[海外映画]ジュラシック・プラネット 恐竜の惑星


じゅらしっくぷらねっと きょうりゅうのわくせい / PLANET RAPTOR
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数4,764位5,013作品中総合点-5 / 偏差値43.61
2007年海外映画総合点141位164作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
監督:ゲイリー・ジョーンズ
制作:ボブ・パーキス
脚本:スティーヴ・ラッショウ
撮影:ロン・フォーサイス
海外 (ブラジル):公開開始日:2007/08/08
92622
最近の閲覧数
2000000010
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/11/27 / 最終変更者:カトル / 提案者:カトル (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/12/13 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2283(50%) 普通:1143(25%) 悪い:1145(25%)] / プロバイダ: 49093 ホスト:49149 ブラウザ: 5173
【悪い点】
一目で解る低予算ぶり。
冒頭の惑星上の宇宙船や動く恐竜の安っぽいCG。武装の大半はSFにも関わらず現代モノ。
舞台が他の惑星なのに中世的な建物&風景も他作品のセット(日本で言えば映画村?)を流用したのではないかと。

ヒロインの女科学者がストーリー上、全く存在意義が無く女優も出演者の中で一番、大根。

【良い点】
あって然るべきツッコミを自覚して一応、理由づけをしたストーリー。
現代装備は「経費削減」を強調して現地調達したレーザー銃も一応、使う。
建物はSOSを発信した異星人が地球文化と記録に残されない交流があったと設定される。

キャラは(この種のSFアクションとして手垢のついた部類ではあるが)そこそこ立っている。
主人公は妻を失ったコマンド部隊長、懐を感じさせるベテラン兵士、気の強くメカに強い女兵士
上層部の思惑を知り仲間を実験材料と見なすマッドサイエンティスト、主役と因縁のある腹黒艦長等々。
ヒロインだけは不要でしたが…。

【総合評価】
「エイリアン」と「ジェラシック・パーク」をハイブリットさせたC級映画。
科学者チームと護衛任務のコマンド部隊が同行という設定から続編的ニュアンスも入るでしょうか。
しかしクイーン・エイリアンやティラノサウルスといったラスボスは登場しない。予算無いから。

そこそこのキャラはいたので、恐竜との戦闘シーンをもう少し緊迫感が出るように描いて
C4爆弾で誘発される地殻変動で恐竜軍団の過半を一掃しながら何故か主人公達は溶岩の驚異にさらされず
土壇場シーンではそんなものはむしろ忘れられている展開を何とかして
ラスボス艦長の失脚は部下のキャラをじっくり描いて…といった形でもう少し予算をかけて問題点を解消していけば、
まだマシな作品になったかもしれませんが、そもそも企画自体が低予算映画でしか通らないのがC級の所以。
ヒロイン以外のキャラが良かったのもキャストがアドリブで頑張っていただけかもしれません。

評価は「最悪」は無しの「とても悪い」で。

2018/11/26 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2895(60%) 普通:820(17%) 悪い:1141(23%)] / プロバイダ: 5395 ホスト:5542 ブラウザ: 8276
何て緊迫感のない作品だ・・・
これは、この作品を視聴している時、脳裏を過った言葉です。

話は、SOSを発信した惑星に向かう宇宙船から兵士と科学者で編成された一団が惑星に降り立つ所から始まります。

実際に目を通すと、一行が降り立つと眼前に広がるのは中世ヨーロッパを彷彿させる町並み、登場する恐竜がラプトル並みの大きさで
動きにスピード感はなく、恐竜や宇宙船等のCGものっぺりしていてPS1がマシに見えるレベル、近未来なのに20世紀の武器で
恐竜に応戦する一行(レーザーガンはあまり使わない)、テーブル等で壁を作って恐竜たちを相手に銃撃、三段撃ちではなく
二段撃ちで応戦(火縄銃じゃあるまいし)と何処から突っ込んでいいか迷ってしまう。

しかも、戦闘シーンで画の使いまわしは当たり前、恐竜の緞帳な動きや俳優達の演技が緊迫感を削ぐグダグダ振り、
黒幕がMPに逮捕されて生き残りが生還する締りのないラスト等、作品の体を成しておらず、制作者が何をしたいのかが分からない。

良い点を挙げるとすれば、恐竜に喰われた人間の死体のグロさ位。

評価は、言うまでもありません。

この評価板に投稿する





作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合非適切にバランスを欠いた評価とみなして削除されます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ