[海外映画]シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ: 2016/09/26 はんぶらび


G(全年齢対象)

しびるうぉーきゃぷてんあめりか / Captain America: Civil War
  • 悲しい
  • びっくり
  • 道徳心&モラル
  • 格好良い
  • 面白い
  • 熱血
  • 友情
  • 考えさせられた
  • 勉強になった
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数314位5,411作品中総合点15 / 偏差値59.65
2016年海外映画総合点3位156作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/09/26 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:155(51%) 普通:21(7%) 悪い:126(42%)] / プロバイダ: 10161 ホスト:10073 ブラウザ: 7919
【良い点】

一つ一つのシーンのクオリティが、とても高い。戦闘シーンも、各キャラの個性を上手く生かしている。
登場するヒーローたちは戦闘力の差がありすぎるので、普通に考えたら、共闘も対決も成り立たないはず。なのに、色々と工夫して戦闘を盛り上げている。
また、最強キャラのソーを登場させず、最弱キャラのホーク・アイを再登場させるなど、キャプテン・アメリカの戦闘力に合わせて、強さのバランスを取っている。

【悪い点】

1、上映時間が長すぎる。3時間近い上映時間だけど、どう考えてもそれに見合った内容じゃない。あの内容なら、2時間以内に収められるはず。
タイム・パフォーマンスというのは、面白さに多大な影響を与える。テンポの良さは、七難隠す。この映画は、長すぎる。長すぎてかったるい。

2、前半の政治ドラマが、非常に退屈。観てて眠くなった。
そもそもエイリアンや超能力者、完璧な人造人間。もし、こういう存在が実在したら、大騒ぎになる。彼らのもっている技術を公開しただけで、文明は大きく進歩するし、社会は豊かになる。
国連が技術公開を求めないのは変だし、技術公開しないヒーローたちは、ただ自分たちがヒーローゴッコをしたいだけで、正義じゃない。リアリティを真面目に考えたら、あの映画の世界観は成り立たない。なのに政治ドラマをされても、白けるだけ。

そもそも『正義のための戦いで生み出される犠牲者』というテーマ自体、物凄く古臭くて在り来たりです。ヒーローものでは使い古されたテーマで、なんの新鮮味もないです。

3、強力で魅力的なヴィラン(悪役)が出てこない。ヴィランがいないと、話は盛り上がらないし、ワクワク感が湧かない。

【総合評価】

つまらないプロットを、優秀なスタッフを集めて映画化させた作品。
物凄く質は高い。あれだけ戦闘力に差があり、また登場するヒーローも多いのに、戦闘シーンを成り立たせたのは、単純に感心するし、凄いと思う。でも話の大まかな流れが、つまらない。そのため質の高さが、面白さを生み出していない。
質の高さと面白さとは、直結しないと思う。質というのは、あくまでも客観的なものでしかない。でも面白さとは、あくまでも個人の主観です。言い切ってしまえば、この映画は、私の感性には合わなかったってことなんです。

後、フィクションはフィクションとして、嘘は嘘として統一した方が、私は面白いと思う。ヒーロー映画に政治ドラマを入れられても、かえって嘘っぽくなる。嘘っぽさを感じると、どうしても醒めた視点で映画を観てしまう。
映画は、『醒めた視点』を観客に抱かせたら、お終いです。映画に限らず、全てのエンターティメントに当てはまることですが。
[共感]
2019/11/06 この映画はヒーロー映画としての面白さやかっこよさを求めると挫折してしまうかもしれないですね。もちろん善とは何かとか悪とは何か,正義とは何かというテーマも必要ですがヒーロー映画としてのかっこよさなどは日本の特撮の方が上回っていると思います。価値観の違いと言うのは何か新しい考えやヒントの為に必要な存在だと思いました。 by ルネサント



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ