[海外映画]カラー・ミー・ブラッド・レッド


Color Me Blood Red
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数3,147位5,396作品中総合点1 / 偏差値48.18
2012年海外映画総合点76位223作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

スランプに悩む売れない画家が、血糊を絵の具に使う事を思いつく。この狂気の芸術の為に、画家は「絵具」を求め猟奇的殺人を繰り返す…。
●スタッフ
製作:デイヴィッド・F・フリードマン
監督:ハーシェル・ゴードン・ルイス
脚本:ハーシェル・ゴードン・ルイス
日本 公開開始日:2012/10/06(土) 「ハーシェル・ゴードン・ルイス映画祭」にて初上映
海外 (アメリカ):公開開始日:1965/10/13
プロモーションビデオ (1個)
Color Me Blood Red 1965 Trailer 1080pColor Me Blood Red 1965 Trailer 1080p
1,29011
最近の閲覧数
1000001110
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2017/04/21 / 最終変更者:634 / 提案者:霧の童話 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/03/20 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:503(56%) 普通:109(12%) 悪い:293(32%)] / プロバイダ: 3738 ホスト:3806 ブラウザ: 5779
スランプの画家が、偶然血を絵具にした事で批評家から絶賛を受け、
作品を描くために殺人を繰り返さなければならなくなる。
という、一風変わった動機の殺人鬼が主人公のスプラッター映画です。

文字通り、心血を注いだ作品、という設定はかなり面白いのですが、
彼の描く絵があまりに稚拙な出来だったのは、
ルイス監督特有の、一般人受けしにくいギャグだったのか不明。
また、血は乾いたら変色するものなので、
作品の赤色が、いつまでも鮮紅色を保っていたのも無理な話。

評価:良い

この評価板に投稿する





作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ