[海外映画]アウト・オブ・サイト


Out of Sight
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数3,670位5,176作品中総合点0 / 偏差値47.65
1998年海外映画総合点59位83作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.00(良い)2
キャラ・設定0.50(良い)2
映像0.50(良い)2
音楽0.50(良い)2
ストーリー0.50(良い)2
格好良い50%1人/2人中
セクシー0%0人/2人中
可愛い0%0人/2人中
熱血0%0人/2人中
勇気貰った0%0人/2人中
もっと見る
属性投票する
監督:スティーブン・ソダーバーグ
脚本:スコット・フランク
原作:エルモア・レナード
製作:ダニー・デヴィートマイケル・シャンバーグステイシー・シェア

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:1998/11/21(土)
海外 (アメリカ):公開開始日:1998/06/26
1,42911
最近の閲覧数
1101111100
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/03/28 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2015/08/13 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3702(33%) 普通:3936(35%) 悪い:3568(32%)] / プロバイダ: 15166 ホスト:15498 ブラウザ: 7911
本来なら追われる者と追う者同士のロマンスと強盗作戦を主軸としたラブサスペンス
もの映画でしたか。

特に序盤は現在と過去を交差してもいて、そんなあからさまに散漫になったわけでは
なかったですが、主人公は洗練されている様に見えて少しヌケていた所もあったので
しょうね。一度刑務所送りになってしまったのもそうでしたが、あの光に追われて、
それでも脱獄成功したかと思いきや、トランクの中で一緒になって、いつしかアツアツ
の・・・・・・・・まあ「お約束」なシーンも多かったですが、それを楽しめるか否か
だったのでしょう。

脇役面々は、モーリスやバディ等良い意味でアクが強い連中だったのも印象的で
キャラ立っていたとは思うし、終盤のあの作戦でも、家の主人の態度も潔かったのも
印象的でしたが、まあそういう作戦自体は何か見ていてあっと驚くような策とか
講じられたわけではなかったですね。終盤「銃を捨てろ!!」と叫びながら主人公
を追い詰めたかに見えた敵のオジサンも何だかあっけない退場を余儀なくされた
のは拍子抜けだったかも。見ていて熱くなるような一騎打ちとかも見たかったかもですね。

吹き替え声優陣は小山力也氏や立木文彦氏、堀勝之祐氏等キャラに良く合っていて良好
だったけど、まあお話は取り立て特筆すべきというほどでもなかったです。評価は「普通」で。

この評価板に投稿する



2015/08/13 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 15166 ホスト:15498 ブラウザ: 7911 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ