[海外映画]ブレア・ウィッチ


Blair Witch
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数1,622位5,250作品中総合点3 / 偏差値49.79
2016年海外映画総合点23位138作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

魔女伝説を題材としたドキュメンタリー映画を撮影するために、メリーランド州バーキッツヴィルの森に入ったモンゴメリー大学映画学科の3人の学生が消息を絶ってから20年後。
失踪した3人のうちの1人、女性監督のヘザーの弟ジェームスはある日、ネット上の動画サイト「YouTube」で姉らしき人物の映った映像を見る。
姉の生存を確信したジェームズは姉を救い出し、かつ“ブレアの魔女"の謎を解くため、仲間たちと共にバーキッツヴィルの森に足を踏み入れる。

※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
2016年米製作
監督:アダム・ウィンガード
脚本:サイモン・バレット
製作:ロイ・リースティーヴン・シュナイダーキース・コルダージェス・コルダー

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2016/12/01(木)
海外 (アメリカ):公開開始日:2016/09/16
公式サイト
1. 映画『ブレア・ウィッチ』 | 12/1(木・映画の日)TOHOシネマズ 六
プロモーションビデオ (1個)
「ブレア・ウィッチ」予告編「ブレア・ウィッチ」予告編
1,64933
最近の閲覧数
1000110000
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2018/07/22 / 最終変更者:634 / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/07/18 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:841(66%) 普通:173(14%) 悪い:251(20%)] / プロバイダ: 11836 ホスト:11697 ブラウザ: 9301
予想外に楽しめた。もともと酷評が多いようだが、個人的には好きなシリーズ。
真っ暗で視界が悪く、更に今回は豪雨のシーンもあり、その中で唐突に驚かされる仕掛けと言う、所謂お化け屋敷のノリは健在。その出来も悪くない。特に土の中のトンネルのシーンはピカイチで、閉所恐怖症の人はとても見ていられないほどだと思う。
なるほどラストだけは酷すぎるが、まあ目を瞑れなくも無い。
ただこれなら無理に続編ものにしなくても、リメイクで良かったのでは無いだろうか。

ともあれ、これなら劇場で観てもよかったかなと思えた一本。

2018/01/06 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1355(49%) 普通:0(0%) 悪い:1385(51%)] / プロバイダ: 13373 ホスト:13260 ブラウザ: 4721
普通に怖かったし面白かった。
ブレア・ウィッチ・プロジェクトがもう17年前の作品って事が衝撃的だったけど、その正統な続編。
前作で消息不明になった主人公の弟が姉を捜すために同じ森を訪れる。
本当にブレア・ウィッチ・プロジェクトから(低予算)POVホラーが増えて行って、後々のRECやパラノマールシリーズといった作品を生み出す。
パラノマールなんかは固定カメラが中心だったりもするけど、POVは基本手持ちカメラで本作もそうだけどとにかく手振れがめちゃくちゃ起きて酔ったりするからその点において好き嫌いが分かれるジャンルでもある。
個人的には適当にカメラを揺らしてただ単に観辛い分かり辛い作品はダメだけど、意図した手振れだったら良いというか別に酔う事はないし好きなジャンルではある。
この作品もちゃんと映画になっていたし、一つ一つのシーンが意図して丁寧に作られているからめちゃくちゃ揺れたりするところはあるけど分かり易い。
例えフィクションだったり絶対に有り得ないあからさまに嘘臭い事が起きたとしても、やっぱり臨場感あるシチュエーションに引き込まれるしこういう雰囲気が好き。
真っ暗な森をカメラのライトだけで進んで行くところなんかはそれだけでドキドキする。
最後の方で登場してくる前作でも行方不明になった主人公が入って行った場所で、その雰囲気もめちゃくちゃ良かった。

そっから狭い建物の中を主観映像で移動して行くけど、それが自分がその中にいるような体感してるような感覚に陥る。
カットとかセットとかも良く出来てるしそこまでの引き、雰囲気作り、持って行き方も見所だった。
この場所にこういう逸話があるっていう引きを作るだけで怖さに説得力が帯びてくるし、段階的に怖さを用意してるところも飽きさせない盛り上がりを作って行った。

はじめは嘘とかイタズラとかがあったりして緩急も生まれたし、中盤の体が折れる衝撃的なシーンからクライマックスまで一気に動き出す。
余計な間とかもなく速攻で森に行ってトントン拍子に展開して行って、言わば1時間30分同じようなシチュエーションがずっと続くんだけどその中でもメリハリが効いていて心踊らされる。

当然ストーリーや内容性がある作品じゃないし怖いかどうかだけの作品なんだけど、POV系が好きな人は面白く感じる作品ではないかなと思う。

2017/10/08 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:503(56%) 普通:109(12%) 悪い:292(32%)] / プロバイダ: 4482 ホスト:4615 ブラウザ: 5779
【良い点】
正当な続編であること
前作の謎解きを多少はしていること
撮影機材も最新のものを使っていること

【悪い点】
定点カメラやドローンの導入で視点が増加し、失われたPOVの緊張感や臨場性。
強引な仲間割れ展開
クリーチャーな正体を晒したブレア魔女

【総合評価】
ブツ切りの締め方は前作を踏襲していましたが、それ以外は普通の映画でした。
せめて3年後に発表してくれれば楽しめたのですが、17年は長すぎです。

この評価板に投稿する




1. 友情実話伝説-Part2〓陣兵の専学生活編〓-第974話(1624話)「デザイン論〜その12…〓それゆけ!夏休み前マンガ祭り〓〜」 by 陣兵
... ⅩⅧ☆ 1979.【山崎風愛先生】 「Rainv I and」(読切)、「かみさまのしっぽ」(読切)、「ドームチルドレン」、 「夏限定トロピカルパフェ事件」(構成担当、米澤穂信原作、おみおみ作画)他。 1980.【山崎峰水先生】 「黒鷺死体宅配便」(大塚英志原作)、「MAIK」、「"ブレアウィッチ"シリーズ ...
記事日時:2012/03/16 [表示省略記事有(読む)]
2. 「 CUBE 」 とか 「 ブレアウィッチ ・ プロジェクト 」 とか by 夙夜健
... 外国映画の 「 CUBE 」 や 「 ブレアウィッチ ・ プロジェクト 」 などを入れたが、どうもこの手の謎系に弱い。 小学生のとき、ポプラ社の江戸川乱歩やモーリス ・ ルブランの作品を読んでから、ミステリという物がすり込まれてしまったらしい。 上記の2作もあらすじを聞いて 「 見たい 」 と思ったものの、 ...
記事日時:2006/02/14

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ