[海外映画]スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐


すたーうぉーず えぴそーど3しすのふくしゅう / STAR WARS EPISODE 3 REVENGE OF THE SITH
  • 悲しい
  • 格好良い
  • 考えさせられた
RSS
注意: これは海外映画版。その他メディアのページ: 文学:スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐
海外映画総合点=平均点x評価数21位5,395作品中総合点81 / 偏差値113.61
海外映画平均点184位632作品中平均点1.33=良い/61評価
2005年海外映画総合点1位168作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像2.12(とても良い)8
音楽2.00(とても良い)8
キャラ・設定1.75(とても良い)8
ストーリー1.62(とても良い)8
声優・俳優1.38(良い)8
悲しい100%8人/8人中
格好良い62%5人/8人中
考えさせられた50%4人/8人中
熱血38%3人/8人中
友情38%3人/8人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

全銀河を揺るがすクローン戦争も最後の大詰め。オビ=ワン・ケノービ(ユアン・マクレガー)とアナキン・スカイウォーカー(ヘイデン・クリステンセン)は、ドロイド軍の人質となったパルパティーン最高議長(イアン・マクダーミド)を救出する命懸けの任務を遂行する。ジェダイの騎士でありながら、妊娠した美しい元老院議員パドメ・アミダラ(ナタリー・ポートマン)と密かに結婚し、二重生活を送っている危険な秘密を抱えることになったアナキン。そんな彼に、パルパティーンはパドメを失う恐怖心を利用しながら、フォースの禁断の力、ダークサイドについてアナキンに明かす。
2005年 アメリカ
監督:ジョージ・ルーカス
制作:リック・マッカラム
制作総指揮:ジョージ・ルーカス
日本 公開開始日:2005/07/09(土)
公式サイト
1. StarWars.com | The Official Star Wars Website
36,2646961
最近の閲覧数
1021234200
2人の方がこの作品が海外映画として最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2017/06/11 / 最終変更者:iccid / その他更新者: 管理人さん / 十傑集 / 634 / SHUNIA / TCC / もろっち / 提案者:ブラック・マオ (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/10/23 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:311(51%) 普通:90(15%) 悪い:211(34%)] / プロバイダ: 2496 ホスト:2428 ブラウザ: 8837
【総合評価】
アナキンの破滅というオチに向かって話が進むので周りの人間がもうちょいなんとかしろよ…みたいな展開が目立つ
評議会でアナキンの否定をするならジェダイの誰かがそれに対するフォローをしたり、何か別の報酬だとか任務を与えたり出来なかったんですかね。

まだ若いアナキンに、そんなことも分からないのかとでも言うように「それは違う」「それはこうだ」と上から事実を言っていくだけの鞭ばかりで飴がなかなか無い、それでいて作中でもアナキンのことをヤングジェダイ等と呼び若くて未熟なことは評議会のメンバーも分かっているはずなのに、アナキンに1から10は教えない。

「ジェダイ評議会」と調べようとすると「無能」の表記が出てくるのはこういうところが原因なんだろうなと思います。
欲に飲まれるな、パルパティーンに気をつけろ、と言いながらアナキンとパルパティーンを引き離すような強引な真似は全くしないところも、なんだかなぁ…と

オビ=ワンの苦悩はしっかりと映していて、監視カメラの映像で自分以外をマスターと愛弟子が呼ぶのは軽いNTRみたいで可愛そうだし見ていて辛い展開でした。
でも前述したもうちょいなんとかしろよ展開がその辛い感じを軽減させているのは、惜しいです…

あと今回殺陣シーンが物足りませんでした。
特にメイス・ウィンドゥとジェダイ三人でシスの暗黒卿の元に突撃するシーン、複数を相手に暗黒卿が奮闘するのかと思いきや数分で三人倒されて一対一になるし、その一対一も地味な殺陣がちょっとあるだけでガッカリ、ここはメイス・ウィンドゥの見せ所だったのでは…?

逆に殺陣でワクワク出来たのは、グリーヴァス将軍VSオビ=ワンですね。
4刀流に対して恐れずに向かっていくオビ=ワンがカッコいいです…がここでも気になるのはグリーヴァス将軍は手段を選ばない卑怯な手でも使うやつみたいな話があったはずなのに俺がサシで相手してやる!と全然やり口が卑怯じゃなくて違和感を覚えた。ダーティーファイト相手にきれいに勝つオビ=ワンとかも見たかったですね

あと目玉としてはアナキンVSオビ=ワンですけれど、マグマだらけの星っていうステージで戦うワクワクはあったけど結末は正直呆気なさすぎ
師弟対決ならではの会話や似たような構え的な展開もあったらマグマのステージ以上の熱いバトルになったんじゃん?とバトル漫画的展開を要求してしまいます。

だらだら不満を述べましたが、映像的にはやっぱり良いです。でもちょっと求めたものとのズレやオチに向かわせるための不自然さが目立ちます
すでに議会には暗黒卿の手が入っているって前回ドゥークー伯爵が言ったのに誰も警戒しないし、もう少し練ってくれないと登場人物がウッカリさんだらけに見えてしまいます。

2017/10/09 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:31(91%) 普通:0(0%) 悪い:3(9%)] / プロバイダ: 19834 ホスト:19805 ブラウザ: 4721
アナキン・スカイウォーカーがダース・ベイダーになる秘話と元はジェダイの味方だったクローン・トルーパーがなぜシスに寝返って帝国軍の兵士になったのかを描かれ、シリーズ第1作のエピソード4とどう繋がるかが描かれます。
アナキンの暗黒面への道はシスの命令でドゥークー伯爵を切り倒したことから始まり、やがて妻のパドメが死ぬ予知夢やジェダイマスターに認定されてもらえない状況に動揺することでシスに誘惑されてアナキンは暗黒面に堕ちる結果になってベイダーと命名されながらジェダイ分離主義者たちを皆殺しにし、最後にムストファーの溶岩に全身を焼かれたことで暗黒の騎士としてのベイダーとなります。
シスの命令でドゥークー伯爵を倒し、パドメにシスを倒して銀河系を支配しようと誘い込み、パドメをフォースで首を絞め苦しませ、オビ=ワンと対立するなど、後の旧三部作での出来事に繋がってゆくのが見所になります。

2017/02/16 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:10(67%) 普通:0(0%) 悪い:5(33%)] / プロバイダ: 22901 ホスト:22796 ブラウザ: 9135
シリーズ第1作のエピソード4とどう繋がるか、選ばれし者だったアナキン・スカイウォーカーが何故ダース・ベイダーとなったのかが明かされる作品として注目されます。
皇帝の命令で暗黒卿のドゥークーを倒し、皇帝を倒して一緒に銀河を支配しようと恋人のパドメを誘い、パドメをフォースで締め上げるなど、アナキンの後のベイダーとしてのやり方が見られます。
アナキンに勝利したオビ=ワンがライトセーバーをしまうシーンはかっこよかったです。

2012/09/15 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:545(70%) 普通:88(11%) 悪い:148(19%)] / プロバイダ: 6965 ホスト:6777 ブラウザ: 4783
【良い点】
悲劇だが、アナキンの堕落の原因がわかる。そこに至る過程も解りやすい。
悲劇に見舞われ涙を流すアナキンも味わい深いものがある。
アナキンの未熟さがわかりやすい。自覚できてないのが堕ちるきっかけなわけだが。。。

バトルシーンも見どころ。一騎打ちがいい。

パルパティーンの計画にはまっていくジェダイの悲劇。

【悪い点】
特にない。

【総合評価】
ダースベイダー誕生の秘話。シリーズの根幹となる部分だけあって盛り上がる。

2012/02/17 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2202(58%) 普通:766(20%) 悪い:853(22%)] / プロバイダ: 20089 ホスト:20180 ブラウザ: 7541
まあ、映像はよかったし、4に繋がる内容がちゃんと描かれててよかったと思います。
ただ、よく考えれば「あ、ここ旧三部作に繋がるんだぁ」と思うシーンしか興奮しなかったですね。
ストーリーはどちらかというと退屈に思えた。
アナキンが嫌なヤツなのは前作以上で、今回はコイツのせいで死人が出まくる。
話も暗すぎる。
見終わった後はよかったと思ったんですけど、終盤だけですね。途中まであんまり面白くないです。

2011/11/11 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:152(77%) 普通:32(16%) 悪い:13(7%)] / プロバイダ: 36343 ホスト:36571 ブラウザ: 13769
僕が映画館で観た唯一のスターウォーズです。
ストーリーは、ダースベイダーの誕生等が描かれている重要な作品でしたが、反面それによりストーリーが最も暗いものでした。ただ個人的には楽しめました。

[推薦数:1] 2011/06/03 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2036(50%) 普通:791(19%) 悪い:1253(31%)] / プロバイダ: 11085 ホスト:11333 ブラウザ: 9831
アナキン・スカイウォーカー=ダースベーダーこそがシリーズの真の主人公、というのを決定づけた作品だったといえます。パルパティーンの暗黒面への誘惑と、それに負け、かといって、信じていたオビ・ワンやヨーダをはじめとした面々もアナキンを若気の至りという具合にしか見ておらず、ジェダイも信用できなくて暗黒面へ暴走していった部分を描いていましたが、前2作の影響もあってか、アナキンにヒール性はあまり感じられませんでしたが、「ガキだねえ」という部分は出ていました。

なんというか無理矢理とってつけたようなラストにしたような批判も存在しますが、この後訪れる運命という部分が大きい為、暗くなりがちな予想されたラストは、それぞれがエピソードⅣに通じるポジションに収まっていった事はなんとか繋げるように出来たと思います。ただ、パドメがアナキンが暗黒面に堕ちていった事でショックを受け、難産でルークとレイアを産んだ後で死亡・・・というのは無理があった感じです。

オビワンも左腕を切り落とし、全身大やけどとなったアナキンに止めを刺さなかったシーンは、なんからしくなかったです。自分的にはアナキンが重症を負ったまま、溶岩に流されていき、そこで帝国に拾われる・・・という形にした方が画になったようにも思えます。パルパティーン相手にメイス・ウィンドゥとヨーダだけが真っ向勝負が出来ても、他のジェダイがちょっとあっけなさ過ぎるラストなのもあまりいい感じではないと思います。

CGの量は半端じゃなく凄いのですが、CGに頼り過ぎなハリウッドの悪癖もあってか、ミニチュア特撮があまり無いのが良くない感じです。エピソードⅠにしてもⅡにしても、CGが多すぎたきらいがあるだけに、このCG量は綺麗でもあまり好印象が浮かばなかったです。最初のエピソードⅣ〜Ⅵまでは、CG無しであれだけ出来たのだから、そういった世界観もエピソードⅣの時代より古いのだから、そういった無理を考えて造って欲しかったと思えない事もありません。

最後のアナキンがベーダーに改造されるシーンは、なんとなく、某巨漢プロレスラーの20年以上前の姿のような感じもしました。吹き替え声がⅣ〜Ⅵでの大平透に代わっていたのは、上手く出来たとも思います。パドメが死んだと聞かされて動揺するラストは、アナキンという人物は『北斗の拳』のサウザーのように、愛が誰よりも強い故に感受性が良すぎて、善と悪の境目に翻弄されながら・・・という面が出ていました。ルーカスが北斗の拳を見ていたからかは不明ですが、そんなイメージもありました。

Ⅰでクワイ・ガンが「アナキンはフォースに調和をもたらす」と言ってたそれが、息子のルークによって実現される訳ですが、そういった部分へと繋げるようにしていたのもある程度は説得力があるように出来たと思えます。もしかしたらオビワンとパドメ以外にアナキンの理解者がいたなら・・・と思えたシーンもあったりで、アナキンがフォースの、そして物語の核となって、描かれていたという決算にはなったと思います。

それでも総決算、というと、ちょっと・・・・・・と言えるような出来だったのも否めない感じもして、全体的に造りは良いトコと、惜しいトコが入り交じっていた映画だった印象もありました。

2011/05/10 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 4239 ホスト:4410 ブラウザ: 11756
【良い点】
・映像美
・アナキンが完璧では全くなく、悪の心に支配されていく過程。
・シスの正体
・拠点を別の惑星に築こうとしても、別の理由で戦いが起きていく事。意外(何となく分かますが)な展開。
・力が必要だという一見すぐ間違いの様で、つけこまれやすい要素である事。
・シスとジェダイは同じというのが巧妙。パドメ・ルークのリンクである。
・ヨ―ダの大立ち回り。
・オビワンはある意味尻拭いをさせられている。私の力不足だ、とも。
・ヨ―ダ、オビワンやC3-Poの今後が描かれている事。
【悪い点】
・アナキンが少し自信家で、オビワンに指示したり、何故マスターの称号がもらえないのかと言ったり、評議会に意見言うのが多過ぎる事。何か若干転落が早い。
・将軍が9つ手で戦うシーンとか既に印象に残っていないです。黒幕が別な為。
・アミダラに迷惑かけ過ぎ。
【総合評価】
アナキンが苦悩したり弱音を吐いたりする場面が多くて、戦闘より一人の心理描写にさいていると思います。議長の見張り役やる事、それは親しいからという理由等、ある意味組織の中ではそんなに良い思いばかりではないという感じです。能力が高い等関係なく、世の中そんなに甘くない、と言う事なのかもしれません。
信念が揺らぎ(それが強過ぎるから付けこまれる)から性格変わるまでは早いです。
切れているとしか言いようがないです。
オビワンにお前が憎いとか言うし。執着心や欲望もある事。
ジェダイを悪視して殺害もしているので、もはや後戻り効かないと言う感じがしました 。
あのイケメン顔でマスクつけるのですか。コ―ホーと言う声も出してますが。

2011/05/08 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:882(66%) 普通:353(27%) 悪い:93(7%)] / プロバイダ: 31188 ホスト:30920 ブラウザ: 16542
いまいちですね。世界観やCG等は評価されるべきですが、その他はこれまでの遺産で泣いたっている感じ、ただ、物語をなぞってるだけの印象。しかし、作品の中心人物で、人気キャラクターでもあるダースベーダー誕生のお話なので一顧の価値はありますね。

2010/12/31 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:28(47%) 普通:9(15%) 悪い:22(37%)] / プロバイダ: 32099 ホスト:31937 ブラウザ: 3428(携帯)
シリーズで最も暗い話で最も迫力がある作品。
エピソード1、2はあまりスター゛ウォーズ "してなかったから微妙だったのですが、3の冒頭のドッグファイトはエンドア戦並みに興奮しました。
前作のこっぱずかしい恋愛劇も無く、OP→ドッグファイト→パルパティーンの正体明かし→アナキンの堕落→グリーバス戦→ジェダイの滅亡→アナキンVSオビワン&ヨーダVSシディアス→ルークとレイアの誕生の流れやストーリーは最終章にふさわしい出来でした。
アナキンに関しては簡単に堕ちすぎ、人のせいにし過ぎでちょっと情けないですが人間味があって私は好きです。今まで悪の象徴だったダースベイダーですが、きちんと人間なんだなと思って魅力がさらに上がりました。
またアナキンの師匠であるオビワンもかっこいい。かっこいいのにライトセーバー落としたり、若干ドジ(天然?)なところがいいですね。ああいう大人になりたいです。アナキンとの戦いは涙腺崩壊しました。
ヨーダとシディアスの戦いはヨーダファンにはたまらないですね。あんなにちっこいのにかっこいいです。
逆に不満なのはパドメ。前作のような恋愛ばかりでも困りますが、今回は逆にいいとこ無さ過ぎて可哀想でした。アナキンの嫁でヒロインなんだからもう少し目立たせて欲しかった。単なる守られキャラになってて残念です。子供残して「生きる気力が無いから死ぬ」ってのも…。小説版だともっとしっかりした人なんだけどなあ。

とにかく最終章としては最高でした。
これからスターウォーズを見る人は456123456の順番で見ましょう。
ダースベイダーの印象が123を見たあとだとまるで違います。

2010/08/24 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:64(77%) 普通:6(7%) 悪い:13(16%)] / プロバイダ: 29382 ホスト:29632 ブラウザ: 4210
最初のシリーズは有名だったので小学生のとき見ました。

この作品が悪いのか私の感度が悪いのかわからないけど、

なにに感情移入し共感しどこに軸足を置いて見ればいいのか一貫してわからない作品だった。

当時も映画技術的にも感銘を受けなかったし(大掛かりな工作にしか見えなかった)キャラは幼稚で、バトルシーンは躍動感がなく、

それっぽい悪役たちは何も怖くなくむしろ滑稽なだけで(この作品で私が一番怖かったのは、何故か給仕ロボットの二体。)、

俳優の演技はアレでストーリーにも入れなかった。

この作品でハン・ソロ役のハリソン・フォードに人気が出たというけど、

この作品の中で、正義役と悪役を忠実に記号化して機械的なまでに演技しているキャラの中で、

ハン・ソロだけが唯一人間的な心情の起伏を見せているので、見ていて当時ほっとした覚えがある。

ダースベイダー →アナキン・スカイウォーカー→ルークとレイア(うろ覚えだけど双子の兄妹)の父親、

というビックリ感しか物語的な起伏がなかった気がする。

いい大人が着ぐるみ着て正義と悪役に分かれて戦争ごっこしてるようにも見えた。

最後のオチが宇宙規模の壮大な親子喧嘩と和解みたいだった。

この場面が作品内でいう「アナキンがフォースにバランスをもたらす」という預言の成就だったという。

人間を粛清してきていながら、我が子が同じ目に遭うのは許容できない、それも今までルークを殺そうと付け狙い続けて、

いざとなれば子への親の愛に目覚めて暗黒卿を始末しダークサイドから救済されたというより、それは別のダークサイドだろと突っ込みたくなる。

結構いろいろ中二ぽいですね。

でもこの作品で「全米が泣いた」状態なので私の感度がおかしいのだと思う。



エピソード1〜3までで、「フォースにバランスをもたらす」と預言され、類い稀な存在として栄光に輝いていたアナキン・スカイウォーカーが、

心の暗いダークサイドに堕ちてダースベイダーになるまで、双子の母親アミダラが双子を生むまでを描いた。

人の心情を演出するのが下手なのかと思う。

アナキンがダークサイドに墜ちていく心の起伏が描けてないから、アナキンがただ思いあがっている浅はかで愚かな若者なだけに見える。

ジェダイが異性関係御法度という根拠を示さないルールも、アナキンとアミダラが恋愛関係を発展させていくにつれて、

アナキンの心のエネルギーを抑圧した要素だったりする縛りだったのかもしれないけど、

そういう人の心の光と影を描くために設けられた設定もいい加減な感じに放っておかれている。

預言されるほど類稀なフォースを持ったアナキンは出自が奴隷で、アナキンの根底には踏みにじられた尊厳からくる怒りがあり、

成長してからも、自分は正当に評価されていない、という怒りが全てに暗い影を投げかけ、

アミダラを失う恐れからダークサイドの死を超えるという全能的なパワーを求めだし、フォースのバランスを崩しダークサイドを強めていく。

傷ついた自尊心を燻らせ、自信のなさと不安定な自分への不安からくる鬱積した怒りを抱え、選ばれた人間であるということに自己の根拠を求めて、

尊大さばかりが肥大して暗黒卿(ダース・シディアス?)につけこまれ、心のバランスを崩して破壊的になっていく凡庸な若者像に見える。

それで最後に、息子は父親と闘い、父親を乗り越えて一人前に成長するのだ、という話が描きたかっただけのかなと・・・・

2010/07/28 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 16029 ホスト:15909 ブラウザ: 12486
戦闘シーンが1,2と比べても圧倒的にスケールが大きくなっていたので大満足でした。

前作で手強かったラスボスが序盤ですぐに退場してしまうなんて驚きました。

狂ったようにアナキンがおかしくなってしまいましたが
今までダースベーダーの格好や仕草など
謎に思っていた部分が解決してよかったです。

仕方がないことですけど父、母、2人の子供がどうなったかを
監督が最後に見せたかったようだけど終わり方がくどかったです。

ジェダイとシスの頂上対決もありましたし、待ち望んでいたものをやってくれた映画でした。

2010/04/18 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:161(55%) 普通:11(4%) 悪い:121(41%)] / プロバイダ: 3196 ホスト:3180 ブラウザ: 5698
【良い点】
①映像が綺麗

②ダースベイダーの過去を描いていること
>>過去に公開されたスターウォーズシリーズの過去を描いてますが,
どうしてこうなったか,ダースベイダーはどのような経緯で今のようなことになってしまったかを
この映画で知ることができますね

③戦闘シーンに迫力がある

④ライトセーバーを使った戦闘シーンが他のシリーズより増えている

⑤音楽が名曲

【悪い点】
①ラストが中途半端
>>ダースベイダーの過去を描いているので気になりませんでしたが

②過去のシリーズを見ないと分からないかも?

【総合評価】
私が小学6年の頃に公開されて,友達多数とともに映画館で視聴しましたが
出来が良かったですね。
ダースベイダーの過去がしっかりと描かれており楽しく視聴できました。
評価は「最高」

2010/02/25 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:13(43%) 普通:6(20%) 悪い:11(37%)] / プロバイダ: 10719 ホスト:11025 ブラウザ: 8573
Ⅲはダースベイダーの誕生を描いてますね
アナキンが悪の道へと進み、それを黙って見ている者達って印象
終盤はオビワンが戦いで止めますが時すでに遅し…
見所??一番最後のダースベイダー誕生くらい、あとは後付け感丸出し
自分はⅡが好きなもんでⅢは好きになれない。。

好きなキャラはグリーヴァス将軍です
オビワンとの戦いが好きです。

2009/11/01 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:494(44%) 普通:197(18%) 悪い:428(38%)] / プロバイダ: 7763 ホスト:7450 ブラウザ: 8718
4,5,6を先に見ていたため2からどうつながってくるのか、楽しみにしていましたが、なかなかでした
どうせなら4,5,6もリメイクしてほしいと思いますね

もっと読む

「【良い点】残念ながら、冷静に評価できない。スター・ウォーズはシリーズごとの評価にすべきでは?一本の映...」 by Bernhard


次のページを読む

この評価板に投稿する



2016/01/28 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 2597 ホスト:2745 ブラウザ: 10659 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/友情/面白い/格好良い/悲しい/考えさせられた 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. "『ニンテンドーDS ゲームソフト史』…3DS本日発売特別企画" by 陣兵
... 3 虫とり王国〜新種発見!ノコギリカブト!?〜」、「やわらかあたま塾」、「NARUTO-ナルト-ナルトRPG2 千鳥VS螺旋丸」、「ロックマンエグゼ5DSツインリーダーズ」、「遊戯王デュエルモンスターズ ナイトメアトラバドール」、 「鋼錬金術師 デュアルシンバシー」、「パックンロール」、「押忍!闘え!応援団」、「ロボッツ」、「スターウォーズ エピソード3 復讐」、「ゴールデンアイ ...
記事日時:2011/02/26 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは海外映画版。その他メディアのページ: 文学:スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ