[海外映画]ライフ・イズ・ビューティフル: 2011/09/09 スー


Vita e bella, La (Life is Beautiful)
  • 考えさせられた
  • 悲しい
  • 感動
  • 可笑しく笑える
  • 涙流した
  • 美しい
  • ロマンチックな気分
  • 楽しい
  • 格好良い
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数30位5,341作品中総合点65 / 偏差値101.45
海外映画平均点30位594作品中平均点2.03=とても良い/32評価
1999年海外映画総合点1位81作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2011/09/09 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:882(66%) 普通:353(27%) 悪い:93(7%)] / プロバイダ: 31188 ホスト:30920 ブラウザ: 7291
監督、脚本、主演ロベルト・ベニーニ。
ナチスドイツによる、アウシュビッツ強制絶滅収容所を描いた作品。
物語の内容的に主人公とその妻の出会いの前半、子供ができ家族は収容所に入れられる後編に分けられます。
前半は脚本が巧みで、おちゃらけた主人公とそれに似つかわない身持ちのいいヒロインとの出会いと結婚するまでの過程がコミカルかつロマンティックに描かれています。しかし、後半が私的にいただけなかったかなあと、あののりをここにもってきていいのかっという感じ。
描き方としては非常に斬新だし評価されるべきだと思うのですが・・・。ご都合主義的なところも散見され私は良いとは想いませんでした。
ただ、最後の結末は悪くはなかったか何と思いました。もしあそこまでご都合主義だったら評価も低かったと思いますが。
この作品が気に入ったかたはサウンド・オブ・ミュージックとかチャップリンの独裁者なんかがオススメです。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ