[海外映画]アナコンダ2: 2011/09/30 れもん


あなこんだ2 / ANACONDAS: THE HUNT FOR THE BLOOD ORCHID
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数5,245位5,407作品中総合点-6 / 偏差値42.41
海外映画平均点565位633作品中平均点-0.55=悪い/11評価
2005年海外映画総合点157位168作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2011/09/30 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 1323 ホスト:1169 ブラウザ: 6425
ボルネオ島に「不死の蘭」を取りに行った科学者たちの恐怖体験。

【良い点】
コールという人の存在、盛り上げ係でもあり、死亡フラグもつかない人であり(アナコンダに捕まって助かったのはこの人ぐらいでしょう)最後のアナコンダを「照明弾」でしとめたのも彼だしこの人がいなかったらOUTだったかも。

【悪い点】
ジャック、蘭の採取のためなら仲間も蜘蛛で動けなくさせるし(そのためにアナコンダに食われて死んでしまった)仲間のいかだは奪うし、銃で脅して自分では危険を冒さずに蘭の花を主人公に取らせようとするなどやることが汚すぎる(因果応報の言葉のとおり自分が仲間に使った蜘蛛にかまれて無残な最期を遂げてますが)
アナコンダに飲まれた上に吐き出されてしまった原住民と村で死んでいるアナコンダの体内から人の手足が切り口から見えていたのが正直引きました。
コールの体にびっしり張り付いたヒルの方が正直怖かった(というより気持ちが悪い)。
アナコンダもあれだけいると恐怖心は激減します、しかもCGっぽさが出てるし。

【総合評価】
考えてみれば「不死の蘭」を食べて突然変異を起こしたのならあれだけの攻撃じゃ死なないはずなので、あの蘭の花はひょっとしたら命がけで取りに行く価値は無かったんじゃないでしょうか?
まぁ、あんなのが大量に生き返られても正直嫌ですが。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ