[海外映画]ラ・ジュテ


La Jetee
  • 美しい
  • ロマンチックな気分
  • 考えさせられた
  • びっくり
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数1,414位5,338作品中総合点3 / 偏差値50.17
1962年海外映画総合点5位14作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像2.67(最高)3
キャラ・設定1.67(とても良い)3
音楽1.67(とても良い)3
声優・俳優1.67(とても良い)3
ストーリー1.33(良い)3
美しい100%3人/3人中
ロマンチックな気分67%2人/3人中
考えさせられた67%2人/3人中
びっくり67%2人/3人中
セクシー33%1人/3人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

第3次世界大戦後のパリは廃墟と化し、戦争を生き延びた数少ない人類は、勝者の支配者と敗者の奴隷に別れ、地上から地下へ逃れて暮らしていた。

科学者たちは「過去」と「未来」に救済を求め、奴隷を使った人体実験で時間旅行を試みるが、実験結果は、どの奴隷も廃人になるか死亡し、失敗に終わる。しかし、新たに選ばれた、少年時代の記憶に取り憑かれた男は、人体実験の末、「過去」に送られるのだが、正常なまま帰還する。


※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
監督:クリス・マルケル
製作:アナトール・ドーマン
脚本:クリス・マルケル
音楽:トレヴァー・ダンカン

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
海外 (フランス):公開開始日:1962/02/16
3,58622
最近の閲覧数
1111030600
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/07/02 / 最終変更者:永田 / 提案者:青いエビータ (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/12/06 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4022(33%) 普通:4348(35%) 悪い:3884(32%)] / プロバイダ: 24624 ホスト:24712 ブラウザ: 8329
この監督の他の作品、おそらく見た事ないけど、どちらかと言えば長編よりも短編の方が多かった様ですね。

この映画も30分足らずの短編で、第三次世界大戦でついに廃墟になってしまったパリが舞台でしたけど、映画というよりスライドショーを交えた動画みたいでしたね。モノクロ写真を使っていたのだけど、半世紀前に製作されたとは思えない、フランスらしい芸術的な美のセンスは感じられましたね。

あまりに滅茶苦茶になってしまったからか、人体実験で奴隷たちを次々と時間旅行させてついに白羽の矢が立った男がやっと過去の時代へのタイムトラベルに成功したけど、そりゃ好きだった女性があんな美人だったらなおさら過去の記憶に固執したのも無理なかったのでしょうね。

その女性とも再会して、今度は・・・・・・・・・だった様ですが、あっけなかったと言うか、やはりそう上手く何度も事は運ばないという事だったのですかね。この男の最期の後もどうなったのか気にはなったと言うか、「えっ?これでもう終わり?」な気もしないでもなかったですが・・・・・・・・

後に、1990年代に製作された12モンキーズはこれの影響を受けて・・・・・・だったらしく、固定観念とかに囚われない独自の手法は光ったけど、もっと面白くなりそうな所で終わった感じもして、それなりの異色作な程度ですね。評価は「普通」で。

[推薦数:1] 2010/06/07 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:276(73%) 普通:25(7%) 悪い:76(20%)] / プロバイダ: 8110 ホスト:7880 ブラウザ: 10170
映画の基本は「動く絵」であるはずなのにそれを拒絶してしまった、大変ユニークな作品です。
29分の上映時間をモノクロのスチール写真で構成し、そこにナレーションをかぶせるだけ。状況説明はすべてナレーションでこなすので、この映画には登場人物同士の会話さえない。しかしこうした表現上の制約が、映画の内容をまったく制約していないのがすごいです。それに、写真の一枚一枚が芸術的で美しい。まるで詩のようです。モノクロのスチール・ショットですから、それをより効果的にするために、「光」が重要な要素となっています。加えて、「陰影」も大切なものとなっています。地下世界(現在)は黒と影を多用し、未来世界(未来)は白と黒のグラデーションをはっきりつけ、少年時代のパリ(過去)は白と光を多用し、主人公にとっての各「世界(時間)」への意識の違い、を明確に表現し、それを私たちに意識させてます。また、同じシーンにおいても、1カット毎に微妙な陰影の違いがあり、それらは非常に効果的に用いられているため、静止画であるということを時に忘れてしまうほど。

さらに言うと、ムービー・カメラで最初は「動く絵」を撮っておき、それを編集段階でわざわざストップモーションにしているのです。絵と絵がカットでつながれる場合もあるし、なめらかに次の絵へとオーバーラップしてゆく場合もある。紙焼きを再撮影して、カメラがパンするのと同じような効果を生みだしている場面もある。作品の作りは一見単純ですが、こうやって見てみるとものすごい凝りようです。

その静止画だけで構成された作中,1か所だけ動画が挿入されるシーンがあります。ベッドで寝ている女性が目を開け、まばたきする、というただそれだけなのですが,正直ドキッとさせられました。スチール写真だけで構成された、いわばすべてが風景であるような世界が、当たり前のはずの一瞬によってぞわっとし、生き生きと動き始める。スチールとスチールの間にある「移動の省略」が、むしろ普通の映画以上に「動き」を感じさせるようになるのです。ラストシーンに至っては、スチール写真だけでカットバックやスローモーションの効果を生み出すという離れ業まで見せてしまう。これには驚きました。

物語は「12モンキーズ」のモデルとなっているのですが、やはり文化の成熟度というものを考えさせられます。 過去への強固な執着によってタイムトラベルさせるという、その手法からして斬新ですし(タイムトラベルといったら、豊富な予算と高度な技術を用いたタイムマシンの存在がお約束だと思っていたので…)、時間の波を行き来させられる主役の男が、剥製博物館という、「時間を持たない」ものに囲まれた空間で女と過ごすひと時に慰安を見出すというくだり、そして「過去」も「未来」もない、ただその瞬間に無垢の信頼と愛情が芽生える二人のつながりを強調するあたり、いかにもロマンチックさを真に押し出すフランス映画らしいな、と思いました。

これを観るまでは「12モンキーズ」も素晴らしい作品だと思っていたのですが、本作を観た後だとかすんでしまいます。とにかく、ストーリーや描写にまったく無駄がなく、それでいて美しく、今なお斬新。「半端な気持ちで映画を作るな」、そんな無言のプレッシャーがかけられるような作品でした。

この評価板に投稿する



2019/12/06 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 24624 ホスト:24712 ブラウザ: 8329 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事美しい/びっくり 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合、又は「最悪」の比率が一定評価総数(20-30)超えても8割以上ある場合、非適切にバランスを欠いた評価者とみなして全評価削除の対象になり得ます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ