[海外映画]ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ


ごじら きんぐおぶもんすたーず / Godzilla: King of the Monsters
  • 格好良い
  • 美しい
  • びっくり
  • 悲しい
  • 面白い
  • 熱血
  • 怖い
  • 楽しい
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数332位5,028作品中総合点14 / 偏差値58.95
2019年海外映画総合点2位41作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像2.67(最高)6
音楽2.17(とても良い)6
キャラ・設定1.83(とても良い)6
ストーリー1.33(良い)6
声優・俳優0.83(良い)6
格好良い100%6人/6人中
美しい83%5人/6人中
びっくり83%5人/6人中
悲しい67%4人/6人中
面白い67%4人/6人中
もっと見る
属性投票する
2019年米製作
配給:東宝 ワーナー・ブラザース レジェンダリー・ピクチャーズ
監督・原案・脚本:マイケル・ドゥハティ
製作:メアリー・ペアレント アレックス・ガルシア トーマス・タル ジョン・ジャシュニ ブライアン・ロジャーズ マット・オールソップ ジェイ・アシェンフェルター クリフ・ランニング アリ・メンデス リチャード・ミリッシュ マッサージエリア・パグラヤン ステイシー・パーズキー
日本 公開開始日:2019/05/31(金)
海外 (アメリカ):公開開始日:2019/05/31
公式サイト
1. 映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』公式サイト
プロモーションビデオ (4個)
『ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ』予告編 (2019年)『ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ』予告編 (2019年)
[もっと見る]
6,08988
最近の閲覧数
2518771148
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2019/09/17 / 最終変更者:634 / その他更新者: エリクサー / mosukuwa / 提案者:634 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/12/28 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:101(64%) 普通:15(10%) 悪い:41(26%)] / プロバイダ: 17075 ホスト:17086 ブラウザ: 10179
王(キング)が目醒める
王(キング)の覚醒。
【良い点】
・今までで一番、ハリウッドの怪獣映画の中でも、スケールがデカ過ぎる壮大な作品に仕上がっている事。

・狂人揃いながらも、人間味も持ち合わせた登場人物達。
特に、芹沢猪四郎はかっこ良すぎます。

・「王」は、「ゴジラ」に相応しいという事を証明した事。

・前作のギャレスよりも、ゴジラ愛が深いも深い、ドハティ監督のゴジラには、日本のゴジラ映画の、数々の作品の「オマージュ」が、これでもかって程、多分に含まれています。正に胸熱ポイントです。
しかも、ドハティは、ゴジラ程愛は深くないらしいとはいえ、「ガメラ映画」の要素も、何なら、「平成モスラ」の要素も含まれている。
贅沢極まりないです。兎に角愛が深い!

・前作よりかは、映像が明るい部分が多く、揺れる演出は多々あっても、むしろ盛り上がる要素として○ですね。

・東宝三大怪獣+キングギドラ +未だ謎の多い新怪獣(タイタン)が勢揃い!!

・ゴジラとモスラの関係性(因みに、両者のテーマソングも久々に聴けて良かった。ゴジラがまるで兵士を揃えての進行の様な、あのシーンにも使うあたり、本来は、ゴジラそのものというより、ゴジラと関わる人間のテーマなんだという事が、良く分かってるんだなという事が伝わりました)。

・カメラワークも、怪獣の暴れっぷりや、怪獣バトル、怪獣の重量感や、存在感の凄まじさを良く見せてくれている。

【悪い点】
・「炎の悪魔」とは名ばかりの、「ラドン」のネタキャラ化。

今年の冬のアニメ「けものフレンズ2」の、「G・ロードランナー」に付けられた、例の渾名が瞬く間に広がり、「年内に二代目が現れる」みたいな、イジリがファンの間で流行ったそうですが、私としても、もっとかっこいいラドンを見たかったのはそうですが、自然界の摂理という観点からすれば、命を投げ出すくらいなら、強き者に服従をするのは当然の事で、ラドンの行動は、言わば、「当たり前」の事なのだと、私はそうも思います(メインの怪獣の中じゃ、一番薄味かもしれませんが、他のタイタンとは違い、一度はギドラに刃向かいはしましたし)。

・今作の元凶とも言える家族

劇中でのあの人達の行動は、環境テロリスト集団の事を抜きにしても褒められたものではないし、なぜ最後は許し、許された雰囲気になるのかについては、ちょっと鼻につきました。

・オキシジェン・デストロイヤーのパチモン感。

【総合評価】
「怪獣映画好きの、怪獣映画好きによる、怪獣映画好きの為の、怪獣映画」と、私はそう評します。

正に「怪獣至上主義」の作品と思います。

この時代に生きていて、まるで一つの「神話」の様にも思える、「ゴジラ讃歌」だけでなく、スペクタルな「怪獣讃歌」の映画を観れた事には、正に、感無量でした。

不満点が無い訳ではありませんが、ゴジラと怪獣への「愛」に満ちたこの作品に、心から敬意を表します。

評価は、「最高」です!!!

2019/09/17 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:556(54%) 普通:214(21%) 悪い:259(25%)] / プロバイダ: 4640 ホスト:4513 ブラウザ: 5173
怪獣王座奪還戦、開幕。

ストーリーは「ゴジラとキングギドラが怪獣王の座をかけて戦う」と言ったシンプルなもの。
ハリウッドの財力をつぎ込んだド迫力の映像で怪獣大決戦を映像化する豪快さに圧倒される。いろんな場所での戦いがあったのもゴージャスさの証。明るい場所で戦ってくれというのは贅沢か。
前作はいい意味で色味を抑えた演出が目立つが、本作は極彩色で神話感がある。
歴代ゴジラ映画の要素があり、とりわけ音楽面では際立っている。それぞれの怪獣のテーマ曲がアレンジされたものも含めて流れてくる。

また、自分の意志で人間を攻撃するモスラなんてレアなものを見れた。それでもカッコいいところを見せてくれたので満足。この映画の実質的なヒロインだし。
人間サイドだと、勝手に人類滅亡すれすれまで追い込んだオカンを始め狂人が目立つ。チェン博士が双子なのは小美人のオマージュか。

やっぱり、この映画のある意味のスターはラドンだろう。こいつの行動が大いに話題になった。

【総合評価】
祝え!全ての怪獣を凌駕し大自然に君臨する地球の王者。
その名もゴジラ!まさに即位の瞬間である!

突っ込みどころはあれど、ゴジラ愛と映像美で魅せてくれる映画でした。

2019/06/12 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:278(71%) 普通:52(13%) 悪い:64(16%)] / プロバイダ: 176 ホスト:389 ブラウザ: 5213
6/5にMOVIX三郷にて視聴

前作が前作だけに期待してなかったんですけど
今回はゴジラの戦闘シーンには思いっきり力が入っていておおむね楽しめました。
前作は画面が真っ暗で何やってんのかさっぱり分からなかったので観客をなめてんのかと
怒り心頭だったんですが、今回は画面暗めでもアクションがはっきり見えました。
大画面いっぱいに展開するキングギドラとゴジラのバトルは燃えました。
これだよこういうのが観たかったんだよと。

人間ドラマのシーンははっきり言ってオマケですね。
主人公もなんだか華のない印象薄い人だった。

【良い点】

メインの東宝4怪獣が暴れまくってて嬉しかった。
ラドンが衝撃波で戦闘機を落とすシーンも本家へのオマージュで良かった。

何よりあのキングギドラが南極の氷の中から蘇るシーンの迫力たるや・・・。
あのデザインを考え付いた人は天才だなあと感心しました。
超派手で画面映えする美しいデザイン。60年近く前のデザインとは思えん。

首を吹っ飛ばされても再生するシーンはあれは「ガメラ対ギャオス」へのオマージュだね。
存在感たっぷり。悪役怪獣はこうでないと。

あとラストでブルー・オイスター・カルトの名曲「ゴジラ」(1978年発表)がかかったのには大爆笑した。
スタッフも分かってんなあと嬉しくなった。

【悪い点】

モスラがやられてしまうところ。
善玉怪獣の代表なのにこんな敗北はないだろ。

あと環境テロリストたちは結局どうなったんだよ。
人質?の2人があっさりアジトを脱出してるのもおかしい。
セキュリティとかどうなってんの。

芹沢博士が核爆弾を抱えて特攻するのもいただけなかった。
核兵器を平和のための道具っていう認識でとらえているのがアメリカ人なんだなって
日本人としては納得いかなかった。
いい気分にはなりませんでした。仮にも「芹沢」の名を冠されたキャラクターであれば
核兵器で特攻(正確にはエネルギーチャージ)なんて描写はオリジナルに失礼だろうと。

【総合評価】

まあ怪獣バトルがメインの娯楽作品としてはまずまずの出来ではないでしょうか。
前作が最悪だったので溜飲が下がる思いでした。

評価は【良い】

2019/06/11 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:172(44%) 普通:97(25%) 悪い:122(31%)] / プロバイダ: 14854 ホスト:14895 ブラウザ: 8337
【良い点】
迫力がすごい
前作のキングコングは露骨にスポンサーやポリコレ対策なんだろうってキャラはいたが
今作ではそのへんは自然に抑えられている。
エンドロール後の次回作への引きがうまくいろいろ想像させられる終わりだった
おなじみの曲が今作では使われている。
一作目よりは人間ドラマは母の役者の通信するときの演技やまだ怪獣話に直結してる分インパクトあるかなと思った。

【悪い点】
画面が揺れて見づらい
1作目ほどではないにしても全体的に画面が暗め
人間キャラが狂人より過ぎていろいろ怖い
怪獣は多く出るものの基本的にはメインの四体とムトー除けばオリジナル怪獣だらけで
カメオだけでももうちょっとシリーズのを出してほしかった(怪獣出す度にかかる版権料の問題らしいが)
セリザワやシリーズのあの超兵器の扱いや展開にはちょっと重所がある人はいるかも知れない

【総合評価】
映画館で見るべき映画かなとは思います。
4DXなどでは見てませんがとにかく迫力がすごかったと思います。
多分家のテレビで見たらかなり魅力が落ちるタイプの映画化かなと思います。
ただ、この作品は三作目でもありますし、次回作にも続くのでこの作品だけで完結するわけではないことを念頭に入れてみるべきかなとは思います。

[推薦数:2] 2019/06/02 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2040(50%) 普通:795(19%) 悪い:1258(31%)] / プロバイダ: 10719 ホスト:11017 ブラウザ: 8295
歴代ゴジラのネタを海外風にアレンジした事で、前作を越えたといえるかもしれません。

【良い点】

随所に光る過去作品のネタのアレンジ流用。

ただ、中には「これはゴジラじゃ無くて、ガメラのネタだな・・・」という部分もあるっちゃあるのですが。

1ゴジラへの復讐心を抱くマーク(vsスペースゴジラ、ガメラ3)
2南極の氷の下とギドラ(GMK、GFW)
3古代文明と怪獣崇拝(ガメラ、モスラ2、GFW)
4オルカの音波怪獣コントロール(怪獣大戦争、怪獣総進撃、vsキングギドラ、GFW)
5養分になっちゃうモスラ(GMK)
6オキシジェン・デストロイヤー
7エマのしでかしたこと(メカゴジラの逆襲、vsビオランテ、ガメラ3)
8ギドラの再生能力(モスラ3)
9赤熱化ゴジラ(VSデストロイア、ミレニアム、GFW、シン・ゴジラ)
10人類を救う芹沢博士(但し、初代とは逆パターン)
11怪獣との共存(怪獣総進撃)
12モナークの存在(平成ガメラ)
13ラドン出現(ラドン、三大怪獣地球最大の決戦、vsメカゴジラ)
14世界各地に怪獣出現(怪獣総進撃、GFW)
15隠し球のクモンガ?
16ボストンスタジアム(vsメカゴジラ、×メカゴジラ、松井が居たトコ)
17ちゃんとキングコングとの伏線。
18ギドラの呼び名(怪獣大戦争、GFW)
19ゴジラが味方(金子ガメラ)
20ラストのギドラ首(vsキングギドラ、vsメカゴジラ、ジラ、GMK)
21エンドロール後(ミレニアムシリーズ(ミレニアム、GMK、GFW以外)ラスト)
22エコロジー思考(平成モスラ)
23惨禍の後のTV中継(84、vsビオランテ)

という具合に、前作よりも更にゴジラを見てきた人には判るネタを惜しみなく出して、楽しませる工夫をしているし、ゴジラvsギドラの戦いも、単純にライバル同士の激突というだけではない日本版のスーツでは出来なかったCGの利点を効かしたアクションも見られました。

そして、マグロ食いジラの頃よりも、怪獣が人類よりも高位の存在であり、人類のそれぞれの怪獣への捉え方と、それによるもつれと対立、そして紡ぎ出す結果というのは、自然の前には人間が無力である事、その自然を畏れ、敬い、奉る事の意味と方法というものを日本とは違う視点で出してくれたと思えます。

怪獣との共存は、『ウルトラマンコスモス』や『怪獣総進撃』でも出ていましたが、それよりもややリアル視点になっていたところもあると思えます。自然のバランスを狂わせる人類に地球が差し向けた戒めの使者が怪獣であるというという作風もかなり、日本ゴジラに近付いたと思えました。

エンドロールラストには、長年ゴジラ俳優として活躍された中島春雄への追悼と敬意も出ていたのも、ある意味日本以上にゴジラ愛を象徴していたといえます。

【悪い点】

ゴジラとギドラの方にウェートがかなり占められ、モスラとラドンの印象がちょっと薄いし、ラドンはギドラの噛ませの後には、なんだかスネ夫みたいに強い奴にヘーコラ的みたいだし、モスラもGMKみたいな役回りだし、双子姉妹博士より、小美人くらい出せなかったのか?と思えます(外国技術なら特に・・・だし。まあ、役に使える双子の美人女優はいるか?なんだけど・・・・・・).怪獣が通った後の自然再生は、確かに人が居なくなれば、緑が戻ってくるというのは、空き地になった時に草花がやってきて芽吹く理屈に近いですが、ちょいと放射能の方は・・・というと、シン・ゴジラでもあったウソなので、そこはあまり出さないで欲しかった。

マークとエマの確執と、考えの違いで、今回の事態になっちゃった的なのも、「何考えてるんだろう?このバカ夫妻」と思ったし、兵士の1人が「こんな親なら俺も家出する」なんて皮肉っていましたが、まさにそのまんまで、息子を前作の戦いで無くしたトラウマを引きずっているとはいえ、このバカ夫婦がしでかした問題は、ガメラ3での比良坂綾奈がしでかした事よりも世界的規模になりすぎてしまったと思えます。

そんな娘のマディにしても、途中でオルカを奪取して逃げたのはいいとしても、その後でもたもたして、ギドラの攻撃に巻き込まれて、結局両親やみんなの足を引っ張ってしまったりという感じで、「親娘して何やってるんだか、このバカ家族・・・・・・」と思った人は自分だけでは無かったと思えます。もう少し、家族内のエゴだけではなく、他者への思いやりという部分(マークは芹沢博士への気遣いや、逃げ遅れた兵士達を助ける為に、そうした事はしているが)を持てなければ、好印象は浮かびません(流石にエマは責任を取って自害する道を選んだけど、そうでないと芹沢も浮かばれない)。

オキシジェン・デストロイヤーも名前負けしてるし(日本のよか、威力無かったようにも見える。まあデストロイアの時のように、芹沢という名字の人が使わないと最大限の効果を発揮できんのかもしれんが)、芹沢博士も死なす必要あったのかな?と思えたし、テログループの始末をさせなかったのもちょっと・・・という感じもします。もっとも、次回でメカキングギドラのようなモンを出すみたいな伏線かもしれないですが。

あと、「未亡人製造機」の悪名を持ったオスプレイをやたら出すのはどうして?という感じだし、前作ですら出さなかったこういうのが多く出ると、ゲンナリしてしまいます。もっともモナークは作中では米政府に煙たがられているので、移動手段としてこんなオンボロ欠陥機しか出されなかったという解釈も出来るし、こんなモンを大量に配備するゴジラの生まれた国への・・・なんて皮肉も出ますが。

【総合評価】

作中で伊福部音楽アレンジが用いられ、それを聞きながらゴジラがギドラに挑むシーンに高揚した人もいたかと思えます。前作テーマ曲もゴジラマーチを随所にアレンジしていた具合でしたが、本作では本当に伊福部音楽外国アレンジのゴジラマーチ(それにモスラのテーマ)なので、ただ借用流用しただけのシン・ゴジラなんかよりも、ゴジラ愛が強かったのは間違いなかったと思えます。

コングとの戦いがどうなるのか判りませんが、怪獣王対決なのか?それとも復活ギドラ相手に共闘なのか知りませんが、次回作も期待を!という展開と描き方は、日本のvsシリーズの頃よりも更に高まったような具合で、こういうトコは悔しいけれど、日本は海外に負けている感じです。

しかし、今回の盛りだくさん内容と、日本過去作品ネタ流用をここまでやるとなると、次作でどのようにするのか?という課題もちょっと見えたように思うし、それはこれからの推移によって見守りたいと思います。
[共感]
2019/06/05 モスラとラドンの扱いは確かに残念なものであり、特にラドンは情けなさすぎます。両怪獣ともゴジラと同格の存在に描いたうえで、普通に三怪獣VSキングギドラでよかったと思いました。 by エリクサー

2019/06/02 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:780(64%) 普通:170(14%) 悪い:263(22%)] / プロバイダ: 20576 ホスト:20533 ブラウザ: 5519
【良い点】
・キングキドラが荘厳(日本版から最も違和感がない怪獣)。前作よりも怪獣バトルが増量(映像はやはり凄い)。ゴジラのテーマ曲をアレンジしたのを結構に使ってくれたり、ギドラが初期作を思い起こさせる宇宙由来だったり、モスラやラドンも居るだけに近いが登場は嬉しい
・前作ではサービスで出したとしか思えなかったアメリカ版芹沢博士(渡辺謙)が存在感を発揮。日本版にも重なる決死の行動には息を呑んだ
【悪い点】
・悪天候や夜での戦いが多くて前作同様に画面が暗め
・主人公一家のゴタゴタに怪獣が巻き込まれたようにも見えてしまう。前作も家族愛テーマだったから「またか」というのも。前作の邪魔だというのに加えて騒動の元凶な部分もあって、不快さまで加味されてしまっている。世界の危機だと散々煽られているがスケールを感じにくい
・前作からの問題だがゴジラが眼前の人間すら殺さない。人間と全く戦わないので「共存」というテーマが結論ありきで都合良く過程を歪めているかのよう。前作から見た感じ地球の浄化に貢献して信仰対象にもなり得る自然災害的な扱いに感じたが、ときに無辜の人間達も主体的に殺すという負の面があってこそな訳で(ここまでのゴジラはそこらの野獣よりも無害とも言える)。しっかり描いた上で、それでも「共存」を打ち出せるなら相応の重みを感じるのだが。近年の動物愛護(反捕鯨的なのにも通じる)、アメリカが抱える内部対立へのメッセージを怪獣にまで安易に伸ばしているかのような懸念も。無駄な家族愛ドラマを削ってゴジラとまずやり合う話は必要だった(その後ギドラとブツける展開に持ち込むなど)
【総合評価】
評判が良さそうだったので(あの前作でもそうだったが)、期待値を上げ過ぎたかなというのが率直な感想だが、上で書いた前作からの問題を引きずりつつ良化は感じられた。評価は「普通」寄りの「良い」。ラスト付近での「ゴジラが味方で良かった」という発言に「今はね」という返事があった辺りに、敵側に立つ場合という含みはあるようなので、次回作の半世紀ぶりで数奇な運命さえ感じるキングコングとの対決ではオリジナル版でも悪役だったゴジラのそういう姿に期待したい

2019/06/01 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:114(80%) 普通:3(2%) 悪い:25(18%)] / プロバイダ: 21440 ホスト:21287 ブラウザ: 10174
本日見に行きました、また機会があれば見に行きますが
物足りない部分もありましたがハリウッドならではの迫力がある映像と監督のゴジラ愛が伝わりエンターテイメントとしては充分の出来でゴジラシリーズのファンなら見て損がない作品だと思いましたしファンならニヤとする所もナイス!
ハリウッド映画と日本のゴジラのいい所が混ざっていて日本のファンが見ても飽きないように工夫されてるのも個人的には好印象かな
吹き替えの声もまあ悪くはないと思います

【総合評価】
日本人の心を理解してよく作られたエンタメと言ってもいいでしょう

2019/05/31 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:50(81%) 普通:1(2%) 悪い:11(18%)] / プロバイダ: 22901 ホスト:22796 ブラウザ: 9177
「ゴジラVSビオランテ」のように時代の改元直後に公開された続編繋がり本作はこれまでにないキングギドラの実力とモスラの対決シーンが描かれて東宝怪獣映画史上空前のスーパーバトルが繰り広げられます。怪獣王とは何か、かつてない邪悪な怪獣として描かれてゴジラを一度葬ってモスラをも倒すキングギドラは必見で、「三大怪獣 地球最大の決戦」・「モスラ3 キングギドラ来襲」・「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」・「ゴジラ FINAL WARS」の影響も満載です。

この評価板に投稿する



2019/12/28 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 17075 ホスト:17086 ブラウザ: 10179 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/涙流した/熱血/友情/ロマンチックな気分/楽しい/面白い/格好良い/美しい/悲しい/怖い/びっくり/考えさせられた 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像最高(+3 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る
1. ソフビギドラで by 634
... モスラ、ラドンのソフビを以て http://art5.photozou.jp/bin/photo/260428666/org.bin?size=1024 このように、昭和怪獣で『ゴジラ キングオブモンスターズ』を再現!・・・・・・という訳ではありません。 こういう事 http://art5.photozou.jp/pub/439/193439/photo/260428801_624.v1551363018.jpg 派出所です ...
記事日時:2019/03/17 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ