[海外映画]スターフライト・ワン


STARFLIGHT ONE
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数2,552位5,253作品中総合点1 / 偏差値48.50
1983年海外映画総合点22位34作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優2.00(とても良い)1
キャラ・設定1.00(良い)1
映像1.00(良い)1
音楽1.00(良い)1
ストーリー1.00(良い)1
面白い100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
TV放映題名「スターフライト・ワン」 別題「STARFLIGHT: THE PLANE THAT COULDN'T LAND」

監督:ジェリー・ジェームソン
製作:ピーター・ネルソン アーノルド・H・オルゴリーニ ヘンリー・ウィンクラー
海外 (アメリカ):公開開始日:1983/02/27 テレビ映画
2,95111
最近の閲覧数
131333101700
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/12/19 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:スペ9 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2020/10/18 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3839(33%) 普通:4122(35%) 悪い:3715(32%)] / プロバイダ: 24906 ホスト:25118 ブラウザ: 8277
元々は「SFスターフライトⅠ」というタイトル名だったらしく、何故日本で改題されたのかは知りませんが・・・・・・・・

ロケットがスターフライトワンという新型飛行機と衝突しそうになったピンチに対応する話でしたが、そのきっかけを作った社長は無能でしたね。確かに会社の信用が無くなれば当然業績は落ちる、業績が落ちれば社員に利益を還元できず、食わせる事が出来なくなるから彼なりに責任感あったのも理解は出来ますが、見切り発車してトラブル起きたらもっと損失が起きて、もっと信用が無くなっていただろうに。

実際そうなりかけてしまったのですが、コーディをはじめ、何とかこのピンチを乗り越えよう!!とした人達の奮闘は確かに伝わりました。通路から乗客を非難させていたシーンとか印象に残って、見たのは吹き替え版だったけど、コーディ役の故・青野武のシリアスで味わい深い好演技が光りましたね。流石でした。

最後も、結末とかは予想できながらも良かったと言った所でしたが、変にあざとい描写もなく、見ていて気軽に楽しめるSFパニック映画の一作なのではないかです。評価は「良い」で。

この評価板に投稿する



2020/10/18 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 24906 ホスト:25118 ブラウザ: 8277 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事面白い 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽良い(+1 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合、又は「最悪」の比率が一定評価総数(20-30)超えても8割以上ある場合、非適切にバランスを欠いた評価者とみなして全評価削除の対象になり得ます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ