[海外映画]アックス・ジャイアント: 2015/12/28 怪盗乱馬


R15+(15才以上対象表現有)

Axe Giant: The Wrath of Paul Bunyan
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数2,429位5,299作品中総合点1 / 偏差値48.18
2013年海外映画総合点72位229作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2015/12/28 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1374(50%) 普通:0(0%) 悪い:1394(50%)] / プロバイダ: 23311 ホスト:23458 ブラウザ: 4721
犯罪者更正プログラムの一貫で五人の受刑者プラス、教官とカウンセラーの七人が山奥で生活をし始めたところ謎の巨人に襲われるという作品。
巨人はなかなか迫力があったし怖さもあったしB級ながら良く出来ていたと思うし、良い具合にグロもあって見所は多く最後まで退屈せずに観れる作品だった。
ネタ自体が面白いからそれだけで引き付けられるというのもあるし。
ただこの作品もオチがイマイチで最後の最後で息切れしてしまって安っぽさ全開になってしまう。
もう1つ2つヤマを用意して最後の力を振り絞って駆け抜けて行って欲しかった。

個人的には受刑者を個性溢れる極悪人とかにして欲しかった。
全員が全員、実は大した事ない事で捕まって良い子ちゃんって感じの人ばかりだったから拍子抜け感は否めなかった。
極悪人だったら殺されても仕方ないなって思ったところだったし、極悪人対巨人の対決も観たかった。
それによって内容も盛り上がっただろうし、良い子ちゃんだから殺されても盛り下がって行くばかりだったのが勿体無かった。

教官も偉そうで高圧キャラに見えて実は良い人だったし、素直に女の言うことを聞いて銃を置いたり最後は受刑者を体を張って救ってかっこよ過ぎかよと思った。
この教官が最後まで生き残って一人で巨人を倒したなら最高の作品になり得たんだけど、途中で一人の受刑者の父親がしゃしゃり出てきて良いところをかっさらって行ってしまった。
そしてほとんど関係ない奴等が巨人を倒してしまったので、良い止まりの作品となった。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ