[海外映画]フロム・ダスク・ティル・ドーン


From Dusk till Dawn
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数542位5,075作品中総合点8 / 偏差値54.15
海外映画平均点327位580作品中平均点0.73=良い/11評価
1996年海外映画総合点11位74作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
1996年アメリカ 配給:松竹富士
監督:ロバート・ロドリゲス
製作:ジャンニ・ヌナリ/メイア・テペル
製作総指揮:ローレンス・ベンダー/ロバート・ロドリゲス/クエンティン・タランティーノ
日本 公開開始日:1996/06/15(土)
海外 (アメリカ):公開開始日:1996/01/19
5,9951111
最近の閲覧数
1101002000
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2017/10/21 / 最終変更者:Iccid / その他更新者: アセチルサリチル酸 / TCC / 提案者:宝家義頼 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2012/04/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:134(48%) 普通:64(23%) 悪い:80(29%)] / プロバイダ: 5452 ホスト:5437 ブラウザ: 7454
・タランティーノ脚本/助演という事で視聴。おおまかなストーリーはジョージ・クルーニーとタランティーノが演じるゲッコー兄弟の逃走劇でレザボア・ドックズみたいなノリのゲッタウェイです。ただし後半急激に転調します。正直ゴミみたいな映画ですがたまたま見た映画がこれなら楽しめるはず。アマチュア作品のノリなのでちゃんとした映画は期待しない方が良いですね。にしてもサルマ・ハエックがエロい。そしてタランティーノがモノホンの変態に見える映画。

2009/07/13 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:281(73%) 普通:26(7%) 悪い:77(20%)] / プロバイダ: 8110 ホスト:7881 ブラウザ: 10170
とりあえず、何の予備知識もない状態で観たほうがいい映画だと思います。
前半の逃亡劇から、あのようにまったく違う展開になると予測できる人はまずいないと思いますが(ヒントらしいものを挙げるとすれば、タイトルが「夕暮れから夜明けまで」を意味していることくらい?それでもわかる人はいないだろうけど)、まさに「やられた!」という気分にさせられます。
この映画がうまいのは、その化け物の正体を、映画のジャンルごと観てる私たちにもわからなくした映画構成にあると思います。これはモンスター映画ですよって宣伝していたら、絶対おもしろさは半減していたはずです。なぜなら、モンスターが出てくるのがわかっているから。まさかあんなところにモンスターが潜んでいたなんて、という展開により観客は驚き、同時に映画の登場人物たちと同じ感覚を共有することができる。それをジャンルを変えるって事でやりとげたこの映画はまさにアイデア物です。
ただし、ある程度観る者を限定するモンスター物を観客に納得させるには、まったく違うジャンルにはできない。ある程度観る人達を制限しなきゃ、感動物を観に来た客にスプラッターは見せれない。だから前半のノリもダークな犯罪物にしたのではないでしょうか?
それにしても、バンパイヤの殺戮される様がとってもユーモラスで、グロテスクなはずなのに思わず笑ってしまいました。ティティ・ツイスター(おっぱいグルグル)という店のネーミングセンスといい、トム・サヴィーニのあの役どころといい、よい意味でのB級テイストがたまりません。ジョージ・クルーニーも、またあのジュリエット・ルイスもよくこの映画に出演しましたね。シナリオを読んで判断したということであれば、大変な遊び心(?)を持った方々です。 ということで、下調べ無しで観ればぶっ飛び度120%の映画です。何も知らない友達にこの映画を薦めて後から「どうだった」と聞いて盛り上がるにはうってつけの映画でしょう。

2009/05/05 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:503(44%) 普通:378(33%) 悪い:254(22%)] / プロバイダ: 26251 ホスト:26365 ブラウザ: 9125
【良い点】
・ふざけた内容。

【悪い点】
・ふざけた内容。

【総合評価】
前半がロードムービー、後半がB級ホラーと、急にまったく別物になるZ級映画。
テレ東の深夜番組でもここまでふざけたことをやることはない。
これを世に出したことがすごい。
自分は楽しめましたが、人にオススメすることは絶対できないですね。

2007/06/27 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:93(74%) 普通:14(11%) 悪い:19(15%)] / プロバイダ: 13951 ホスト:13771 ブラウザ: 2463
B級映画マニアが、B級映画を狙って作ろうとしたら、Z級映画が出来上がった好例。
ストーリーどころかジャンル自体が90度方向転換する、爆笑の展開が本作最大の見どころ。
ロドリゲスとタランティーノが、酔っ払いながらプロットを書いた様子が目に浮かんでくる。
「犯罪者と聖職者一家の逃亡劇ってどうよ?」
「おれ、吸血鬼を殺したり殺されたりするのがいいなぁ」
「じゃあ、前半はおれやるから、後半お前がそれやれよ」
みたいなやり取りがあったに違いない。
登場人物たちも、みんな頭のネジが抜けきっており、脳が下半身にあるような連中しか出てこない。
ええい、何が「ぐるぐるオッパイ」だ、「俺の名前はプッシーキング!」だ。まさに偉大なる時間のムダ。
サイテーのサイテーによるサイテーのためのサイテーな映画である。

「最高のサイテー」という、非常に評価の難しい作品であるため、評価はプラスマイナスゼロで『普通』という表現に留めておく。

2007/01/14 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3572(33%) 普通:3766(35%) 悪い:3453(32%)] / プロバイダ: 32579 ホスト:32463 ブラウザ: 4184
序盤はやや淡白なロードムービーものだったけど、
酒屋に入ってから一転・・・・・・・・・・・・
その親父がやたら、プ○シーとか馬鹿の一つ覚え
みたいに叫んでいましたな。私事で恐縮ながら、
もし今度小学3年生になる従姪の子に「ねぇ、甲山おじさん。この変な
おじさんが言っている言葉の意味ってなあに?」って聞かれたら、お兄さん、
まったく答えに窮してしまうよ〜W
このおじさんえらいねぇ〜W

そんな冗談はさておき、賑やかな酒場に吸血鬼が現れた事で
ロードームービーからホラーアクションに一転してしまったのが
強烈でしたね。吸血鬼のありきたりなデザイン造形よりもずっと。

これは字幕版で見て、キャストの演技には特に不満は無く、
話の膨らませ方も巧いとは思ったけど、もう一つ刺激となる
スパイスが足りなかったのが惜しいというか、評価は
「良い」よりの「普通」といった所ですな。3まで出たようだけど・・・・・・・・・
まあ、地上波放送してくれたら、リアルタイムは無理でも、録画して見ます。

2004/11/22 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:201(74%) 普通:41(15%) 悪い:31(11%)] / プロバイダ: 18999 ホスト:18742 ブラウザ: 3874
凄い裏切り方をする映画。
前情報とかあんまり仕入れないで観た方が楽しい…と思う(今更難しいか)。

舞台といいキャストといい、導入はまさに、犯罪モノのロードムービー風なのだが、一転して…
展開といい造詣といい、B〜C級の映画をかなり狙って作っている。そのため自然とそれが合う客層も、その手のファンになってしまうのは良し悪しか。

確かにデートにはあまり向かないかも。観るなら気心の知れた友人とか、もしくは一人で。

最近のロドリゲス・タランティーノの映画は埃っぽさが足りないと思ってます。

2004/08/23 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:809(41%) 普通:464(24%) 悪い:681(35%)] / プロバイダ: 27426 ホスト:27258 ブラウザ: 4925
B級を志向して作ったタランティーノの成功作。
安っぽくて馬鹿馬鹿しいんだけど確信犯だから当たり前。
何も考えずに見るべきバカ映画です。
悲しいかなタランティーノはクローネンバーグ同様
自分の愛してる物は判っているが造り出す才能に乏しい
ようだが、この作品は狙いと着地点が珍しく一致した。

頭を空っぽにして見よう!

2004/08/23 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:894(67%) 普通:185(14%) 悪い:260(19%)] / プロバイダ: 8924 ホスト:8733 ブラウザ: 3875
悪党二人の逃亡劇から、ヴァンパイアとの戦いに展開する。
こんな無茶苦茶な映画は観た事がない。

「2」、「3」も観たけど、このシリーズはどれもグロイ、エロイ。
だけど、結末がスマートに決まってる所が一番いい。

2004/08/06 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:172(62%) 普通:54(19%) 悪い:52(19%)] / プロバイダ: 23318 ホスト:23138 ブラウザ: 3875
映画館で一人で見た。一人でよかったと思う。もし下手に知人を誘おうものなら、
「酸っぱい臭いの●ッシー」「きれいな●ッシー」というむちゃくちゃ下品なかけ声のあたりで大笑いできる人か、もしくは映画を選ぶセンスがないと軽蔑されてしまうか、どちらかの反応しかないような気がする。

まったく伏線もなく、後半につながっていくくだりは、やはり強引で、自主制作映画のレベル。しかしここを笑って許せる心の広い人には、それなりに楽しい格闘シーンが待っている。
良くも悪くもこの雑なつなぎが、意外性となって、受ける人には受けているようだ。強烈な印象を残してくれることは確か。対極的に、全編シリアスで、アクションが少々派手なだけ、起伏感の乏しい格闘もの、といった映画よりは確かに見応えはある(近年ではボーンアイデンティティが悪い例)

といっても、デート向きな映画ではないことだけは確かだし、まっとうな文法の盛り上がりを期待する人にはやはり向いていそうもない。普通な映画では決してありませんが、評価としてはあえて普通とします。

2004/08/02 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:79(62%) 普通:8(6%) 悪い:40(31%)] / プロバイダ: 32482 ホスト:32421 ブラウザ: 3875
なんとも評価に困る作品。
「タランティーノ、ロドリゲス」コンビなのでかなり、覚悟してみたつもりだったけど、
何だこれは・・・?
前半はジョージ・クルーニーがひたすらかっこいいギャングムービーだが、中盤から当然のようにホラーに転調。
そういう映画だから仕方がないが、前半と後半のギャップはなんなんだ?
ホラー部分が、ただ単にギャグにしか見えないのだが・・・。それを狙ってんなら、成功作だろうが、間違っても「クールなギャング&ホラー」ムービーには見えなかった。ホラーになったとたん失速していく感じ…。
ハーベイ・カイテルのもと牧師はいい味出してたのに、あの扱いはなに?
ギャグ映画としてみても、ヴァンパイアとの戦闘はワンパターンで食傷気味になってしまう。笑えない…。
個人的には、もうちょっと正統派なヴァンパイアキラーものを期待してたのでがっくし。

2004/08/02 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:322(63%) 普通:102(20%) 悪い:91(18%)] / プロバイダ: 20237 ホスト:19916 ブラウザ: 3875
これはかなり面白かったです。
特に、終盤のヴァンパァイアとのバトルは爽快の一言。
一応ジャンルはホラーなんでしょうけど、殆ど気にならないレベル。
寧ろ、アクション映画の要素の方が強いと思う。
タランティーノを初めて知った作品でもありました。

続編が2、3とあるんですけど・・・・・
非常につまらないものに成り下がっていました。

この評価板に投稿する




1. "『洋画〜公開作品〜』史Ⅵ" by 陣兵
... ゴールド/カリブ海に沈んだ恋の宝石」 「ブルーノ」 「ブルーベルベット」 「ブルジョワジーの秘かな愉しみ」 「フルメタル・ジャケット」 「フル・モンティ」 「ブレイブハート」 「ブレインデッド」 「プレデターシリーズ」 「ブレードランナー」 「フレンチ・カンカン」 「フレンチ・コネクションシリーズ」 「ブロウ」 「フローズン・リバー」 「プロジェクトAシリーズ」 「プロデュサーズ」 「フロムダスクティル ...
記事日時:2011/06/29

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ