[海外映画]オーシャンズ11


おーしゃんずいれぶん / OCEAN'S ELEVEN
  • びっくり
  • 格好良い
  • 面白い
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数73位5,176作品中総合点42 / 偏差値81.35
海外映画平均点122位617作品中平均点1.56=とても良い/27評価
2002年海外映画総合点4位120作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優2.50(最高)2
キャラ・設定2.00(とても良い)2
映像2.00(とても良い)2
ストーリー2.00(とても良い)2
音楽1.00(良い)2
びっくり100%2人/2人中
格好良い100%2人/2人中
面白い100%2人/2人中
友情50%1人/2人中
楽しい50%1人/2人中
もっと見る
属性投票する
上映時間 116 分 製作国 アメリカ 初公開年月 2002/02/02 製作年度 2001年
監督:スティーヴン・ソダーバーグ Steven Soderbergh
製作:ジェリー・ワイントローブ Jerry Weintraub
製作総指揮:スーザン・イーキンス Susan Ekins ジョン・ハーディ John Hardy ブルース・バーマン Bruce Berman
日本 公開開始日:2002/02/02(土)
海外 (アメリカ):公開開始日:2001/12/07
16,7842727
最近の閲覧数
1210000011
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/05/16 / 最終変更者:アセチルサリチル酸 / その他更新者: kunku / TCC / パタパタ / 提案者:馬王 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/01/13 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2163(50%) 普通:1088(25%) 悪い:1088(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 5173
痛快怪盗モノ作品。

10人以上も仲間を揃えて映画の尺で大丈夫なのかと思いましたが、
主人公でリーダーのダニーとナンバー2であるラスティ以外の各メンバーも
(内面を掘り下げるには至らないまでも)
要所の場面でプロとしての見せ場や個性をキッチリ出していくのは見事でした。

最初の打ち合わせの場面で最年長で賭博師のソールが最年少でスリのライナスに声をかける場面等上手いし、
若手に場数を踏ませるためダニーとラスティが喧嘩をしてみせる等、仲間を信頼していないと出来ないだろう。
「女と金」の二択を迫られる主人公がちゃんと仲間に金を分配できる状況になってから
女を取り戻す行動に出ているのもリーダーとしての器量がうかがえました。

ただ強いて言えばヒロインのテスがあっさり態度を翻し過ぎな事と
多少のアクシデントはあっても終始、主人公サイドのペースで進んでベネディクトに強敵らしい見せ場が無かったのが残念。
評価は「とても良い」よりの「良い」で。

2015/07/06 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:530(62%) 普通:126(15%) 悪い:193(23%)] / プロバイダ: 31207 ホスト:31151 ブラウザ: 5779
豪華なキャストに華やかな舞台、それとスリリングでハラハラする強盗劇。
キャラは多いけどそれぞれがこれでもかってくらい個性的で、それでいて互いに邪魔になっていませんし、「騙された!」的な最後のどんでん返しも見事。
エンタメ作品としてはこれ以上ないくらいの作品だと思います。

2015/04/12 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:287(51%) 普通:83(15%) 悪い:197(35%)] / プロバイダ: 2585 ホスト:2616 ブラウザ: 8828
【良い点】
非常に豪華なキャスト
飽きさせない演出脚本の見せ方
先の読めない盗みの方法
【悪い点】
字幕の誤字が目立った
・鞄の中『味』とか…
【総合評価】
泥棒、スパイ、悪党
海外だと悪党を魅力的に映す映画は珍しくないが、どの作品も大抵の場合ガンアクションに助けられていることが多い
本作で特徴的なのは銃を使わず、泥棒を派手にかっこよく魅せてくれた

計画的な犯行に加えて軽口の多い掛け合い
単なる仲良しこよしで終わらず、役者間で信頼しあってないと出来ないようなシーンもある
例えば、ブラピがカールライナーに人工呼吸をするシーン
あのシーンは口の部分が見切れていて映らないようになっているが、記念のためと言ってブラピは本当にキスをしたとか(コメンタリーで本人談)

他にもコメンタリーで色々と俳優同士で交流があったことが見受けられる

本作の凄かったところは、見ていて入り込むだけじゃなくて騙されるんだよ
大きいところで言えばオーシャンが、計画から外されるシーンとかね
本当に外されたとしか思わなかったから驚きだった ベネディクトに目をつけられるところすら計画の一部だとは恐れ入った

あとソールが体調崩すシーンとかね
役者が役者で高齢だから本当にどきっとしたけどそれすらも演技

役者が豪華でセットや舞台のディティールも素晴らしかったが、どれも浮き彫りにならず丁寧に見やすく作られている
しっかりと全容が分かりやすいカメラワークも最高だ
次作も見ます!

2013/11/21 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:362(78%) 普通:43(9%) 悪い:60(13%)] / プロバイダ: 571 ホスト:452 ブラウザ: 4180
【良い点】
●“集団窃盗モノ"としてはアメリカらしい軽妙さを出しつつも、ツボを押さえた堅実な作りで安心して楽しめるようになっています。ベガスの大カジノの金庫を攻略するための人集め、段取り、実践というプロセスをしっかりと映し、チームだからこそ生えるプロとしての各々の描写も交えており、うまく騙したときの爽快感もなかなかのもの。
●豪華俳優陣を揃えているだけあって、その演技の一つ一つには見ごたえがあります。ジョージ・クルーニーとブラッド・ピットらの“プロ"らしい余裕のある存在感もいいですが、マット・デイモンの素人らしい初々しさも面白い。悪役(?)を演ずるアンディ・ガルシアのクールな演技もいいですね。
●音楽に関しては、カジノという舞台に合わせた品の良さがありつつも、軽快な作劇にもマッチするノリのいい楽曲が豊富に使われていました。

【悪い点】
●豪華スターを集めたのはいいのですが、作劇の都合上、登場人物として、もしくは俳優として埋もれてしまっているのがかなり多いです。役者としての味と役柄の相性は良くても肝心の出番が少なかったり、出番はあっても見せ場がなかったりで様々。特にアンディ・ガルシアと彼の演ずるベネディクトは持て余された感が強い。
●ヒロインとの恋愛要素は、あくまで展開における装置の一つとしてしか機能しておらず、それ単体で感情移入させるには程遠い。
●そのほか『軽快な作劇で集団窃盗を描く』という部分以外に突き抜けた要素が少なく、俳優陣の豪華さ、ベガスという舞台の派手さ、集団窃盗というテーマに対して全体的な展開の起伏はなだらかめ。この手の作品には必須の“緊張感"や悪役の驚異性がさほど強く感じられないのも原因か。

【総合評価】
監督:スティーブン・ソダーバーグ。主演:ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピットほか。
ムショから出所したばかりの男・オーシャンが、様々なプロフェッショナルを集め、かつてない規模の集団窃盗を敢行する、という作品。

この作品の見所はやはり軽快に進むストーリーと豪華俳優陣にあるでしょう。アメリカらしい軽さを出したストーリーの中で、窃盗のスペシャルチームが奇想天外な手段を使ってカジノの鉄壁の地下金庫に潜り込む様は、ただ見ているだけで面白いと感じられる刺激がある。それを個性的な豪華俳優陣が演ずることで、よりコクのあるものになっていたかと思います。ラブロマンスを組み込んだハリウッドらしい作劇も、悪役を一枚噛ませることでさほど違和感なくまとまっていましたね。

ただ豪華俳優陣がそれぞれの存在感を食っている部分も強く、登場人物の多さに割を食った人物・俳優がほとんど。それぞれが“コク"を出し切って存在感を出せていたかというと、少々苦しいものがある。また、良くも悪くも娯楽映画として品行方正に作りすぎている感もあり、全体を構成する要素の派手さと、作品全体から受ける印象が釣り合っているかというと微妙。あまりにも毒がなさすぎるきらいがあります。

その売り文句に違わぬ娯楽作。描写や俳優陣の濃さを期待すると肩透かしを食らうかもしれませんが、映画としては無難にまとまっており、いかにもハリウッドらしい気負わず楽しめる作品かと。
評価は良いよりの『とても良い』で。

2012/06/10 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6654(87%) 普通:560(7%) 悪い:407(5%)] / プロバイダ: 21846 ホスト:21767 ブラウザ: 2413(携帯)
ここのサイトでの評価の高さが意外にかなり良かったことにびっくりしました。

たしかに豪華な俳優陣とラスベガスという大人の遊園地でド派手に大金を盗みだすというスケールの大きさとそれを達成する爽快感はありました。

あれこれと綿密に計画を立てていく、個性的な11人のメンバーがぞくぞくと集まるプロセスは良かったですし、計画を実行しているときにたびたびアクシデントにあったり、障害に立ちはだかったりしてハラハラしながらも前半にばらまかれていた伏線が回収されていき、そしてマジックのような仕掛けとどんでん返しに見事成功したそのあとに明かされる種明かしはまさにフルコースを堪能したあとのデザートそのもので、最高の素材に絢爛豪華な料理の数々と理想的なのですが、ただ私が物足りなく思ったのはこれを引き立てる味付けがされていなかったこと。

悪役のベネディクトがあまりにも魅力が弱く感じます。私としてはもっと憎たらしい部分が欲しかったのですが、残念ながら逆に哀れにも見えてしまいます。彼はいわば被害者であり、だからこそそれを感じさせない黒い部分が欲しかった。そうすれば、もっと痛快で気持ちがスカッとさせられる映画になったのではないかなと思います。ただ、最後エレベーターに乗るときのベネディクトのポカンとした顔には笑えましたがね。

よってここでの評価は「良い」とさせていただきます。

この映画を気に入った方には「ショーシャンクの空に」や「第十七捕虜収容所」をおすすめします。

2009/12/18 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:9(64%) 普通:1(7%) 悪い:4(29%)] / プロバイダ: 3985 ホスト:3770 ブラウザ: 8655
【良い点】
音楽、演出、会話の内容や台詞
登場人物、シナリオ
【悪い点】
強いて言うなら
序盤が少し退屈かも?←これは人によるが
【総合評価】
11人という大勢のキャラクター一人一人を覚えられるか?
と心配しながら観たが全然そんなことは無かった
一人一人の個性が強烈で魅力的であり名前が覚えられなくても
顔や性格で簡単に覚えられた 11人全員がそれぞれ重要な役割を果たしているので
こいついらなくね?と思うキャラクターが一人もいない
特に主人公オーシャンがすばらしく魅力的でかっこいい
あれだけ頭が良いのにとても一途で純粋というところが嫌いになれない
また話の構成力もすばらしく誰が観てもよく練られてる話だと思う
会話もセンスのある返事、切り返しなどが良い
厨臭い台詞も無く、変に鼻につく台詞も無い
(ちょっと恥ずかしくなる台詞が一つだけあったが)
音楽も良い曲が多かった
評価は最高で

2009/11/01 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:494(44%) 普通:197(18%) 悪い:428(38%)] / プロバイダ: 7763 ホスト:7450 ブラウザ: 8718
かっこいい映画でした
俳優陣も非常に豪華で、それぞれのキャラがたっていたように思います
また、ギャグもなかなかだったと思います

貢献度から見て報酬は中国人の人が一番多くもらうべきだろ、って思いましたw

2009/09/25 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 29382 ホスト:29413 ブラウザ: 7642(携帯)
オーシャンズシリーズはどれも好きで、だからこそ一番最初の作品を評価する。

【良い点】
・役者
・ストーリー構成
・キャラクター設定
・雰囲気
・演出
・音楽

【悪い点】
・特に無し

【感想】
かなり短い文になる。
スピーディーかつクール、タフでスマート。
評価は【最高】。

2009/08/18 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:268(51%) 普通:86(17%) 悪い:167(32%)] / プロバイダ: 28815 ホスト:28922 ブラウザ: 9739
【良い点】

頭脳戦と体を張る部分のバランスが取れていて楽しめました。

【悪い点】

ジュリア・ロバーツ演じるヒロインの魅力がイマイチでした。

メンバーの中で、最後まで区別がつかないキャラがいたのが残念でした。

軽業師・イエンの負担が異様に大きくないか・・・??と思えました。

【総合評価】

とりあえず、普通に面白いです。
特別退屈することもありません・・・特別ツボに入る部分もないですけど。
個人的には「YAMAKASI」が好きだったので、機器を駆使するのは物足りなかったわけですが。
あれこれ考えずに楽しめる作品。
評価は「良い」とします。

2009/05/05 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:503(44%) 普通:378(33%) 悪い:254(22%)] / プロバイダ: 26251 ホスト:26365 ブラウザ: 9125
【良い点】
・キャストが豪華。
・ハラハラ感がある。

【悪い点】
・特になし。

【総合評価】
とにかくキャストがすごいですね。
さすがみんな絵になるし魅力的です。
さらに、これだけのメンバーでも無理せずうまくまとめているのも好印象。
ストーリーもハラハラして楽しめました。

2008/11/29 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:417(48%) 普通:291(34%) 悪い:154(18%)] / プロバイダ: 27955 ホスト:27836 ブラウザ: 5234
そこそこには楽しめたが、そう秀逸とは思えなかった
大物俳優ばかり集めれば良いってものでもないのでは
時間の制約があるのに数が多ければ、当然一人当たりの出番は減っていくわけだし
大きなモノから小さなモノまでわりと頻繁に計画外のトラブルが起きるのは良かったと思う

2008/10/21 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:326(30%) 普通:448(42%) 悪い:303(28%)] / プロバイダ: 7683 ホスト:7691 ブラウザ: 4184
スティーブン・ソダーバーグ監督は凄い。わかりきったことだが凄いのだ。これだけ肩の力を抜きながらも、そこいらにあるド派手なハリウッド映画とは違う、一級のエンターテイメントを作れるのだ。

この作品はダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)と仲間11人のゲームだ。この金庫の金が盗まれても保険がかかっていて実は困らないし、盗むほうもそれほど切実に欲しがっているわけではない。オーシャンは元妻のテス(ジュリア・ロバーツ)をテリー・ベネティクト(アンディ・ガルシア)から取り戻しに行くための口実にすぎない。
で、とにかく余計な説明もなく、わかりやすく仲間をぱっぱと集め、計画を準備していくことになる。
全体的にドンパチシーンがなく、落ち着いた雰囲気で、かつスピーディに物語は展開していく。11人の仲間やテスなど登場人物が多いが、必要なときに必要な人を登場させているので無駄がない。仲間を紹介しようという余計なものがないのがいい。で、エンターテイメントらしく、金庫破りも多少のスリルとおとぼけとよく考えられたトリックを軽やかに見せてくれる。監督も出演者も何かすべて余裕で作られている感じがするような出来上がりだ。

多くの出演者の中でも特に存在感があったのが、アンディ・ガルシアとマット・デイモンだ。アンディ・ガルシアの冷徹だが、男の色気ムンムンのオーラ、マット・デイモンのくそ真面目ながら、どこかぼけているオーラが前に出てくるのだ。ブラッド・ピットも当然、存在感があるのだが、役柄としての面白さはない。頭の切れる、オーシャンの右腕としての役割だけなのだ。

2008/08/26 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:328(45%) 普通:169(23%) 悪い:226(31%)] / プロバイダ: 30269 ホスト:30458 ブラウザ: 7505
シリーズの始めにしてシリーズ最高傑作だと思う。豪華キャストも勿論だが作品のテンポの良さなども素晴らしい。

2007/09/23 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:52(62%) 普通:16(19%) 悪い:16(19%)] / プロバイダ: 18244 ホスト:18291 ブラウザ: 3876
キャストが豪華過ぎるのが目立つが結構ええ仕上がりにはなっている作品やった。

2007/08/12 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2014(50%) 普通:780(19%) 悪い:1248(31%)] / プロバイダ: 11695 ホスト:11801 ブラウザ: 5234
【良い点】
粋でもあり、そうでもない男達の集まり。
そんな男達がいろいろと協力し合い、困難や試練を乗り越えて、見事にお宝を頂戴するという判りやすい作風という面が面白い。

そして、相手にする連中も悪漢だというのも判りやすいのが面白いし、それが作風を産み出す上でも重要な位置を占めている。
勿論、悪漢ベネディクト役のアンディ・ガルシアの演技も非常に上手いし、そういう部分が本作の深みと味を一層深めており、その為に本作を単なる泥棒ムービーという形にしていないのもお見事。

男達一人一人はルパン三世のように特出した力を持っている訳でもないけれど、皆と協力し合い目的を果たすというのが、そういった本作の作風に彩りを加え、独自の味を出している。

泥棒版『荒野の用心棒』と言ってよい作品。

【悪い点】
やや、ご都合主義な面が目立つところ。
男達の会話と、上手くいくかいかないかというスリル感は一度見ると、すっかりと薄れてしまいがちになる。

話し合いと決行までに至るまでの課程もめんどくさい感じがするし、退屈になるシーンも決して少なくはない。
また、ルパン三世のようなコミカル面は望むのはちょっと酷かもしれないが、そういった部分を入れても良かったかも。

【総合評価】

エンターテイメントとしては申し分の無い出来だし、キャスティングも豪華なので、安心して観れるシリーズ。
ただ、こういった作風は安心して観れる反面、退屈になりがち。

まあ、間違えても、この作品みたいなことして女房とヨリを戻そうなんて、バカな事を考える人はいないだろうけれど、ルパンのように「俺は大泥棒の大嘘つきだ。俺の言うこと聞いてると、ひっどい目にあうぜ。」のような台詞やキャラクターの持つ抑止面というものでは、やや欠けているようにも思える。

もっと読む

「普通に楽しめました。単純明快でわかりやすいと思います。個性的な人物が集まって、みんなで頑丈な金庫を破...」 by Ny-Jp


次のページを読む

この評価板に投稿する



2015/04/29 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 2585 ホスト:2616 ブラウザ: 8789 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事友情/楽しい/面白い/格好良い/びっくり 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像最高(+3 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. 評価予定作品メモ by Merci
... コメディなんだけど、人情がしっかり描かれていた。 評価は「とても良い」。 【ドラマ「名探偵ポワロ」】 原作アレンジの仕方が巧い。 評価は「とても良い」。 【小説「藪の中」】 様々な角度で物事を見る、という個人的ツボ。 評価は「とても良い」。 【ドラマ「TAKE FIVE」】 和製「オーシャンズ11」と言うに ...
記事日時:2013/11/30
2. "『洋画〜公開作品〜』史Ⅱ" by 陣兵
... カンタンテ」 「エルム街の悪夢シリーズ」 「エレクトラ」("62年公開、"05年リメイク) 「エレファント」 「エレファント・マン」 「エンター・ザ・ボイド」 「O」 「王様と私」 「追いつめられて」 「黄金狂時代」 「大いなる遺産」 「大いなる眠り」 「狼たちの午後」 「オーケストラ!」 「オーシャンズ」 「オーシャンズ11」 「〃 ...
記事日時:2011/06/19

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ