[海外映画]ロード・オブ・ウォー: 2006/09/18 ゆー


LORD OF WAR
  • 道徳心&モラル
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数283位5,029作品中総合点16 / 偏差値60.53
海外映画平均点147位578作品中平均点1.45=良い/11評価
2005年海外映画総合点11位151作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2006/09/18 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:61(74%) 普通:7(9%) 悪い:14(17%)] / プロバイダ: 3740 ホスト:3562 ブラウザ: 5234
あんまり面白くはないです。エンターテイメント作品ではないようです。最初はただ
ドンパチするものだとばかり思っていたので序盤は予想と違い少し戸惑いました。

殺戮描写もありましたしあまり好ましい表現はなかったように感じましたが
現実にどこかで行われている現実だと言うことは間違いないと思うのでちょっと考えさせられました。
銃の売買について考えさせてくれると言う意味では良い映画だと思います。

主人公が武器の密売をすると決心した理由は第一にお金はあったでしょうが何か足りないものを
求めていたのだろうと思います。
主人公がかなり切れる人物なので最後まで生き残る所が出来た事は素直に凄いと思いました。が、
何もかも失って尚武器商人を続ける姿を見ていて、どこかプッツリと切れてしまったのかな・・・
それにしてもニコラス・ケイジさんはこう言った個性的な役が上手ですね。

日本は武器の禁輸をしているので、この問題に関して日本は大丈夫だと思うのですが
止まらないこの問題はもはや回避不能なのだろうかと思ってしまう。。
カラシニコフ銃について色々考えさせられました。人類史上最も人を殺している兵器でも有名です。
非常に扱いやすい銃で7.62×39mm弾と言う殺傷能力に長けた銃です。少しくらいズレても
問題なく使用出来る銃で今だ世界中で使われていますね・・・
日本の89式小銃は1丁30万もするので高過ぎるとずっと思っていたのですが
この映画を見ると武器を売らない事で助かる命がある事は知っていたつもりでしたがショックでした。
こんな事になるくらいなら高くても静かに自国で作って自国で消費した方が良いなと思いました。
ただ、日本の小銃の配備は物凄く遅いのでそれはそれで問題ですが・・・

脱線してしまった。。
荒んだ世界を表した映画だと思います。全体的にアクション映画とは違った火薬の臭いがしました。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ