[海外映画]僕のワンダフル・ライフ


G(全年齢対象)

ぼくのわんだふるらいふ / A Dog's Purpose
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数1,752位5,176作品中総合点2 / 偏差値49.30
2017年海外映画総合点39位164作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.50(とても良い)2
キャラ・設定0.50(良い)2
映像0.50(良い)2
音楽0.50(良い)2
ストーリー-0.50(普通)2
涙流した50%1人/2人中
道徳心&モラル50%1人/2人中
友情50%1人/2人中
考えさせられた50%1人/2人中
面白い50%1人/2人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」「HACHI 約束の犬」などで知られる名匠ラッセ・ハルストレム監督がW・ブルース・キャメロンのベストセラー小説を実写映画化し、飼い主の少年と再び巡り会うため生まれ変わりを繰り返す犬の奮闘を描いたドラマ。ゴールデン・レトリバーの子犬ベイリーは、自分の命を救ってくれた少年イーサンと固い絆で結ばれていく。やがて寿命を終えたベイリーは、愛するイーサンにまた会いたい一心で生まれ変わりを繰り返すようになるが、なかなかイーサンに遭遇できない。3度目でようやくイーサンに出会えたベイリーは、自身に与えられたある使命に気づく。主人公の犬ベイリーの声を担当するのは、ディズニーアニメ「アナと雪の女王」でオラフの声を演じたジョシュ・ギャッド。若き日のイーサン役には新人俳優K・J・アパを抜擢し、成長したイーサンを「エデンより彼方に」のデニス・クエイド、イーサンの初恋相手ハンナを「トゥモローランド」のブリット・ロバートソン、大人になったハンナを「ツイン・ピークス」シリーズのペギー・リプトンがそれぞれ演じる。
2017年米製作
配給:東宝東和
スタッフ
監督:ラッセ・ハルストレム
日本 公開開始日:2017/08/29(火)
公式サイト
1. 映画『僕のワンダフル・ライフ』公式サイト
プロモーションビデオ (1個)
『僕のワンダフル・ライフ』予告編『僕のワンダフル・ライフ』予告編
2,00811
最近の閲覧数
2001002001
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2017/08/16 / 最終変更者:634 / 提案者:634 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/09/29 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3702(33%) 普通:3936(35%) 悪い:3568(32%)] / プロバイダ: 24624 ホスト:24712 ブラウザ: 8328
先日金曜ロードSHOW枠で地上波放送されていたけど、人間より寿命は短くても、何度も生き返った犬と飼い主の「切っても切れない絆」を描いたドラマ映画だったわけですか。本作は。

最初のトビーとしての人生、いや犬生は早々と終わり、この犬の飼い主たちの中でも中心的な人物はイーサンでしたが、8歳時から10代に時代が変わった時の演出も上手かったと思いきや・・・・・・・・親父は営業マンとして優秀で、家で食事会まで開いてあげた上司にも厚く信頼されていたほどだったのに何でああまで堕落しちゃったんですかね?いくらベイリーが上司夫婦を怒らせて、昇進・配置転換が遠のいたとは言え・・・・・・・・・・・・

別居後も学生アメフト選手として活躍していた息子に付きまとっていた所為で、結果的に嫉妬していたトッドの侮辱を煽り、さらにこいつによる放火、その時の足の怪我によるスポーツ推薦取り消し(さらにもっと言えばハンナとの「長い別れ」)に繋がってしまったのだから、この親父って銀魂の長谷川以上のマダオだったよね。つくづく(直接的な加害者だったトッドにはしっかり報いを下していましたが)

その後、直前に再会は出来たながらもベイリーとしての人生は間もなく終わる(と言うかまた、死んだばかりで埋められていた猫を掘り起こした事もあったけど、猫好きには涙目だったかも)も、今度はエリー、ティノとしてそれぞれ飼い主だったカルロス、マヤの孤独な心を救っただけでなく、誘拐されていた少女も命と引き換えに助けたり、マヤが結婚したアルの飼い犬・ロクシーと仲良くなったりもしたけど、ティノ編はロクシーの方が先に寿命が尽きてしまったのも切なかったですね。

残念ながらバディとしては、拾ってくれたカップルはこのカルロスやマヤの様にはいかなかった様ですが、ついにまた・・・・・・・・・・全く人生も犬生もどうなるか分からないと言うか、ゴールインまでには随分遠回りもしながらもバディはイーサン×ハンナの恋のキューピット役を改めて務めてくれて、かってラグビーボールで遊んでいたのも重要で良い伏線になっていたけど、イーサンもバディがベイリーの生まれ変わりなのに気づいて絆を一層深めたのには普通に心温まるものがありました。前述通り設定上何度も死んでいたけど、お涙頂戴もあざといとか感じなかったですしね。

続編は、吹き替え版では金曜ロードSHOWでもナレーションを務められている朴璐美氏やジョジョでもゲスト出演されていた石川界人氏も新たに出演されながらも、批評家からの評判は平凡なものだったらしいですが、そういう絆も人生は当然違えど、忘れないで大切にしていきたいとも改めて思えた良作映画でした。評価は「とても良い」で。

この評価板に投稿する



2019/09/29 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 24624 ホスト:24712 ブラウザ: 8328 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事友情/面白い/考えさせられた 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ