[漫画]PSYREN-サイレン-


さいれん / PSYREN
  • 面白い
  • 熱血
  • 怖い
  • 友情
  • 格好良い
RSS
漫画総合点=平均点x評価数97位8,764作品中総合点100 / 偏差値77.98
漫画平均点716位1,326作品中平均点0.79=良い/126評価
2007年漫画総合点3位389作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.70(とても良い)20
ストーリー1.70(とても良い)20
画力1.30(良い)20
面白い65%13人/20人中
熱血60%12人/20人中
怖い40%8人/20人中
友情40%8人/20人中
格好良い40%8人/20人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

「秘密結社サイレン」それは人々を次々に失踪させていると噂される、都市伝説上の存在…。主人公、夜科アゲハは、突如姿を消した同級生・雨宮桜子を探すため、サイレンへの唯一のアクセス方法とされる「赤いテレホンカード」を使う。その先に、驚愕の運命が待ち受けているとも知らずに…!! 予想不可能のサスペンス+超絶バトル!!誰も読んだ事の無い漫画体験がキミを待っている!!
著者:岩代俊明
版元:集英社
日本 開始日:2007/12/03(月) 週刊少年ジャンプ 2008年1号 / 終了日:2010 2010年52号
186,628155126
最近の閲覧数
453940138311
2人の方がこの作品が漫画として最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/12/31 / 最終変更者:永田 / その他更新者: アセチルサリチル酸 / 管理人さん / 雪霞 / 提案者:羽幌炭鉱 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/05/03 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 14795 ホスト:14656 ブラウザ: 10443
【良い点】
設定・世界観がいい
主人公以外の味方キャラ及び敵キャラもしっかり目立ってる
話もしっかり作り込まれててテンポも良い
【総合評価】

2016/11/23 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 10400 ホスト:10359 ブラウザ: 10064
【良い点】
個性的な意見ですが、魅力的なキャラが多い点です。敵側に味方側にもそれぞれ魅力的なキャラが多く、善悪の区別を明確には書き分けていなく、主人公もダークヒーロー的な立ち位置だったため、どちらの側にも共感や感情移入してしまう部分がありました。
【悪い点】
せっかく魅力的なキャラが多いのに、見せ場があまりなく、消化不良で終わったキャラがいることです。主人公は主人公だけあって比較的に見せ場がありましたが、その他の味方キャラの戦闘シーンが非常に少なく、修行や成長で強くなった味方キャラの戦闘が1回ないし全くないといった状況です。途中で打ち切りになったため仕方ありませんが、もう少し主人公以外のキャラの見せ場が欲しかったです。
未来と現在を行き来しているせいで内容が複雑になっている点です。この点は漫画の鍵となる部分であるため、この設定があるからこそ面白くなっているのですが、もう少しすっきりとまとめて違和感のないようにしていただきたかったです。

【総合評価】
総合的には面白かったですが、どこか惜しい感じが否めません。打ちきりにならなかったら終盤はどのようになっていたのか気になる漫画でした。私は原作を読んだあとに2冊発売されている小説版を読みました。この内容では原作の後日談であったり物語の補完がされてますので私は比較的すっきりしましたが、原作だけを読んだときは後味の悪い感じが残りました。

2015/08/29 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:303(51%) 普通:87(15%) 悪い:208(35%)] / プロバイダ: 2585 ホスト:2616 ブラウザ: 8889
【総合評価】
良い評判のほうの打ち切り漫画大人買い
これは良い買い物をした

まず思ったのは近年ジャンプ漫画にしては寄り道が少なく着実にサイレン世界の謎を解き明かしている
話が進めば進むほど先が気になる作りとなっていて良い意味でアクションバトル漫画してる
キャラクターも特に不快感は無く、皆思うところにまっすぐと進んでいて楽しかったです

少し残念なのは絵かな
少年漫画としては悪くは無いんですが、少し見分けがつかないところがあった
というかキャラの特徴が服装ばっかで覚えにくいってのが正しいか…
あとこの作者漫画を描くのは上手いんですけど写実的な絵となると微妙ですね
特に一巻に出てくる富士山の絵…プラモデルかと…日本のシンボルである富士山を見て場所に気が付くと言うのは猿の惑星的で面白くはあるんですけどね

話の作りに関してはもう本当に良かった
未来に関する証拠集めで現代に行き、未来で真相を知ると…
ただ後半から未来でバトルばっかだったので証拠集めパートも好きだった私としては少し残念
それと残念なのは最初は主人公とコンビなのかと思うような扱いを受けていたヒリューがあまり出番が無かった事
なんだか初期の仲間が最後の最期で何の伏線も無く出てきてしまうのも少し行き当たりばったりかな
一応生きている伏線に関してはあったけど敵地に潜入している伏線は無かったので…
他の伏線回収に関しては十分できているので、もう少しなんとか出来ただろ!と作者の力量が発揮されなかったことを嘆きたい

全体的に打ち切りにしてはまとまっているし、打ち切り漫画の中でも上位に入るほど話もまとまっている
が、それは打ち切りの中での話だし終盤駆け足だったのも否定できない
見応えはあるのにどこか物足りなさを感じるのは、人間関係の描写が足りないからだと思う
特にヒロインの雨宮の描写かな 二重人格に関しては伏線はありましたけど、記憶が無くなる設定が二重人格に潰されちゃった感じがして、どうなるんだと思っただけにうーん…

キャラの掘り下げさえ出来ていればもっと上等になったんじゃないかな
ジャンプ作家にしては岩代先生は話を先へ先へと進めたがるほうではあるが、週連載だと色んな設定展開を見せても読者が疲れるだけだ
だから羽根休め的な話をもっと現代パートに盛り込むべきだったと思いますよ
巻末におまけ的なの載せてましたけどそういう話を当時アンケ送らなかった読者は必要としてたのでは無かろうか

2015/03/17 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 10200 ホスト:10490 ブラウザ: 9629
【良い点】
ストーリーが丁寧
バトルシーンのスピード感
脇役達やヒロインの思考回路が面白い

【悪い点】
主人公は微妙
服のセンスが絶望的にダサい

【総合評価】
一目でうわ…ダサって思っていたら、ネットでダサイレンってアダ名つけられててワロタ

前作のみえるひともキャラデザインは微妙でしたが、ほのぼの路線だったのと
最初からカッコつけてる気がしなかったので、あまり気になりませんでした
ですが、今作はカッコいい作品を書こうとしたのか、作者の思うカッコいいが完全に滑っていて
誰でも分かるレベルでダサくなっていたかと思います

ストーリーは、打ち切り決まってからの早足は残念でしたが
途中までは安定していて普通によかったと思います

2014/10/04 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:373(36%) 普通:204(20%) 悪い:465(45%)] / プロバイダ: 46114 ホスト:46134 ブラウザ: 10902
【良い点】
絵が上手いことぐらいしか思い付かない。
【悪い点】
・キャラの性格がひどすぎる。四六時中暴言吐いてた記憶がある。「このダメ人間…!!」「泣き虫ヒリュー」
・ストーリーがありきたり。
【総合評価】
「とても悪い」で!ここ数年のジャンプ漫画ってこういうのばっかしな気がするな…

2014/02/27 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1548(52%) 普通:747(25%) 悪い:664(22%)] / プロバイダ: 19568 ホスト:19717 ブラウザ: 6159
【良い点】
・ストーリー力の高さ
週刊少年ジャンプのバトル漫画という括りならば歴代でも随一

・バトルが上手い
みえるひとでも発揮していたバトルの見せ方は健在どころかさらに成長してる

【悪い点】
・設定が別漫画の寄せ集め
・終盤の加速感

【総合評価】
物語には引き込まれたし展開のさせかたもうまかった
伏線の使いどころが巧みで、タイムトラベルによって現在と未来をを行き来するたびに状況に変化がみられ
2つの世界が密接で濃い関係で繋がっていることにハラハラさせられます

ヒロインについても忘れたころにひょんと再登場する"おいてけぼり型ヒロイン"ではなく
私の好きな共に戦い守りあいながら成長し苦労までもを共にする"共闘型ヒロイン"なためキャラが立ち
存在感を発揮しながらも、最後まで主人公に寄り添ってくれていた雨宮さんの存在は素敵でした

この作品の最大の欠点として考えられるのは
壮大な物語を描きながらもその結末や道中で感動までを伝えるまでには至っていないことで
打ち切り?により全てを書ききれなかった事が影響として大きかったのでしょうが
これだけの王道的で団体円ともいえる話を書いておきながら涙腺が緩みそうになるシーンすらありません

たらればを言ってしまえばキリがないですが
作品としての価値を決めかねない終盤の大まとめでの加速っぷりが色々と台無しにしてしまっているので
追加で2,3巻分(せめてもう1巻分)のページがあれば、と考えると残念でなりません

その未完成度によりストーリーの評価は下げざるを得ませんが
それ以上に良さも目立った作品でしたのでオマケして【とても良い】とさせていただきます

2013/12/31 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:13(39%) 普通:6(18%) 悪い:14(42%)] / プロバイダ: 9453 ホスト:9258 ブラウザ: 7858
【良い点】
バトルシーンが上手い。
人がよく動く。
雨宮桜子、遊坂葵、雹堂影虎などのキャラ

【悪い点】
絵に丁寧さが欲しい。
ストーリーやバトルの内容に個性が無い。
デザインがダサイ(致命的)
星将がダ(ry

【総合評価】
ストーリーも絵もあと少し上がればもっと人の目につくと思う

2013/03/22 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 4363 ホスト:4373 ブラウザ: 5345
【良い点】
最初の方は色々工夫されている。伏線が多い
未来に行って成長した子供達と会うのが面白かった。
自分の内面との対決など。「腕一本もーらった」と言うだけあって2面的。

【悪い点】
メインキャラが少なく、桜子だけ一緒にいる。

【総合評価】

主人公は普通ですが能力バトルや世界観には魅力があります。

2013/03/19 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:171(61%) 普通:46(16%) 悪い:64(23%)] / プロバイダ: 1593 ホスト:1535 ブラウザ: 10943
【良い点】
能力をゼロから使いこなしていく経緯をみることができ、変化が楽しみなところがありました。

【悪い点】
なんで打ち切られたの!?

【総合評価】
打ちきりになったのがとても惜しい…

[推薦数:3] 2012/06/07 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 27699 ホスト:27768 ブラウザ: 3458(携帯)
本作は待ち受ける最悪の世界を回避する為に現在と未来を行き来するといった内容となっています。

前作の「みえるひと」同様、ストーリーの運び方と展開が丁寧で、特に今回は主人公であるアゲハらキャラクターの行動が目に見えてストーリーに絡んでいるのでページをめくるのが楽しい。特に、先の見えない不安定な未来から目を背け、現実に生きているようでその実、いま自分が何をしたいのか――現実とすら向き合わなかったアゲハが未来に目を向け、今できる最善を模索し、奮闘する様は勇気づけられます。

本作の重要な要素であるPSYの設定ですが、これがシナリオの方でもバトルの方でもよく活きていて感心しました。バトル面ではPSY=心の強さと思える描写がちらほら合って、中身が薄くなりがちなバトルを盛り上げてくれました。

とりわけアゲハのPSYは彼の心情を反映しており、心の成長が絵の方からも感じとることができます。(具体的には、自身も制御しきれていない暴力衝動の塊だった“暴王の月"から破壊の本能に指向性を加えた“暴王の流星"、そこから発展して破壊衝動を自身に留めた“暴王の円盤"、さらに暴力を護る為に用いた“暴王の渦"。最後は暴力衝動を剥き出しにして、本能と理性を共存させた黒いノヴァ化。)

この物語の根幹にあるテーマは“繋がり"だと思います。未来を変えるなんて芸当は、アゲハを一とした沢山の人達が助け合い、自分達にできることをしたからこそ起こり得たのです。
最終回で雨宮が言ったように、人は誰かが隣にいるから生きていられる。人一人ができることなんてたかが知れてるけど、人と人が繋がり、人は世界と繋がっている。当たり前のことだけど、この作品を読んで、改めてその大切さを感じることができました。

残念なのは物語の序盤がPSYを覚えるまでやや退屈だったこと、ギャグがいまひとつであること、打ち切りの為か終盤が駆け足になってしまったことを考慮し、評価は「とても良い」にしておきます。
[共感]
2012/06/12 この作品の根幹テーマやストーリー等、良い点悪い点を的確に指摘していると思います。 特に「暴王の月→流星→円盤→渦→黒いノヴァ」…アゲハの能力の変化に関する考察にはハッとさせられました。 by 伏魔の剣

[推薦数:1] 2012/05/22 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:15(23%) 普通:12(19%) 悪い:37(58%)] / プロバイダ: 27162 ホスト:27010 ブラウザ: 12055
完結したので改めて評価します。
この作品で駄目だと思った点は「軸のない人物描写」と「敵の強さの見せ方の弱さ」と「何が何でも敵に良い面を持たせようとしてバリエーションのない敵ばかり」と「数々の作品から盗用したと思われる設定やコマ割り」です。

軸のない人物描写に関してですがこの漫画のキャラはその場その場で性格が変わったり何の前ぶりもなく裏切ったり改心したりするので全然魅力を感じません。
特に酷いのがヴィーゴと朧でヴィーゴはマリーを襲った後、ちょっと抵抗されたくらいで急に改心し、あっけなく死にます。
これでは「弄ばれた人間の哀れさ」というより「勝手に裏切って死にに行った馬鹿さ」しか感じられません。
朧はタブーという人外になるのですが見た目が人間のままなので全然悲劇に見えませんでした。
その後世界を我が物にしようという野心を見せるのですがその後あっけなく気絶して最終回までその野心を実行しませんでしたし最終回もそういう野望が「まるでなかったように」平穏な暮らしをおくっているのです。
一体彼は何がしたかったのでしょうか?こういう人物描写の弱さや下手さがこの作品の最大の欠点だと思います。

敵の強さの見せ方の下手さですが絶望的な戦力差があるようなこといわれていたのにノヴァやらハーモニウスやら一芸身につけたくらいであっさり敵と互角の強さになり「それくらいで強くなれるのにこんなに未来が荒廃してるのおかしくないか?」としか感じられません。
あとバトルがひたすら見づらい。
アゲハや朧やタブー操る能力の星将(名前忘れました)など顔の書き分けもできていないのでキャラの見分けもつかない。

何が何でも敵に暗い過去を持たせようとしてるのはもう飽食です。
前作のパラノイアサーカスとハゼ(だっけ?)、星将、グラナ、弥勒、06号・・・もうお腹いっぱいです。
バーン様やケスドア様やフリーザ様みたい同情の余地の無い悪党を作者は書けないのでしょうか?
そういう敵の方が倒した爽快感があると思います。
こういうストーリーで引っ張るタイプのバトル漫画では特に。

数々の作品から盗用したような設定・コマ割りは具体的にいえば未来と過去の行き来の説明がガンツに酷似。
宇宙から飛来した敵の説明がARMSのアザゼルの解説に酷似。
アゲハの父がエアマスターの時田と同じセリフを言う。
未来の成長した孤児たちが駆けつけるところはオーロラの彼方へに酷似。
1巻の表紙が灼眼のシャナに酷似。
星将がブリーチの十刃に酷似。
探せばまだあるかもしれませんがとにかく既視感が酷かったです。

以上の理由より最悪評価です。
冷静に見れば打ち切りながら伏線を大体回収できたことなどところどころ良いところもありますがやはり連載当時、読んでて不快なくらい出来が悪いと感じたのも確かなので辛口になってます。

2012/03/15 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:20(48%) 普通:4(10%) 悪い:18(43%)] / プロバイダ: 17582 ホスト:17455 ブラウザ: 12615
【良い点】
読者の予想を裏切る展開。
キャラに魅力がある。
テンポの良さ。

【悪い点】
初期の絵の拙さ
若干センスが古い

【総合評価】
ジャンプ漫画にしてはよくできている漫画という印象。
完成度は高い。
打ち切りが惜しかった。

[推薦数:1] 2011/10/22 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:698(59%) 普通:230(20%) 悪い:248(21%)] / プロバイダ: 17970 ホスト:17960 ブラウザ: 13300
キチガイとヘタレが繰り成すサスペンス。キチガイ愛好家必読のバイプル。

「古臭い」「ダサイレン」と言われる本作ですが、キチガイ描写に関しては芸術レベル。
芸術っつーかもうセガ並に未来を見据えているレベル。真似しようともできないだろう。
キチガイを学ぶ絶好の教科書であるのでキチガイ漫画を描きたい人は是非参考するように。
そして岩代先生の送り出したアイドルが数多いのが評価の高い理由の一つとして挙げられる。
第1のキチガイヒロインアイドル雨宮さんは容赦ない活躍を最初から最後までやってくれる、
読者の期待を全く裏切らない、それでかつなんとも可愛らしいヒロインとして描かれていた。
(ex.鎖鎌やトンファー装備、「腕一本もーらった」、背後から華麗なるキック)
黒宮さんことアビスのキチガイっぷりもこの漫画のダークっぷりを印象付けているかのようなキャラで、

そしてこの漫画の主役となるキチガイアイドル――――遊坂葵。
バールのようなものを装備し、無差別に殺人を行い、相手がATBであろうとも殴りかかるキチガイ。
「オイオイ主役差し置いて何喋ってんだよ!?」の一言は遊坂さんを代表する名言かつ、かっこいい。
キチガイかつ外道なのになんでこんなにカッコイイんだろうか。遊坂さんはプロの悪役なんだよね。
とにかく殺っていることが全くブレていない、彼の最期も彼らしいカッコイイものであって、
恐らく数年は記憶に残るであろう、っていうか五本指の中に余裕で入るキチガイだと自信を持って言える。
全く、キチガイは偉大だぜ!

ヘタレアイドルも忘れてはならない。恐らく岩代先生は愛しているのだろうか、
それとも狙って描いたのだろうか、ヒリューくんとドルキさん。ヒリューくんはものすごく地味。
普通だったら空気扱いとかで済むのに、所謂ヤムチャポジションで描かれているのが笑いを誘う。
そしてドルキさんは遊坂さんとは違ってなんとも小物かつ、WISEのみんなからは嫌われている上、
最終的にはかませとしてやられちゃったというのにどこまでも印象が残ってしまったヘタレアイドルへ。
それはぼくたちがヘタレ大好きだから、というのもあるかもしれないが、あのしつこさは評価すべき。
「クソをクソ程浴びて死ね」は実に小物であるドルキさんらしい名言。

前作みえるひとはかなりゆるい作風で、正直バトル描写は左程面白いものではなかったのだけれど、
中盤から本当にバトル描写が巧くなりましたね。逆に言えばそこまでが面白味に欠けるものだったんだけど…。
初期の頃のサバイバル描写はすげー面白いというのに戦闘が残念だったという何ともアンバランスさ。
犬飼編の辺りは少しダレてくるだろう。だがそれを乗り越えてこそ上記の遊坂戦は緊迫感があるものだったし、
ミロクVSグラナという強者同士の戦闘、そして終盤のルート編は構図や演出が光っているものだった。
ただラストバトルに関しては尺を長くするべきだった、実に惜しい。アニメ化希望してたのになー。
一応円満終了ということで最後まで描き切らせてくれたのが救いだったんですけどね。

岩代先生のキチガイ描写は大好物なので次回作早く読みたいなー。
[共感]
2011/11/23 岩代作品面白いですよねー。次回作早く読みたいですね。 by こおりやま

[推薦数:2] 2011/10/15 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:95(65%) 普通:13(9%) 悪い:38(26%)] / プロバイダ: 11307 ホスト:11103 ブラウザ: 11131
【良い点】連載されていた頃は毎週楽しみに読んでいました。
まず褒めるべき点は、展開の運び方です。正直に言いますと何度も予想の斜め上を行く展開をされて良い意味で裏切られました。
現代パートで巧妙に伏線を張っておいて、未来パートにて華麗に回収するという方式も良く考えられていたと思います。
ネタバレになってしまうので詳しくは書けませんが特に4thステージなどは素晴らしかったです。
そして次には個性的なサブキャラ達ですね。
エルモアの子供達が出ている時は無性にワクワクしましたw
敵キャラに関してもWISEの人たちを初め、皆性格やビジュアルなども含めて上手く書き分けられていたのは良かったと思います。
絵に関しては決して上手くはない(特に顔は若干古臭い)ですが、体は上手く書けていますし、躍動感のある描写ができているのでさほど気になりませんでした。
むしろ空中の動きなんかは結構上手い部類に入ると思いますよ

【悪い点】
服のセンスが若干悪い。(てか古い)
主人公達が良くも悪くも大人びてしまっているので、小学生や中学生なんかには受けにくいキャラになってしまった事。
の二つですかね。

【総合評価】
ジャンプ紙上でもかなり応援していた作品でした。
打ち切られてしまったのが本当に残念ですね。
あと、なんかガンツとかハンターのパクリとかと一部で言われていたようですが、全く気になりませんでしたよ。
言われて始めてああそうかもと認知したレベルです。
正直上の二つの作品も大好きなので、このように引っ張りあいに出すのはやめていただきたいものです。
とりあえず読んで見れば分かります。かなり面白いですよ。オススメです。
評価はとても良いで。
[共感]
2012/06/02 話作りがうまいところ、描写に関して同意。服のセンスはファンがファッション誌送ってもダメだった。 by VICE
2012/03/02 確かに展開の運び方は素晴らしかったですね。岩代先生の発想にはもはや脱帽しましたね。 by すわろう

2011/09/03 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(50%) 普通:0(0%) 悪い:3(50%)] / プロバイダ: 35983 ホスト:35861 ブラウザ: 2059(携帯)
【良い点】

・バトルシーンと能力
・最初のストーリー6、7巻まで
・修行による主人公達の成長

【悪い点】

・キャラクター好感が持てない
・後半からのストーリー・パクリが目立っているため作家のオリジナル性があまり感じられない

【総合評価】
前半のストーリーは文句無しの最高なのだが徐々に失速
キャラクターにも個性が薄い為好感も持てない
それに話しも大げさになって分かりづらいも目立ち風呂敷をたたみきれないまま打ち切りになった為前半の評価と後半の評価を引いて良いにします

もっと読む

「【良い点】無いです【悪い点】個人的に絵が嫌いでした全てにおいて浅はか【総合評価】基本ジャンプに連載さ...」 by sova


次のページを読む

この評価板に投稿する


2017/01/21 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 46115 ホスト:45977 ブラウザ: 10902
絵はいいけどヒロインの性格がなぁ…

もっと読む

「僕もドルキさん大好きです。あの噛ませ犬っぷりが良いですよね。カイルに最後まで名前覚えて貰えないし。...」 by ジャンプ大好き


次のページを読む
2015/11/23 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 2252 ホスト:2361 ブラウザ: 10659 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/面白い 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像良い(+1 pnt)

もっと見る
1. everyday、漫画Life#442「『コンプリートしていない作品でコンプリート出来そうな作品』『コンプリートしていない作品でコンプリ by 陣兵
... 探偵脳噛ネウロ ・To LOVEる-とらぶる- ・賢い犬リリエンタール ・ぬらりひょんの孫 ・テガミバチ ・CLAYMORE ・エンバーミング-THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN- ・紅kure-nai ・貧乏神が! ・Luck Stealer コンプリートしていない作品でコンプリートが不可能そうな作品 ・タカヤ-閃武学園激闘伝- ・PSYREN-サイレン- ・アスクレピオス ...
記事日時:2015/10/24 [表示省略記事有(読む)]
2. 週刊少年サンデー32号感想 by 伏魔の剣
... のじいさんと出会い通訳事する形で龍ちゃんらと関わり合い始めるという。 まさかこう絡むとは思わなかった…。絡ませるにもそのキャラクターがまた発展する様な描き方が巧い。そして笑顔が可愛いです(⌒-⌒; ) 九重さんもこの試合で復活するのだろうか。 常住戦陣 ムシブギョー 蟲奉行 うん…やっぱ脱皮した真田の能力がPSYREN-サイレン-のアゲハ君 ...
記事日時:2013/07/18 [表示省略記事有(読む)]
3. サイレンってやっぱり面白かったんだな by 将軍
... PSYREN-サイレン-」 を読み返しています。 1、2年前にジャンプで連載していた岩代俊明先生の第2作目です。 しっかし、この作品こんなに面白かったっけな(笑) 当時から好きで、単行本も集めていたのですが いつ終わるかわからない(切られそうで切られない)ぎりぎりの掲載順だったので、毎週毎週ヒヤヒヤしながら読んでいました( ...
記事日時:2012/03/01
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ