[海外映画]スパイネーション 自白


すぱいねーしょんじはく / Spy Nation
RSS
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

KCIAから国家情報院へ。40年間にわたる「北朝鮮スパイ捏造」の真相。権力の中枢をえぐり国家の嘘を暴く本物のジャーナリズム。

2013年、脱北者でソウル市の公務員だったユ・ウソンさんが“北朝鮮のスパイ"として拘束された。しかし、国家情報院が提示した明白な証拠は彼の妹の「自白」証言だけ…。疑念を抱いたチェ・スンホ監督は、「ニュース打破」取材班とともに動き出す。取材を進めていくと、国家情報院の協力者が証拠書類の捏造を暴露する遺書を残して自殺を図った。さらに被害者は脱北者だけではなかったことが判明する。韓国、中国、日本、タイをめぐる粘り強い追跡取材の末、映画は40年間途切れることなく続いてきた国家権力の中枢によるスパイ捏造の深い闇へと切り込んでいく。
2016年韓国制作
配給:東風
スタッフ
監督:チェ・スンホ
日本 公開開始日:2018/12/01(土)
海外 (韓国):公開開始日:2016/12/13
公式サイト
1. 映画『共犯者たち』『スパイネーション/自白』公式サイト
最近の閲覧数
10100006800
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2018/11/16 / 最終変更者:634 / 提案者:634 (更新履歴)

この評価板に投稿する





この作品に対するこの条件の評価・コメントはまだ頂いておりません。

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ