[海外映画]ドリームキャッチャー


Dream Catcher
RSS
注意: これは海外映画版。その他メディアのページ: 文学:ドリームキャッチャー
海外映画総合点=平均点x評価数4,316位5,156作品中総合点-1 / 偏差値46.54
2003年海外映画総合点114位146作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
[スタッフ]
監督:ローレンス・カスダン
脚本:ウィリアム・ゴールドマンローレンス・カスダン
製作:チャールズ・オークン

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2003/04/19(土)
海外 (アメリカ):公開開始日:2003/03/21
2,17822
最近の閲覧数
1010001001
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2011/11/06 / 最終変更者:怪盗乱馬 / 提案者:怪盗乱馬 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2013/03/20 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:134(48%) 普通:64(23%) 悪い:80(29%)] / プロバイダ: 22860 ホスト:22823 ブラウザ: 7451
スティーヴン・キングの長編小説の映画化。日常に忍び込む見えざる不安。過去と未来を繋ぐ正体不明の人物。そして旧知との一年振りの再会が新たな物語の始まりとなってゆく

この映画はカオス理論や波動方程式の産物らしいと個人的に考えている。序盤から、スティーブン・キング的主題が次々と収束しては拡散して、結末を予測するのが極めて難しいのだ。残念ながら、今のところ五度観たが五度ともつまらなかったがそんなことはどうでもいいのだ。今度観る時は面白い結末に収束するかもしれないのだ。いやそうに決まっている。でもどうすれば・・・。そう「どうすれば?」なんだ。というかなんで爪楊枝なんだ・・・クソ!クソ!まただ!画面に、ああ!イカが!イカが!

2012/01/14 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1337(49%) 普通:0(0%) 悪い:1370(51%)] / プロバイダ: 16070 ホスト:16059 ブラウザ: 2907(携帯)
青春モノだったりドラマ的だったりエイリアンモノだったり色々な作品をごちゃ混ぜにしたような感じだった。
最初仲間の絆とかそういう方向で進んで行くのかなと思ったらいきなりエイリアンが出てきてホラー映画みたいになっていったり、最初の内はなにが起こったのか謎とかもいっぱいあってその面白さはあったんだけどエイリアンが出てきた瞬間三流モノというかショボくなっていった。
4人か5人ぐらいキャラがいてそれぞれ超能力みたいな特殊能力を持っていて、結構それで引っ張っていたりするんだけどあまり語られる事はなくそこも中心ではなく超能力作品ではないので大げさに使ったり見せたりしない。
ただ当たり前の一つの設定としてでしか使っていない。
そこら辺が色々ありきたりの寄せ集めのネタを使ってる割には特殊というのか意外性があった。
その特殊能力を持った人間対エイリアンとの駆け引きだったりやり取りは緊迫感があって面白かった。
元々色々な作品をごちゃ混ぜにしてやるっていう狙いがあってやってるんだけど、それだけに一つ一つの設定とかが中途半端になってしまった。
一番大事なはずの過去に出会った少年との関係性も薄かったし、ドリームキャッチャーのタイトルやSSDも重要なキーワードのようであまり意味がなかった。
意味のないシーンなのか何なのかは分からないけど、語られていないから分からなかったり、ワザと語っていなくて考えさせたり分からなくてもいいやみたいな世界観だから世界観や雰囲気で押し切るような作品だから、そういう狙いはあると思うけど、それでもちょっと色々抜け落ちすぎているので個人的にはモヤモヤが残った。
サミュエルが悪キャラとして存在感があって引き立てていたんだけど最後はあっさり死んだりそこら辺が他の作品とは違うところ何だろうけど、軸がどこにもなくて見方によって軸が変わっていったり下手すりゃバラバラでまとまりがない作品に見えるけどそれを意図してやっている。
そこまで内容は語られてないしストーリーも続いてきた訳ではないのに、最後は唐突に青春モノっぽく終わって行くのもそんな感じだった。

これを面白いっていう人の意見は分かるし面白さも分かるんだけど個人的には合わなかった。
オチもいまいちだったし。
ただキャラは良かったしキャラと世界観だけで観ていける。
あまり深く考えず雰囲気だけを楽しむ作品なのかも知れない。

この評価板に投稿する




1. 友情実話伝説-Part2″陣兵の専学生活編″- 第49話(699話)「専攻制作Ⅱその6〜″深夜、街中で、動物が、無実の罪で逮捕される″絵 by 陣兵
... ・カサヴェテス監督】 「アメリカの影」、「よみがえるブルース」、「愛の奇跡」、「こわれゆく女」、「ラヴ・ストリームズ」他。 68.【エリア・カザン監督】 「アレジメント/愛の旋律」、「ラスト・タイクーン」他。 69.【ローレンス・カスダン監督】 「白いドレス」、「再会の時」、「シルバラード」、「偶然の旅行者」、「ドリームキャッチャー」他。 ...
記事日時:2009/09/03

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは海外映画版。その他メディアのページ: 文学:ドリームキャッチャー
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ