[海外映画]レクイエム・フォー・ドリーム


R15+(15才以上対象表現有)

Requiem For A Dream
  • 悲しい
  • 考えさせられた
  • びっくり
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数1,945位5,076作品中総合点2 / 偏差値49.27
2001年海外映画総合点27位95作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.67(とても良い)3
映像1.33(良い)3
音楽0.67(良い)3
ストーリー0.67(良い)3
キャラ・設定0.00(普通)3
悲しい67%2人/3人中
考えさせられた67%2人/3人中
びっくり67%2人/3人中
勇気貰った33%1人/3人中
怖い33%1人/3人中
もっと見る
属性投票する
監督/脚本:ダーレン・アロノフスキー
音楽:クリント・マンセル
最作総指揮:ニック・ウェクスラー
原作・脚本:ヒューバート・セルビー・Jr『夢へのレクイエム』(河出書房新社刊)
日本 公開開始日:2001/07/07(土) / 終了日:2001/08/31
4,83755
最近の閲覧数
1320222100
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/08/27 / 最終変更者:634 / 提案者:ガリレオ・フィガロ (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/02/21 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:981(58%) 普通:379(22%) 悪い:332(20%)] / プロバイダ: 19103 ホスト:19125 ブラウザ: 9177
学校でさー薬物防止のビデオって見せられるじゃないですかー
1度使ってしまったらそう簡単に抜け出せないとか
次の薬を求めるために大量のお金欲しさに破滅していくとかって内容の。

この映画はそんな薬物防止ビデオを、見てるこっちがしばらく吐き気がしてしまうほど
超えぐく遠慮なく描いた作品って感じですね。

ただ話がそれだけなんですよね。故意でもそうでなくても麻薬に手を出してしまって
それぞれ違った形で破滅していくっていう。
一つの映画として普通に面白味を感じれませんでした・・・見てて気持ち悪いだけだった。

みんな性格豹変していく内容なのでキャラクターも好きになれないですし。

お母さん役の人の演技は凄まじかったですね。
それ故に余計に苦しい・・・

評価としては「最悪」になりますが
映画としてではなく薬物防止としてはこれ以上ないくらいの抑止力になれると思います。

2016/07/10 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:894(67%) 普通:185(14%) 悪い:260(19%)] / プロバイダ: 1165 ホスト:1082 ブラウザ: 5171
とにかく、「気持ち悪い」

救い皆無のストーリー、幾度も繰り返される演出、俳優の芝居(これは誉め言葉だが)、すべてが“気持ち悪い"。

欝映画の代名詞も頷ける一作。

俳優はなるほど良かった。エレン・バーステインは見事の一言に尽きるし、若かりしころのジャレッド・レトが出ていたのも印象的。

2016/03/03 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:129(74%) 普通:15(9%) 悪い:31(18%)] / プロバイダ: 20255 ホスト:20208 ブラウザ: 10247
あまりの転落っぷりに思わず涙ぐんでしまいました…。写真やら最後の親子が抱き合う幻想やらのシーンが見ていられない…。
「感動」によって泣く作品は今でも結構あるですけど、「恐怖」によって泣く作品は本当に久しぶりです。多分、小学生の頃に見たアニメぬ〜べ〜以来かも(ベクトルはちゃうけど)。
最近かの有名な方が麻薬で逮捕されたニュースを見た相乗効果もあるんだろうけど、現実的な恐さを感じさせられました。

見ていて特に強烈だったのは母親の豹変っぷりでしたね。
何が怖いって、覚醒剤とは縁の無かった人が何も知らないうちにそれに染まっていってしまう危険があるという事実。
3人の方は元々麻薬に関わっていたからまだどこか遠い世界のお話に感じるんですけど、母親の方は病院という身近なところでその毒牙にかけられているので他人事とは思えない恐怖がありました(ヤブ医者っぽい感じでしたけど)。
彼女の場合はダイエット薬でしたけど、「自分が買った風邪薬がもし…」なんて考えると軽く疑心暗鬼になりかけますね…。ちゃんとしたところで貰えば安全だよね…、だよね?
まぁとにかく、覚醒剤の危険は身近にも潜んでいるから注意しなきゃなぁと学ばせられるモノでした。世の中って危ないんだなぁ…。

あと、作中の母親を自分の親と重ねて見てしまったのも辛く感じた要因でした。
自分も成人後の将来、一人立ちをして家を出たら親もあんな孤独感に苛まれてしまうのかな…、と考えるとスゴく胸が締め付けられますね…。
だからといって「ニートに俺はなる!」ってアホなことは言いませんが、ちゃんとした仕事に就いて親孝行を欠かさずにやろうと思いました。
そうしたら作中の母親のみたいに不安な毎日を送る可能性も減ると思いますし、あんな哀しい姿を見ずに済むんじゃないかな…。そう信じよう、うん!

他にも、覚醒剤を吸うときや幻覚の入り交じるときの演出が面白味があったりと、ただの説教映画として終わってないのも好印象。
「覚醒剤は危ないよぉ〜」って言うだけなら他媒体で充分ですからね。見てて不気味だったり、恐ろしさを感じさせるやり方としてスゴく素晴らしかったんじゃないでしょうか。

評価は「とても良い」で!
先日投稿させて頂いた「es」と同じことを書いてしまいますが、オススメ出来ないけど是非とも見て欲しい、そんな映画でした!

2012/08/11 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:882(66%) 普通:353(27%) 悪い:93(7%)] / プロバイダ: 31188 ホスト:30920 ブラウザ: 7295
監督はダーレン・アロノフスキー。
幻覚が随所に挿入される構成。
画面分割、コマおとし、モンタージュ、溶白を駆使してこの欲望と理性の相克を描いているのが出色。
新進気鋭の監督らしい映像センスが魅力的ですね。
コマおとしは『時計仕掛けのオレンジ』を参考にしたのかな、モンタージュはガイ・リッチーの『スナッチ』を想起しました。
クリント・マンセルによる劇伴も印象的でした。終盤のは『SAW』のに似ていたような。

因みにこの作品イギリス誌で"落ち込む映画"ランキングで1位なんですが、これ見て落ち込みますか?
中毒症状に破滅してゆく登場人物たちの姿に不安にはなりますけどね。
この作品が気に入った方はダニー・ボイルの『トレイン・スポッティング』、『ザ・ビーチ』、ボブ・フォッシーの『オール・ザット・ジャズ』なんかを見てはいかがでしょうか。
『イージー・ライダー』なんかもいいかも。

2010/08/21 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3577(33%) 普通:3768(35%) 悪い:3455(32%)] / プロバイダ: 7135 ホスト:6989 ブラウザ: 11293
麻薬問題を題材としていて、物語の軸だったサラ親子とマリオン、
3人とも救いようの無い奈落の底へ転落していったけど、
特に母親のサラは悲惨でしたね。

既に夫に先立たれ、息子は学校を出たのは良いが、定職について
働こうともしないで、麻薬売買に走る・・・・・・・・・
これでは自らの「孤独」を癒そうとして、テレビにかじりつく
ようになったのも無理は無かったです。体重減少・同じ動作の
繰り返し、ブラウン管の無効のスターと自分を同一視した「妄想」
等麻薬患者の典型的な症状も見ていて強烈でした。
結局の所、彼女の「幸福になりたい」という願望は悪いことでは
無かった。ただそうなる為の「手段」が間違っていたと言う事
だったのだろうけど、かなり痛々しいものがありましたね。
配役のエレン・バースティン氏の演技が、「神」レベルだった
というか、かなり綿密だっただけになおさらです。
彼女の前ではジャレット・レト氏や、ジェニファー・コネリー氏
が霞んでしまっていたかもしれないですね。

希望とかとは一切無縁だったし、知人に鑑賞を進められるような
映画ではないですが、決して他人事ではないと言うか、見ていて
色々考えさせられる映画の一作である事も間違いないと思います。
評価はそうしたテーマ性や、メイン俳優陣の好演等を考慮して
「とても良い」とさせていただきます。

この評価板に投稿する



2019/02/21 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 19103 ホスト:19125 ブラウザ: 9177 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリーとても悪い(-2 pnt)
キャラ・設定最悪(-3 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. 無題 by スー
... 母親に太陽を見るなと言われたけど、6歳の時みた」 ・ユリイカ(見つけたの意) 監督は『レクイエムフォードリーム』のダーレン・アロノフスキー。 音楽は以後もアロノフスキーとタッグを組み続けるクリンt・マンセル。 森羅万象を数字、数式で表せるという信条に基づき研究に没頭するあまり破滅してしまう 数学者のお話。 ニューロティックな映像と脚本が魅力。 薬を ...
記事日時:2012/09/07
2. 友情実話伝説-Part2″陣兵の専学生活編″- 第32話(682話)「専攻制作Ⅱ〜その2…″深夜、街中で、動物が、無実の罪で逮捕される″ by 陣兵
... 授業は終了した。 次回、専攻制作Ⅰ編その1〜4 第33話(683話)へつづく… ☆特別企画・世界を代表する映画監督の作品特集Ⅵ☆ 16.【ウデイ・アレン監督】 「何かいいことないかな子猫ちゃん」、「どうしたの、タイガー・リリー」、「007/カジノロワイヤル」他。 17.【ダーレン・アロノフスキー監督】 「レクイエムフォードリーム ...
記事日時:2009/08/17

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ