[海外映画]プール(2017年版)


G(全年齢対象)

12 Feet Deep
RSS
注意: これは海外映画版。その他メディアのページ: 日本映画:プール
海外映画総合点=平均点x評価数4,324位5,013作品中総合点-2 / 偏差値46.03
2017年海外映画総合点123位148作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
2016年米製作
[スタッフ]
監督・脚本:マット・エスカンダリ
製作・総指揮:マーク・マイヤーズ シャロン・ボーダス
海外 (アメリカ):公開開始日:2017/06/20
1,21111
最近の閲覧数
1000200010
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2018/12/30 / 最終変更者:634 / 提案者:怪盗乱馬 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/11/19 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1398(50%) 普通:0(0%) 悪い:1414(50%)] / プロバイダ: 13373 ホスト:13260 ブラウザ: 4721
姉妹がプールに落ちた指輪を探していたところ電動カバーが作動して閉じ込められてしまうという作品。
しかも次の日は祝日で市民プールが休館のため2日間は誰もプールに来ない状況に陥ってしまう。

まずプールを仕切るためのカバーみたいなものは日本でもあるのかは知らないけど、日本ではなかなか見ないなと思った。
なんのためにこのカバーはあるのか。
そしてそのカバーに閉じ込められてしまう状況作りがそもそも無理があり過ぎるのでしかも姉妹揃って、色々都合の良い点というのは出てきてしまう。
だけど個人的にはそこの状況に持って行くまでは無理がある中で上手いことやったかなって思った。
あの狭い空間、僅かな仕切りの中での息苦しさだったり恐怖感みたいなものはあって序盤は思いの外良い雰囲気だった。

ただプールに閉じ込められるシチュエーションが題材でその状況だけでやって行くのかと思いきや、一人の清掃員が登場してきてその清掃員とのやり取りや駆け引きが中心になっていって途端につまらなくなってしまった。
これによって閉じ込められてる恐怖感というのも薄れるし、ネタありきの作品だからどうしても閉じ込められてる状況だけではネタを広げたり展開させる事が出来ず、引っ掻き回す役を登場せざる終えなかった。

清掃員は刑務所から出所したばかりでお金が必要なためにあの手この手で姉妹に嫌がらせをしてくるんだけど、プールに閉じ込められる状況以上に無理矢理感があったからどんどん冷めてくるし引き伸ばしてるのが見え見えだった。

清掃員がプールのヒーターを止めるんだけど、次の日が休館なのにヒーターはずっと付けたままだったのかっていうのも疑問だったし、清掃員を登場させたものの大きな展開というのはなく同じ事の繰り返しだったりネタの限界だった。

エロさもないし全体的に拍子抜けの作品だった。

あとちょい役でソウの人が出てるけど、この人もちょくちょくショボい作品で見掛ける。
この人がもうちょっと何か関わって来るのかと思いきや序盤だけだったのも、置き去り感があった。
ある意味この老人が姉妹を閉じ込めた一番の元凶なのに。

この評価板に投稿する




1. 星獣戦隊ギンガマン::「悪魔の策略」「モークの最期」 by 伏魔の剣
... てしまう…前半はサヤと同じく地球魔獣を意識し過ぎたが故の失敗を犯しましたが たった独り残された状況でも諦めずビズネラの満を持しての成長作戦を破綻させる様がカッコ良かったなぁ。 魔獣の接近に湧き立つバルバンを尻目に雷のアースをチャージ、放電で攻撃を加え銀河転生と共に拘束を脱出、そのまま畳み掛けてビズネラをエキス入りプールに叩き落とす… ...
記事日時:2018/11/28 [表示省略記事有(読む)]
2. 11/9漫画レビュー(週刊モーニング) by ゴーグル侍
... 掲載は12月6日発売の2019年1号です。 CITY(あらゐけいいち) CITYレースの第1コーナーは5つの障害物を超えなければいけないのですが南雲さんとババアが圧倒的な身体能力でぶっちぎって第1チェックポイントを通過したかと思いやペアが揃っていないと通過できないとの事でした。ですよねー 水難持ちのわこさんがプールにはまっている ...
記事日時:2018/11/09 [表示省略記事有(読む)]
3. 色づく世界の明日から 感想#03 by エスパー
... なったな。 ここまでの3話、良くも悪くも淡々としているかなあって印象のアニメです。 作画や美術背景(特に蛇口すげえ)そして雰囲気は最高に好みPAありがとうございますって気分だし、 瞳美ちゃんの生脚はいやらしすぎないぐらいの健全さが実にたまんねえし、 色が見えない瞳美ちゃんがカラフルな絵を描くとか写真撮影会でプールでの水上歩行 ...
記事日時:2018/10/24 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは海外映画版。その他メディアのページ: 日本映画:プール
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合非適切にバランスを欠いた評価とみなして削除されます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ