[海外映画]ザ・カンニング IQ=0


ざかんにんぐあいきゅういこーるぜろ / Les Sous Doues
  • 道徳心&モラル
  • びっくり
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数1,040位5,261作品中総合点4 / 偏差値50.75
1980年海外映画総合点11位40作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像0.00(普通)2
声優・俳優0.00(普通)2
音楽-0.50(普通)2
キャラ・設定-1.00(悪い)2
ストーリー-1.00(悪い)2
道徳心&モラル100%2人/2人中
びっくり100%2人/2人中
考えさせられた50%1人/2人中
可笑しく笑える50%1人/2人中
セクシー0%0人/2人中
もっと見る
属性投票する
1980年 フランス
配給:東宝東和
監督・脚本・製作:クロード・ジディ
脚本:ディディエ・カミンカ マイケル・ファーブル
海外 (フランス):公開開始日:1980/04/30
5,10255
最近の閲覧数
1001211011
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2019/10/21 / 最終変更者:634 / その他更新者: 永田 / TCC / myu / 提案者:宝家義頼 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2008/03/12 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2038(50%) 普通:793(19%) 悪い:1257(31%)] / プロバイダ: 10414 ホスト:10728 ブラウザ: 6342
ありましたね、こんなバカ映画(一応は誉め言葉)。
つまらない訳ではないのですが、劣等生達がカンニングをあんな形に・・・という工夫ができるのであれば、「そんなしょーもないアイデアや工夫ができるのであれば、君達実力で受かるんじゃない?」というツッコミを今では入れてしまいそうな具合です。

まあ、劣等生達のアイデア重視で難局を乗り切るというアイデアは悪いとは思いませんが、いかんせん、カンニングというマイナスイメージは大きいし、真面目に試験を受けてきた人には笑うよりも不快感が出そうな内容というイメージがないわけでもないし、コメディという作品ではあるのですが、真面目に映画を楽しみたい人には、ちょっと・・・・・・という感じではあります。実際、赤ちゃんを試験会場に・・・というのにはやりすぎの感もありますし。

フランスが日本以上に学歴重視なのかどうかは知りませんが、やっぱり、日本人の感覚としては、合うものと合わないものとに分かれそうです。後の『Taxi』なんかも、面白いとは思うのですが、日本人の感覚でいえば、「あんな改造はできないし、あんな無謀運転なんかやりたくない」と思う人が多いでしょうし、そういうフランスの変な部分が見えてきそうです。

どうしても異国作品だけに、日本人の感性に合わない部分も多いでしょうし、そういうことではかなり好悪が分かれそうです。まあ、最近では日本以上に学歴重視の韓国などでは、携帯メールを使ってのカンニングというのが問題になりましたが、それよりは、まだこっちの方が、ローテクを使っているので、アイデアがあるようにも思います。

でも、真面目に試験を受けて、受かってきた人には今だったら嫌悪感を買いそうな部分もあるし、裏口入学にしろ、不正にしろ、それをコメディで描くには、自己保身よりは、誰かの為・・・の方が好感度はあるし、大抵、この手の作品の劣等生達には好感度を持つ方なのですが、この作品の劣等生達にはあまり好印象は湧かないし、大学側に一泡吹かせてやるというアイデアも、こういった不正方法なら、イマイチスッキリしない感じがしてしまいます。

まあ、だからといって、後の日本の『ドラゴン桜』のような学歴やエリート一辺倒の作品も好きにはなれないし、そういう意味では本作には厳しいけれど、好印象は湧かなかったです。

2008/03/12 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:780(41%) 普通:453(24%) 悪い:654(35%)] / プロバイダ: 10985 ホスト:10948 ブラウザ: 5234
【良い点】
軽薄なお馬鹿青春映画スタイルで、フランスの超絶難関試験
(まさに人生を左右されかねず、矛盾と不公平に満ちた)バカロレア
と仏社会体制への痛烈な風刺をしてみせたバランス感覚。
メンバーの設定を見ても、あらゆる意味の皮肉たっぷりで、
仏本国でヒットするならともかく、日本でヒットするのは解せない
映画だ。

【悪い点】
正直、ギャグは今ひとつ。本作の真価はまさに「良い点」
に述べたとおり(と言うか、ほとんどその点のみ)なので、
バカロレアの何たるか、と仏社会の在り方が判らない日本人
にとっては、クスリとはできても大して面白くない映画だろう。

【総合評価】
「普通+」。日本人が本作を心底楽しむには背景理解と悪魔の
ような黒い心が必須。軽薄な表面に反し、物凄くハードルが高い映画だ。
逆に、背景を学んでから視聴すべき。
そういう意味で、仏文科資料としては得がたい価値がある。
その側面では「とても良い-」くらいに評価しても良いが、あまり
普通の見方では無い、とも思う。

2006/01/31 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:357(54%) 普通:105(16%) 悪い:196(30%)] / プロバイダ: 30606 ホスト:30421 ブラウザ: 3846
色々な方法のカンニングも笑えましたが、それより
1人だけ真面目に勉強してるお爺さんが面白かったです。
歳が古いと参考書も古いという。

2006/01/31 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:543(70%) 普通:182(23%) 悪い:52(7%)] / プロバイダ: 47133 ホスト:47311 ブラウザ: 6885
懐かしいですね〜。
クラスの全員だか大半が様々な方法でカンニングをする話でしたね。
個人的には指型の物体に答えを仕込んで試験官からチェックを受けると
指の間に挟み何も持ってませんとばかり欺くと言うもの
簡単で実用的な気がしましたね。多少の演技力が必要ですが・・・・
え?私はやってませんよ〜(ほんと)

2004/07/27 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 36996 ホスト:36849 ブラウザ: 3646
これは結構面白い映画でした。フランス映画で面白いと思ったのは、この映画が最初です。
落ちこぼれの予備校生たちが、あらゆる不正行為を働いてフランスの大学入学資格試験(バカロレア)に合格するという
お話ですが、その不正行為の数々がまたユニークな方法ばかりでした。予め答案用紙を入手していた親父が外で太鼓を
鳴らして、その音で受験生の息子に正解を知らせるというやり方や、受験生の若い母親が連れ込んだ赤ん坊の尻に
答えが書き込んであったりなど手段は様々です。
試験を受ける前に、成績不良な予備校の生徒達の為に校長が導入した「強制勉強マシーン」というのも登場しましたが
あれも傑作ですね。
カンニングはいけませんが、結構愉快な映画です。

この評価板に投稿する



2019/10/20 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 8847 ホスト:8915 ブラウザ: 10415 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事可笑しく笑える/びっくり/道徳心&モラル 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合非適切にバランスを欠いた評価とみなして削除されます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ