[海外映画]Mr.BOO! インベーダー作戦


みすたーぶーいんべーだーさくせん / The Contract [1978]
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数679位5,072作品中総合点7 / 偏差値53.32
1979年海外映画総合点12位44作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽2.00(とても良い)1
声優・俳優2.00(とても良い)1
ストーリー2.00(とても良い)1
キャラ・設定1.00(良い)1
映像1.00(良い)1
考えさせられた100%1人/1人中
楽しい100%1人/1人中
勉強になった100%1人/1人中
面白い100%1人/1人中
可笑しく笑える100%1人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

香港のTV局M(マウス)TVと専属契約を結んでいるタレントのブーは3年間まともな仕事にありつけず失敗ばかり。
ある日ライバル局のC(キャット)TVの会長の目に留まったブーはクイズ番組の司会で出させてもらい成功、正式に契約を持ち込まれたが、
MTVとの契約を破棄する事が出来なかったため仕方なく弟のチョンボと契約書の奪回を計画。
何とか契約書を盗む出すのに成功したが、代わりにチョンボが金庫に閉じ込められてしまい…
香港作品 配給:ゴールデン・ハーベスト 東宝東和 製作:レイモンド・チョウ
監督・脚本:マイケル・ホイ 撮影:トム・ラウ 音楽:サミュエル・ホイ

●キャスト (役:出演者/日本語吹き替え)

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:1979/05/26(土)
海外 :公開開始日:1978
オープニング動画 (1個)
杯酒當歌
歌:サミュエル・ホイ 詞:サミュエル・ホイ ピーター・ライ 作曲:サミュエル・ホイ [ファン登録]
[もっと見る]
5,23155
最近の閲覧数
1002100001
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2009/12/17 / 最終変更者:管理人さん / その他更新者: 曲がり角のアイツ / スペ9 / K Sato / 提案者:ラロシュ (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2013/12/25 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2966(60%) 普通:835(17%) 悪い:1159(23%)] / プロバイダ: 42404 ホスト:42435 ブラウザ: 14102
当時の香港のテレビ業界の事情を知らないと面白くないネタが、多い。
これは、この作品最大の欠点だと思います。

話は、MTVの専属芸人ジーマンの冴えない仕事振りから始まります。

先ず、インド系の手品師がジーマンの頭等に果物を乗せてウイリアム・テルと同じ事をする芸で矢が股間や急所を射抜きそうになる、
チョンボが作った瞬間接着剤を頭から被って両手に鏡、尻に便器の内蓋、両足にマット、頭に電球の傘がくっ付いて離れなくなる、
契約書を何とかしようとテレビ局に潜入してビルの窓から宙吊りになる、手品で使う鳩が消える、鳩を喰った芸人が若い手品師と揉み合って手品用のギロチンに首を突っ込んで動けなくなる等、
冒頭からホイ兄弟が中心になって体を張った様々なネタを出し惜しみなく披露します。

それ以降も、鉄の爪に追い回されてセットや番組を壊す、インド系の手品師と手品勝負をやる、鉄の爪や観客に笑いガスを吸わせる、
ザッピングで誤作動を起こす体感テレビ、メロドラマの修羅場が映った時は夫の攻撃を食らい食事のシーンが映った時はワインを口に流し込まれる等の目に遭うジーマン等、
ボルテージは上がりっぱなし。

加えて、クイズ番組で賞金や賞品(油田)と飼い犬や夫の命を秤にかけて賞金や賞品をとった女性を通してテレビ業界に警鐘を鳴らしたことも好印象。

2012/11/30 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3562(33%) 普通:3761(35%) 悪い:3452(32%)] / プロバイダ: 11601 ホスト:11433 ブラウザ: 5682
故広川太一郎氏の声はマイケル・ホイ氏とちょっとイメージが合わない
と言うか、良すぎるという認識は変わらないですが、そのアドリブ等流れるような
鮮やかな台詞回し自体は流石でした。悪役の鉄の爪も、いかにも知力に欠けた悪党
で愛嬌も感じられはしたけど、声優のジャイアンもほんと良く合っていたと言うか、
ハマリ役でした。ロンも声優変わっていたけど、まあ特に違和感なかったです。


売れないタレントだった主人公でしたが、視聴率に一喜一憂していた局
上層部の連中の姿や専属契約の問題等は現実味あったし、何より某テレビ番組で、
ある奥さんに金か旦那さんの命かどちらを選ぶか選択させたコーナーもえげつなくて
インパクト強烈でした。地上波放送の際はカットされてしまったらしいけど、
まあ無理なかったでしょうね。(苦笑)その他鉄の爪との追いかけっこ等
ゲラゲラとまではいかなくても、クスリと笑わされたシーンには事欠かさず、
飽きさせない展開がなされていたとは思います。ただ、某局長の退場は、
ちょっとあっけなかったと言うか、ややキャラが立ちきれてなかったかも
しれません。

しかし、それでもシリーズの中では良いと思えた方ですかね。広川氏のファンの
方には特に必見な2作目だったでしょう。評価は「良い」で。

2009/11/06 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:361(59%) 普通:100(16%) 悪い:148(24%)] / プロバイダ: 40763 ホスト:40597 ブラウザ: 13089
シリーズで一番面白かった作品ですね。
全編ブラックな笑いや体を張ったギャグがてんこ盛り。
そこに今は亡き広川太一郎の珍妙な吹き替えが乗って、本編のスピード感に見事に拍車がかかっています。
タレントは局と専属契約を結ばなければならないなど、劇中触れられている当時の香港のTV業界事情も興味深いです。

2005/10/16 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:752(75%) 普通:143(14%) 悪い:110(11%)] / プロバイダ: 2804 ホスト:2495 ブラウザ: 5623
Mr.BOO!に続いて日本語吹き替えDVDを視聴 ! 広川節全開 !前作と同様ムダなギャグがだらだら
垂れ流しの作風に全編休むまもなく笑わせてくれます。でもこれも広川節があってこそ ! 言ってる内容も
めちゃくちゃ。とにかく考える間もなく笑いどおしにしてくれます。
ところで本編中、「楽しくなければテレビじゃない」とか、「ひょうきん」といったセリフが出てきますが、
本放送はフジだったってことかな?またブーのフルネームがブー・ホウヒ(放屁?)であることも確認。ま
ったく日本語吹き替え版発売に感謝するしかない。

2004/06/09 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1423(72%) 普通:258(13%) 悪い:300(15%)] / プロバイダ: 7812 ホスト:7775 ブラウザ: 3875
シリーズ中もっともギャグに勢いとパワーがあった作品
テレビ局のスタッフとなって人気番組を作る事になったホイ三兄弟は
派手な演出を考えるのだが、失敗に失敗が重なってテレビ局は大惨事に・・・

解り易い見た目で笑わせるギャグ(ズッコケや変な顔等)のオンパレードで
テレビ局のセット大破壊とか、電飾で感電して最後は大爆破とか
とにかく体をはったギャグが凄まじい作品。

この評価板に投稿する



2010/05/26 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 12310 ホスト:12269 ブラウザ: 13187 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事可笑しく笑える/楽しい/面白い/考えさせられた/勉強になった 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ