[海外映画]冒険王 (国際公開版)


ぼうけんおう こくさいこうかいばん / Dr. Wai in ''The Scripture with No Words''(International ver.)
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数3,174位5,174作品中総合点0 / 偏差値47.65
1997年海外映画総合点54位76作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優2.00(とても良い)1
キャラ・設定0.00(普通)1
音楽0.00(普通)1
ストーリー0.00(普通)1
映像-1.00(悪い)1
ロマンチックな気分100%1人/1人中
楽しい100%1人/1人中
格好良い100%1人/1人中
面白い100%1人/1人中
可笑しく笑える100%1人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

舞台は1930年代、列強の支配下に置かれた中国。冒険家であり考古学者のワイ博士と助手のパオは、
強大な力を秘めた伝説の教典「真経」とそれを見つけ出す鍵「経箱」の発見を政府に依頼される。
経箱は愛国的な新聞社・正義日報の編集長が持っている事が明らかになるが、
編集長は殺され、二人はその娘シンとともに真経を探しに出発した。
※国際版の評価板です。香港版の評価は下記にお願いします。
冒険王(香港公開版)↓
http://www.accessup.org/jmovie/7_Dr_2EWai_20In_27_27The_20Scripture_20With_20No_20Words_27_27_20_28Hong_20Kong_20ver_2E_29/

配給:ツイン 監督:チン・シウトン 製作:ティファニー・チェン

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:1997/04/19(土)
2,16622
最近の閲覧数
2000011010
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2011/11/13 / 最終変更者:曲がり角のアイツ / その他更新者: はるすけ / 提案者:曲がり角のアイツ (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2012/02/15 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3028(60%) 普通:854(17%) 悪い:1175(23%)] / プロバイダ: 11785 ホスト:11552 ブラウザ: 9929
自分達が結婚する未来と日本が戦争に負ける未来を見てバオとシンが燥ぐシーンに見られる様に反日色が強い事。
これが、この作品最大の欠点です。

話は、冒険王ことワイ博士が経箱と真経の捜索依頼を受ける所から始まります。

女装して日本領事館に潜入する冒険王、ガス室に入れられた高僧とユンフンに重ねて豚呼ばわりされる日本人、
冒険王とユンフンのロマンス、冒険王とユンフンを乗せた暴走機関車、バオとシンや冒険王とユンフンの痴話喧嘩等、
作品自体は、冒険物特有の娯楽のエキスがふんだんに詰まっていました。

アクションシーンを見ても、信じられないスピードで拳を繰り出す、馬車から投げ出されたユンフンを抱きかかえる、
日本を非難する記事ばかり書く正義日報に押し掛けた日本人達を子供扱いする、機内に侵入した化け物と戦う、
互いに炎に包まれた武器を片手に化け物と化したニーバイとやり合う等、
スピードに重きを置いたアクションはブルース・リーやジャッキー・チェン等の作品とは一線を画す物でした。

冒頭で指摘した欠点が響いた為、評価は「悪い」寄りの「普通」です。

2011/11/13 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:361(59%) 普通:100(16%) 悪い:148(24%)] / プロバイダ: 195 ホスト:151 ブラウザ: 13184
【良い点】
ハイレベルでケレン味溢れるアクション。
ビリー・チョウ演じる大佐や忍者軍団との大立ち回りはカッコいいの一言。
リンチェイ&金城武の女装など笑えるシーンもそれなりに面白い。

【悪い点】
本来この作品は「『冒険王』という物語を通しての作家チョウの人生の再生」がテーマなのですが、
この国際版は「『冒険王』の物語」だけが抽出され、全く別物の冒険ストーリーになっています。
それだけに、単品で見ると映像がチープで深みに乏しく、荒唐無稽な印象が拭えません。

それと、戦争の犠牲者を笑いものにしたラストシーンはいくら何でも悪趣味。
アジア映画の反日描写でここまで生理的嫌悪を覚えたのは初めてです(香港版はテーマの都合ちょっとマシになっていますが)。

【総合評価】
本作には国際版と香港版があり、今年になって香港版も国内DVD化されましたが、まずはこちらから視聴するのがお奨めです。

評価は「良いに近い普通」で。

この評価板に投稿する



2011/11/13 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 195 ホスト:151 ブラウザ: 13184 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事ロマンチックな気分/可笑しく笑える/楽しい/面白い/格好良い 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像悪い(-1 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

1. 全般::子供番組日曜朝9時の陣 by 無限堂
... 等身が逆転したのは女性上位の昨今を象徴しており、やや無理があるのと、怖いけど映像が洗練され過ぎているのも玉に傷かも知れません。 第5期四十七志士編の二の舞は回避願いたい一方、5期のシリーズ構成だった三条陸氏は本当に不運な作家と痛感します。(ダイの大冒険、スラムダンクアニメ版は共に打ち切り、冒険ビィトは原作未完 ...
記事日時:2018/04/02
2. citrus 感想#08 by エスパー
... な引きだったよ。 あと姫子ちゃんは負けたとはいえ芽衣ちゃんを想ってくれるのあったけえ…。 ハグして「クリスマス楽しんでくださいな」と声かけてくれるの最早友情関係だよ! レズとまでは行かないけれど、姫子ちゃんとの関係素直に尊かったです。 今回柚子ちゃんたちが訪れたのはお台場アクアシティ、あそこいいよねー。 お台場冒険を機にほぼ ...
記事日時:2018/03/02
3. ぼくのハートちゃん by ウクレレ
... けど、初期の頃はやっぱり師匠である貝塚ひろし先生の影響をどこか受けてますね。 ひろしが随分とイケメン風に描かれてることもあって、ちょっと笑ってしまう。 15巻くらいから、だいぶギャグ漫画らしい画風になりますね。 吉沢やすみ先生の他の漫画では『ぼくのハートちゃん』っていうの覚えてます。 確認してみましたが、初出は「冒険増刊」で1976 ...
記事日時:2017/11/25
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ