[海外映画]或る殺人


あるさつじん / Anatomy of a Murder
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数2,151位5,338作品中総合点1 / 偏差値48.52
1959年海外映画総合点8位19作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.00(良い)1
映像1.00(良い)1
声優・俳優1.00(良い)1
ストーリー1.00(良い)1
音楽0.00(普通)1
考えさせられた100%1人/1人中
面白い100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
1959年米制作
監督・製作:オットー・プレミンジャー
原作:ロバート・トレイバー
脚本:ウェンデル・メイズ
海外 (アメリカ):公開開始日:1959/07/01
1,68111
最近の閲覧数
1000000010
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2016/12/31 / 最終変更者:634 / その他更新者: 永田 / 提案者:スー (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2012/09/10 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:882(66%) 普通:353(27%) 悪い:93(7%)] / プロバイダ: 31188 ホスト:30920 ブラウザ: 7300
「ファン・スミスなんて名だと陪審は信頼感を抱くが・・・―ただのスミスさ」
「仏語という手も・・・しかしなお語感がきわどいですよ。―仏語だからな」
「そんな曲やめて"ダニー・ボーイ"をひけ」
「やっぱジンを飲むやつは信用できん」
・故殺

出演はジェームズ・スチュアート、アーサー・オコンネル、ジョージ・C・スコット。

手に汗握る法的でのスコットとスチュアートの舌戦が見どころ。
丁々発止の戦いに目が離せない。
まさか"パンティー"がこんなに重要な意味を持つことになるとは。
法廷でのやりとりがセンセーショナルすぎるのは問題ですがまあフィクションなんでね。

この評価板に投稿する



2016/12/24 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 21846 ホスト:21751 ブラウザ: 1975(携帯) [編集・削除/これだけ表示]
感じた事面白い/考えさせられた 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合、又は「最悪」の比率が一定評価総数(20-30)超えても8割以上ある場合、非適切にバランスを欠いた評価者とみなして全評価削除の対象になり得ます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ