[漫画]ZINGY: 2006/07/11 古典主義


じんぎぃ / ZINGY
RSS
漫画総合点=平均点x評価数2,242位8,811作品中総合点4 / 偏差値49.77
1984年漫画総合点30位93作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
[推薦数:1] 2006/07/11 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:800(41%) 普通:462(24%) 悪い:673(35%)] / プロバイダ: 2561 ホスト:2464 ブラウザ: 5234
今ではすっかりセレブ代表みたいに世に美食を問う雁屋哲だが、昔の原作劇画の
ちょっと「行っちゃってる」左翼ぶりは、梶原一騎と並んで熱狂的というか、斜に
構えたファンがつくほどだ。雁屋哲の黒歴史(というか、美味しんぼが超異端)、
強烈な反権力とイカれた主人公達の数々のヤバサを見ていると、そのインパクトに
クラクラする。まぁそこが歪んだ視点で見ると黒い爆笑ネタなんだが。大ヒット
した美味しんぼで、途中から反権力のフリをされても、今更白けちゃうな。
そんな雁屋哲が、本来少年サンデーとカラーが合うハズも無いが、池上遼一との
コンビで「男組」や「男大空」で反権力ハード路線をひた走り、ヒットを飛ばした。
その後組んだ漫画家が、島本和彦(風の戦士ダン)と上條淳士(ZINGY)というのは、
新人漫画家と組ませ、漫画家のランクアップと同時に雁屋の毒抜きを図った、というのは
竅った見方だろうか?
島本との「風の戦士ダン」が今ひとつミスマッチな印象だったのに対し、
本作ZINGYは、完全に雁屋が上條に食われてしまった感じ。これは相当屈辱
だったんじゃないかな。この作品が面白いのは雁屋のストーリーのためじゃなく、
上條のギャグセンスのお陰だろう。そのため、すっかりギャグ漫画だが・・・
舞台は、世紀末戦争後の荒廃した世界。救世主として蘇生した少年ZINGYが、
ナビゲーターのスーパーコンピューターに導かれつつ、多くの仲間を得て、世界を
改めて支配しようとするエリートと対決するお話。おお、なんてツマラ無そうなあらすじ。
当時からして使い古されたネタで、これだけだったら格段面白くもなんともなさそう
だが、上條のスタイリッシュな絵柄で描かれる登場人物達の汚らしさ(誉め言葉)の
ミスマッチから来る「おかしさ」は計算なのか偶然なのか。仲間の渋いオヤジも一歩
間違うと土方の人、みたいだし、途中仲間になる元野盗ルイジ・バンパァ一味はコスプレ
兄弟だし、ハイパーモードになってフリチンで暴れるZINGY・・・そられが独特の
間で展開される。画力だけでなく、掛け合いや絵で表現するテンポが絶妙。本来良くある
世紀末物のはずが、すっかり妙なノリのギャグ漫画。だが、逆にストーリーのみを追うと、
ありがちな世紀末物に過ぎず面白味は薄い。連載当時、上條のギャグと絵のセンスに
驚いた物だが、この後すぐにTO-Yでブレイクするのだから、双葉より芳しかった、と
いうところだろう。短いし、後半は急ぎすぎなのだがノリとギャグで読ませる不思議な
漫画だ。まぁ、これを読んで私の中では上條が注目漫画家に、雁屋が要注意原作者に
なった事だけは事実です。「良い」で。
[共感]
2020/02/11 時期的に「毒抜きで組ませたコンビ」というのは有り得るかも知れませんね。実際、「物語」のみを追っていくと然ほど興味を惹かれる事柄は見当たりませんし。「抗放射能薬剤」云々も完全にド忘れしてたンだろうなあw by 霧の童話



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ