[海外映画]アルバレス・ケリー


ALVAREZ KELLY
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数3,812位5,411作品中総合点0 / 偏差値47.35
1966年海外映画総合点25位29作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像1.00(良い)1
声優・俳優1.00(良い)1
キャラ・設定0.00(普通)1
音楽0.00(普通)1
ストーリー0.00(普通)1
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
涙流した0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
1962年米製作
監督:エドワード・ドミトリク
製作:ソル・C・シーゲル
脚本:フランクリン・コーエン エリオット・アーノルド
日本 公開開始日:1966/11/12(土)
96422
最近の閲覧数
1101200112
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2016/01/30 / 最終変更者:634 / 提案者:634 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/06/09 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7748(87%) 普通:662(7%) 悪い:476(5%)] / プロバイダ: 26293 ホスト:25996 ブラウザ: 10209
1864年のアメリカ。金だけのために仕事をするアルバレス・ケリーは、北軍との契約で2500頭もの牛をメキシコから運んでいた。そして、一行が農場に着いた晩に、ケリーはそこの美しい女主人チャリティと跡をつけていた南軍のロシター大佐の罠にはまってしまい、捕らえられてしまいます。ロシター大佐に脅されたケリーは渋々、牛の強奪計画に協力することになるが‥。
ウィリアム・ホールデンとリチャード・ウィドマーク主演の西部劇でしたが、まずなんといっても序盤でしょうか。いきなりリチャード・ウィドマーク扮するロシター大佐に銃で指一本を吹き飛ばされるシーンはロシター大佐の乱暴さが際立っておりましたけれども、どちらかというとサスペンス映画とかのイメージが強く、西部劇のイメージはあまりないウィリアム・ホールデンに対して、西部劇の悪役のイメージの強いリチャード・ウィドマークの面目躍如だったかなと。
ただ、中盤にかけてこれといって動きが少なくてなんだか全体的にストーリーが平坦で退屈ぎみにさせられるなといった印象でしたけれども、このあたりもう少しメリハリをつけても良かったかな。
もっとも、終盤で銃撃戦が行なわれるなか、牛の大軍が走り抜けていく様子はなかなか迫力がありましたけれども、その一方で、同時代に数多く作られた西部劇映画のなかではいささか凡庸な部類の作品だったかなという印象は否めませんでした。
評価になりますが、「普通」とさせていただきます。

[推薦数:1] 2016/01/30 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2037(50%) 普通:793(19%) 悪い:1253(31%)] / プロバイダ: 10963 ホスト:11243 ブラウザ: 7878
南北戦争題材の映画ですが、勝者である北軍ではなく、敗者である南軍視点で描かれたドラマでした。

【良い点】

「勝利こそ全て!」になりがちなアメリカには珍しい敗者側のドラマですが、北軍の為に牛追いをしていた主人公が、南軍に売られてしまい、そこで南軍の強面指揮官の命令で南軍の牛追いに使われるお話でした。

当然悶着があったり、やや頭が固い指揮官をなだめて牛を大事にしたり、上手く仕事をきっちりこなすところと、最終的に互いの良いとこを認め合うという形になっていく美談という話になるところが、作風の味になっていました。

この手の洋画の迫力とシンプルさは、地味だけど上手くまとまっていて、牛追いと動く牛たちの動きと、群れになって走る迫力は、他の作品にはないものがありました。

【悪い点】

ちょっと余計なシーン多かったかな?という気もします。途中の脱走シーンも入れる必要あった?と思うし、女達も映画には欠かせない華とはいえ、無理して出す必要あったかな?と思えそうな感じもするし、男主体になっているし、女優達が添え物にもなっていない具合だし、そうした部分でも不満があります。

男達の誤解とぶつかり合い、理解というものを最終的には・・・といったものなので、女性達の出番が削られるのは仕方ないとはいえ、「これならはじめから女性達を出演させる事はなかった」というのも否めません。

【総合評価】

そういう具合に男のドラマとしてみるならアリですが、ちょっと納得いかないシーンや、「これいいのかな?」と思えそうなトコもちらほら見えるので、徹底した作りとはいかなかったような感じもします。せっかく他の洋画には無い迫力と面白さがあるので、そういったものを前面にだした形でやれば、スッキリしたかも知れず、そこが本作が他の映画には無い魅力がありつつも、上手く作用しなかった感じもするし、南北戦争舞台にするにしても、娯楽に終始しすぎていて、肝心の戦争の描写も上手くいかなかった感じです。

つまらないと一言で決めるような映画では無いですが、アラや問題点に、コンセプトと魅力をちゃんと伝える努力と完成度があったのかどうかはやや疑問なので、そういった所を解消出来れば、もっと評価が違ったかもしれません。

この評価板に投稿する



2017/06/09 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 26293 ホスト:25996 ブラウザ: 10209 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合非適切にバランスを欠いた評価とみなして削除されます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ