[海外映画]プーと大人になった僕


ぷーとおとなになったぼく / Christopher Robin
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数3,286位5,299作品中総合点1 / 偏差値48.18
2018年海外映画総合点41位78作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像2.00(とても良い)1
キャラ・設定1.00(良い)1
声優・俳優1.00(良い)1
音楽0.00(普通)1
ストーリー0.00(普通)1
面白い100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
2018年米製作
配給:ディズニー

スタッフ
日本 公開開始日:2018/09/14(金)
海外 (アメリカ):公開開始日:2018/08/03
公式サイト
1. プーと大人になった僕|映画|ディズニー公式
プロモーションビデオ (2個)
「プーと大人になった僕」日本版特報「プーと大人になった僕」日本版特報
[もっと見る]
4,78511
最近の閲覧数
6001000100
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2019/06/15 / 最終変更者:634 / 提案者:634 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/04/23 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:684(68%) 普通:127(13%) 悪い:190(19%)] / プロバイダ: 20576 ホスト:20533 ブラウザ: 5517
【良い点】
・「くまのプーさん」の内容を知らなくても絵本風で前日談も振り返っていて、理解しやすく分かりやすい構成
・事前印象よりぬいぐるみ感は少なく実写化に違和感がない。駅のシーンなど戦後ロンドンがしっかり再現されているのは見入った
【悪い点】
時空が繋がった仕組みが謎、万事ハッピーエンドに向けてご都合な運びに見えたり、仕事バカは悪主張ともとれるようなステレオチック
【総合評価】
ディズニー版「劇画オバQ」というのはまず思い浮かんだ(向こうが意識したかは不明)。途中からの展開はこうも真逆になるんだなと面白くも感じて、「劇画オバQ」に比べると深みや衝撃は感じなかったが良い話にまとめた。評価は「普通」寄りの「良い」

この評価板に投稿する



2019/04/23 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 20576 ホスト:20533 ブラウザ: 5517 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事面白い 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ