[海外映画]シャーク・イン・ベニス


SHARK IN VENICE
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数4,913位5,237作品中総合点-4 / 偏差値44.14
2008年海外映画総合点172位184作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優0.00(普通)1
映像-1.00(悪い)1
音楽-1.00(悪い)1
キャラ・設定-2.00(とても悪い)1
ストーリー-2.00(とても悪い)1
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
涙流した0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
2008年米製作
監督・原案・制作総指揮:ダニー・ラーナー
制作・原案・脚本:レス・ウェルドン
製作:アヴィ・ラーナー トレヴァー・ショート デイビット・バロッド レス・ウェルダン ロニー・ラマティ ダニー・ディンボート
海外 (アメリカ):公開開始日:2008
92833
最近の閲覧数
1300000000
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2018/11/09 / 最終変更者:634 / 提案者:カトル (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/10/26 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2747(60%) 普通:772(17%) 悪い:1074(23%)] / プロバイダ: 5395 ホスト:5542 ブラウザ: 8239
これのどこがサメ映画・・・
これは、この作品を視聴している時、脳裏を過った言葉です。

話は、何者かがベニスの潜水禁止区域に足を踏み入れる所から始まり、そこに浮かんできた父親の死体が鮫に殺られた物だと
気づいたフランクと事故死を主張する警察と対立、父親の死の謎を解く為にフランクは潜水区域に潜ると言う具合に進行します。

先ず、中世の戦争の光景、メディチ家が財宝を隠した経緯が展開されてとこの時点でサメ映画と言うよりもむしろ冒険アクション物で、
鮫は上映開始から20分ほど姿を見せず、姿を見せても動物番組の映像をそのまま使ったような鮫で迫力に乏しく、出番も少ない。

他にも、フランクがいくつものトラップを掻い潜り財宝を発見、財宝を狙うマフィアに目をつけられて恋人のローラを人質に取られる、
マフィアの兵隊に銃口を突き付けられて財宝の所へ向かう、自分を抹殺しようとする兵隊達を倒すフランク、
マフィアのアジトに押し掛ける警察、水中でフランクともみ合っている時に鮫に殺られるマフィアのボス等、
鮫の出番は申し訳程度で、フランクの締りのない肉体、人がごった返してる観光地でフランクを襲撃等のツッコミ所も目立ちました。

その為、評価は「悪い」です。

2016/10/10 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3078(33%) 普通:3202(34%) 悪い:3025(33%)] / プロバイダ: 2899 ホスト:2666 ブラウザ: 7961
「サメはそこそこ恐怖っぷり見せつければいいやとか思ってたの?」、「所詮B級なのに
変に色々盛り込もうとしすぎ」ですね。本作を目にした一言感想としては。

目にしたのは吹き替え版だったけど、まず日本語吹き替え版声優の演技が褒められたもの
じゃなかったです。特に親父も研究者で、序盤いきなり死んだけど、主人公役の人
ですね。檜山修之氏に声質似ているかな?でもありましたが、声質もイマイチそういうの
欠けていて合ってなく、なのに変に貫禄とか見せつけようとしていた感じな不自然な演技
で聞いてて普通に興ざめでした。正直な話。他のキャストも概して滑舌が悪くて、
良く聞き取れなかったシーン目立ちましたけどね。

テンポはそこそこかと思いきや、始まって30分も経ってなかったのに宝を見つけたわ、
潜水していた主人公が交信で満足に俺は喋れないんだと言いながら普通に喋っていた
等序盤から何気に突っ込みどころ目立ちましたが・・・・・・・・・・・・・・・
当然(?)金目当てで主人公&ヒロインに近づいてきた悪い奴らも出てきたのですが、
警察も普通に無能だったし、このギャングも、主人公と戦った部下の構成員の男
も「弱いよ!!」と言うか、もう少し頑張れよでしたが、ボスの男も用が済んだら
さっさと主人公を殺そうとした等二流以下なマキャベリストで、悪役として普通に凡庸
と全く面白くなかった。

と言うかこれ、アメリカ人が三度の飯よりも好きであろう(?)サメを題材にした映画
でしょ?途中アツアツだったカップルの彼氏の方が食われてしまったシーンも見られ
ましたが、カメラワークもゴチャゴチャしていて見づらく劣悪だったと思いきや、
生身で戦ったり、武器を使ったりな「ありふれた」アクションも見られましたが、
そんなのこの映画でのウリじゃないでしょ。音楽もアクシデントに見舞われた直後、
ミョーに優雅なメロディのBGMが流れた事もあった等場の雰囲気にそぐわない選曲も
聞かれましたが、ベニスという世界観とサメの襲来なギャップとかで一味違う
切り口を見せたかと思いきや、半ばそういうサメの造形とか演出や映像面での拙劣さ
(他にもそういうポイントは前述通りいくつも見られたのだけど)もごまかす為に
脱線してしまっていた様でした。

終盤も普通にグダグダだったし、結局サメは放置なまま?展開が進むにつれて
迷走の度合いを深めていったと言うか、中途半端に奇をてらった、制作陣の自己満足
ぶりには普通にどっちらけで、「終わりよければ全てよし」には全く程遠かったですね。
評価は「とても悪い」で。

2016/02/05 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:503(56%) 普通:109(12%) 悪い:292(32%)] / プロバイダ: 1630 ホスト:1640 ブラウザ: 5779
水の町ベニスの水路を舞台にしたサメ映画でしたが、
大半が、主人公とマフィアの財宝探しに費やされ、
サメが出現するシーンは非常に短く、しかもストーリーにほとんど絡んでこない状況。
そのくせ、財宝の所有者だったメディチ家の回想シーンは、きっちり再現ドラマを流したり、と、
「SHARK IN VENICE」の原題からかけ離れていた内容に思えました。

評価:悪い

この評価板に投稿する



2016/10/10 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 2899 ホスト:2666 ブラウザ: 7961 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリーとても悪い(-2 pnt)
キャラ・設定とても悪い(-2 pnt)
映像悪い(-1 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽悪い(-1 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合非適切にバランスを欠いた評価とみなして削除されます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ