[海外映画]怪奇!吸血人間スネーク


かいき きゅうけつにんげんすねーく / Sssssss(SSSSSSNAKE)
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数4,672位5,269作品中総合点-2 / 偏差値45.84
1976年海外映画総合点39位41作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像0.00(普通)1
声優・俳優0.00(普通)1
キャラ・設定-1.00(悪い)1
ストーリー-2.00(とても悪い)1
音楽-3.00(最悪)1
悲しい100%1人/1人中
道徳心&モラル100%1人/1人中
びっくり100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
●スタッフ
製作総指揮:リチャード・D・ザナックデヴィッド・ブラウン
製作:ダン・ストリーピーク
監督:バーナード・L・コワルスキー
日本 公開開始日:1976/09/16(木)
プロモーションビデオ (2個)
[もっと見る]
98011
最近の閲覧数
1000000100
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2016/05/25 / 最終変更者:霧の童話 / 提案者:霧の童話 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/05/25 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:760(51%) 普通:415(28%) 悪い:313(21%)] / プロバイダ: 19877 ホスト:20015 ブラウザ: 5171
何て読んだらいいのか皆目見当が付かない原題よりも、「B級映画」然としたチープな邦題の方がキャッチーな分だけマシという、本編とは無関係な点で感心してしまったホラー映画なんですが、タイトルに掲げられている「吸血」行為を行なうキャラは一切登場しませんので悪しからず。

「人類が50年内に起こり得るエネルギー危機から逃れる手段は、爬虫類の特性を具えた『蛇人間』に進化する事」…てなトンデモ学説を主張する蛇学のスペシャリストが、「助手」として採用した大学生の肉体に蛇の血清を打ち続け、「新人類の創造」を目指す…というプロットで物語は展開します。
冒頭で蛇博士が行なう怪しさ全開の搬出作業や、主人公の肉体に表れ始める僅かな変化、それを鋭敏に感じ取って異常に興奮するマングース(これがラストの伏線にも成っている)など、B級作品にしては諸々の描写が思いのほか丁寧だった事も有り、序盤の時点では「意外とイケるンじゃね ? 」と微かな期待を抱いてたんですが、その思いも直ぐに潰えてしまうのが遣る瀬無かったですね…だって事件らしい事件が全く起きず、主人公の割と充実した「助手ライフ」が1時間近くダラダラ描かれるだけなんだもん。

中盤に差し掛かった辺りでようやくエンジンが掛かり始めるものの、愛娘と主人公とが恋に落ちる = 愛娘も爬虫人類に変貌する可能性を予測出来ない蛇博士の迂闊さ(だからこそ「マッド・サイエンティスト」なんだろうけど)や、既に身体の異変を自覚している筈なのに尚も博士からの注射を受け続ける主人公の理解し難い思考能力、本筋に全く関係無いDQN大学生毒殺シーンをスロー撮影で描写する謎演出…てな感じで物語が進むに連れてグダグダ感も増大する始末。序盤の丁寧さは何処にすっ飛ンじまったのさ ?
グダグダ感の最たるものが肝心のクライマックスですね。博士の野望通り「ヒト成らざるもの」への変貌を遂げる主人公ですが、パッケージに描かれている「蛇人間」状態を素通りして単なる「コブラ」へと成り果てるだけって…「蛇人間」として博士への復讐に狂う主人公の暴れっぷりを期待していた俺のテンションは、一気にダダ下がりですわ。しかも此の後、主人公に訪れる「悲劇」を目の当たりにした時の脱力感といったら…ンな形で「伏線」を消化しなくても結構ですよ、コワルスキー監督。

「見世物小屋」的な如何わしさが漂う「蛇人間」の造型 & デザインセンスは結構好きなんですけどねえ…活躍しなけりゃ意味無いでしょうに。
[共感]
2016/05/25 わははー、当時見ましたわ。「蛇人間」登場で一瞬盛り上がるけど「ただの蛇」になっちゃって一気に盛り下がるんですよねー。 by スペ9

この評価板に投稿する



2016/05/25 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 19877 ホスト:20015 ブラウザ: 5171 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事悲しい/びっくり/道徳心&モラル 
ストーリーとても悪い(-2 pnt)
キャラ・設定悪い(-1 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽最悪(-3 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ