[漫画]ゆびさきミルクティー


Yubisakimirukuthi
RSS
漫画総合点=平均点x評価数1,530位8,763作品中総合点6 / 偏差値50.36
漫画平均点818位1,332作品中平均点0.55=良い/11評価
2002年漫画総合点75位284作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定2.00(とても良い)1
ストーリー1.00(良い)1
画力-1.00(悪い)1
ロマンチックな気分100%1人/1人中
考えさせられた100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

姉の代役でウエディングドレスのモデルを引き受けたことから、別の自分に変われる女装の魅力にとりつかれる主人公・由紀。
そんな由紀に淡い恋心を抱く幼なじみの少女・左。由紀のクラスメートで、対人関係が苦手な水面。この三人が織りなす人間模様。
著者:宮野ともちか
掲載誌:ヤングアニマル
出版社:白泉社
日本 開始日:2002/12/27(金)
18,4581311
最近の閲覧数
3210023183
この作品を漫画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2008/02/07 / 最終変更者:DONP / 提案者:ろぎ (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2015/07/24 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1654(52%) 普通:821(26%) 悪い:716(22%)] / プロバイダ: 3188 ホスト:3248 ブラウザ: 8624
変態が変態たらんことを自覚するに至るための青春と恋の物語。という表現がしっくりくる

自らも受け入れがたい性癖を持ってしまった人はどう生きていけばいいのだろうか?
その答えがココにあります。そうです、受け入れてしまうしかないんです

複雑な人間模様が女装性癖によってさらに変態的加速をしていき、それは最後まで衰えることがありません。
数々の壁を乗り越えた物語の先で主人公は何を思うのか、、、やはり自分は変態であったと再認識するのでした

できればこの性癖を変態なんていう簡単な言葉で片付けるべきではないのかもしれません
しかし今回の場合は褒め言葉なので良しとしましょう。すばらしき変態への道、変態の恋を読ませてくれてありがとう

2011/09/03 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 48179 ホスト:48118 ブラウザ: 14246
終盤、主人公は水面を選んだはずがいつの間にか微妙な雰囲気になり
左に選びなおすというのには唐突な印象を受けました。

加賀見や水面の過去には意外過ぎて驚きました。
他にもサイドキャラクターのお話は結構面白かったものがありました。

全体的に唐突な展開が多かった作品でした。

2010/08/05 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:34(76%) 普通:0(0%) 悪い:11(24%)] / プロバイダ: 18067 ホスト:18048 ブラウザ: 7371
一応全部読んだので評価します。

ラストが惜しい。これに尽きると思います。

最初から設定はとてもいい感じでした。幼馴染とクラスメイトとの三角関係、そこに主人公が女装をした姿が絡んできてさらに複雑な関係に。女装した主人公に親友が惚れるなんてことも。とにかく、設定は良かったです。

加えてサイドストーリーも好みです。個人的には9巻の睦と東子の話がお気に入り。殴りかかる睦の姿が印象的です。

ただ、あれだけ物語を膨らませたにも関わらず、連載再開後の残り数話はあまりにも消化不良でした。どのような経緯であの結末に至ったかはもっと詳しくかいてほしかったです。それに他のキャラはどうしたのでしょうか。非常に気になります。次回の本誌にて番外編が載るので、そこで多少はこの疑問が解消されるのかもしれません。

前半は良かった。ただクライマックスの描写不足が目立つために自分の中での評価が大変下がってしまった作品です。

評価は悪いとします。

追記:番外編を読みました。加賀見の話はそこそこまとまりましたが、結局水面についての描写はありませんでした。残念です。

[推薦数:1] 2010/08/04 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:48(52%) 普通:24(26%) 悪い:21(23%)] / プロバイダ: 28413 ホスト:28307 ブラウザ: 7368
【良い点】
・ストーリーのエグさ
・登場人物たちの歪んだ愛
・ラスト(由紀に訪れた結末)

【悪い点】
・途中で絵が雑になった点
・ラスト(主人公たち以外のキャラの結末が説明不足。特に水面について)

【総合評価】
主人公の由紀にその幼馴染の左、そしてクラスメイトの水面。
この三人の三角関係を中心にして描かれる青春ラブストーリー。
おおざっぱに略すと主人公の由紀がヒロインの間で揺れているだけという感じにも見えるんですが、この三人のピンと張りつめられた危うい均衡関係がとても心情豊かに描かれている。

由紀は幼馴染の左の事を大事に想っていて、それはまるでガラス細工を扱うかのように接している。
その反面で自分の中にある男の欲望にも抗いきれずに、左の肉体を欲してしまう。
そんな自家撞着に苦しめば苦しむほど、唯一自らの汚い部分を隠してくれる女装へとますますのめり込んでいってしまう。

由紀の場合、傷とか汚れとかいったものを極端に嫌悪してるんですよね。
それは、たとえ自分であったとしても我慢ならないほどに、病的なまでの潔癖ぷり。
だけどやっぱり成長していくうちにのど仏は出てくるし、声変りもしていく。
美しかった自分の肉体も、だんだんと大人の男へと変貌していく。
自分自身の内面と外見が“男"として汚されていくうちに、女装という誤魔化しも効きづらくなってくる。
そんな中でありのままの自分自身を受け入れてくれる水面という存在。
水面自身もありのままの自分を受け入れてくれた由紀の事をかけがえないものとして感じている。
お互いに行きつく結果は見えているはずなのに、惹かれあう気持ちをとめることができない。
そんな2人の関係は影の部分で結ばれているというか、共依存に似たようなものを感じます。

しかし、その関係も雲行きが怪しくなってくる。きっかけは由紀が水面にユキを投影させようとした事。
由紀自身もここら辺で心の奥底に秘めて見ないふりをしてきた自分自身の中に存在する本当の気持ちというかある欲求に気づいてしまう。
それはユキとして亘と付き合っていくうちにだんだんと肉付きが増し、具体的な形となって由紀の心をじわじわ支配していくようになる。
確か水面が言ってたと思うんですが、ユキは由紀が理想とするというか世の男どもが理想とする究極の女性像なんですよね。
そしてそのユキを形づくったものは左であり、水面であり、姉の未記であり、左の母の左智であったりする。
由紀自身が彼女たちを心の底から愛していると言ったのは、何も単に浮ついた気持ちからだけではなかったような気がする。
本当に由紀は彼女たちを愛していて、誰か一人に決めることは出来なかった。そんな中で彼女たちの魅力を寄せ集めて生み出されたのがユキという存在だったんじゃないでしょうか。

そして由紀自身もこのユキの魅力から逃れられなくなる。ここら辺は少し狂気じみていますね。
しかし、最終的に水面との関係を終わらせ、左と身も心も結ばれるという選択肢を由紀は選んでしまう。その結果、由紀はユキという存在を取り上げられてしまう。
本当の意味で“男"になったことで、女としてのユキの存在が消えてしまったという事なんですが、こういった結末はある意味欺瞞だらけの彼の最後にはふさわしいように感じます。
周りを欺き、自分を欺き、欺いている事すら欺くことで、本当に大切な物を見失ってしまった。
左は前を向きぐんぐん歩いていく、水面は由紀に捨てられる形となってしまいましたが、不健全な関係を終わらせたことで彼女自身もいつかは前に進めるでしょう。
そして残されたのは由紀だけ。彼の中ではユキの喪失によって、成長すること=汚れていくこと=大切なものを失うことという方式が生み出されてしまったような気がします。
この傷はとても深いでしょう。ある意味バッドエンドに近い結末だったんじゃないでしょうか、正直後味は悪いです。

しかし、自分はこの後味の悪さがそんなに嫌いでは無いです。
振り返ってみると、近親相姦だったり同性愛だったりエゴイスティックな愛だったり、そういった要素がこの作品には多く散りばめられていました。
人間の内面を抉り出したこの不気味さというか気持ち悪さみたいなものが本作品の魅力だったんだなと改めて感じます。
絵としては連載休止前はちょっと雑になってたし、長い間休載した後でのあの結末に憤りを感じる方もいると思います。
しかし、個人的にはそれほど荒唐無稽な印象は受けませんでした。
むしろゲテモノ的な作品としてこういう物もあっていいんじゃないかと思います。

ギリシャ神話のナルキッソスは水面に映った自分の姿に虜となりその命を落としてしまいました。
由紀もまた女装というかたちで水面を覗きこんでしまい、もう一人の自分にとり憑かれてしまった。
現代版ナルキッソスというとだいぶ美化しすぎですが、一人の人間が堕落していく悲劇的なお話としてとても惹かれるものを感じました。

2010/03/13 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2299(50%) 普通:1149(25%) 悪い:1151(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 6425
評価が途中から落ちる作品は中盤から内容が劣化・変質するものと最後にガタ落ちするものがありますが本作は後者。

内容を改めて記すと主人公・由紀が同級生の水面と年下の幼馴・左の間を行ったりきたり、
この辺りは恋愛モノのお決まりパターンなのですがコイツの本命は女装した自分である「ユキ」。
この辺のトンでもなさが本作のウリでありメインの三人に様々な脇役を絡めつつ物語が進行します。
中盤では水面を選ぶような流れになっていたのが特に気持ちのすれ違いが生じるイベントも見られない内に
その辺りがウヤムヤになり最後は水面を切り捨て、高校生になった左と一線を超えてオシマイ。
しかも水面を選ぼうとした時には自分から女装癖を脱却し、自立しようとする左を見守る姿勢を見せていたのに対し
左と結ばれた時には夢の中で別れを告げてくる「ユキ」に未練タラタラ、左に「成長なんかしなくていい」と言っています。

つまり「主人公は成長もしなければ選んだ女性を人形のようにしか見ていない最低の人間」と作品を通じて述べてるわけです。
まあ鏡の中の「ユキ」を愛でまくっていたし、成長した左の容姿が(髪の色以外は)水面にかなり酷似してましたし
女装趣味、鬼畜ナルシストなのは作中で散々、描写されてきたので何を今更ともいえますが。

しかし最低の主人公には最低の結末―水面にも左にも愛想をつかされ「ユキ」しか残らないぐらいが丁度良く
紆余曲折の上、幸せになりましたみたいな描写は読んでいた方が最低の気分にさせられます。
結末だけなら「最悪」に近いですが中盤までの貯金を加味して「とても悪い」より「悪い」で。

尚、結末を描くまでに三年間の休載期間がありましたが特に練られたオチでもなんでもなく
(これまで絡んできたキャラも殆ど登場せず、数話程度で終らせました)
幕引きに関して作者と編集部が揉めていたか、読者の頭からこれまでの展開が忘れられるのを待っていたのだと思います。

2008/02/07 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:38(60%) 普通:9(14%) 悪い:16(25%)] / プロバイダ: 17719 ホスト:17864 ブラウザ: 6520
とにかくキャラクターの個性とストーリーの意外性と多種多様な性を話題にするオリジナリティーは画期的。

ただ、キャラクターを増やしまくってしまい、こじれずにうまく収集できるのか疑問だったり、

連載休止前あたりはかなり行き当たりばったりな展開になってる上、三角関係が揺れ動く様が毎度毎度工夫なく同じ理由でしか動かなかったりするなど問題も非常に多い。

っていうか、いっそこじれにこじれて、誰か自殺する最終回くらいのほうがこの漫画にはいいのかもしれない。というかそれぐらいじゃむしろ物足りないくらい?

そもそも連載の長期休止自体読者への裏切りだが、このオリジナリティーはやはり驚愕すべきものであるから、評価は非常に難しい。

2007/08/17 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:56(55%) 普通:16(16%) 悪い:30(29%)] / プロバイダ: 6116 ホスト:6134 ブラウザ: 6306
登場人物の大半が世に言う変態と称される趣味やコンプレックスを持っている
一風変わったラブコメ漫画

まず、主人公である由紀が女装趣味、シスコン、ナルシスト(女装した自分)設定で
これだけ聞くと気持ち悪いだけの男のようにみえますが
他の登場人物もこれに負けず劣らずの変態さんが出てきます。(笑)

ただ、ストーリーはとてもしっかりしていて
こういう登場人物が出てくるのにも関わらず全然厭味が無く不快にもならない
非常に透明感ある作画もそれに一役買っていることでしょう

また、自分は作中に出てくる

・「自分だけに心を開いてくれる女の子をかわいく思わないわけない」

・「ああ、この人は自由に飛ぶための翼を平気で切り落とす、自分のもとから手ばなさない様」
「怖い」
「でもどうしようもなく惹かれる」

などのキャラクターの心情を巧みな言葉で表現しているところも「巧いなぁ」と感じました。

がしかし、最近は休載が目立ちコミックスも発売日未定となってしまいました。
いつになったら連載再開されるのでしょう…待ち遠しくてたまりません。
H×Hのようにはならないで欲しいものです。

評価は『とても良い』で

2006/09/26 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2299(50%) 普通:1149(25%) 悪い:1151(25%)] / プロバイダ: 11009 ホスト:11078 ブラウザ: 5234
スゲェ!サッカー部の大将、本当に相手が男と分ってキスしやがった!!
先日、「ハヤテのごとく」において虎鉄がナギに説得されて辿り着いた領域に自力で到達しやがった!
(勿論、お嬢はその場の勢いで適当な事をいっただけ)
しかし、やっぱり生理的にアレだな、女性読者はこういうのを喜ぶのだろうか…?
何はともあれサッカー部方面は一段落というか決着なのだろう。
いい加減に人間関係を帰結させていくべき。
海に旅行に行った時に由紀は水面を選んだはずなのに選ばれた当人が後になって
「いくら池田が鬼畜でも、まだ子供の左ちゃんには手を出さないよ。
彼女が大人になるまで待ってるんだ」
という冷めた物言いをするのはなんなんだ。
左が大人になるのは連載が終わる時だろうから水面はずっと手放せない愛人か?

2006/05/09 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:792(58%) 普通:431(31%) 悪い:147(11%)] / プロバイダ: 18384 ホスト:18446 ブラウザ: 6287
絵が好みなので、最初の方は読んでいて3人のビミョ〜な関係や心理がとても面白いと思いました。
ただ最近はその関係が崩れてどうも好みではなくなってしまい、雑誌も読んでいないので評価は難しいですが、
最初の方の良さと現在を総合で考えると、私的には 「 普通 」 にするしかありません。

2006/05/08 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:28(57%) 普通:10(20%) 悪い:11(22%)] / プロバイダ: 9237 ホスト:9170 ブラウザ: 5533
普通の三角関係のラブコメなんですが、非常に危うさを感じさせる作品であります。
丁寧に心理描写がされていて、読んでいて登場人物の叫びが伝わってくるような感じを受けました。
叫び、といっても「主義、主張」のようなものでなく、もっと単純な、「揺れ動く気持ち」なわけですが。
そこが、まるでガラスのように脆く、鋭利な読み味を生み出している原因だと思います。
この後の展開が気になってなりません。

2006/04/18 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2299(50%) 普通:1149(25%) 悪い:1151(25%)] / プロバイダ: 11009 ホスト:11078 ブラウザ: 5234
作画は万人受けする良好なものです。
しかしキャラの性格は良く言えば個性的で悪く言えばかなり破綻したヤツが多いぞ…。
その辺がこの作品の魅力なわけですが。
人気作品ゆえの脇道にそれての引き伸ばしも伺えます。
主人公、左と別れて水面を選んだ以上は女装した自分に惚れるナルシストを
いい加減、克服して彼女を受け入れて作品に幕を引けといいたくなります。

2006/02/27 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:698(59%) 普通:230(20%) 悪い:248(21%)] / プロバイダ: 2855 ホスト:2880 ブラウザ: 3875
今まで読んできたラブコメの中では最も先が気になる漫画。
変態女装少年、メガネっ娘、小学生と認めたくない小学生の三角関係ですな。

まあ流石マニア誌連載だけあって、テラウラヤマシスな展開が多い本作。
1巻ではひだり(注:名前です)がいちごを胸に当てながら「おっぱい」、と。
で、変態主人公がそのいちごを食べて「いただきます」だとか言っていたシーンはマジ引きました。
「今の高校生ってこういうものなのかー・・・」と思わせる描写がなかなか多いです。って私も高校生か。

まあそれを置いても、何故か先が気になるストーリー。
シンプルながらも、「一体誰と誰がくっつくんだ?」と思わせながらも、
既刊を集中して集めてしまうほどハマってしまいました。いやマジで。

画はまだ荒削りな部分が見られてしまいますが、それでも続きが読みたい漫画であることは間違いないかと。

2006/02/27 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:338(64%) 普通:161(31%) 悪い:27(5%)] / プロバイダ: 42181 ホスト:42029 ブラウザ: 6812
どんな作品ですか? と聴かれたら、「いちご100%みたいなマンガ」と答える。

では、「いちご100%」とどれくらい違うの? と聴かれたら、『「あぁ女神様っ」と「まもって守護月天」』くらい違うと答える。

そんな作品です。

高校生の池田由紀とお隣さんの森居左は、このまま何もなかったら、結婚していただろう、そんな関係でした。
二人の関係を変化させる切っ掛けは、池田には女装癖がにあった。女装して、写真に撮る。綺麗な自分を写真という外部記録に保存することで、違う自分を見いだす。女装にはそういう意味合いがあった(女装して、違う自分になって、何から逃れたいのかは未だに不明)。
だけど、ある日を境に、女装の意味が変わった。
同級生の黒川水面どの出会いだ。
眼鏡をかけて、人を寄せ付けない雰囲気で、自分の良さに気づいていなかった。
池田は、ちょっかいをだす。
うっとうしがられる。
仕方ないから、黒川の気を引くために、女装した自分、つまり違う自分で黒川に近づいた。
黒川も、クラスメイトではない他人性をもった男子(しかも明らかにこれは奇行だ)に、驚き、それが切っ掛けで、仲良くなった。
この時点で、池田を頂点にした三角関係になった。
その後連載が進むにつれ三角関係は瓦解するが、短期集中連載の時点(この作品は、元々話数が決まった短期集中連載だった)では、綺麗な三角関係だった。
池田は、両方の女の子が好き。もちろん、意味合いが違っている。左に対しては、年齢差からふれてはいけないモノとして認識している。一方黒川は、本当はもっと美人なのに、もったいない、自分には彼女の魅力を引き出すことが出来る、引き出したい、そう言う気持ちが最初あった。
この集中連載の時点では、左より黒川の方に重きを置いている。
変化していく黒川を追いかけることで、物語が進んでいく。左は、自分の彼氏予定者だったのに、黒川にとられそう。嫉妬と羨望がまざった複雑な感情におろおろしている。
物語が進行していくウチに、話の重点が黒川から、左に移っていく。

ここが、この物語の重要な点であろう。この三人の関係は黒川が握っている。
物語が、いちごとはちがい一人一人が悩みを抱えながら、成長していく。特に左の成長は著しい。由紀にむきあうために自己を確立していく。
なのに、黒川は、それ以降成長しない。ただただ由紀が好きな黒川で居続ける。
もし、黒川が成長していけば、物語自体が瓦解する。成立しなくなる。

個人的には、黒川の成長を見てみたいけど、物語がそこでストップしてしまう以上、それはありえないか。
残念。

この評価板に投稿する



2010/08/04 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 28413 ホスト:28307 ブラウザ: 7368 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事ロマンチックな気分/考えさせられた 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像悪い(-1 pnt)

1. 無題 by 白うに
... の剣さんの質問企画に参加しました。 今回は漫画限定で質問に答えてみました。 ではでは、さっそくどうぞ(●´∀`●)/ Q1自分の中で良印象の作品の悪い・惜しい点をあげてみてください。 A1 ☆「さきミルクティー」 女装が趣味の美少年「由紀」、あどけなさが残る年下の幼なじみ「ひだり」、学校一の ...
記事日時:2011/11/24
2. 友情実話伝説-Part2〓陣兵の専学生活編〓-第855話(1505話)「業界研究Ⅱ〜その6…〓プレ卒業制作〓[その42]〜」 by 陣兵
... が 久々 に 来校 し、陣兵らの作業を 手伝った 。 各自作業をして授業は終了した。 次回、表現技法Ⅲ編その6 第856話(1506話)へつづく… ☆人気漫画家の作品特集〜SEASONⅩⅠ〜Ⅵ☆ 1816.【宮野ともちか先生】 「肌色ソーダ水」(読切)、「さきミルクティー」他。 ...
記事日時:2011/11/18
3. 蘇るボクサー? by 十傑集
... を再開したと思ったら最低の終わり方の「さきミルクティー」、 もはや半分、匙を投げている「ベルセルク」など休載作品だらけのヤングアニマルに 遂にあの作品が帰ってきた・・・!(といっても昨冬予定から半年のずれこみ) http://www.younganimal.com/magazine/list/sesutasu/index.html 「拳奴死闘伝セスタス」と装いも新たに第 ...
記事日時:2010/05/29
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ