[海外映画]マッハ!!!!!!!!


Ong Bak
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数39位5,251作品中総合点57 / 偏差値93.42
海外映画平均点105位622作品中平均点1.63=とても良い/35評価
2004年海外映画総合点2位156作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像3.00(最高)1
声優・俳優2.00(とても良い)1
キャラ・設定1.00(良い)1
音楽1.00(良い)1
ストーリー1.00(良い)1
悲しい100%1人/1人中
格好良い100%1人/1人中
面白い100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

CGを使わず、ワイヤーを使わず、スタントマンを使わず、早回しを使わず、最強の格闘技"ムエタイ"のみで作られた映画。
監督:プラッチャヤー・ピンゲーオ 武術指導:パンナー・リットグライ
製作:プラッチャヤー・ピンゲーオ スカンヤー・ウォンサターバット
製作総指揮:ソムサック・デーチャラタナプラスート
脚本:スパチャイ・シティアンポーンパン 撮影:ナタウット・キッティクン
日本 公開開始日:2004/07/24(土)
海外 (タイ):公開開始日:2003/01/24
公式サイト
1. http://www.mach-movie.jp/
2. http://www.ongbak-lefilm.com/
プロモーションビデオ (1個)
16,5583635
最近の閲覧数
4100110100
1人の方がこの作品が海外映画として最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/08/27 / 最終変更者:mosukuwa / その他更新者: ラマンチャ / TCC / 提案者:incoinco (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/11/02 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:223(61%) 普通:61(17%) 悪い:83(23%)] / プロバイダ: 45568 ホスト:45385 ブラウザ: 10196
結論から述べると、ゴルフで言う“ パー "(±0)ということで。

トニー・ジャーが披露したムエタイアクションについては、良くも悪くもブルース・リーばりにガッチガチで、純度100パーのアナログアクションを提供してくれました。

ストーリーについては「奪われた仏像を取り返す」という単純にして明確な反面、バンコクの特色を見せるためなのか、捕まえた女性の両手足を縛ってから自由を奪わせて無理矢理ヤクを飲ませるなど思わず目を反らしてしまうほどの生々しさも有りました。

[推薦数:2] 2013/05/08 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2764(60%) 普通:775(17%) 悪い:1082(23%)] / プロバイダ: 42404 ホスト:42435 ブラウザ: 9931
これほどの作品、今では香港の関係者でも作れないだろう。
これは、この作品を視聴中、脳裏に浮かんできた言葉です。

話は、男達が大木に登る(村の儀式)シーンから始まり、村の宝とも言える仏像の首とお布施を盗った犯人を追ってティンは街へと向かい、
裏社会の大物や兵隊達を相手に戦うと言う内容でした。

猿の様に大木の枝から枝へと自在に動き回る、芸術の域に達しているティンの演武(ムエタイ)、
ハム・レイが出入りしている賭け屋で地下試合のチャンプを蹴り一発で倒してしまう等、
冒頭から出し惜しみなく披露されるアクションは、ハイレベルで危険度も高い。

それ以降も、壁を余裕で登る、車の頭上を飛び越えたりスライディングで下の隙間をすり抜ける、油が煮えたぎる鍋を飛び越える、
猫の様に狭い隙間をすり抜ける、兵隊達の肩や頭を踏み台に八艘跳び、地下試合でアフロヘアの男を相手に披露したスピードとキレのある肘、
反則魔が振り回す凶器を次々と粉砕する、洞窟内で黒幕の兵隊達を蹴散らしたムエタイの肘を活かしたトンファー等、
ティンとハム・レイを狙う刺客達から逃げ回るシーンや地下試合でずば抜けた身体能力が要求されるハイレベルなアクションを次々と極めていく。

ティンとハム・レイを追うオート三輪の大群、道路を走るオート三輪に飛び移る、オート三輪で危険なテクニックを見せるハム・レイ等、
オート三輪のカーチェイスも、見応え抜群。

加えて、仏像の首を粗末に扱う黒幕に下る仏罰、ティンが村の人達からもらったお金を博打で摩ってしまうろくでなしだったハム・レイが最期に男を見せる等、
アクション以外も見所十分。

これには、「最高」以外付けられません。

2012/08/29 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:255(70%) 普通:49(13%) 悪い:61(17%)] / プロバイダ: 24985 ホスト:25015 ブラウザ: 7389
【良い点】
とにかくトニー・ジャー(織田裕二に似て超)の身体能力の高さ
アクションシーンの迫力
ムエタイという格闘技のポテンシャルの高さをまざまざと見せつけてくれるところ。

【悪い点】
残酷な描写が多い。
ちょっと胸やけするほどドギツイ。

【総合評価】

香港映画でもここまでハードなアクションはまれ。
アジア圏で製作されたアクション映画としてはトップレベルでしょう。
ジャッキーの全盛期の作品群にもろに影響を受けてますが
アクションシーンに重厚感があるのが素晴らしい。
とにかく重くてなおかつキレがある。
CGを全く使ってない本当の意味での格闘アクションを堪能できる。

肉体の躍動感を思いっきり味わえる。
評価は【とても良い】

[推薦数:1] 2011/11/02 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:326(30%) 普通:448(42%) 悪い:303(28%)] / プロバイダ: 7683 ホスト:7691 ブラウザ: 4895
タイのアクション映画。主演トニー・ジャーの身体能力が半端ではない。
物語は守り神の石像、オンバクの顔を取り戻すといういたってシンプルな設定だ。楽しむべきは主人公ティン(トニー・ジャー)のアクションだ。CG、ワイヤー、スタント、早回しを使わないフルコンタクトのリアルアクションは相当の見応えがある。とにかく彼のムエタイアクションは当然、肘と膝を多様するのだが、どう見ても痛そうなのだ。
中身のないアクション作品というわけではなく、タイという世界とその役者たちを十分に味わうことができる点でも新鮮だ。また、ジョージ(ペットターイ・ウォンカムラオ)とムエ(プマワーリー・ヨートガモン)と相棒として絡んでいくところもしっかりとしていて、拙いものの物語として一応は完成している。
が、気楽にアクションを楽しむだけで十分な作品なので、そこだけに集中していればいい。

2011/10/11 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 13618 ホスト:13725 ブラウザ: 11752
【良い点】
主人公の台詞からムエタイの凄さが強調され、スタントなしで車を飛び越えたり炎の中からのキック、実際の試合や立ち周りもすごい。

【悪い点】
棒術での戦いが少し長い。

【総合評価】

ハムレイが少し悲惨でした。

2011/10/02 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 36914 ホスト:36900 ブラウザ: 5345
タイ・バンコクが中国のジェッキー映画をリスペクトした感じ。
初期のジェッキーやブルース・リーを彷彿とさせる映画で、アクションは見ごたえがあり。バラエティー番組ではあまり紹介されない、タイの裏の一面も映画から垣間見れた。

2010/03/05 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:238(54%) 普通:64(14%) 悪い:142(32%)] / プロバイダ: 6047 ホスト:5900 ブラウザ: 10414
【良い点】
生身の身体だけで再現したアクションシーン!!この作品最大の魅力だと思います!!
あの超人的な動きはスタントも使わずに表現しているので度肝を抜かされます。
ムエタイを題材にしているので中国映画とはまた違った面白さがある。
前半のハム・レイの間抜けぶり。

【悪い点】
ワイヤーもスタントもCGも使わない挑戦的な心意気はいいが、役者の安全面の意識が薄い。「ホントに大丈夫なのか?」と聞きたい。
ド迫力シーンが魅力なのにストーリーが暗い。

【総合評価】
アクションだけなら「最高」を付けざるを得なかった。
ただストーリーがイマイチ。
よって評価は「とても良い」。

2010/02/26 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:177(76%) 普通:23(10%) 悪い:34(15%)] / プロバイダ: 6074 ホスト:5742 ブラウザ: 9671
痛快!そして爽快!!

【良い点】
・CGではない、生身の肉体の躍動感。「凄っ!」しか言葉が出ない。
・簡素なストーリー。驚異的なアクションを見せるための映画だからこれぐらいシンプルなのが良い。仏像の頭を巡る善VS悪という分り易さも良い。
・主人公:ティンが初めからヒーロー然としており、主役自体の成長は殆ど描かれていない。なのでその役割を担うキャラとしてハム・レイって存在が上手い。前半のあのボンクラぶりも素敵。
・オーソドックスな格闘から、トゥクトゥクを使ってのカーチェイス、武器を用いての戦闘、走りながらのアクションまで、アクションお約束のシチュエーションを一通り見せてくれる。
・仏像の頭を巡る物語で、あの洞窟での決着の着け方。カタルシスがあった。

【悪い点】
・痛快な映画だっただけに、ハム・レイの最期は微妙。「実は眠っていた」ってオチを想像したのですが・・・

【総合評価】
タイトル(邦題)に偽りなし。テンションが下がることなく一気に視聴させられてしまう作品。評価は「とても良い」で。

2009/10/13 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:472(64%) 普通:108(15%) 悪い:157(21%)] / プロバイダ: 34067 ホスト:34118 ブラウザ: 5033
【良い点】
とりあえず、アクションスゲエ!としか言えない作品。
ストーリーは盗まれた仏像を取り戻すという単純なもので
アクションシーンのみを楽しむ為だけに作られている。
路地での逃走シーン、賭け試合、三輪タクシーでのチェイス、
洞窟でのラストバトルなど、見せ場たっぷりで大満足。

主演のトニージャーは素晴らしい身体能力の持ち主、ジャッキーチェンを
思わせるようなアクロバティックな動きの他にムエタイを元にした
格闘シーンでの技の数々は中国拳法とは違う魅力があり、新鮮だった。

【悪い点】
格闘シーンのマジ当て。いくら、プロテクターを着けてるとはいっても
大丈夫か?と思う。
技の威力や迫力を表現したいのは分かるが、ちょっとやり過ぎ。
自分はうそ臭く見えないのであれば、ワイヤーを使っていいと
思うので。

【総合評価】
久しぶりに凄いと思えるアクション映画を見た気がした。
只、あくまで『映画』なので役者の安全面にはもう少し
気を配って欲しい。
評価はとても良いで。

2009/05/19 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:47(59%) 普通:12(15%) 悪い:21(26%)] / プロバイダ: 5120 ホスト:5071 ブラウザ: 4242
何だろうこの感覚は。
劇中で繰り広げられるアクションの数々からは気迫、熱気、そういったものがビンビン伝わってくる。
見ているこっちまで思わず熱狂させられるようなトニー・ジャーのスピード感溢れるド派手な体術。
とにかく気合の入りっぷりがハンパじゃない。
ストーリー面ではあれっ?と肩透かしを食らう事多数(特にラストシーンはあまりに唐突すぎて違和感バリバリ)だったが、ここまでアクション部分で突き抜けたものを見せてくれれば無問題だ。
添え物、あくまで物語のエッセンス的な役割だと割り切って見られる事ができた。
この映画の肝となるアクションシーンは物語中盤の街中での逃走劇、トゥクトゥクを使ったカーチェイス、洞窟でのラストバトルなどボリューム、見せ場ともたっぷりで大満足。
トンファーやノコギリといった武器を使ったものや、街中の人工物を利用したものなど種類も豊富に用意させている。
また、製作側が特に強調したいと思われるアクションシーンではスローモーションで何回も繰り返し再生されるのも印象的だ。
個人的に最も記憶に残っている場面は飛び膝蹴りでヘルメットをかち割るシーン。見ていて思わず膝が痛くなってしまった。あれはとても真似できないっす。
評価は「とても良い」で。
本作品をスタントマン無しで製作したなんて・・・そのこだわりに脱帽です。

2009/05/12 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:503(44%) 普通:378(33%) 悪い:254(22%)] / プロバイダ: 26251 ホスト:26365 ブラウザ: 9125
【良い点】
・アクションシーンがすごい。

【悪い点】
・ストーリーがあまり面白くない。

【総合評価】
これから観る人は、ストーリーをまじめに観るときっと期待はずれなので、とにかくアクションを楽しんでください。
アクションはすごいです。
こんなの見たことないです。

2008/09/19 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:281(73%) 普通:26(7%) 悪い:78(20%)] / プロバイダ: 34156 ホスト:34024 ブラウザ: 2060(携帯)
私が初めて観たタイ映画ですが、これは正に映画で観る「SASUKE」そのものです。あたかもサーカスや器械体操、陸上競技といった人間の限界に挑戦するようなアトラクションを生で見ているかのような感覚になり、「おぉ」と感嘆してしまう。命懸けでやっているのがよくわかる分、その凄さに圧倒されます。

また、宣伝では「CGやワイヤー、スタントマンを使いません」というふうに言われてましたが、作家の個性とは、自らに禁じ手を多く課せば課すほど明確になってくるもの。つまり、自由からでなく、むしろ不自由の中からにじみ出る個性のようなものでしょう。クラシック映画において巧みな映像表現が多く見られるのも、ある意味では今ほど技術が発達していなかったための恩恵ともとれます。そう考えると、この映画の個性は他のアクション映画と比べると明らかに突き抜けています。特に面白かったのは、トゥクトゥクによるカーチェイスのシーン。この面白さは正に不自由さによる恩恵でしょう。

ただ、ストーリーはやや暗めで、ラストのハッピーエンドもそれまでの展開と明らかにつながり方が悪く、「え、これで終わり?」という風に感じてしまいました。この詰めの甘さが大変惜しいです。

2008/08/29 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:843(67%) 普通:173(14%) 悪い:251(20%)] / プロバイダ: 12010 ホスト:12222 ブラウザ: 7931
確かにアクションシーンは必見中の必見。
実に俊敏で躍動的なトニー・ジャーのアクションにはほれぼれします。
よくまぁこんな凄いものを撮ったもので。

アクションのみで評価すれば、文句のつけようがないのですが、
勿体無いことにストーリーが酷い。
暗すぎる。
なんですか?あの救いようのないストーリーは。ムエがあんまりでしょう。
ラストも何ともびみょ〜な所で幕であり、観終わった後、スカッとするような爽快感を
殺してしまっている。
アクションがあれだけ見事だっただけに、これは残念でした。

2008/07/19 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1355(49%) 普通:0(0%) 悪い:1385(51%)] / プロバイダ: 32099 ホスト:31924 ブラウザ: 2907(携帯)
まず最初のアクションシーンに行くまでがダラダラしていて多少長く感じる。

ストーリーは展開が唐突だったり繋ぎが悪かったり内容や理由が薄かったりはっきり言ってあまり宜しくない。
しかしそれをアクションシーンが全て忘れさせてくれる。
つまりアクションのためにストーリーがあるようなもの。
そのアクションを見せたいやりたいがためにストーリーが都合よくなってしまう。
アクションに力を入れてるためにストーリーを手を抜いてる訳じゃないと思うけどいい加減になってる。
でもそれで良いと思うしストーリーをしっかり描いてたら逆に邪魔になったんではないかとさえ考えてしまう。

最初の逃げるシーンではティンのカッコイいアクションを見せ次にジョージのコメディシーンを交互に見せていくというメリハリが上手くて良かった。

ティンのアクション、格闘シーンでは空中で二回転したり車の下を通ったりトンファーや棍棒を使いこなしたり、バック転しながら空中でフェイントを入れ蹴りをおみまいしたり人間の体の上を駆けていったりもう凄いとしか言いようがない。
回転のスピードが速かったりジャンプ力だったりバネだったり身体能力がむちゃくちゃ凄い。
最初はダラダラしてるけど要所要所にアクションシーンや見せ場があるので見入ってしまう。
(アクションの見せ方やカメラの撮り方も上手い)
あと地味にジョージも体を張っていた。

良かった点では八百長したから負けたのを後で説明する所。
そこではティンが攻撃しても敵が全く効いてないよって感じだったけど今度は最後に対戦する時ティンの方が全く効いてなくて伏線に使った所。
その効いてないという表現の仕方も良かった。
それから天罰ということで仏像の首が外れて敵のボスが潰されるというオチ。
一番印象に残ったアクションではやはり炎での跳び蹴り。

ストーリーや内容だけなら間違いなく悪い以下なんだけどこれはアクションがストーリーを超越してしまってるから許せる。
まぁトニージャーのPVと言えなくもないけど…。

2008/06/02 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:131(81%) 普通:17(11%) 悪い:13(8%)] / プロバイダ: 25895 ホスト:25942 ブラウザ: 4668
アクションが凄くてストーリーがイマイチなのはアクション映画でよくあるパターンだが、この映画ぐらいアクションが飛び抜けていたらもうそれだけでOKと思った。基本的にジャッキー・チェン映画の手法を踏襲しているようで、木登りバトルから始まって賭け試合・追いかけっこ・タクシーでのチェイス・洞窟でのバトルと次々とステージが変わりその都度素手の戦いや純粋に走ったりする動きで魅せたり武器を使った戦いや車上のスリリングなやり取りと視聴者を飽きさせない工夫がされている。素手のアクションに関しては脳天に肘打ちや回転肘打ち、走り込んできての飛び膝蹴りなどホント当たると洒落にならないシーンをガンガン見せる辺り命知らずとしか言いようが無く死人が出てるんじゃないの?と疑ってしまった。主人公の運動能力が非常に高いので動きの一つ一つが流れるように決まっていくところが美しさすら感じた。
評価はアクションは文句無く「最高」だがストーリーは「普通」なので、評価は「とても良い」で。

盗掘組織のボスが巨大な仏頭に押し潰されて死ぬ結末は仏罰なんでしょうかね?

もっと読む

「殴る落とす叩きつける、火のついた脚で大ジャンプして思い切り蹴る等、やり過ぎと言える程のアクションの連...」 by 阿部怪異


次のページを読む

この評価板に投稿する



2011/08/25 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 2436 ホスト:2499 ブラウザ: 3421(携帯) [編集・削除/これだけ表示]
感じた事面白い/格好良い/悲しい 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像最高(+3 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

1. ACR計画〜奇想天外銃、大集合!!〜 by はんぶらび
... なるかどうかは、欠かせないと思います。このように、人間が手にしている姿を見ると、なかなか美しいデザインをしているのが分かります。 迷彩服の兵士が構えても、たこ八郎みたいなオッサンが構えても、どちらも様になります。 ステアーACRが採用したフレシェット弾とは、ダーツ型の細長い弾頭をマッハ4で撃ち出すカートリッジです。マッハ4という弾速 ...
記事日時:2018/11/27
video video video video
2. "万丈、暁に消ゆ" by 634
... 「 うん!いつでもいいよ!! 」 レイカ「 こちらもOKよ! 」 ビューティ「 いっくわよ〜!! 」 3人が陽動する中 https://farm5.staticflickr.com/4898/31062103927_6137cb23f9.jpg 万丈は単身、メガノイドの首都に殴り込みをかけます。 コロスのアイアイにマサアを撃墜されながらも マッハパトロールで飛び出し ...
記事日時:2018/11/25 [表示省略記事有(読む)]
3. 【活動1000日記念】自己満アニソンランキング ベスト300 by 545
... OP) 275位:SPIRIT(『地獄先生ぬ〜べ〜』ED2) 276位:デビルマンの歌(『デビルマン』OP) 277位:scarlet(『かりん』OP) 278位:夢を勝ちとろう(『プロゴルファー猿』OP) 279位:青春狂騒曲(『NARUTO -ナルト-』OP5) 280位:マッハゴー・ゴー・ゴー(『マッハGoGoGo(1967年版 ...
記事日時:2018/01/19
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ