気持ち悪かったです(笑

登場人物は全作と変わらず、さらにさらに増えるという・・・
新たな登場人物は・・・ランド・・・だけかな主要は。ランドは初期のソロみたいにワルっぽかったんですが、
だんだん丸くなっていくあたりがソロと重ねて見れました。
そして親友のソロを救うため、奮闘するのも納得できました。何気に活躍してますね。
ヴェイダーとルークの関係は・・・最初聞いたときびっくりしましたよ。
突然親子だといわれても・・・でも皇帝との事前の会話でヴェイダーも半ば信じていなかったようですし、
ヴェイダー自身があまり知らなかったんですね。ルークはもちろん「Nooooooo!!!!」でしたし。

最終的に見て、宇宙船の迫力が凄かったですね。
あと3POとR2は一緒にいないとダメですね・・・3POはただうるさいだけでしたしw

あと、唯一レイアが可愛く見えた作品でした(笑

2007/09/23 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:52(62%) 普通:16(19%) 悪い:16(19%)] / プロバイダ: 18244 ホスト:18291 ブラウザ: 3876
ホスの小惑星帯にジャガイモとスニーカーが混じっているという遊び心があった。
ホスの戦いはけっこうおもしろかった。

ダゴバで修行に励むルークは、ヨーダから最初の試練としてダークサイドの強い、薄暗い洞窟の中へ入るよう命じられる。彼は丸腰で行けと言われるが、武器を身に付け、洞窟の奥へと進むのだった。すると、そこにヴェイダーの幻影が現れる。驚いたルークはライトセイバーを起動し、ヴェイダーに切りかかるが、彼が切り落した仮面の下には、自分自身の顔が隠されていたのであるがこのシーンが昔はちょとよく分からなかった。

ベスピンの町は良くできていた。
ベイダーとの戦いもおもしろかった。
ただボバフェットがいまいち活躍していないと思う・・・

もっと読む

「>「帝国のテーマ」なるダース・ベイダーの音楽が作られたのも本作。ああ!本当だ!!「新たなる希望」を観...」 by 十傑集


次のページを読む

この評価板に投稿する



2017/10/10 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 22901 ホスト:22796 ブラウザ: 9175 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事ロマンチックな気分/可笑しく笑える/悲しい/怖い/びっくり/勉強になった/道徳心&モラル 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像悪い(-1 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

もっと見る

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ