[海外映画]マックス・スティール


Max Steel
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数3,959位5,012作品中総合点-1 / 偏差値46.84
2016年海外映画総合点115位153作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定0.00(普通)2
映像0.00(普通)2
音楽0.00(普通)2
声優・俳優0.00(普通)2
ストーリー-0.50(普通)2
熱血50%1人/2人中
ロマンチックな気分50%1人/2人中
友情50%1人/2人中
びっくり50%1人/2人中
楽しい50%1人/2人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

幼い頃に父親を事故で亡くした街に帰ってきたマックスは、体から不思議なエネルギーが放出されるようになり、その力が次第に強まっていく。そんな折、マックスの前にミステリアスな地球外生命体スティールが現れ、マックスとスティールが一体化して、スーパーパワーを自在に制御する超人マックス・スティールが誕生する。
2016年米製作
[スタッフ]
配給:日活
監督:スチュワート・ヘンドラー
日本 公開開始日:2016/12/03(土)
海外 (アメリカ):公開開始日:2016
プロモーションビデオ (1個)
映画『マックス・スティール』予告篇映画『マックス・スティール』予告篇
1,76644
最近の閲覧数
2010101110
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2019/06/10 / 最終変更者:634 / その他更新者: 霧の童話 / 提案者:怪盗乱馬 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/09/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2893(60%) 普通:819(17%) 悪い:1140(23%)] / プロバイダ: 5395 ホスト:5542 ブラウザ: 8286
これは、ヒーロー誕生までを描いた前日譚だ。
これは、この作品を視聴して最初に分かったことです。

話は、母と共に各地を転々として故郷に戻ったマックスが通学途中、ソフィアに出会う所から始まります。

実際に目を通すと、、ヒーロー誕生までを描いた外伝、前夜もの性格が色濃く出ており、マックスの手から出る波紋、
マックスの体内に眠る不思議な力、マックスの前に現れたスティール、父の死の謎等、作中で張った伏線をきれいに回収、
マックスと父に隠された謎、マイルズの素顔を軸に世界観もしっかり構築されています。

しかし、作品そのものが、外伝の様な話で、メッセージ性が弱い。

その為、評価は「普通」寄りの「良い」です。

2019/04/20 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3416(33%) 普通:3576(35%) 悪い:3332(32%)] / プロバイダ: 6908 ホスト:6505 ブラウザ: 8323
最近あまりCMやんない印象あるけど、あのマテル社のフィギュアを実写映画化したものだったんですね。しかし・・・・・・・・・・

主人公・マックスの親父は会社の事故で死んだ・・・・・・・という事になっていましたが、その時点ですぐ真相がどうなったのかがほぼ読めてしまいましたね。彼は高校生で、これまで転校を繰り返してきたらしく、今度の学校で実家が修理工場であるソフィアに出会ったけど、彼女のキャラも弱かったです。親父の死の真相を探ろうとしていた時に相棒格のスティールと出会ったのですが、学校の授業中ぐらい黙ってろよと。(苦笑)根は悪い奴ではないながらもどうも空気を読むのは苦手だった様ですね。

あの竜巻の様なウルトラリンクはそこそこ迫力ありましたが、案の定マイルズという男がマックスの親父を死に追いやった張本人で、マックスの親父が実は異星人だった事共々意外性も何もあったもんじゃなかったですね。まあそういうのも求める様なお話とも違っていたのでしょうが、いずれにせよ、中途半端に力を欲していた3流以下の人物で、マックスのエネルギーを吸収しすぎて死んだ最期はらしいと言えなくもなかったですが、悪役として物足りなかったです。

マックスと両親との家族愛もややくどくてクサい演出も見られたし、何だかアイアンマンとかのアメコミヒーローを数段スケールダウンした様な映画でした。題材自体は悪くなかったのに、どのポイントもことごとく中途半端で。まあ評価は「悪い」が妥当と言った所ですね。

2018/02/08 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:760(51%) 普通:416(28%) 悪い:314(21%)] / プロバイダ: 18943 ホスト:18878 ブラウザ: 5171
バービー人形などで世界的シェアを誇る玩具メーカー・マテル社のアクション・フィギュアを実写映像化した変身ヒーロー映画ですが、そのテのジャンルが大好物な自分も実際にレンタル店でDVDジャケットを目の当たりにするまで、存在すら知らなかったのが正直なところです。
とは言え、少々ガチムチ気味の体型こそ気に成ったものの全体的なデザインセンスの良さに惹かれた事も手伝い、「物は試し」と鑑賞するに至りました。

幼少時に父と死別し各地を点々とする生活を送り続けていた主人公と其の母が、父の研究仲間からの要請に応じて故郷の我が家へと帰ってきたのを契機に、主人公の肉体から膨大なタキオン・エネルギーが迸る怪現象が起こり、更には主人公の周辺にも日常を脅かす不穏な影がチラつき始める…てな基本プロットに、父の死の真相と彼の「正体」に纏わるミステリー性や、ガールフレンドとの擦れ違い気味な交流が象徴するティーン向けのロマンス要素なども絡めつつ、新ヒーローの誕生譚が紡がれる運びと成ります。

本作の独自性を際立たせている最大の要因は、宇宙人と一体化して協調し合う事で「ヒーロー」としての能力を発揮出来るという『ウルトラマン』的(若しくは『超人バロム・1』、メリケンさん的には『ヒドゥン』に喩えた方が適切かしら ? )な設定を擁する変身プロセスでしょうね。
おまけに、「相棒」を務めるスティールなる宇宙人には「空気を読まずに喋り捲る」「無駄に好奇心旺盛」「戦術指南役を自称する割にはアテに成らない」というコメディリリーフ的なキャラ付けが施されているので、藤子不二雄作品のマスコットキャラを彷彿とさせるファニーな外見も相俟って、「凸凹コンビが無敵のヒーローに変身する」という図式は中々に面白味を感じました。

尤も、スティールが登場するまでの序盤30分は思いのほか平板な展開が続く事に加え、主人公母子 & 研究仲間の会食場面に逐一スティールの脱走シーンをカットバックで挿入する演出の煩わしさも祟って、ぶっちゃけ退屈感が拭えませんでしたね。
スティールと行動を共にするように成ってからも、「記憶喪失」を患って肝心な事柄が思い出せぬスティールの抜け作振りや、何度もヒロインに「事情説明するから」と前置きしつつも結局話さずじまいな主人公のヘタレ振りが、いい具合に観客の苛立ちを募らせてくれます。

然しながら本作最大の不満は最終決戦以外、「マックス・スティール」としての活躍をキッチリ描かぬ過度の「勿体付け振り」に有るでしょうね。いや、何度か変身するシーンこそ用意されてはいるものの、「敵の攻撃を喰らった衝撃」「エネルギー消費の高い攻撃を行なった影響」などで直ぐに変身解除しちゃう程の虚弱体質なンですわ、此のマックス・スティールって子は。
黒幕との最終決戦も、幾ら「ガチの戦闘は初体験」というハンデを背負っているにせよ終始圧されっ放しな不甲斐無さばかりが目立ち、スティールの戦術指南も悉く無効化されるという体たらく。オマケに「援護」へと割って入った救援部隊が、マックスが隠れている間に壊滅させられてしまう「惨状」を見るにつけ、フラストレーションも急上昇するばかりな訳で…一応、「相打ち上等」の自爆作戦に持ち込む事で辛うじて勝利を収めるものの、カタルシスを得るには程遠いバトルだった印象が拭い切れませんね。

終始、主人公の周辺でしか事件が起こらないスケール感の乏しさが響いて、正直「ヒーロー作品」としてはミニマムな印象が否めないものの、単なる「母子」に留まらぬ母親との関連性や「学生」である事を強調したシチュの数々、何よりスティールとの迷コンビ振りなど設定面では惹かれるものが多いので、後々続編が制作されるのならば鑑賞してみたい気はしますけどね。本作単体の評価は「悪い」寄りの「普通」が妥当かと。

2017/12/04 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1398(50%) 普通:0(0%) 悪い:1414(50%)] / プロバイダ: 13373 ホスト:13260 ブラウザ: 4721
アメリカの人気フィギュアをモチーフにしたSFアクション。
一言で言うならアメリカの超大作のヒーロー作品を安上がりで作った作品って感じだろうか。
だから映像面はそれなりに良く出来ていてB級作品のような、下手なCGとかってのはないんだけどただやはりあまり金は使えないってところでストーリーはこじんまりとしてるしめちゃくちゃ派手なアクションがある訳ではないし、せっかくのスーツ姿に変身するところもほんの僅かしかなかった。
そして何より最後のボスとの戦いもあっさり倒してしまうので、盛り上がりというのもなかった。

個人的にはめちゃくちゃ悪いという印象はなかったんだけど、設定がやや分かり辛いというかおかしな部分が見られたので悪い評価となった。
敵の部下だった奴等がなぜかいきなり味方に付いたり、主人公の父親がエイリアンだったというのは分かったんだけど、その主人公の父親とロボット(スティール)の関係性とか敵(ウルトラリンク)との関係性とか、なぜ地球に来たのかとかそこら辺の設定は謎のままだった。

大作並みのスケールを期待するとショボさを感じるけど、どうせ安っぽい作品だろうなと思って観ると観れない事はない作品。

この評価板に投稿する



2019/04/20 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 6908 ホスト:6505 ブラウザ: 8323 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー悪い(-1 pnt)
キャラ・設定悪い(-1 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽悪い(-1 pnt)

もっと見る

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ