[海外映画]スローターハウス5


G(全年齢対象)

すろーたーはうす5 / SLAUGHTERHOUSE-FIVE
RSS
注意: これは海外映画版。その他メディアのページ: 文学:スローターハウス5
1975年海外映画総合点21位(無評価)29作品中
属性投票
キャラ・設定1.00(良い)1
映像1.00(良い)1
音楽1.00(良い)1
ストーリー1.00(良い)1
声優・俳優0.00(普通)1
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
涙流した0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

第二次世界大戦中、ろくに訓練も受けていない米国兵のビリー・ピルグリムは道に迷い、ドイツ兵に捕らえられ、ドイツのドレスデンにある使われていない屠殺場の奥深くに設けられた代用監獄で生活することになる。理由は説明されないが、ビリーは「時間の中に解き放たれる」(ただし、後に、飛行機事故を生き延びた際に軽い脳障害が残った結果、死を含む人生の様々な時点を無作為に繰り返し訪れることが示唆されている)。 彼はトラルファマドール星からやって来た地球外生物に出会い、後には誘拐されてトラルファマドール星の動物園でポルノ映画のスターのモンタナ・ワイルドハックとともに展示される。トラルファマドール星人は、物理的にはトイレのプランジャー(吸引具)と似ていて、四次元(4つめの次元は時間である)を見ることができる。トラルファマドール星人はその人生のすべての瞬間を既に見ており、その運命を変えるような選択をすることはできないが、自分が集中したいと思う人生の瞬間を選んで焦点を合わせることはできる。
この物語を通じて、ビリーは時間の中を行き来し、人生の様々な場面を何度も追体験するが…

※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
監督:ジョージ・ロイ・ヒル
製作:ポール・モナシュ
原作:カート・ヴォネガット
脚本:スティーヴン・ゲラー
日本 公開開始日:1975/04/12(土)
海外 (アメリカ):公開開始日:1972/03/15
プロモーションビデオ (1個)
Slaughterhouse-Five Official Trailer #1 - Valerie Perrine Movie (1972) HDSlaughterhouse-Five Official Trailer #1 - Valerie Perrine Mo
最近の閲覧数
1101000000
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/10/21 / 最終変更者:moon-moon / 提案者:moon-moon (更新履歴)

この評価板に投稿する



2019/09/30 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 8847 ホスト:8915 ブラウザ: 10416 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

1. サンキュー ヴォネガット (マイケル・ムーア監督 『シッコ』) by 雪霞
... ラムファードはおりあるごとに、言い方をいろいろ変えて、弱いものは死んだほうが世の中の ためだと話していた。ところが医局員たちが信奉しているのは、いうまでもないことだが、 弱い人びともできるだけ助けなければならない、だれも死なせてはならないという考えなのである。 ■■■(カート・ ヴォネガット・Jr. 『スローターハウス5』 伊藤典夫 ...
記事日時:2007/10/03

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは海外映画版。その他メディアのページ: 文学:スローターハウス5
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ