[海外映画]ミッドウェイ(2019)


Midway(2019)
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数4,047位5,230作品中総合点-1 / 偏差値46.84
2020年海外映画総合点14位16作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
2019年米製作
製作会社:サミット・エンターテインメント セントロポリス・エンターテインメント
配給:ライオンズゲート キノフィルムズ
スタッフ

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2020/09/11(金)
海外 (アメリカ):公開開始日:2019/11/08
公式サイト
1. 映画『ミッドウェイ』公式サイト|9.11(金)全国公開
2. ミッドウェイ : 作品情報 - 映画.com
3. ミッドウェイ - 作品 - Yahoo!映画
4. ミッドウェイ (2019年の映画) - Wikipedia
13911
最近の閲覧数
3738514331290
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2020/09/19 / 最終変更者:634 / 提案者:OYJAR40 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2020/09/16 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:222(67%) 普通:60(18%) 悪い:51(15%)] / プロバイダ: 980 ホスト:1025 ブラウザ: 8898
最初の方で描かれる真珠湾攻撃。このシーンの迫力は素晴らしいし、血を流す米軍将兵の痛みも感じられる良いシーンだと思います。

ローランド・エメリッヒはドイツ系の監督で、パンフレットを含めたあちこちのインタビューでドイツ人だからこその第三者的視点でミッドウェイで起きたことを公平に描くことを心掛けた、とのことを語っていますが・・・

確かに「パールハーバー」よりはあからさまに日本軍が民間人や施設に機銃掃射や爆撃を加えているシーンは抑え目だし、それなりに日本側も描いてはいるけれど・・・(注・民間人や施設を狙った狙わなかったの話は水掛け論になるのでするつもりはありません。念のため。)

・米軍側の将兵は空爆で散々な目に遭い、傷ついたシーンが多々描かれていて、悲惨さをいやが上にも煽るけれど、日本側が叩かれる時は遠巻きに爆発が描かれていることがほとんどなので、迫力のあるゲーム画面を見せられているかのよう。

・中国資本がクレジットされていたので危惧していたけれど、中国本土での日本機が民間人(?)を機銃掃射するシーン。ドゥーリトル(作中字幕。ドーリットルの方が通りが良いか?)の絡みで出てくるシーンではあるが、実際に起きたことだといっても、東京初爆撃シーンも含めて今回の映画の中で必要なシーンとは思えない。
そもそもドゥーリトルの東京爆撃はミッドウェイに山本五十六がこだわった遠因とも言われているので、取り上げることそのものには問題はないけれど、あまりそのあたりの事情を作品内で説明出来ていないため、唐突に見えるし、事情を知らなければこのシーンの意味そのものがよくわからないですね。
それならばなんでその分の尺を人物描写に割かない?・・・って、エメリッヒってそういう監督か(苦笑)。巨匠と言われていてもこの人はイーストウッドにはなれないよね。

・たくさんの登場人物を出し過ぎてさらっと撫でているだけのような薄味演出。
ストーリーもミッドウェイという太平洋戦争の転換点を描いている割に、戦局の機微が描けていない感じなので、終始のっぺりしたように感じる。戦史ものよろしく事実だけを述べる、という手法を狙ったにしても起伏が無さ過ぎる。本来ミッドウェイがクライマックスのはずが、むしろ序盤の真珠湾攻撃の方が劇的に描かれている感すらある。

・戦闘機、爆撃機の区別があまりつけられていない。ドーントレスがゼロ二機にケツにつかれて逃げ切るだけでなくガンガン撃ち落とす、とか。タイミング悪く、ということはあったろうが、いくら爆撃機として名機だとはいえ、ヘンテコ感が増す。まだこの頃は零戦乗りの技量も高かったはずですしね。

・日本人の将校は山本、南雲、山口以外空気。山口役の浅野忠信、セリフを噛んだりしているし、あんまりこの役は上手くない印象。日本人俳優はたぶんこの三役・・・豊川悦司、國村隼、浅野忠信以外は日系人俳優だと思われるのですが、発音などヘンテコ。日本人登場シーンを日本語で、という配慮は良いけれど、これはこれで引っかかってしまう。

ぶっちゃけ私は、おバカ映画であっても主観側に立ってエンターテインメントとして見れば見られないこともない(嫌いだけど)「パールハーバー」の方が映画としては楽しめるような気がしてしまいました。

この評価板に投稿する




1. "『邦画〜公開作品〜』史Ⅵ" by 陣兵
... バトル・ロワイアルシリーズ」 「花とアリス」 「花のあすか組!」 「HANA-BI」 「花嫁吸血鬼」 「花より男子F」 「パプリカ」 「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」 「パラサイト・イヴ」 「春との旅」 「薔薇の葬列」 「春の雪」 「ハワイ・マレー沖海戦」 「ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋 ...
記事日時:2011/06/30

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ