[漫画]幽麗塔: 2019/07/11 ルミナ


ゆうれいとう / Yureitou
  • 怖い
  • 友情
  • びっくり
  • 面白い
  • 美しい
  • 感動
RSS
漫画総合点=平均点x評価数794位8,787作品中総合点14 / 偏差値52.70
2011年漫画総合点12位332作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
[推薦数:1] 2019/07/11 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:480(64%) 普通:108(14%) 悪い:158(21%)] / プロバイダ: 54168 ホスト:54245 ブラウザ: 5213
【良い点】
・幽霊塔と呼ばれる曰くつきの建物と隠された
財宝を巡る冒険。
冴えない探偵小説オタク、天野太一と
男装の麗人、テツオの主人公コンビに
幽麗塔の所有者である検事、丸部道九郎、
娘の沙都子、怪人、死番虫など、
癖のある登場人物が面白い。

・登場人物のジェンダーに踏み込んだストーリー展開。
推理、サスペンスと見せかけて実際はこちらの方がメインだと
思われます。
テツオの抱える苦しみと太一の葛藤、
テツオが美しい女性だからではなく、男性になりたい、
男性であろうとしているからこそ、気高く魅力的だという
太一の答えは良い落とし所だったと思います。
不完全、欠けている、歪んでいる、
だからこそ好き、という考え方は
人間的で良い。

【悪い点】
・死番虫の正体。
テツオに対して呟いた『……ママ』や『義母を殺した罪を受け入れられるのは、俺だけだ。
俺は、誰も殺したくなかった。それを知っているのも、お前だけだ』
というセリフから推理すると本当はテツオの兄弟にするつもりだったのでは?
本編通り、あの人が正体だと上記のセリフが全く伏線になっていない。
そもそも、犯行の動機が適当過ぎたしなあ。
作者の方で変更しなければならない事情が発生したと思うしかないか。

【総合評価】
乃木坂先生の艶めかしく、官能的な絵柄がジャンルと時代背景に巧くマッチした
作品でしたね。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ