[海外映画]プレデターVSネイビーシールズ


ぷれでたーぶいえすねいびーしーるず / ALIEN PREDATOR
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数4,531位5,324作品中総合点-2 / 偏差値45.74
2018年海外映画総合点74位86作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
監督:ジャレッド・コーン
製作:デヴィッド・マイケル・ラット
製作総指揮:デヴィッド・リマゥイー
脚本:ビル・ハンストック
海外 (アメリカ):公開開始日:2018/09/11
プロモーションビデオ (1個)
プレデターvsネイビーシールズプレデターvsネイビーシールズ
1,04211
最近の閲覧数
10101001680
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2019/02/08 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/06/23 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2808(60%) 普通:789(17%) 悪い:1110(24%)] / プロバイダ: 5395 ホスト:5542 ブラウザ: 8277
CGにしょぼさがない事が原因でグロの生々しさを必要以上に引き出している。
これは、この作品を視聴して気になった点の一つです。

宇宙船がホンジュラスのジャングルに不時着する所から始まり、現地に向かった米軍の偵察隊が戻らず、一人の生体反応が確認される、
仲間の救助に反対された中佐が独断で生き残りを探しに向かうと言う具合に進行します。

実際に目を通すと、腸の様なもので縛られた兵士が「逃げろ」と言うのも聞かずに先へ進む中佐達、中佐たちが入った入口が塞がれる、
入口の前で待機していた兵士が見えない敵に殺られる、緑色の文字に触れる、敵の武器を使って炎に包まれる兵士、
フラッシュでひるんだところを反撃に転じる中佐達、プロテクターに身を包んだ異星人の素顔、航路図を見つけて真相を知るブルック等、
裏山の様なジャングル、ありえない事をして命を落とす、彼ら(異星人)はエンジニアで敵意がないはずなのに
何人も犠牲者を出してる等のツッコミ所が多い。

その為、評価は「とても悪い」です。

この評価板に投稿する





作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合非適切にバランスを欠いた評価とみなして削除されます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ