[漫画]ROOKIES(ルーキーズ)


るうきいず / Rookies
  • 熱血
  • 友情
  • 感動
  • 面白い
  • 勉強になった
  • 可笑しく笑える
  • 勇気貰った
  • 涙流した
  • 考えさせられた
  • 格好良い
RSS
注意: これは漫画版。その他メディアのページ: ドラマ:ROOKIES (ルーキーズ) / 日本映画:ROOKIES-卒業-
漫画総合点=平均点x評価数89位8,621作品中総合点103 / 偏差値78.89
漫画平均点199位1,317作品中平均点1.81=とても良い/57評価
1998年漫画総合点6位192作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
ストーリー2.38(とても良い)8
画力2.25(とても良い)8
キャラ・設定2.00(とても良い)8
熱血100%8人/8人中
友情75%6人/8人中
感動75%6人/8人中
面白い75%6人/8人中
勉強になった62%5人/8人中
もっと見る
属性投票する
著者:森田まさのり
掲載誌:週刊少年ジャンプ1998年10号〜2003年39号
発売元:集英社
単行本:全24巻
日本 開始日:1998 / 終了日:2003
427,8336857
最近の閲覧数
391010681181713
3人の方がこの作品が漫画として最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/01/12 / 最終変更者:永田 / その他更新者: 孔明 / 羽幌炭鉱 / 提案者:tcc (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/07/19 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 13732 ホスト:13791 ブラウザ: 4691
【良い点】
全部!川藤でしょうやっぱり。キャラクターのほとんどが尊敬する人物に川藤をつけるのは伊達じゃないとおもっちゃいます。高校時代が屈折してよくなかったのもあって。のめりこんだんですよね。現実にもこんな教師がいればいいのにな。。。とちょっと涙がでてきちゃいます。漫画もそのとおり熱い展開ですから。本当は点数なんかつけたくないんですけど

【悪い点】
現実的。それも魅力

【総合評価】
ジャンプの中でもっと看板でもいいぐらいですよね。ドラマ化もすごいぴったりだったし
あの中からいまだに活躍してる俳優さんもいるわけだし。ルーキーズ好きな人は沢山いるんだと思いました
対象年齢が幼すぎただけで。まぁ少年ジャンプはこんな漫画を描ける人もいるんだって毎週見てたんですけど
何より感動とか人間ドラマとか描ける人はすごい技量だと思うんですよね

2017/08/01 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:55(76%) 普通:6(8%) 悪い:11(15%)] / プロバイダ: 269 ホスト:364 ブラウザ: 5306
【良い点】
川藤幸一というキャラクター
熱いキャラクターの代名詞といっても過言ではないくらいの熱さはさることながら、行動だけでなく魔法のような名言で多くのキャラクターを動かす姿がカッコいい。

直情的な性格が仇となって用賀第一の監督を殴ったり、千葉監督に抗議するために相手ベンチに乗り込んだりとやりすぎな部分はありましたが、川藤だから許してしまうといった愛嬌をも持ち合わせてましたね。

その他の野球部員や二コガクの関係者やライバル校たちのキャラクターが一人一人個性豊かで共感しやすかった。一人一人の掘り下げがしっかりしていました。

魅力的なキャラクターには必ず長短がはっきりしており、これもまた魅力的な要素を作る要因だなと感じました。

ストーリーについて、不良たちが野球部を立て直すといったストーリーですが、野球部再建までにお互いがぶつかり合うなかで一人一人の考え方が変わったり、川藤に対する見方が変わる中で成長していくといったスタンスが上手くとられていた。
再建した後でも喧嘩しあったりと現実的な部分もあったのがよかった。

川藤が一人の教師として生徒たちと向き合うストーリーも熱く描かれていた。
教師や周りに不信感を感じた福原を諭し、橋からダイブして体を張って夢をあきらめてはいけないと叫ぶシーンが特に印象に残った。

練習試合で再建した野球部をその他のクラブ部員が大勢で応援しにいった場面が感動しました。カタルシスがあったので。

川藤が「立ち直るのは自分の力だ」というセリフがとても印象的だった。
このセリフがこの作品の肝となる部分だと感じた。
主人公が押しつけがましく周りを無理矢理キャラチェンジさせるのではなく、川藤の言葉がきっかけとなって自分が自分を変えるといった構成を全編通じて取っていた。だからこそキャラクターの成長が直に感じることができた。

【悪い点】
最後が駆け足で終わったところがもったいない。
下ネタが多かった上、暴力的なシーンが多かった。

【総合評価】
日常生活についてリアルに描きつつも、笑わせるところは笑わし、泣かせるところは泣かせるといったまさにドラマみたいな漫画。(のちに実写化されましたが。)
最高です。

2016/06/02 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:19(70%) 普通:3(11%) 悪い:5(19%)] / プロバイダ: 44839 ホスト:44653 ブラウザ: 10185
【良い点】
主人公の川藤。全編通してまさに絵に描いたような主人公の鑑として描かれたキャラクターだった。
数多くの名言はさることながら、彼の発する言葉で多くのキャラクターの心を響かせ、動かしていく中でストーリーがより良い方向に進んでいるところがとても良い。

さらに体をはった抜群の行動力。教師としては度を超えるであろうと思えるほどのアクションがカッコよくかつ面白おかしく描かれているので本当に印象に残る。
体をはって橋から飛び降りて「夢を捨てるんじゃなーい!」と叫ぶシーンと笹崎高校の千葉監督に相手ベンチに乗り込んでまで熱く語るシーンがかなりインパクトがあって好きだった。

彼の言葉のエネルギーと力強さはこれらのファクターから裏付けられていると言っても過言ではない。
作中でも彼がいなければ始まらないくらいの存在感を出し、みんなに慕われるような魅力的なキャラクターだった。

ニコガクのメンバーも印象的。
チームの柱の安仁屋と未熟ながらも精神的に逞しいキャプテンに成長した御子柴や奇跡をよぶ平塚などなど、個性的なキャラクターが魅力的だった。
一人一人のキャラクター像がしっかりしているので、全編通してブレなかったところがイイ。

後半に登場するヨシさんこと吉田実のキャラが好き。凄腕の記者として活躍しただけあっての洞察力の凄さとまるでナレーションであるかのように試合を読む姿が達観しているように見えてかっこいい。
川藤に助言したりするなど良識のある神様のようなキャラクターだった。

野球のシーンも結構面白い。ホームランか三振かの大味な展開が多いものの、状況に応じて作戦を駆使するところも割とあるので見応えがあります。

キャラクターのリアクションは文句なしの鉄板。
笑わせるシーンは必ず笑わせてくれるほど、コマの見せ方が上手い。

一番凄いと思ったのは文字の強弱を殆どつけず、一定の字体でセリフを最後まで構成させたのが凄い。
印象に残る言葉や力強い言葉を発する時は普通なら字体に強弱をつけるが、このマンガなら強弱つけずに普通の字体で力強く読者に伝わっているところがこの作品の特徴でもあり、強みだなと感じた。

一度掛布先生が太文字でセリフを喋ったところはありましたが。
【悪い点】
桧山の扱いが非常にぞんざいだったところ。あまり活躍の場が与えられなかったり、目黒川の連中に殴られたりまた試合で途中交代が多かったりと悲運のキャラクターとして最後まで描かれ続けていたところがいただけなかった。
人間味のある魅力的なキャラクターとして一番描かれていただけあって感情移入し易いキャラだけあって残念だった。
せめて彼が試合を決めるシーンを書いていれば面白くなったと思う。

学園生活を重視しているのは分かるが、もう少し学校から離れた話も入れれば良かったのではないかと思う。
例えば休日学校以外のプライベートでどのように過ごしているのかとか。

最終回も駆け足で終わったのがもったいなかった。

【総合評価】
一度読めば深い衝撃を与えるかのような面白いマンガ。やっぱり何回よんでも飽きないマンガが面白いんだなとこの作品が教えてくれた。

2016/01/17 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1482(52%) 普通:723(25%) 悪い:640(22%)] / プロバイダ: 37452 ホスト:37667 ブラウザ: 8632
前作の「ろくでなしBLUES」の連載中には、すでに下地が見えていた作品だといえます。
「ろくブル」は最後までボクシングマンガにはなりきらず不良マンガを貫きましたが
その過程で不良がスポーツに取り組む流れというのを描きたいという想いが生まれて
その結果に生まれた作品などではないかと個人には考えています

【良い点】
・川藤のキャラ、青春ドラマと笑い
こんなウザい教師による熱く苦しいドラマはなかなかありませんが、さらにそこに笑いがあります。
森田さんのギャグセンスによる笑いが挟まれていなければ、素直に楽しむことは難しかったかもしれません

【悪い点】
・野球自体は雑
試合が始まると笑いの数がグンッと減るのもマイナス

【総合評価】
不良については森田さんは一日の長があるため心配していませんでしたが
やはり川藤先生のキャラクター力!これが凄かった。不良がスポーツを通じて更正するパターンというのは
ままあるわけですが「川藤菌が不良たちへと感染していき、やがて熱心に野球に取り組むようになる」
そんな古臭い70年代のような青春ドラマなわけですけど、その過程の説得力が段違いでありました

上っ面で説教するのではなく、体を張って生徒たちと向かい合う姿は確かにウザいです。
しかし中途半端ではなく、絶対に成し遂げようと本気で行動する姿は本当に熱かった。
人間なんてそんな簡単に変われるもんじゃないけど、自分のためにあそこまで本気で動いてくれるなら
不良たちも心が動かされるのもわかってしまう気がするんです。川藤先生の本気度120パーセント越えの
行動力には、他の作品では生み出せない次元の違うアツさがありました

対して野球については大雑把な点が多いです。安仁屋の大黒柱っぷり、平塚の奇跡の男っぷり、関川の俊足無双など
チート設定が目立ち、単純に野球漫画として読むとおもしろくはありません。ドラマとしてはめちゃくちゃ上手いしアリだから
野球漫画としても成り立っていましたけど、個人的には不良の青春漫画なため、野球はオマケかなと感じます。
(それもあってエピローグとはいえ甲子園へ出場してしまうのはナシだったし、余談だったかなとおもう)

※さらにこちらも余談になりますが、不良のたまり場になってる野球部はとてもリアルに感じました。
というのも自分が育った当時の中学は凄く荒れていて(全国ニュースになったこともあるくらい)
野球部にその中心人物が集まっていて好き勝手やってたんです

今となれば良い思い出ですが、まさかバットで窓ガラス叩き割るのをリアルに見ることになるとは思いもしていませんで
そのとき私は中学にあがったばかりのガキでしたから本当に怖かった。そんなリアルルーキーズ野球部を知っているだけに
川藤先生もリアルでいたらよかったのに、なんて思うわけですが、さすがにそんな先生はいませんでしたけどね。

2014/08/17 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:81(80%) 普通:1(1%) 悪い:19(19%)] / プロバイダ: 9199 ホスト:8984 ブラウザ: 10347
【良い点】
川藤がいい主人公だった。
人の心に響く名言をニコガク野球部に強く訴え、彼らを改心させていくストーリーが素晴らしい。
言葉だけでなく、圧倒的といえる行動力で野球部以外の登場人物に夢を持つことの素晴らしさや仕事や学生生活において生きていく上で大切なことを力説し、彼らの考えを改めさせたことによって物語を大きく動かしているので文句のつけようのないくらい素晴らしい主人公だろう。それを否定されても前向きに考え立ち直る強さを兼ね備えているのでやはり只者ではないと思った。
漫画の世界ではあるが、彼こそが理想の教師像ではないか。
彼の熱さは作品に登場するキャラクターだけでなく、読者にも大きな影響を与えただろう。

登場人物がみな人間臭く、各キャラクターの長所や短所がはっきりしていたため感情移入しやすかった。
個人的に御子柴と若菜と桧山が好きだった。彼らは長所短所問わず分かり易いキャラクターであり共感する所が多くまた、作品を通じて一番成長したと思う。

作品のテーマは「夢に向かって努力することの大切さ」であるが、これが全話を通じて最後までブレず物語を動かす重要なファクターとして十分果たされていた。

笹崎戦が非常に面白かったし熱かった。
強豪校に対してニコガクがチーム一丸になって戦うシーンや、記者達のやりとりで笹崎の実態がわかるシーンや勝利史上主義を掲げ選手の夢を壊す千葉監督の考えに怒り抗議する川藤の行動力とセリフが一番印象に残った上感動した。
物語もテンポがよく、ストーリーが丁寧に構成されていたため、度々登場していた伏線も簡潔に回収され、矛盾点が全くなく全体的にスッキリしています。

キャラクターの大袈裟といえるリアクションも面白かった。特にニコガク野球部達笑。川藤のとんでもない行動を見て大袈裟なリアクションを取りながら驚く所をみてホントに元不良なのか笑と。ギャップが面白かった。やはり彼らは川藤先生に感化されつつ野球を通じて成長しているなぁと微笑ましく思った。

【悪い点】
登場人物のキャラは濃いが、目立つキャラクターとそうでないキャラクターの差が激しかった感じがする。
作者様の都合もあり仕様が無い所もあるが、最終回が打ち切りのように終わったのが残念だった。
平塚に虚言癖があるという設定は無理があったと思う。彼のような思ったことを直ぐに口に出すような単純でわかり易くかつ豪快なキャラクターにはそういう設定はつけないでいて欲しかった。

【総合評価】
文句のつけようのない素晴らしい漫画です。
夢を持つことの大切さを教えてくれ、そして胸を熱くさせる野球漫画の金字塔ともいえる作品です。

2012/05/14 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:70(63%) 普通:6(5%) 悪い:35(32%)] / プロバイダ: 5163 ホスト:4958 ブラウザ: 10160
【良い点】
文句のつけどころのない非常に質の高い作品だった。

【悪い点】
野球のルールがわからないと試合中流し読みになる。

【総合評価】

文句のつけどころのない完璧な作品だが、好みに少しずれている。評価は良い

2012/02/16 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2183(58%) 普通:756(20%) 悪い:847(22%)] / プロバイダ: 20089 ホスト:20180 ブラウザ: 7541
【良い点】
・不良たちが更正していき甲子園を目指すストーリー。彼らの成長も感じることができるし、読んでいて楽しい作品ではありましたね。
・画力が高い。人物の絵に迫力があります。
・ギャグっぽい描写も結構笑えました。特に平塚。

【悪い点】
・終盤がやや駆け足であること。
・甲子園以外のオマケ要素はあまり決着がついていない。

【総合評価】
夢を描いた良い作品だと思います。
ドラマから入ったので、御子柴が煙草吸ってたりというのは意外。
こっちでは野球経験者はほとんどいなかったんですよね…。

2012/02/03 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:9(35%) 普通:1(4%) 悪い:16(62%)] / プロバイダ: 18637 ホスト:18797 ブラウザ: 5999
【良い点】

・ツカミからもう既に面白い。不良たちが更正していく様子は目が離せなかった。

・野球のシーンが面白い。超人的な能力に頼らず、人間ドラマの要素も盛り込まれていて深い。

・一度更正してまた踏み外しかけたりと、リアルな人間描写がある。

・目黒川編が特に面白かった。

・挫折や過去の代償などからも目をそらさずに描けており、うすっぺらい青春モノとは一線を画している。

【悪い点】

・川藤が少し熱苦しすぎる。

・最後が駆け足。

・ニコガクメンバーが刺々しすぎる感もあった。

【総合評価】

前作「ろくでなしBLUES」よりは若干落ちるも、やはり森田作品は外さないと教えてくれる作品。ラストの欠点を差し引いてもグッド。

2012/01/06 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:25(74%) 普通:0(0%) 悪い:9(26%)] / プロバイダ: 47580 ホスト:47668 ブラウザ: 7347
【良い点】
・主人公の川藤先生のいい熱血ぶり。・安仁屋と新庄がカッコイイ!!
・御子柴のキャラは、割りとどこにでもいるおとなしい子であるせいか、共感しやすい。
・メンバーの中で、平塚のキャラが一番笑える。「塔子に一途だったり、ムードメーカーだったりでおもしろい。」
・甲子園を目指す元不良たちの熱血スポ根ストーリー。
・ギャグや日常パートが笑える。
・少年マンガらしく、なによりも勉強になる。・感動シーン盛りだくさん。
・最後までリアル路線でいること。「決して、テニプリのような超人スポーツ路線にはならない。」
・森田まさのり先生の画力、そしてマンガ家としての責任感の強さ。
・最終回の締めくくりが、ドラマみたいで、とても出来栄えあった。
【悪い点】
・タバコや暴言はちょっと教育に悪いかな?
・ケンカや出血シーンは見てて痛々しい。
【総合評価】
・ドラマも数年前に見ましたが、こちらは原作ということで見せてもらいました。そして感想はと言われますと、いやはやこれはこれで素晴らしい作品です。少年たちに夢を伝えようとした森田さんの熱い思いがギュウギュウに詰まっています。いかにも少年ジャンプらしいマンガですね。一応野球経験者でもある自分には思い入れのある作品です。ドラマも最高でした。・評価は「最高!」とつけさせていただきます。

2011/10/26 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:173(79%) 普通:32(15%) 悪い:14(6%)] / プロバイダ: 13839 ホスト:13722 ブラウザ: 5941
先週とある高校野球の試合を見ていました。勝てば甲子園選抜大会出場ほぼ確定という大一番
片や名門で中学時代からの有名選手がズラリ、片や高校も選手も全くの無名
無名校のエースは中学時代は控え。彼が名門校を完封し見事勝利した。
完璧に抑えたわけではなくピンチの連続。しかしピンチになっても最後まで崩さなかった強気の投球は本当見事でした

この試合を見て高校野球における監督の影響力って絶大なんだな、という事を改めて思い知らされました
野村克也氏が「高校野球の監督はプロ野球の監督より難しい」という事を仰ったことがあるそうですが
技術面は鍛えれても精神面を鍛えれない監督がどれほどいる事か

今作の主人公川藤監督はこの面において最高の資質を持っていると感じました
野球は素人でも一つの目標に向け選手全員を一丸にする、ピンチに動じない心を作る等
精神面を鍛え上げる事は他のどんな名将よりも優れていたと思います
最後甲子園に出場しますが運や才能があったのは勿論ですが、それを引き出したのは川藤監督に他ならない

漫画としてみれば不良の更正等都合が良すぎの面は否めないかもしれません
川藤監督の素晴らしさ、高校野球の面白さを再認識させてくれた点は最高ですが、上記をさし引いてとても良い

[推薦数:1] 2011/09/13 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:136(78%) 普通:30(17%) 悪い:8(5%)] / プロバイダ: 26232 ホスト:26151 ブラウザ: 4784
【良い点】
・敢えて言えば、主人公は川藤先生でしょうがギリギリ群像劇を描き切った点。
→これはホントに凄いと思う。どうしても作者がキャラに感情移入してしまって特定のキャラだけが突出しちゃう中、
この作品は割とバランスよくキャラクターに必要な分だけ、出番と見せ場を与えたように思う。
安仁屋は正しくイケメンでエースで四番ですが(苦笑)、それゆえに完璧じゃない部分だってあるということは
序盤から描かれてるし、御子柴は正しく「友情、努力、勝利」を描き切られたジャンプを体現したキャラクターだと思います。
新庄は全体的にちょっとおいしすぎたかな(笑)後赤星は作者もわかってるんでしょうけど、便利屋過ぎでしたね。

・「今時おマヌで熱い70年代ティーチャー」・・・だけど語彙は非常に豊富、さすが国語教師!
→本編全部読んで思ったことですが、ただの勢いだけの熱血教師でもないなあ・・・と。
作中で諺や故事成語、偉人の名言を使いこなすだけじゃなくて、ちゃんと自分の気持ち、選手達の問題点、
これからしなくちゃならないことを非常に高い説得力を持った言葉(と時に流血上等な行動で・・・)でここまで話すことが出来る人もいないと思う。
野球の知識は発展途上ですが、監督としての存在感が一級品というのもこれだけ雄弁な男なら納得。
そして何より凄いのは怖いぐらい人を信じてやまないその精神力・・・。

【悪い点】
・ニコ学の野球部員が正しくうざったいのは読者ウケが分かれるでしょうね。
川藤が主人公という物語の位置付け上、彼らがスーパーマンでは困るのですが・・・。
二年次の目黒川戦(練習試合)であのザマで新庄がいなけりゃあわやでしたし・・・。
・作中の公式戦で対決した相手がレギュラー全員、品行方正で御子柴が9人いるようなチームとニコ学を試合させてみたかった。
それも相手視点の心理描写多めでチームコンディションは本編ラストゲームとなった目黒川戦並に最悪の状況で。
これぐらいやらないと、野球部員の禊は難しかったんじゃないかと思う。
(正直、彼らの過去は取り返しはそう簡単につく問題じゃないし、甲子園にいけなかったけど
俺達よかったね、じゃ物語が破綻するだろうし、それでも前を向かせなけりゃこの物語全体が
救いが無さ過ぎることはラストシーンで万感の思いで野球部員を見守る村山義男元校長を見れば分かる。)
[共感]
2011/09/13 キャラクターのバランスと言う長所と、野球部員の難っぷりへの適確な指摘に頷きました。序盤の展開が相当に救いがないだけに・・・(ドラマ版では、その辺は設定を変更することでクリアしていたと思いますが)。 by Merci

2011/05/12 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:0(0%) 悪い:2(100%)] / プロバイダ: 15853 ホスト:15875 ブラウザ: 3183(携帯)
高評価を信じて読んでみたけどなんかすげー普通だな

野球漫画としてなら都合よくべたに進むから先読みできちゃって燃えられん
不良漫画としてなら普通

ダメじゃないけど期待しすぎててがっかりした分マイナスでした

2010/06/23 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4(67%) 普通:0(0%) 悪い:2(33%)] / プロバイダ: 28915 ホスト:28887 ブラウザ: 8091
【良い点】
描写力、ストーリーともに最高だと思います。

【悪い点】
才能と運で勝ってしまうところ。

【総合評価】
この作品には野球という主題の他に、さまざまなテーマが描かれた素晴らしい作品だと思います。

しかし、とても残念だったのが、相手校として登場するチーム、特に強豪校でスタメンに入るのもやっとのチームの努力が、主人公と数人の部員たちのささやかな努力と非凡な才能と強運に簡単に負けてしまうことです。

更生と努力を描いた漫画が、勝利を描くために、努力は才能に負けるという場面を描いてしまったことがとても残念です。

あくまで漫画ですから、主人公に光をあてるために影ができるのは当然なことですが…
とても素晴らしい作品だけにその矛盾に注目してしまいます。

2010/05/22 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:24(57%) 普通:7(17%) 悪い:11(26%)] / プロバイダ: 4679 ホスト:4466 ブラウザ: 10689
【良い点】
主人公・川藤のひたむきな教育姿勢、理不尽なことにはそれが慣例であっても異を唱える正義感、相手の人となりにかかわらず常に生徒を思いやれる優しさ。どれをとっても、まさに「教育者の鑑」というべきものです。

【悪い点】
ただ、キャラクターの名前に実在するプロ野球選手の苗字しか使っていないのは、いかがなものかと。そこにもう少し、ひと捻りが欲しかったところです。

【総合評価】
平成の野球漫画といえば、リアル路線が主流ですが、本作は現実を受け止めた上で、それを如何に理想へ近づけるかに主眼がおかれています。ですから現代的な野球漫画に対し、まさに矩を示す作品といえるでしょう。

2010/04/01 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:161(55%) 普通:11(4%) 悪い:121(41%)] / プロバイダ: 3196 ホスト:3180 ブラウザ: 5698
【良い点】
①絵がうまい
>>森田まさのり先生は北斗の拳の原哲夫先生のアシスタントをやっただけに劇画チックでいいですね。

②川藤幸一に好感が持てる
>>最初の頃は前の学校で生徒を殴ったことがあったし,緊張する癖があり,「この人,大丈夫か?」と思いましたが
人を信じ,正面から向き合い,夢とは何なのか,どれだけ大切かを熱く語っていたのでよかったな,と思いました。
あと,野球未経験だが部員達にも負けない努力の量で野球の知識を伸ばしていったのもいいですね。

③部員達にも魅力が感じられる
>>川藤幸一によって更生していき,野球に対して真面目に取り組む様子がいいです。

④偉人の名言がたびたびでてくること

⑤野球の試合描写もそこそこうまい

⑥印象に残る話が多い

⑦休載してなかったこと
>>森田先生は病気にも関わらず,休載せずに連載してたそうですね。
こち亀の秋本治先生にもいえることですが漫画家としての情熱がありますね。
某ハンター漫画の作者と某エクソシスト漫画の作者にも見習ってもらいたいものです。

【悪い点】
①最終回が・・・
>>主人公達の甲子園での試合の描写がありませんね
なんといっても唯一の短所はこれでしょう。(スラムダンクにもいえることだが)
森田先生が病気のため,打ち切りになったとはいえ,とても残念です。
そこを何とかすれば間違いなく「最高」にしてました。

【総合評価】
この作品は仲間との絆がよく描かれていた野球漫画でしたね。
青春スポーツ漫画としては素晴らしい出来です。
ドラマ化がされ,去年ヒットした理由がよく分かります。
しかし,悪い点のことを考慮して「とても良い」にします。

もっと読む

「【良い点】画力。ストーリー。キャラクター【悪い点】あると思いますか?【総合評価】「夢」について教えて...」 by シアワセうさぎ


次のページを読む

この評価板に投稿する



2017/08/09 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 269 ホスト:364 ブラウザ: 5306 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/熱血/友情/可笑しく笑える/楽しい/面白い/可愛い/考えさせられた/勉強になった/勇気貰った 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
画力最高(+3 pnt)

もっと見る
1. 御子柴クン… by 伏魔の剣
... だと中々厳しいか…。 小出恵介、未成年との飲酒・不適切な関係で無期限活動停止 7月日テレドラマは降板 しかし早速 既視感ある流れになっていて残念だなぁ。 俳優本人は兎も角 俳優が参加した作品に罪は無い訳で、流石に撮り終えたドラマや映画は従来通り放送して欲しい所。ごくせん、シン・ゴジラ、ROOKIES etcといっ ...
記事日時:2017/06/09
2. 全般::近頃のドラマと来たら by 無限堂
... から定番シリーズ、漫画原作のドラマやジャニタレ頼りが始まりました。 00年代に入り、特番編成の頻度が増え、徐々にオリジナルのドラマは姿を消し、それに反比例するかの様に漫画原作ドラマが増加し、放送回数も10回切る作品が増えて来ました。 また、TBSが土曜夜に、テレ朝が木曜夜にそれぞれ20時台のドラマが設定されましたが、ROOKIESの二週特番 ...
記事日時:2016/12/26
3. 昔ジャンプ感想::2001年ジャンプ36・37合併号感想(『BLEACH』新連載号) by エスパー
... いないゾ…。 なんかムッキムキマッチョマンになれるアフロの能力者がいたのは覚えているんだけど、その人とうっかり勘違いしちゃったぜ。 ググってみたら非能力者かつ爆弾魔だそうで、ああ全然印象に残っていないわけだ…。 相変わらず情報量が少なすぎて薄い内容なんですが、この頃のビバップリスペクトなこの雰囲気は好きなんだよなあ。 ROOKIES ◆Vol. ...
記事日時:2016/08/24 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは漫画版。その他メディアのページ: ドラマ:ROOKIES (ルーキーズ) / 日本映画:ROOKIES-卒業-
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ