[海外映画]ホース・ソルジャー: 2019/09/10 怪盗乱馬


12 Strong
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数2,218位5,013作品中総合点1 / 偏差値48.45
2018年海外映画総合点47位95作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/09/10 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1398(50%) 普通:0(0%) 悪い:1414(50%)] / プロバイダ: 13373 ホスト:13260 ブラウザ: 4721
実話の話で12人の精鋭部隊が実際にその場で馬の乗り方を覚えて5万人のタリバン兵が潜伏する山岳地帯を馬で乗り込んで勝利を収めたっていうことなんだけど、エンターテイメント作品としては戦闘シーンは迫力があって見応えがあって良い評価になった。
何より凄いのは実際に誰一人死なず12人生き残こったっていう完全勝利。
ほぼ戦闘がメインなのでそれほど内容とか大きな展開とかってのはない。
実際にあった話ではあるけどどちらかというとエンターテイメント色は強いし、リアリティさよりもどうしてもプロパガンダ色が強くなってしまう。
これほどの大勝利だから盛り上げたい気持ちは分かるけど、戦争の悲惨さ過酷さそういうのは伝わってこない。
そして個人的に疑問に感じたのが爆撃機によるミサイル投下はさすがに反則過ぎだろ。
スライム相手にイオナズンを使うような戦力差があってちょっと相手に同情してしまうというか、チート過ぎて冷めてしまうところではあった。
見方によっては殺戮にも見えるしそれだけのやる意味はあるんだけろうけど、そこの裏っ側は全く描かれてないから本当にゲーム感覚でミサイルを落としてるようにしか映らない。
だから戦争がフィクションの世界のようにしか感じなかったのもあるし、アメリカの正しさを伝えるためにはもうちょっと行為に繋げるための動機付けが欲しかった。
9.11が起きた設定みたいなものしかない。

銃弾や砲弾が飛び交う中、馬で真正面から突破して行って誰も死ななかったってなってるけど、実際は空爆でほぼほぼ片付けたんじゃないのって思ってしまう。
英雄に描きすぎているというか良くも悪くもアメリカらしい作品ではある。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ