[海外映画]マッドマックス 怒りのデス・ロード


R15+(15才以上対象表現有)

まっどまっくす いかりのですろーど / MAD MAX: FURY ROAD
  • 可笑しく笑える
  • 熱血
  • 楽しい
  • 格好良い
  • 面白い
  • 友情
  • びっくり
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数83位5,177作品中総合点40 / 偏差値79.70
海外映画平均点99位617作品中平均点1.67=とても良い/24評価
2015年海外映画総合点1位157作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像1.86(とても良い)7
声優・俳優1.57(とても良い)7
キャラ・設定1.29(良い)7
音楽1.00(良い)7
ストーリー0.00(普通)7
可笑しく笑える71%5人/7人中
熱血57%4人/7人中
楽しい57%4人/7人中
格好良い57%4人/7人中
面白い57%4人/7人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

資源が枯渇し、法も秩序も崩壊した世界。
愛する者を奪われ、生きる望みさえ失い、荒野をさまよう主人公「マックス」。
彼はある日、砂漠を支配する凶悪な敵、ジョーの一団に捕らえ、瀕死の重傷を負う。
そこに現れたジョーの配下の女リーダー・フュリオサ、謎の全身白塗りの男、そして新たな第3の勢力…
マックスは彼らと力を合わせ、殺戮の王ジョーの一味と立ち向う決意をする!!
2012年米製作
【スタッフ】
監督:ジョージ・ミラー
製作:ダグ・ミッチェルジョージ・ミラーP・J・ボーテン
日本 公開開始日:2015/06/20(土)
海外 (オーストラリア):公開開始日:2015/05/15
公式サイト
1. <ブラック&クローム>エディション 2017.2.8 ブルーレ
Twitter公式
1. Mad Max Movie (@MadMaxMovie) on Twitter
エンディング動画 (1個)
Out of ControlOut of Control
歌:MAN WITH A MISSION×ゼブラヘッド [ファン登録]
[もっと見る]
4,5202424
最近の閲覧数
11121126144532600
1人の方がこの作品が海外映画として最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2019/01/15 / 最終変更者:オルタフォース / その他更新者: 634 / 提案者:moon-moon (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/01/16 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:507(54%) 普通:198(21%) 悪い:242(26%)] / プロバイダ: 12621 ホスト:12474 ブラウザ: 5173
30年の時を超え、マッドマックスは復活する。

このシリーズの魅力と言えば、大迫力のカーチェイスシーン。
実車をふんだんに使い砂漠の中撮影した豪快極まる映像が、最初から最後まで見れるという贅沢さ。
アクションも爆破も半端なく、息つく間もない興奮の連続が我々を待っている。
ドラムを主軸とした聴く者の心を奮い立たせるサウンドもまた迫力。アクションシーンの合間にロングショットを挟むため、長くとも見ていて疲れない。
これが現在の最新技術を駆使して描かれるため、暴力的にして芸術的ですらあるほどだ。

登場人物のセリフは少なめで、ストーリーの進行も単純明快。でも、最低限のセリフで世界観を伝える技術はある。
まず感覚で物事を見る私にはもってこいかな。
フュリオサ姐さんはこの映画の真の主役。けれど、最終的に静かに去るマックスもかっこいい。
どのキャラもこの世界で生きている丁寧な描写があるから好感が持てる。

【総合評価】
熱量特上マシマシで贈る、徹底してMADな世界。
一切の迷いも淀みもなく留まることを知らない衝撃は、数々の賞を総なめにできるのも納得。

V8!V8!V8!

2019/01/16 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2164(50%) 普通:1088(25%) 悪い:1088(25%)] / プロバイダ: 49093 ホスト:49178 ブラウザ: 5173
【良い点】
世紀末感を醸し出す数々のギミック。
搾乳対象の(ボスの独占対象となる美形を除く)女達やフュリオサの義手、捉われたマックスの『輸血袋』扱い等々。
ジョーが水という飴をちらつかせたり宗教的なマインドコントロールで支配力を強固にしている辺りも
死がより身近にある刹那的な世界観を思わせてくれます。

【悪い点】
マックス自身のバックボーンは断片的に語られたのみ。続編想定?

ジョーがラスボスにしては、あっけない。

【総合評価】
21世紀にリメイクされた「マッドマックス」。バイオレンスというシチュエーションありきで
ストーリーはあって無いいようなものだった旧作より一本芯が通っています。

序盤は世界観を示す導入で映像技術こそ向上していますが旧作とそれ程の差は感じない。
しかし逃避行が始まった辺りから俄然、盛り上がってきます。
マックスとフュリオサ達は互いの事情も知らず警戒しあっていますが呉越同舟的な状況の中で
ジョーの支配に隷属した状況から脱して自らの意思で生きる事を選択した者同士のシンパジーを感じていく。
この事をアクション映画なら、あって然るべき台詞の応酬などは殆ど無く仕草で表現していくのが凄くカッコイイ。
女達の中に妊婦がいてバイクで襲ってくる追撃部隊への発砲や転倒シーンなど往年の名作「駅馬車」へのオマージュ?

女性キャラでも死ぬ時には死ぬ辺りが本当にハードで、だからこそ終盤の激闘の中でマックスの表情に
「死んでたまるか!」という強い遺志がみなぎっているくる様に(序盤の奴隷状態もタメとなり)燃える。
トム・ハーディの熱演が光りました。

評価は「とても良い」で。

2019/01/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6657(87%) 普通:560(7%) 悪い:407(5%)] / プロバイダ: 10998 ホスト:11044 ブラウザ: 10317
「マッドマックス」シリーズの第四作目でしたが、前作であるサンダードームから30年ぐらいのブランクが空いて続編が作られたところをみると、いかに根強い人気があったかがうかがえようといったところでしたね。

核戦争により環境が汚染されて物資が枯渇し、荒廃した大地が広がる近未来を舞台に愛する者たちを守れなかったトラウマから孤独を選び、本能のままに生き長らえていたマックスがイモータル・ジョーらに捕らえられるところからストーリーが始まります。このイモータル・ジョーというのが凄まじい支配者で、物資を独占するだけではなく、自分を崇める宗教や文化まで作り上げてしまったりと、まさに独裁者に留まらず、従っている者からすればイモータル・ジョーこそが神で絶対的存在だという感じでもはや狂気すら感じられるものがありましたね。

そんなときに、ジョーの右腕であった女戦士で大隊長のフュリオサが裏切り、五人の妻を連れて逃走。囚われていたマックスもジョー指揮の下、追撃部隊に加えられていて、いわば巻き込まれる形でカーチェイスが繰り広げられるわけだけれども、これがまたど迫力の見応えのあるクオリティーのあるもののオンパレードで、出来れば劇場の大音量のスクリーンで観たかったなあと思えるほど。

途中からマックスとフュリオサが交渉の末に共闘してジョーとの逃走劇からの対決が描かれるわけですが、ストーリーとしてはそこから圧制をしいていたジョーを倒すという勧善懲悪に近い分かりやすい内容となっていたかな。マックスとフュリオサもさることながら個人的にはニュークスの活躍ぶりが目覚ましいものがあり、半ば食ってしまうほど、良い味を出しておりましたね。

評価になりますが、とても良いよりの「良い」とさせていただきます。

2018/08/08 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:831(66%) 普通:171(14%) 悪い:250(20%)] / プロバイダ: 11836 ホスト:11697 ブラウザ: 9301
【良い点】
映画史に残ると言っても過言ではない、常軌を逸したカーアクション。砂嵐のシーンはあまりの迫力ゆえに、もはや芸術性すら感じた

【悪い点】
マックスの吹き替えが残念過ぎる。せめてDVDでは差し替えるべきだった。だってこんな醜態が一生残るんだよ?

【総合評価】
最高にクレイジーな映画。当時、映画館で観られなかったのが悔しくてたまらない。

2017/08/03 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2715(60%) 普通:758(17%) 悪い:1057(23%)] / プロバイダ: 5395 ホスト:5542 ブラウザ: 5171
メル・ギブソン以外の俳優にマックス役は荷が重い。
これは、この作品を視聴して先ず実感した事です。

話は、グレイの様な白い肌をした兵隊にマックスが拘束されて焼き印を押されようとした時に抵抗して脱走を試みて失敗した後、
本編に入り、ジョーが放水する水に群がるみすぼらしい群衆、「輸血袋」と言われて血を抜かれるマックス等、
ジョーの下で人間が家畜同然の扱いを受ける地獄絵図、ガスタウンに行くと見せかけてフュリオサがジョーに幽閉される
5人の女を連れて故郷へ逃亡を図ると言う具合に進行します。

先ず、フュリオサが駆るトレーラーに襲い掛かる車やバイクの群れ、火炎放射器付のギターをかき鳴らす兵隊、
正面にマックスを張り付けたまま暴走する車、トレーラーを高速で走らせながらエンジンの修理や敵の迎撃を行うマックス達、
釣竿の様にしなる棒の先からトレーラーにとりつく兵隊、車から車へ飛び移り幹部の車を分捕るマックス等、
披露されたアクションは危険度が高く、既存の世界観を煮詰めたド派手な画もメル・ギブソン時代に勝るとも劣らない出来栄え。

救えなかった数々の生命の声に苦しむ、インターセプターが早い段階でお釈迦になる、輸血袋にされる等、
作中のマックスは、シャバい所を目立たせており、そこから何人もの生命を救えなかった過去と向き合い、呪いから解放され、
フュリオサが長になった所を見届けて静かに去ると言う具合にメル・ギブソンのマックスとは一線を画した
良い意味でも悪い意味でも今風なマックスです。
しかし、この話ではフュリオサが主役同然な上、俳優の差が出てしまってマックスの影が薄い。

その為、評価は「良い」止まりです。

2016/12/28 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:752(75%) 普通:143(14%) 悪い:110(11%)] / プロバイダ: 11433 ホスト:11538 ブラウザ: 8385
今、大真面目に「2」、「サンダードーム」を作るとこうなる。と言うか悪ノリしてて凄いことになってる。
人類滅亡後の荒廃した世界を舞台にした作品は60〜70年代にはごろごろしていた。とにかく
お金がかからないからだったのだが、お金はちゃんと「かけずに」見られる作品が出来るというのを
実証したのが「マッドマックス」だったと思う。ところが本作もうそんなプライドをかなぐり捨ててヒャッハー
な絵ずらが連発。とにかく「頭の悪い」トゲだらけの車が土煙り上げながらバリバリ走って人が跳ね飛
ばされ轢かれまくる(特にここにCGの恩恵が注がれまくり)。外人ってV8にそんな思い入れがあるん
だろうか?、ってかあんなに簡単に輸血しちゃいかんでしょ(笑)。トゲトゲ車もトゲや羽が「ぷるぷる」
してなくって実はしっかり出来てるのが分かる。とにかく全編走って撃ってひき殺して、な作品。
さて、では次に期待したくなるのだ。「マッドマックス」は「1」と「それ以後」で全く違う作品だと言って
よく、本作も「それ以後」に含まれる。一作目は「荒廃しているけど手が届きそうな未来、身近な
『悪』である暴走族とその狂気・暴力、打ち砕かれる小さな幸せ」そして「バイクと車のパワー・スピード
感」 ! が圧巻な作品だったのだ。ストーリー的には別の作品だから致し方ないが、ビジュアルな
「車・バイク描写」については本作は一作目を超えられていない(リアルかどうか、じゃなくてね)。
今の技術で一作目「マッドマックス」の後継者を見てみたい。
余談:トゲ車の中にダッツンがいてびっくり。外人ってホント初代Z好きだよな。

2016/10/22 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2159(58%) 普通:744(20%) 悪い:833(22%)] / プロバイダ: 24962 ホスト:24925 ブラウザ: 9081
今作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』はとにかくレースとアクションの色が強い一作でした。
一作目は昔配信されていたのを見て途中で用事で飽きたっきり続きを見てない…って状況なんですけど、まあ今作は別にそれまでを見てなくても見られるって事で怖い物見たさ込で借りたらなんかドエラいアクション作品でしたわ。

中盤で多少アクションが途絶えた以外は、ほぼ全編通して戦いまくりです。
戦いって言うよりは、車に乗ってチェイスしまくるわ、エンジントラブルなんかが多発しまくるわっていう単なる「画面の迫力」と「トラブルの連続」ですよね。でもやっぱりああして画面やストーリーが激しく動きまくるのでやっぱり「アクション」って感じです。
敵キャラのトンデモないメイクの数々とかヒャッハーぶりもそうですけど、画面そのものが暴力みたいな狂った世界観をひたすら見せ続けるのが今作のすばらしさでしたわ。
日本では多分『マッドマックス』を元ネタにした『北斗の拳』の方が有名になりすぎて、こちらを見てもヒャッハーに馴染み過ぎたゆえのインパクトの薄さみたいなのはあったんですけど、見ていくうちに「エレキギターを弾いてるだけの喋らないけど目立つヒャッハー」や「棒にぶら下がって別の車両に乗り込むヒャッハー」みたいな『北斗』と比べものにならん奇抜なアイディアがいっぱい出てきてそれだけでひたすら笑えちゃいましたわ。

誰が死ぬやら、誰が仲間になるやらっていう事すらもよくわからない手前、「誰が裏切るのか」とか勝手に考えてしまうくらいにはストーリーも息も尽かさぬ感じで、レースの都合上一瞬のミスが命を左右していくのもなかなかでした。
基本的にはドラマらしいものはないというか、マックスの過去にしろ何にしろもはや「世界観の一部」として扱って全く説明せず、きっちり描いて掘り下げる事も解決する事もないのに、ちゃんと引っ張り方をわきまえてるのが今作なんですよね。

というわけで、評価は「とても良い」です。
公開当時話題性も高かったせいで、既に結構な数の論客さんが語ってしまったうえ、理論で語るのがむずい話なのもあって、わざわざ論じるのも難しいですね(笑)

2016/08/27 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:722(51%) 普通:387(27%) 悪い:302(21%)] / プロバイダ: 2064 ホスト:2317 ブラウザ: 5171
今や、「世紀末を舞台にしたバイオレンス・アクション」のベーシック的存在と成った感が有る『マッドマックス』を、産みの親であるジョージ・ミラー監督自らが再構築し「救世主伝説」のリブートを試みた、ファン待望のシリーズ最新作――だった筈なんですけどねえ…。
顔面に口枷を付けられた(ぶっちゃけカッコ悪い)主人公・マックス以上に、凛々しい表情で此方を見据えるフュリオサ大隊長を強調したメニュー欄のビジュアルが、本作に於ける両者のパワーバランスを端的に象徴してたかも(苦笑)。

正直、序盤は然ほど面白味を感じなかったんですよね。マックス役がメル・ギブソンからトム・バーディに代わり、敵のメンツに山海塾( ? )やらフリークスやらが追加されただけで、基本的に遣ってる事は『マッドマックス2』と殆ど一緒で新鮮味に乏しい上に、主人公たるマックスが開始5分ほどで愛車V8インターセプターを破壊された挙句、「輸血袋」としてハンニバル・レクターよろしく拘束具を嵌められて以降、ぞんざいな扱いを受けっ放しで観ていてフラストレーションが溜まるのなんの。特にニュークス・カーの先端へ船首像の如く括り付けられたマックスの情けなさといったら、もうね…序盤に関してはニュークスのハジケっぷりと、キ○ガイ度を増した改造車軍団のお陰で持ってたような印象が強かったです。

自由を取り戻したマックス(それでも、ヤスリで口枷をシコシコ削る画ヅラは冴えないけどw)が成り行きでフュリオサ達と行動を共にし、イモータン・ジョーの助っ人に人喰い男爵 & 武器将軍といったド変態が加わる中盤以降、ようやく映画自体のギアがトップに移行し始めますが、この頃に成るとフュリオサの女戦士然とした凛々しさやワイブス達の逆境にめげない逞しさばかりが目立って、中々マックスに見せ場が廻ってこないんですよね。本来なら、マックスの実力を見せ付けるのに絶好のシチュだった武器将軍との対決を「戦利品押収」という形で割愛している点に、彼の立ち位置が象徴されていたと言えるでしょう。本作のマックスは「救世主」ではなく、裏方に徹する「協力者」に過ぎないと。
その観点からすれば、一見不遇に映るマックスもサポート役としての「美味しさ」を随所で発揮してはいるんですよね。彼のフォローが無ければ凌ぎ切れなかった窮地も多々見受けられる訳だし。ただ、(緑の土地で出会う「鉄馬の女達」も含め)今回はあまりにも女性陣の方がエネルギッシュに描かれ過ぎていた為、相対的にマックスが精彩を欠いてるように思えちゃうだけで…まあ、ガキ共のバイタリティの強さに圧されっ放しだった『サンダードーム』時代のマックスを彷彿とさせるシチュが、チラホラ見受けられた事も何気に影響してるでしょうねw

反面、常に他者との距離を置く事が信条であった筈のマックスが、フュリオサの身の上話へ興味を抱くシーンに軽い違和感を感じたのだけれど、再鑑賞している内に「バーディ版マックスはコレでいいンじゃね ? 」と思えるように成りましたね。リブート作品の性質上、キャストが異なれば解釈の仕方に差が生じるのは当然だし、基本設定そのものは順守されているので「ギブソン版では表出させなかったマックスの一面」として捉える事も可能じゃないかと。まあ「フュリオサの境遇に自分と近しいものを感じた」という無難な線が濃厚なんでしょうけど。

世紀末版『チキチキマシン猛レース』といった趣の画ヅラの楽しさ(どいつもこいつも「ベース車は前世紀のクラシックカー」とは思えぬ程の豪快な走りを見せてくれるのが最高)や、斬新さ & インパクト優先で採用したとしか思えない「棒飛び部隊」のバカ丸出しな発想、デジタルとアナログ双方を巧みに使い分けるアクション描写の充実振り…と、ビジュアル面でも見応えの有るシーンが続出して概ね満足でしたね。
ドラマ性の希薄さや、「主役」の座をフュリオサに譲り脇に徹するマックスなど幾つか気に成る点も見受けられるものの、「エンターテインメント作品」として水準以上に楽しませてくれた事を考慮して評価は「良い」寄りの「とても良い」と相成りました。

…スプレンディド事故死の遠因って、ぶっちゃけマックスの所為だよね ? ワイブスの中じゃ一番の美人サンだったのに…orz

2016/06/01 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1345(49%) 普通:0(0%) 悪い:1376(51%)] / プロバイダ: 23003 ホスト:23078 ブラウザ: 4721
評判が高くてスゴい映像、スゴい映像ってみんなが言うからどんなスゴい映像を見せてくれるんだろうとワクワクしながら観たんだけど正直自分からしたら大したことなかった。

もっと他の作品にはないような映像技術だったり、独特なカメラワークとか演出とか見せてくれるのかな〜と思ったんだけど、はっきり言って他のハリウッド作品と見分けが付かないというか大差はない。

これをスゴいと言ってる人はあまり映画を観た事がない人なのかな?と思ってしまった。
これよりスゴい映像を見せてくれる作品なんて山ほどあるし、タイトルは忘れてしまったけどこれと似たような荒野が舞台の作品でこれより遥かに引き込まれる映像、鳥肌が立った映像を見せてくれた作品を観た記憶もある。

評判が高くて期待値を上げすぎてガックリしたからとても悪いになってしまったというのも間違いなくあるんだけど、何の前評判を入れずに観たとしても特別凄いと思わなかったと思うし、印象に残るシーンとかというのもなかった。

ハチャメチャさや良い意味での悪ふざけ感とかも期待したんだけど、そんなものもなくなんてことはないふつーの作品だった。

金もかけてないマイナー作品で良い味出してる作品ってのも山ほど観てきたし、そういうのに比べたらインパクトも全然足りない。

個人的にあまり印象に残らなかったり凄いと思わなかった要因は何なのかと考えた時、一つはやっぱり荒野が舞台というところなのかなと思った。
なにもない荒野で暴れ回っても迫力とか盛り上がりとかどんなに頑張ってもそれほど出て来ないし、それだったら街中とか人混みで暴れ回った方が断然ワクワク感があってパニックシーンとか映せば緊張感も出てくるから引き込まれる。

映像の手の込みようも断然街中の方が難しいだろうと思うし、荒野だと何もないからずっと平行線の映像が続いてるような感じで、段々飽きてくる。

あとカメラワークとかも凝って作ろうとしてるのは分かるけど、なにやってるのか分かり辛いところも多々あってそれも入り込み辛かった要因の一つだった。

当然映像重視の作品だからストーリーや内容なんてものはあってないようなもので、ずっと追い掛けられるだけの話でしかないから薄っぺらいし、カンフー映画よりストーリー性はない。

その映像もイマイチに感じてしまったから、本当に何も残らない作品だったな〜っていう印象だった。

2016/04/06 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:326(56%) 普通:75(13%) 悪い:181(31%)] / プロバイダ: 6374 ホスト:6381 ブラウザ: 7459
Mayer製ラインアレイスピーカー導入の映画館で5.1チャンネルの音声で見ました。
吹き替え版の2.1チャンネルや家庭での視聴ではありません。

基本的に、ナンセンスコメディアクションだと思います。
この作品をどこでどういう環境で見るかによって評価は全く分かれると思います。
理由は、この作品はストーリーに【起承転結】がほとんどないことが挙げられます。
一応理由と結果はあるのですが、あまり問題視していません。
この作品を見るのであれば、私が見た環境で見ることをオススメします。
ストーリーに展開がなく、単にカーアクションと乱闘だけに終始し、見どころはそれだけです。
5.1チャンネル、ラインアレイスピーカーでの視聴のため、音声は大迫力で、シートや洋服が震えます。
その環境にあってこその作品でした。
もし、JBLでの視聴や、2.1チャンネルでの視聴をするのであればオススメできません。
家庭での視聴はもってのほかです。
家にシアターがあるなら別ですが...。

●この作品は映画を見るというよりも、音響を聞きに行くついでに映像がある、いわゆる【ライブハウス】に行ったつもりにならないと、評価は最悪です。
私はそのつもりで行ったので、評価は【良い】とします。

ちなみに、【ワー、ギャー、ウォー】などばかりで、会話はほとんどないため、吹き替えで見る必要はありません。
会員のため、1000円だったので、元は取れたと思います。
非会員の1800円では価値がないかもしれません。

★太鼓やギターの意味がわかりませんでした。★

2016/03/21 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:55(83%) 普通:5(8%) 悪い:6(9%)] / プロバイダ: 50509 ホスト:50641 ブラウザ: 10172
いやー素晴らしかったと思います。
これぞアクション映画の傑作といえるでしょう。

最初から最後までスリル満点の展開はまさに圧巻。
ストーリーは無いに等しいです。
しかし、純粋にアクションを楽しむという意味では、最高クラスだと思います。

2016/03/04 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(30%) 普通:1(10%) 悪い:6(60%)] / プロバイダ: 1578 ホスト:1624 ブラウザ: 5185
【良い点】
・全て

【悪い点】
・グローリー・ザ・チャイルドなど、前日譚コミック作品のキャラがフラッシュで登場するところ
(要は本作品とは直接関係のないキャラが出て、そのことに対する説明がない。気にならないといえば気にならないけど……)

【総合評価】
あまりにも飛び抜けた作品に対しては、かえって賛美する言葉さえ陳腐に思える。
マックスがフュリオサに輸血するところなど、血液型は大丈夫なの?
とか、心配して後で調べたら、O型の血液はA、B、ABにも輸血出来るそうな。(厳密にはもっと精密検査は必要だが)
設定の突っ込みなど入れたくなる向きもあろうが、心配なら色々と調べてみたらいい。意外なほどよく考えられている。さすが、ジョージ・ミラーは、元ERの医者である。ぶっ飛んでいるようで、実はすごく地に足の着いた作品なのだ。個人的には少しだけ詳しい銃の扱い一つとってもすごくよく出来ていることが伝わってきた。半端な軍事物でこれより劣るものは多いと思う。銃は常に手元に置いておくべきものだ。それが、よく描けている。

本作に限らず、この監督実はめちゃくちゃすごい。

自主製作映画として撮ったメルギブソン主演の『マッドマックス』の記念すべき一作目は、『ブレアウィッチプロジェクト』に抜かれるまで、製作費と興行収入の差が最も大きい映画NO.1だったのだ。
しかも、『マッドマックス』シリーズは現在に至っても人気カルト映画として、旧シリーズも含めて絶大な人気を誇っている。

だからといって、バイオレンスアクションだけの監督ではない。
ディザスターパニック物や、魔女が出てくるファンタジー風味のものから、動物が出てくるファミリームービー、難病と闘ったノンフィクションの感動物などジャンルを問わずなんでも撮る。
それでその全てが面白いのだからとんでもない監督なのだ。(一部B級感はあるが、それもまた良い)

第88回アカデミー賞では、最多6部門を受賞したものの、(ノミネートはされていたが)一番重要な作品賞と監督賞が取れなかったのが不思議でならない。結果からすると、一介のアクション映画がこれだけの成績を残したのだから上出来ではないかということかもしれないが、アート的な面でも十分抜きんでた傑作であったのに何でなんだろう? アカデミー賞自体の存在意義が問われるような結果にも思える。

映画はアクション。画で語るものだということを圧倒的なスケールと展開で見せつけた本作は、アクションのみならず映画の歴史において傑作と呼ばれるようなものだと思う。
個人的には、『スターウォーズ』シリーズなんか目じゃないぜ!って言わせていただきたい。
『マッドマックス』は、オールタイムベストであり、今後も最も注目したいシリーズだ。
(ジョージ・ミラーは御年70を超えている。『マッドマックス』新三部作の一作目にあたる本作。死ぬまでに後の二作をなんとしても完成していただきたい。サグラダファミリアのように後の人が引き継ぐということは出来ないだろうし)

[推薦数:1] 2016/02/25 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(50%) 普通:0(0%) 悪い:2(50%)] / プロバイダ: 31984 ホスト:31970 ブラウザ: 4721
【良い点】
生(サヴァイヴ)とは何か?「人間の尊厳」とは?を言葉でなく
怒涛のアクションで描破した怪作!!
CGに頼らない「生身のアクション」の究極系!!

【悪い点】
何故主人公マックスの吹き替えを「DQN系キャラ」にやらせた!?
あの描写「程度」で「R-15」とはこれ如何に!?

【総合評価】
終末系バイオレンスアクション「マッドマックス」の創始者ジョージ・ミラー監督が放つ
「世紀末伝説」の新たな第一章は、核戦争後に資源の枯渇した世界を描きつつも
その本質は「これ「我々」が住んでる社会と何も違わないんじゃないか!?」という事に戦慄を覚え、
そしてそこから見出される「希望」をも浮き彫りにする、

ギターとオーケストレーション&太鼓を組み合わせたハードコアなスコアに乗せて次々と繰り出される
「自殺行為」レベルのデンジャラススタントと大量の爆薬を惜しげもなく使った破壊と混乱のカーチェイス
「全て」を失い、あらゆる絶望を喰らい過ぎて心を閉ざした主人公マックスと
自らの尊厳を徹底的に蹂躙してきた「ジョー軍団」への憤怒に燃えるフュリオサのバディムービーとしても素晴らしく
混沌と狂乱の物語はそのまま阿鼻叫喚のクライマックスへとなだれ込んでいく!!

今まさに「弱者の尊厳」「他者への敬意」という概念が薄まり
社会はおろか、メディアも政府も「人を「システム」の忠実な歯車としてしか見ない狂人」ばかりになってしまった現代だからこそ
この物語はより深く心に突き刺さるはず
やっぱ人間、「サヴァイヴ」するなら「がむしゃら」になってみないとな!
[共感]
2019/01/18 マッドマックスに理解の深いアツいレビュー、拝見させていただきました。こういうのは現代社会への警鐘としても捉えられる、多くの側面を持った作品です。 by オルタフォース

2016/02/12 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:531(62%) 普通:126(15%) 悪い:193(23%)] / プロバイダ: 47101 ホスト:46879 ブラウザ: 5779
いやぁ・・・凄かった。
殆ど絶賛する声しか無かったので「ホントか?」とかなり怪しんでましたけど、今作は絶賛に値する傑作だと思います。

ストーリー自体は「行って帰ってくるだけ」なので至ってシンプル。
字幕だと情報量が格段に減ってしまうので基本的には吹替えで見るんですが、今作は吹替えが良くなさげだったので字幕で(笑) しかし字幕でも内容が完全に掴めてしまうくらいのシンプルさです。
そのシンプルなストーリーであれだけのテンションを保ったまま最後まで突っ走るのでただただ圧巻。
一目見るだけで脳裏に焼き付くような強烈な世界観、キャラも物凄いインパクトですし、この手のアクションムービー作品の中では最高傑作の一つになるんじゃないでしょうか。

2016/02/07 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:103(59%) 普通:19(11%) 悪い:54(31%)] / プロバイダ: 3724 ホスト:3672 ブラウザ: 5213
【良い点】
・アクション全開なところ。これでもかこれでもかと食傷気味なほど大量にアクションが詰め込まれている。
4DXで見ればなお良し。まるでジェットコースターにでも乗っているような感覚になる。
・一応破綻していないストーリー。(というかそもそも大したストーリーではないですけど、変ではないということで)

【悪い点】
・大量のアクションはいいんですが、それだけだとやはり飽きる。
ストーリーがない分、アクションに飽きてしまったら見るのが苦痛になってしまう。

【総合評価】
良くも悪くも評判通り。アクション全開の娯楽映画。
自分はちょっと期待しすぎました。予備知識がなければもっと楽しめてたかも。
あと自分は4DXで見ましたが、やっぱりちょっと高いかなーと思ってしまいましたね。

もっと読む

「【良い点】・さすが「北斗の拳」の元ネタ世界観だけに引きつけるものがある・アクション描写は文句なし。金...」 by 情熱


次のページを読む

この評価板に投稿する



2019/01/16 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 12621 ホスト:12474 ブラウザ: 5173 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/友情/可笑しく笑える/楽しい/面白い/格好良い/美しい/びっくり/勇気貰った 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. 今年(2015年)見に行った映画を順位付け by moon-moon
... まとめとして ちなみに評価投稿時と順番違うこともあるけどまあ時が経てば考えも変わるということで 1.『マッドマックス 怒りデスロード』 - アドレナリンほんと出る。4DXじゃないのに体揺れてた。 2.『スター・ウォーズ/フォース覚醒』 - 見てる間ほんと幸せ。既に6回。もう少しでマッドマックス超える。 3.『スパイ・レジェンド』 - 見る前 ...
記事日時:2015/12/31
2. 祝!「ラブライブ!」5周年(ミューズメンバーメッセージカード) by カイネル・ドゥ・ラファティ
... /2015/06/29/263/ [ラブライブ!]劇場版アニメが観客動員でV3 人気アニメ「ラブライブ!」劇場版アニメ 「ラブライブ! The School Idol Movie」(京極尚彦監督、 13日公開)が27、28日土日2日間観客動員ランキング (興行通信社調べ)で首位に輝いた。 2位マッドマックス 怒りデスロード」 ...
記事日時:2015/06/30

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ