[海外映画]キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー


G(全年齢対象)

きゃぷてんあめりかうぃんたーそるじゃー / Captain America The Winter Soldier
  • 友情
  • 格好良い
  • 面白い
  • 熱血
  • 悲しい
  • 考えさせられた
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数342位5,178作品中総合点13 / 偏差値58.41
2014年海外映画総合点3位195作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像2.67(最高)6
キャラ・設定2.50(最高)6
声優・俳優2.33(とても良い)6
ストーリー2.33(とても良い)6
音楽1.83(とても良い)6
友情100%6人/6人中
格好良い100%6人/6人中
面白い100%6人/6人中
熱血67%4人/6人中
悲しい67%4人/6人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

アベンジャーズの戦いから2年。アベンジャーズのメンバーであるキャプテン・アメリカ、ニック・フューリー、ブラック・ウィドウは、これまで共に戦ってきた仲間である国際平和維持組織シールドから、突然生命を狙われる。巨大な包囲網を逃れ、逃亡者となった彼らであったが、謎の暗殺者“ウィンター・ソルジャー"が立ちはだかる…。誰が味方なのか、そして真の敵は誰なのか?正義をかけた究極の戦いが幕を開ける。
2013年米制作
配給:ディズニー
監督:アンソニー・ルッソ ジョー・ルッソ
製作:ケヴィン・フェイグ ミッチェル・ベル ネイト・ムーア ラーズ・P・ウィンテル

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2014/04/19(土)
海外 (アメリカ):公開開始日:2014/04/04
公式サイト
1. キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー|ブルーレイ・デジ
プロモーションビデオ (1個)
デレクの予告:映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』デレクの予告:映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジ
2,72577
最近の閲覧数
2000000010
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2019/09/11 / 最終変更者:634 / その他更新者: オルタフォース / moon-moon / 提案者:TCC (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/09/11 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:554(79%) 普通:2(0%) 悪い:147(21%)] / プロバイダ: 2665 ホスト:2611 ブラウザ: 5213
2014年公開の映画でMCUシリーズ9作目になります。キャプテンアメリカシリーズの2作目で
アベンジャーズから2年後のお話を描いた物語です。

特にロジャースとナターシャのコンビは面白かったです。この2人が話しているところは新鮮な感じがしました。
ドラマ性は今までのマーベル作品の中では特に優秀であるシーンではSHIELDの創設に関わった
ハワード.スタークと元恋人のペギーの若い頃の写真が飾られていたのが感慨深かったです。

そして、親友のジェームズが改造人間としてウィンター.ソルジャーとして改造されていたのは驚きましたし、
最初に見たときは「女かこいつ」と思いましたが男だとは思わなかったのでびっくりしました。
(ほかにも女だと思った人もいると思います。)

彼がロジャースを思い出した後に記憶を消されるシーンは見てて非常に痛々しかったですね・・・・。

アクションはかなり派手でガチで緊迫感がありました。バスでのシーンや車でのウィンターソルジャーが
襲ってきて応戦するシーンは久しぶりに興奮しましたね。

フューリー長官もかっこよかったですね。無敵感が溢れる服装と眼帯をしていますが今回はピンチにあっていましたし
死んだのだろうかと思っていたら、案の定生きてはいましたね。やはり長官は無敵感あふれる人でないと困りますね。

他にはサムの特別製のウィング・パック“ファルコンとかすごくおもしろかったです。鳥型の機械デザインは
斬新なようで面白さとかっこよさに特化した形状でしたね。

キャプテンアメリカとウィンターソルジャーの最後の戦いが最大の評価ですね。
最後は二人とも助かる訳ですが、彼はまだ生きていました。ここから3作目のシビル.ウォーではどうなるのでしょうか。待ちきれないですね。

【総合評価】一番驚いたのはナターシャの髪型が変わった事と日本語吹き替えは米倉涼子さんだったんですね。
名前だけは知っていたので驚きました。濃厚なドラマ性と過去のストーリーが生み出した
今現在のストーリーにリンクするというやり方は素晴らしいと思いました。
もちろんナターシャさんもかっこよかったですよ。銃をバンバン打っていましたし、頭の回転力も健在でした。
【とても良い】にしようと思います。久しぶりに。

2016/07/01 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2210(57%) 普通:775(20%) 悪い:861(22%)] / プロバイダ: 44336 ホスト:44389 ブラウザ: 9081
『キャプテン・アメリカ』のシリーズでは、一応二作目ですが、これはなんとなく他のマーベル・シネマティック・ユニバースの作品よりも『アベンジャーズ』から地続きの物語として感じられましたね。
まあ、キャプテンに限らず、今作の主要人物としてナターシャ・ロマノフやニック・フューリーなど、「キャプテン・アメリカの登場人物」ではなく「アベンジャーズに繋がる映画群の主要人物」といった印象が強いキャラが多く登場していた点とかもその理由だと思うのですが、基本的に「単独行動よりもリーダーの印象が強い」というキャラなので、大抵アベンジャーズの時と同じ立ち位置に立てるっていうのが強いと思います。
前回は米軍の仲間たちを率いてましたけど、今作では相変わらずヒーローと繋がりを持っているので。

で、今作の敵はかつての戦友であったバッキーことウィンターソルジャーですね。
まあ、ソーとロキの因縁と比べると、洗脳ネタである為に分かり合う可能性が見えているあたりなんかがあって、そこまで悲壮感はないですが、徐々に過去の記憶が撮り戻っていく姿なんか王道展開で良かったかと思います。
終盤ではちゃんとバッキーとのやり取りの中で一作目のセリフなんかが上手く使われてもいましたし、割とその辺の設定の拾い方とか展開とかわかりやすいながらも上手いかなと。かつての英雄として展覧会扱いされるキャプテンアメリカの姿を見るロジャースなんかはちょっと他のヒーローものでは見られない光景であるとも思いましたけど。
で、ストーリー的にはあんまり派手にやらずに終盤ほどひそやかになっていく感じがしましたが、今作は派手なシーンもいくつかあるけれど『アベンジャーズ』の一端としてはスパイアクションの部類に入るような作品なんでしょうね。「巨大な存在に追われる」っていうのを描くとやっぱりスリルとサスペンスになっていく。
その辺は他のヒーローとは少し違ってましたが、まじめな彼を描く時にはそこまで違和感なく溶け合ってたと思います。

仲間としては、『アイアンマン3』でウォーマシンを操る人同様、「このシリーズの黒人って良いキャラ多いなぁ」と思わせるファルコンが登場。『アントマン』ではちょっと真面目寄りに見えましたが、今作ラストでのやり取りなんか見てると、やっぱり良い奴だなぁと思わされますね。
『アベンジャーズ』にはエイジ・オブ・ウルトロンで合流してましたが、こっちで思ったより出番がなく、むしろ『アントマン』でのアントマンとの戦いの方が印象に残ってるレベルでしたわ…。
あとは、ペギー・カーターが生存している事が発覚しましたが、むしろ生存しているから残酷というか、「本当にロジャースは最悪のタイムスリップをしてしまったんだな」と再確認させられる辛いシーンでしたね。凛々しく美しい軍人という感じだったカーターがもう死にかけの老人ですからね…。
この辺も、苦悩と正義を抱えるヒーロー像を描き出すのにかなりうまく買っていて、ロジャースの掘り下げは上手だったと思います。

評価は「良い」です。
『アイアンマン』は自己解決で掘り下げられ、『マイティ・ソー』はロキの方が掘り下げられ、『インクレディブル・ハルク』がアベンジャーズの存在で掘り下げられているのに対して、『キャプテン・アメリカ』は親友や恋人や仲間や国の存在を通して掘り下げられているキャラクターなんですよね。
この辺、さすがはリーダーという感じですが、『シビルウォー/キャプテン・アメリカ』という作品では何やらヒーロー同士での内紛が起こるようで…。ほぼ公開終わっちゃったのでDVD待ちですが、この辺も早く見たいなぁと思ってます。

2015/06/13 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1443(50%) 普通:0(0%) 悪い:1460(50%)] / プロバイダ: 14402 ホスト:14374 ブラウザ: 4721
ここ最近アメコミ原作のハイスペクタル映像系の作品を立て続けに観て来たけど、その中でも一番好きな感じかも知れない。

それぞれ映像だけを観ても迫力とか凄さとか壮大さとかってのは圧倒的なものがあるから、映像なんかは同レベルかなって思いそうなところなんだけど違っていて特徴とか個性とか見易さとかっていうのがあって、いくら映像が凄くてもゴチャゴチャし過ぎているのはダメだし作品と合ってなかったりCGに頼りすぎてアニメチックになり過ぎてもダメ。

X-MENとかマイティ・ソーとかっていうのはファンタジー要素があるから、ちょっと非リアルになっても良いんだけどこの作品の場合はアメコミ作品の中でも一番現実的だし一人の人間というか男が中心だから、内容もそうだけど映像としても現実っぽさを出さなきゃダメでそこが表現出来ていたように思う。

臨場感があってリアルだったから入り込めたし全体を映したり、スケール感や世界観を映すよりもキャプテンアメリカを映してるような感じで、キャプテンアメリカ=世界観という感じでキャプテンアメリカを中心に観れる。
X-MENやマイティソーとかも当然映像は文句なしにスゴかったんだけど、それよりもこの作品は現実的でリアルさがあってそれが凄くキャプテンアメリカに合っていたからめちゃくちゃ見易かった。

まるで8mmで撮ったみたいにちょっと色合いを暗くしてるのも凄く良かったし、動きというのかカメラの撮り方が自然でまるで直ぐ横か人物にカメラを撮り付けてるみたいに臨場感があるから引き込まれるし、テンポとかスピード感もあるからキャプテンアメリカの特徴が最大限に生かされている。
だから個人的には超能力的な技を使ったり圧倒的な力を持って戦う作品よりも好きだし、自分が戦ってるみたいにも感じる。

自分の足で駆け回ったり格闘術で倒すのがある意味アメコミ作品の中にあって新鮮だし、自分の腕で倒して行くからよりキャラクターに感情移入出来る。
一生懸命戦ってる感じもするし、何か技とかで滅多撃ちにする作品よりも爽快感がある。

バイクから飛行機にまるで跳び箱を飛ぶみたいに飛び移るシーンも良かったし、エレベーターの中で大人数相手に戦うシーンも良かった。

そして何よりキャラクター自身に好感が持てる。
アメコミ作品の主人公って高圧的だったりお調子者だったりクセがあったりするから、個人的には好感があまり持てるキャラが少ないんだけど、その中にあってキャプテンアメリカはめちゃくちゃ真面目で好青年だから本当に憧れるし応援したくなるし自分が女なら間違いなく惚れる。

映像的にもキャプテンアメリカをカッコ良く映せていてあんなダサい衣装を着てても様になるし、人間的にも魅力があって、肉弾戦で戦うスタイルがまさにリアルヒーローって感じがした。

ストーリーも自分の信念を曲げないキャプテンアメリカの良さが全面に出ていたし、周りが色々動いたり暗躍したりしてる中でキャラがブレないから軸がブレなかった。
前作からの引きや繋ぎもあったり、一回アベンジャーズを挟んでるからどうなのかなと思ったけどちゃんと忘れずに人物を出してるから、時間軸もしっかり見えてくるし想いもあったりアベンジャーズとはまた違ってこれはこれで作品性を確立させている。

敵キャラの存在も良かったし、久々にアメコミ作品の中でしっかりとした敵キャラなのかなと思った。
ヨハンソンの活躍の場も大いにあったり、黒人キャラもいい味出していた。
羽付きの空飛ぶ機械がカッコ良かった。

映像だけだと飽きやすかったり一度観たらもういいかなと思える中で、この作品はもう一度観ても良いかなと思える作品だった。

とにかくキャプテンアメリカが最高にイカしていた。

2015/05/18 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:158(51%) 普通:21(7%) 悪い:129(42%)] / プロバイダ: 1754 ホスト:1714 ブラウザ: 7902
【良い点】
1、アクション・シーンの見せ方が上手い。
キャプテン・アメリカは、強化された肉体と特殊合金の盾だけが武器で、超能力などはもっていない。だから戦い方も地味になりがちだけど、見せ方が上手いので、地味さを感じさせない。上手く盛り上げている。
特に盾の見せ方が上手く、格闘戦の武器からブーメランのような飛び道具のような使い方まで、近接戦闘から遠距離戦まで、縦横無尽の大活躍です。

2、演出が良いので、シーンごとの盛り上げ方が上手い。
ストーリーは、本当に在り来たり。どこかで見たような話の組み合わせ。
前半で死んだ仲間が生きていた、善人っぽい上司がラスボス、主人公の所属している組織が悪に乗っ取られている、銃を突きつける屈強な兵士に勇気を振り絞る技術者、などよくあるエピソードの羅列。でも演出が良いので、見てて飽きない。そういう意味では、良くできた寸劇の羅列ともいえる。

【悪い点】
1、あまりにもお約束に満ちたストーリーは、カタルシスに欠ける。

2、素人を声優に使うのは、止めて欲しい。吹き替えは、プロの声優を使って欲しい。やっぱり下手です。

【総合評価】
アメコミヒーローの映画の中では、一番面白かった。あっと驚くSF的ギミックがあれば傑作になれたのに、それがなかったのが、残念。

[推薦数:1] 2015/01/31 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:845(61%) 普通:214(15%) 悪い:329(24%)] / プロバイダ: 14704 ホスト:14682 ブラウザ: 5143
【良い点】
・冬眠関係だけは理解に手間がかかるがこの作品単体でもキャプテンアメリカの
世界観を大体理解可能
・アクションシーン、映像面の美麗さが素晴らしい。ここまで派手な話になったのは驚き
定番だがハリウッド映画の凄い部分
・展開もベタだが凝っている。飽きさせない
【悪い点】
・カタルシスが薄くやや話が暗い
・組織の内部抗争だがネオナチが悪くてアメリカ内部の腐敗などとは縁がない部分
アメリカ映画だから仕方ないのだが
【総合評価】
2014年を代表する洋画の1つと言っても良い出来だったかと。キャプテンアメリカは
アベンジャーズでも出ていたがそんな目立たなったので、こちらでの強さには
驚いた。評価は「とても良い」で

2014/07/11 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(50%) 普通:0(0%) 悪い:2(50%)] / プロバイダ: 33868 ホスト:33752 ブラウザ: 4721
【良い点】
アクションと物語のテーマ性がこれ以上ないくらいにバランスよく「両立」している

スーパーヒーロー系としては肉体と肉体、
物量と物量のぶつかり合いに徹底して重視したアクションが凄まじい

【悪い点】
本作があまりに傑作過ぎて
「アベンジャーズ2」への期待値と同時に、
制作陣にかかるプレッシャーの大きさが観客であるこちらにまで伝わってくる勢い(一応これも褒め言葉)

【総合評価】
「アベンジャーズ」関連のマーベルヒーロー映画は数あれど、
その中で一番群を抜いている出来栄えであると言える、
とにかく全編畳みかけるようなアクションのつるべ打ちでありながら、
その中心に流れる物語のテーマ・ストーリー性が見事に両立している構成に唸らされる
展開されるアクションシーンも、そのほとんどがCGに極力頼らず、
生身の肉体と現地ロケでの大破壊シーンに重視した見せ場が凄まじく
またテーマ性に関しても、行き過ぎた「正義」がどのようにして自国の破滅へと向かわせるか、
これは過去のアメリカ社会の政治に対する痛烈な風刺であると同時に、
若者に対し、前時代的かつ独善的な価値観を無理やり押し付けている
日本社会に関しても決して例外ではないと言える、

そんな中で「真の自由」を信じて己の身一つで戦うキャプテンの姿に心の底から感情移入でき、
またそれを後押しする仲間の人たちも実に頼もしい、心配なのは本作の出来があまりに良すぎて
果たして「アベンジャーズ2」が今作を超えられるかという不安が多少出てきてるが、
監督を続投するジョス・ウェドンの手にかかれば、その心配は杞憂である事を祈りたい、
とにかく本年度の娯楽作にして抜群の完成度を誇る本作、必見である!

2014/05/04 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:586(55%) 普通:220(21%) 悪い:264(25%)] / プロバイダ: 2751 ホスト:2935 ブラウザ: 5171
記録的ヒットを誇るアベンジャーズ・プロジェクトの作品。
ファーストアベンジャーの続編としては勿論、アベンジャーズと同2とを繋ぐエピソードの懸け橋としても優秀。

アメリカの伝説的英雄、キャプテン・アメリカ。専用盾を攻防両面に駆使し、迫力のアクションで超人たちと渡り合ってきた彼を待ち受けるのは、後ろ盾のSHIELDに巣食う陰謀だった。
年老いた恋人との会話、ウィンター・ソルジャーとの悲しき戦い・・・マーベル史上最高のサスペンス映画。

最初から最後まで飽きさせず、シリアスなときはとことんシリアス。
スティーブとニックは目的を同じとしながらも志までは完全に同調できず、それでも頼もしい味方同士。
アクションの質も高い。小技が効いてスピーディーで、他のアベンジャーほど豪快ではないが心を熱くさせる。
空中戦要員のファルコンや、ナターシャも大活躍。特に後者はキャップにとって足りないものを埋めてくれる重要な存在だった。

私には、ピアースの頭に某孵卵器の耳が生えているように幻視できた。「何かを得るためには、何かを捨てなくちゃってね」

自由と秩序の狭間で揺れ動く、ヒーロー達の心。信じられるのが自分だけな状況でも、友情を捨てず、人々のため戦うキャップのカッコよさ・美しさを体験しました。

2015/02/06
評価を1段階上昇

この評価板に投稿する



2019/06/24 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 20576 ホスト:20533 ブラウザ: 5519 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事友情/面白い/格好良い/悲しい 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. 各国映画興行ランキング2014 by アニメ猫
... 円 るろうに剣心 伝説の最期編 07 *38億円 名探偵コナン・異次元の狙撃手 08 *34億円 新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜 09 *33億円 思い出のマーニー 10 *30億円 アメイジング・スパイダーマン2 アメリカ 01 333億円 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 02 260億円 キャプテンアメリカ/ウィンターソルジャー ...
記事日時:2014/12/05
2. "2014年4月に公開する新作映画特集" by 陣兵
... オペラ座へようこそ ライブビューイング シーズン2 2013〜2014/眠れる森の美女】 4月19日編 31.【レイルウェイ 運命の旅路】 32.【映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボととーちゃん】☆ 33.【そこのみにて光輝く】 34.【名探偵コナン 異次元の狙撃手】☆ 35.【ある過去の行方】 36.【キャプテンアメリカ/ウィンターソルジャー】 ...
記事日時:2014/03/20
3. アベンジャーズ見てきた!(ネタバレなし) by ねぶそくのタカ
... しね、お祭り…」 と視聴する側もどんどこハードルを下げてしまうのでございます。 そんなわけで今回見に行った『アベンジャーズ』も 何年も前から楽しみにしていたと同時に、何年も前からつまんない映画になっている覚悟はしていました。 『インクレディブル・ハルク』も『アイアンマン』も『アイアンマン2』も 『キャプテンアメリカ ザ・ファー ...
記事日時:2012/08/28

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ