[海外映画]ライフ・イズ・ビューティフル: 2006/07/10 宇宙刑事ジャンギャバン


Vita e bella, La (Life is Beautiful)
  • 考えさせられた
  • 悲しい
  • 感動
  • 可笑しく笑える
  • 涙流した
  • 美しい
  • ロマンチックな気分
  • 楽しい
  • 格好良い
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数30位5,340作品中総合点65 / 偏差値101.45
海外映画平均点30位594作品中平均点2.03=とても良い/32評価
1999年海外映画総合点1位81作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2006/07/10 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 33223 ホスト:33285 ブラウザ: 4314
監督兼主演のロベルト・ベニーニ扮する父親・グイドが良いですね。ユダヤの血を引くが故に息子共々ドイツ軍によって強制収容所に入れられるのですが、息子を怖がらせまいとして、ここで行われているのがゲームであり、最高得点を取ったら戦車がもらえると嘘をついているのが良い。
ドイツ兵の話を出鱈目に「翻訳」したり、作業の最中に息子を隠したり、給仕の仕事で街中に出たときに「無言ゲーム」と称して息子を他のドイツ人に紛れさせたり、あの手この手で息子を守っておりました。

最後に連合軍によって収容所が陥落する瀬戸際には、やはり収容所に捕らえられている妻・ドーラを助けようとして女装までしますが、兵士に見つかってしまいました。
それでも、隠れている息子を気遣い、あくまでゲームをやっている振りをして最期まで息子の見ている前でおどけた歩き方を・・・・。

せめてもの救いは、息子が母親と再会出来た事でしょう。最期に、戦車が迎えにきてくれましたしね。

悲しい映画ですがそれほど悲壮感はなく、妻子を気遣い明るく振舞う主人公グイドの優しい気遣いが心に染み入りますなあ。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ