[海外映画]フォレスト・ガンプ 一期一会


ふぉれすとがんぷいちごいちえ / FORREST GUMP
  • 考えさせられた
  • 感動
  • 勇気貰った
  • 面白い
  • 友情
RSS
注意: これは海外映画版。その他メディアのページ: 文学:フォレスト・ガンプ
海外映画総合点=平均点x評価数16位5,176作品中総合点93 / 偏差値122.38
海外映画平均点90位617作品中平均点1.69=とても良い/55評価
1995年海外映画総合点4位78作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.89(とても良い)9
キャラ・設定1.67(とても良い)9
音楽1.22(良い)9
ストーリー0.89(良い)9
映像0.78(良い)9
考えさせられた78%7人/9人中
感動67%6人/9人中
勇気貰った56%5人/9人中
面白い56%5人/9人中
友情44%4人/9人中
もっと見る
属性投票する
1994年 アメリカ
制作/配給:ウェンディ=ファイナーマン・プロ パラマウント UIP
監督:ロバート・ゼメキス
原作:ウィンストン・グルーム
日本 公開開始日:1995/03/11(土)
海外 (アメリカ):公開開始日:1994/07/06
30,9395655
最近の閲覧数
1110031100
7人の方がこの作品が海外映画として最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/06/10 / 最終変更者:アセチルサリチル酸 / その他更新者: TCC / 提案者:宝家義頼 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/12/17 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:223(61%) 普通:61(17%) 悪い:84(23%)] / プロバイダ: 19543 ホスト:19384 ブラウザ: 10196
BSの録画で視聴。

生命賛歌もしくは人生讃歌をどこまでも地で行くようなお話でした。

主人公がたまたまベンチに居座った女性に自分の経緯を語ると言う、極めてシンプルな展開であり、
監督ゆえにか、「おい、マクフライ」と云わんばかりに少年期にいじめっ子たちに追い掛けられる光景が見られたり、

卓球→軍隊を通して、主人公が純朴であるがゆえに順応性が高く、お世話になった上官(下の文も参照)の人生をも幸せに変えてしまったところは、火鳥 勇太郎(ファイバード)に通じるものがありました。(笑)

最終的には義手義足で元通りになるとはいえ、戦争で上官の体が五体不満足になってしまった場面はグロく、評価が分かれるかな=人を選ぶかなと判断して、「最高」には一歩届かず。

2017/04/16 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:220(66%) 普通:60(18%) 悪い:53(16%)] / プロバイダ: 19667 ホスト:19744 ブラウザ: 11323
人生は最後まで判らないもの
【良い点】
・今で言う知的障害を持つ男性が、様々な出来事を経て本人の意と関わりなく成功していった事
・人生は最後まで投げたらいけないと教えてくれた
・主人公がアメリカの史実の出来事に偶然必然に 関わりなく関わった
・亡き恋人、または妻が残した遺児に会うラストシート
【悪い点】
・主人公自身がアメリカの盛衰を体現していた様に思えた
【総合評価】
これは一人の男性が偶然必然に関わらず持ち前の力などで成功していくサクセスストーリーと、20世紀後半のアメリカ史を絡め、見つめた作品で、評価は【とても良い】にします。

[推薦数:1] 2015/07/08 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 5198 ホスト:5201 ブラウザ: 9207
簡単に言うと、「運命」を内容とした物語です。

主人公のフォレストは、低い知能であるという
運命を持って生まれ、それに劣等感を感じず
ひたむきに生き、人生を成功させた。

フォレストのママは、知能の低い息子を
生んでしまったが、他の人たちとかわりない
という考えを貫き通し、フォレストを成功に
導いた。

ジェニーは貧しい家庭に生まれ、両親・環境に
恵まれず、叶えたい夢があったが、それを
果たせずに死んでしまった。

ダンさんはベトナム戦争で「名誉の戦死」を
するはずが、助けられて理想が壊れてしまった。
しかしフォレストと共にエビとり漁を成功
させて、その後に結婚した。

それぞれの登場人物の人生がいきいきと描かれて
おり、とても感動しました。

これからを生きていく勇気をもらいました。
本当にありがとうございました。「最高」!

2014/12/01 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:287(51%) 普通:83(15%) 悪い:197(35%)] / プロバイダ: 2585 ホスト:2616 ブラウザ: 4631
【総合評価】
良い意味でも悪い意味でも脱力した映画
何故って障害を持った主人公のサクセスヒューマンドラマかと思ったらファンタジー映画だったんだもの
基本的に実は○○だから助かりましたー展開は私は良しとしない傾向にありますが、この映画にご都合的だとマジになるのは何か間違っている気がする

なんというか、小学生がお遊戯で桃太郎と鬼が仲良く暮らすエンドの寸劇をやっていても怒る気にはなれないだろ
そういった、悪意のない綺麗ごとがつめこまれているんだよ
だからこの映画にマジになって「何で急に足が治った」とか「何で都合良く戦争でほぼ無傷(ケツ撃たれたけど)」だったのかとか突っ込むのは、あまりやりたいことじゃない

あと、若干信仰的な面も出てきたからマジになって入り込むような映画じゃないと思った
教会がどうのこうのとかね
別に宗教批判じゃなくてこういう○○を信じていれば救われるという神話や昔話でありがちなお約束なんだなーと思って深みのあるヒューマンドラマじゃないって判断したよ

でも、たまにはこういう綺麗事や超善人主人公も悪くないです
世の中綺麗事だけでは上手く行きませんが、独善的な考えだけでも立ち回れないのもまた現実
だからどちらも必要なんですよ

それでヒューマンドラマから独善的な考え等を引っこ抜いて綺麗事だけで立ち回らせてしまったのがこの映画
こんな生き方は無理だろうと思う反面何が起きても、その場その場で顔色を変えずに動くフォレストの生き方には正直惹かれる

でも出来ないだろう そんなファンタジーヒューマンドラマ
要するに雨ニモマケズをそのまま主人公にしたみたいな映画です

2014/09/12 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:81(80%) 普通:1(1%) 悪い:19(19%)] / プロバイダ: 26714 ホスト:26635 ブラウザ: 10347
【良い点】
全編に渡って主人公の回想から物語が展開されていくといったスタンスであることがこの映画の最大の特徴かつ最大の長所である。

この作品の主人公であるフォレスト=ガンプがバス乗り場で待つ人達に自分の生涯について語りかけることから物語が始まり、つかみの部分から彼はどういう人生を送ったのだろうかと興味を持ちながら物語の世界に入ってこれる様な設定にしたことによりこれからの展開が気になるようになっているため、全編通じて非常に退屈させないようにできているのがGOODな所である。

ストーリーでは、話の中で好きな女の子ができたり、アメフトで優秀な選手になったり、身体能力の高さを買われて兵士としてスカウトされ戦争に繰り出した中で活躍し表彰されたり、エビの漁船員として有名になるなど、順風満帆な人生を歩んでいる印象が強い中、それに至るまでフォレストが多くの困難に直面しているシーンが描かれていたので現実的な所も表現されているなと感じた。

周囲の人達から「知能が低い」と蔑まれながらも、それをコンプレックスに感じずに、どんな逆境に直面してもめげずに、周りに流されずに自分というものをきちんと持った誠実な人物としてフォレストの生き様を描かれたことが非常に清々しく感じ、ただひたむきに真っ直ぐに突き進む勇気を彼から与えて貰った。

個人的にダン中尉がフォレストから差し出されたソフトクリームをおまるに突っ込むシーンが面白かった。

【悪い点】
ラストシーンが切ない・・・
全編にわたって希望を与えてくれるような展開が多かったので、それに準ずるような形でハッピーエンドな締め方にすれば良かったが。

【総合評価】
全米に大きな感動を与えた映画として謳われているだけあって内容が非常に充実しており、こういう生き方をしたい!と思わせるようにできていることがそう裏打ちされているのだろう。
人々が理想としている生き方は、彼のように飾らずにありのままに自分自身を表現することではないか。
たとえ周りから何を言われようとも、自分を貫くことの大切さをこの作品から教えてもらった。
大きな困難にぶちあたり逆境の中でくじけそうになった時にこの映画をみたら勇気をもらえます。
非常に感動した!最高です!

2014/05/06 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:34(52%) 普通:8(12%) 悪い:24(36%)] / プロバイダ: 16070 ホスト:16247 ブラウザ: 3521(携帯)
【評価点】
・主人公フォレストの運命的な人生を回想形式で堪能出来る。回想形式の映画は数あれど、本作程のめり込んだ映画はあまり無いだろう。
・登場人物も中々のものだ。フォレストの幼なじみや、ベトナム戦争時の戦友等、どれも印象的でハズレが無い。

【問題点、賛否両論点】
・敢えて言うなら終盤辺りが余り印象に残らなかった。回想シーン程の衝撃が無いのだ。
【総評】
個人的には中々楽しめた作品。終盤の印象の無さを除けば十分に楽しめるだろう。人の人生を回想形式で描くってのは良いものだ…。

2014/05/06 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:19(95%) 普通:0(0%) 悪い:1(5%)] / プロバイダ: 8433 ホスト:8443 ブラウザ: 4698
何を言っていいのか解らない、
何を考えればいいか解らない、
とにかくひたすら彼は走る事しか出来ない・・・男は黙って走る・・・そんな映画だった。

バッド・ベティカーの「暗黒街の帝王レッグス・ダイヤモンド」でもここまで濃くないだろうね。

2014/03/19 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6654(87%) 普通:560(7%) 悪い:407(5%)] / プロバイダ: 21846 ホスト:21815 ブラウザ: 1975(携帯)
とにかく主要登場人物が良い人ばかり。これに尽きる作品だったと思います。

この作品はざっくり言えばフォレスト・ガンプの波乱万丈の人生とサクセスストーリーを描いた内容なのですが、人と人とのかかわり合いを通して友情や親子愛や師弟愛といったものに愚直でそして一途に貫こうとする男の挽歌であると言えます。

個人的にこの作品におけるMVPはフォレストの母親だと思います。フォレスト本人がママはいつも説明が上手と言って慕っておりましたが、母親の語る言葉の一つ一つの温もりが強く胸に残りました。自分の我が子だからこそとかそういったものではなくて、本当の意味でフォレストのことをちゃんとみていたんだなあということが伝わってきます。

それから次点は友人のババでしたね。フォレストと会話をしているときにはいつでも夢中でエビ漁について語っていたりと熱い情熱が伝わってきましたが、明るく裏表のない性格で人間的に一番好感が持てました。

また一期一会というサブタイトルも実に上手いですね。バス停でのやり取りとそして人生で出会った人々とのかかわり合いの両方を掛けていると思いますが、どんなに悲しいことやアクシデントがあったとしてもそれを憎もうとせずに前を向いて生きつづけるフォレストの姿に勇気がもらえます。

評価ですが、「最高」とさせていただきます。

2013/10/14 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:326(56%) 普通:75(13%) 悪い:181(31%)] / プロバイダ: 31072 ホスト:31173 ブラウザ: 4936
【ああ、そうですか…。で、何が言いたいの?】という作品です。

日本の昔話【わらしべ長者】を2時間半かけて作ったような作品です。
宝くじで何億円当たったとか言ってるのと同じ、ただの偶然が運よく重なった人の半生を描いた作品です。
【ロバートゼメキス】、【トムハンクス】この二つの名前がなかったら、誰も見向きもしなかったと思います。

非常に見ていてつまらない作品です。
同じような人生ドラマであれば、【レナードの朝】や【コクーン】のほうが、よほど良い作品だと思います。
敢えて挙げれば、大統領に尻を見せる場面だけでしょう。

評価は【とても悪い】です。

2013/08/04 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:485(66%) 普通:101(14%) 悪い:152(21%)] / プロバイダ: 24691 ホスト:24773 ブラウザ: 6948
生まれつき知能が低いフォレストガンプの一生を描いた物語。
派手さはないし、淡々とした描写がずっと続くのですが、不思議と退屈しない作品ですね。
各所にコメディを交えながらガンプの人生を追っていきます。

派手な面白さはありませんが、ついつい続きが気になってみているうちに終わってしまいました。
結構面白い作品です。

2013/06/12 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2157(58%) 普通:743(20%) 悪い:832(22%)] / プロバイダ: 36042 ホスト:36054 ブラウザ: 5386
言ってみれば、「アルジャーノンに花束を」的な知恵おくれな主人公の物語。
頭が良すぎるよりは、こういう人生も楽しいんじゃないかと思わせてくれる作品なんですね。
正直、彼を見ていてこちらが辛くなることはいくらでもあるんですが、知的障害っていう設定のわりにはもう行動が天才的。
成功者の一生を数回経験したような人間なんですよね。
そのあたりがやっぱり、ブッ飛んでて面白い。本人は自分の偉大さに気付いてないのに、次々と利益が出てくるし、最後まで鼻にかける事はない。
真の天才ってこういう人なんだろうかと思えるくらい、淡々と大成功を遂げていくのがまず面白かった。

幼馴染・ジェニーとの恋は、少しジェニーの身勝手さが目立ちましたが、それを許せるフォレストの優しさがより際立ったかもしれません。
幼いままジェニーとの恋を少しずつ大きくしていくフォレストと、状況によって嫌なヤツにも変化してしまうジェニーとの対比は良かったと思います。
最初の方は、「一期一会」のタイトル通り、最初にジェニーが目の前から姿を消したとき(もっと言うならジェニーの引っ越し)でもう出てこないのかと思ってましたが、彼女との話が軸だったんですね。

個人的に面白かったのは、実在する人物の登場。
フォレストの些細な行動からヒントを得て大成功をする人間が、結構現実の企業だったり現実の人物だったり。
この現実の世界とのリンクが面白かったんですね。
おそらく制作側としてはちょっとしたジョークのつもりなはずなのに、親近感が沸きやすくなってました。
日本ではあんまりこういうのは出来そうにないですよね。

まあ、見ていて楽しく、そして感動するヒューマンドラマ。
吹き替えで見ましたが、フォレストの語りもなかなか良かったし、飽きずに見られたと思います。

2012/04/21 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 30641 ホスト:30502 ブラウザ: 7904
一枚の白い羽が天から舞い降りて1人の男の足元に落ちるところから始まるこの物語は、人生の寓話に満ちた物語です。白い羽は主人公ガンプが知能指数は低くとも、それ故の一途な単純さで周りの人々を愛する能力に恵まれ、天から恩寵を得ている印として描かれます。地上に生きる人々は彼によって天の恩寵を感じられることができ、それ故に彼の周りに人々が集まり、癒されていきます。若干、宗教的な聖人伝説じみた内容ですが、感動的な作品であり、内容については他に多くの良いレビューがありますのでそちらを読んで頂く方が良いかと思います。

他に語るとしたら、この作品は映像的にフィクション(虚構)である人物を自然主義的なリアリズム(実)で撮り、なお且つ、それがフィクション(虚構)であることを感じさせるという特異な手法で描かれているところです。例を挙げると、アメリカンフットボールの試合に紛れ込むガンプが、並みいる選手をごぼう抜きにし、ゴールするシーンは、まるで漫画のように明らかに嘘くさい手法で描かれています。ゼメキス監督ほどの才能ある人物なら、視点の異なる複数のカットを重ねたり、アップを多用したりすることによって、嘘をリアルに見せかけることは可能であったはずです。敢えてそうした方法を採らず、虚と実の狭間に 揺蕩いながら、フィクションであることを絶えず観客に意識し続けさせる手法はこの作品ならではです。この他にも有名な歴史上のニュース映像にVFXによって主人公ガンプをユーモアを含みながらワザとらしく入れ込み、あたかもガンプが実在したかのように描いています。しかし、観客にとってはなじみニュース映像である為、こんな事実はないことは自明です。にもかかわらず、こうした手法を採って表現しているのは、明らかに観客への効果を意識して選択された手法だからでしょう。ラストには種明かしのように寓話だと登場人物に述べさせ、物語は子供を見送るシーンで静かに幕を閉じます。

こうした虚実を綯い交ぜにし、虚実を相互に行き来する手法は、現在の日本のアニメ、ライトノベルでもなじみでありながらも、明らかな相違点もあり、手法を比較すると案外面白いかもしれません。

2011/09/09 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:882(66%) 普通:353(27%) 悪い:93(7%)] / プロバイダ: 31188 ホスト:30920 ブラウザ: 7291
評価が高い作品なので視聴してみました。監督はロバート・ゼメキス。バックトゥーザフューチャーシリーズのなんかの監督でもあります。
うーん正直微妙でした。トム・ハンクスの演技は素晴らしかったですが。
あまりにファンタジーすぎて、伝えたいことがぼけている印象。説得力がないし、ふざけているように思えてしまう。
また、ジェニーが浮薄は人物でどうも好きになれませんでした。
アカデミー賞を受賞した作品ですが、どうも私には会いませんでした。調べてみると今作が受賞した年の作品書ノミネートにショーシャンクの空にがありました。この作品も評価の割には私は良いとは思わなかったのですが、こちらの方が作品賞にふさわしかったのでは。
冒頭のシーンや故人と共演しているように見せるためにVFXを用いておりそこが監督の真骨頂、面目躍如であり、この作品の高評価につながったみたいです。それを知った上で鑑賞すると印象が変わるかもしれません。

2011/06/05 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 4239 ホスト:4410 ブラウザ: 11751
【良い点】
フォレストの名前に意味があり母親のサポートにより自立への道をはぐくむ事。
走る事により世界の広がりを感じさせる事。何故か軍隊入ってそこからババ等多くの人と関わる事。命がけの戦場での人助け。走る事が偶然の出会いや人助けとのキーになる事。
ちょっと大げさすぎる程のサクセスである事。本来ならば生きる事が辛いのに大スターとなり、大統領やジョン・レノンに会ったり何回もテレビに出る事。無欲な国民的英雄と言う感じです。しかしそれをベンチで淡々と語る無欲さが彼を成功させたのでしょう。
うらぶれたダン小隊長、これは足の速いガンプと対比されます、が再び立ち直る事。この時ガンプは命の方が大事だと思っていたのが感じられます。
ジェニーとの絡みで暗部も描かれる事。
アメリカの歴史、時事問題が挿入され関わる事。
ババとの約束、これがガンプも望んでいた平和への願いなのでしょう。またダン小隊長よりある台詞から命の価値を知っている一面がある事。
走る事により注目されたり多くの人が付いてくる事。
【悪い点】
ジェニーがやけに不幸な事。

【総合評価】

今まで全て上手く行っていたのに最後に大きな悲劇が起きてしまう事。それは避けられない事。であるのか。ガンプは自分からあまり何も望んで無いのですが、ジェニーに会いたい=挫折して故郷に帰ってくるという事でもある。まあジェニーも悲惨なのですが。夢を追う人と人助けする人の対比である。 最後にある事を知る事が最大のテーマだったのかもしれません。

2010/11/22 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2163(50%) 普通:1088(25%) 悪い:1088(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 6425
【良い点】
物語の二面性。
一つにはガンプが障害者のハンデを克服して大学、軍隊、その後の社会で成功していくサクセスストーリーです。
(知的障害もあったため余計な事を考えずに集中力が発揮できるのでしょうか?)
自分の功績が社会的にどのような意味を持っているのか今ひとつ分かってないこともあり自慢げな様子も無く、
実際に起こった事件に対しても偏った主観を交える事無く素朴に語っていくため最初は「何だ?この変な奴は?」と
思っていた人々が(ホラ話と思ってか真面目にかは別にして)聞き入ってしまう。これは視聴者も同様です。

もう一つ、本作は素朴で純真なガンプと関わって救われた人達の物語でもあります。
ダン中尉、そしてジェニー。特に本作を途中からジェニーの物語として観ている人は少なくないと思います。
ガンプから見れば彼女は今も昔も天使だったでしょうが、不遇な家庭環境&ぶち当たった現実の壁、
転落人生を歩んでいくジェニーからすれば国民的英雄に等しいガンプがどれだけ眩しく映った事か。
人生に疲れてガンプの所に戻ってきたジェニーを人を疑う事を知らない彼はそのまま受け入れます。
でも相手に劣等感を抱いたまま、その優しさに甘えてしまったらジェニーはただの駄目女で終ってしまう(恐らく本作の評価の分岐点はここです)。
一度距離を取り、身篭っていた彼の子を女手一つで育てたジェニー。
ガンプより現実の醜さや辛さが見えてしまう分、苦しみも多かったであろう彼女の人生が
最後にガンプと過ごす事で、どれだけ救われたかを思うと泣けてきます。

【悪い点】
回顧ストーリーの後の終盤がやや間延びした印象でした。

【総合評価】
ヒューマンドラマとして、やや出来すぎた感もありますが普通に感動できました。

もっと読む

「この作品何が面白いんでしょうね。でも感動するもの多々あります。ストーリーに関してはこの作品ほどご都合...」 by 名もなき詩人


次のページを読む

この評価板に投稿する



2017/05/27 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 19667 ホスト:19744 ブラウザ: 11269 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/ロマンチックな気分/楽しい/面白い/考えさせられた/勉強になった/勇気貰った/道徳心&モラル 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. "『洋画〜公開作品〜』史Ⅵ" by 陣兵
... 「ファンタスティック・フォーシリーズ」 「フィリップ、きみを愛してる!」 「フォールド・オブ・ドリームス」 「Vフォー・ヴェンデッタ」 「フィオス・エレメント」 「フィラデルフィア」 「フェーズ6」 「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」 「ブエノスアイレス」 「フェリスはある朝突然に」 「フォーガットン」 「フォー・スームス」 「フォーチュン・クッキー」 「フォレストガンプ/一期一会」 「不思議 ...
記事日時:2011/06/29 [表示省略記事有(読む)]
2. 過去の評価27 by 名もなき詩人
... 見てて罪悪感が無い。ただその辺りソフトに言いたいなと言うのはある。その辺り曖昧になってしまった。 「クリムゾン・タイド」2 冴えない。つまらない。画面内の緊迫する二人のやり取りが文字に出来てない。 「ボディガード」2 評判の悪い映画なので、ちょっと頑張って好意的な意見書いてたかった。苦しい…。 「フォレストガンプ 一期一会」4 誰 ...
記事日時:2010/11/06

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは海外映画版。その他メディアのページ: 文学:フォレスト・ガンプ
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ