[漫画]お茶にごす。


おちゃにごす / OTYANIGOSU
  • 面白い
  • 感動
  • 可笑しく笑える
  • 考えさせられた
  • 楽しい
  • 道徳心&モラル
  • 友情
  • 格好良い
  • 可愛い
RSS
漫画総合点=平均点x評価数76位8,764作品中総合点111 / 偏差値81.30
漫画平均点102位1,326作品中平均点2.09=とても良い/53評価
2007年漫画総合点2位389作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
ストーリー2.79(最高)14
キャラ・設定2.71(最高)14
画力1.79(とても良い)14
面白い93%13人/14人中
感動79%11人/14人中
可笑しく笑える79%11人/14人中
考えさせられた64%9人/14人中
楽しい64%9人/14人中
もっと見る
属性投票する
著者:西森博之
出版社:小学館
日本 開始日:2007 週刊少年サンデー 2007年18号〜2009年35号 / 終了日:2009/07/29
72,7505953
最近の閲覧数
124189224134
この作品を漫画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/01/12 / 最終変更者:永田 / その他更新者: 羽幌炭鉱 / 提案者:堕天使 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/11/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1548(52%) 普通:747(25%) 悪い:664(22%)] / プロバイダ: 8394 ホスト:8261 ブラウザ: 8587
最強の不良と恐れられるマーくんが、天使とすら評される茶道部部長と出会い、マーくんなりの
ペースとやりかたで茶道の心得を学んでいくことになります。いつもの西森漫画といって遜色は
ないのだけど、漫画の肝であるキャラ立ちが西森漫画の中でも秀でていました

天使な部長と悪魔なマーくんのコントラストが際立っていますが、正反対のキャラでいるようでいて
それでいて根っこは似ているんです。悪を許せず困っている人を放っておけず手を差し伸べてあげる
ことができる。二人だけではなく夏帆にしろ山田にしても、みんな何かと純粋で正義感が強いところ
はソックリ

話としては優しさの権化でもある部長が物語を動かすのではなく、あくまで偶像としての存在で
でしゃばっていないのがよかったのかな。マーくんにしても、狂犬の夏帆にしても部長に憧れて
歪ながらも優しさの道を追い求めようとしていくところに西森節が炸裂していて笑えました

2017/01/21 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7(88%) 普通:0(0%) 悪い:1(12%)] / プロバイダ: 46479 ホスト:46317 ブラウザ: 10081
【良い点】
キャラが個性的で、それぞれが物語の中で良く引き立っていた
西森作品にしてはほのぼのとした雰囲気が流れているが、その中でもしっかりと西森ワールドが展開されていた
終わり方もとても綺麗
【悪い点】
特になし
【総合評価】
最高にします

2016/05/19 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 40789 ホスト:40959 ブラウザ: 10299
【良い点】
キャラが最高に良い
キャラの掛け合いや行動がとても自然で面白かった
【悪い点】
もう少し、いやもっともっと続いて欲しかった。
【総合評価】
終わったあと良い余韻に浸れる漫画
この人の作品は読むと性格良くなりそう

2016/05/18 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 10430 ホスト:10563 ブラウザ: 10229
【良い点】
キャラクターの立ち方が素晴らしい。
いちいち面白い。
【悪い点】
短すぎ!

【総合評価】
100点

2016/01/19 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 12816 ホスト:12940 ブラウザ: 8318
【良い点】
素晴らしい読了感を与えてくれる作品。
ヤンキーものはそんなに好きでないがこれに限っては何週もしている。
【悪い点】
しいて言うなら新品が手に入らなかったこと
【総合評価】

2015/03/28 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 10396 ホスト:10654 ブラウザ: 9629
巻数が少なく内容的にも読みやすかったので、久々に最初から最後まで一つのマンガ作品を
通して読む事ができましたが、本当に面白かったです!!

キャラはこの作者らしさ全開で、憎めない不良や仕草の可愛い女の子達だらけでしたし
ギャグも、鼻からうどんが伝染とか、ブルーの髭の濃さを宇宙的に表現したりとかに
ツボる程に笑わせて貰いました! この作者の特徴は、何と言っても現実から笑いを見つけて
作品内でキャラ達と一緒に楽しむ事ができる所だと思うのですが
それがいつも通り発揮させられていて、釣られて笑ってしまいました!

キャラは、悪魔まーくんと狂犬ノラの掛け合いは本当に面白かったですし
部長の茶道を嗜む者らしい優しさも、彼らとの対比になっていて凄くよかったです
また、部員一人ひとりの個性付けも丁寧で、副部長のホニャララとか、ちょっとおバカな
キャラをそのように書けてるのは好印象でした

そして、ストーリーなんですが、凄く考えさせられました
心って何だろう…優しさって何だろう…そう言う所がテーマだと思いますが
それを表現するのにまーくんというキャラは相応しく出来上がってました
悪魔まーくんは自分には“心"が無いのではないかと悩み
彼の意地になって優しい人間になろうとしている姿が物語の中心になっているのも
凄く好感が持てますし、彼なりに優しさを真剣に考え、躊躇いなく行動に移す様は本当にカッコよかったです

すぐ近くに部長という理想とも言える目標が居たのも、彼の行動原理の後押しになっていて
物語に説得力が出ていました。部長の行動一つひとつに無償の愛とも言える優しさに溢れており
彼の部長に対しての憧れが凄く分かりやすくなっていました
そして、最初からですが彼の憧れは部長への恋の様に描かれており、一生懸命に優しくなろうとする悪魔まーくんと
心美しい部長の関係は凄くお似合いで…読んでるうちに彼らの仲を応援するようになってました
最終巻では、狂犬に諭されて真っ直ぐに部長の所に向かうまーくんには感動させられました

ラストは、ハッピーエンドと言えると思いますが、あと一話使って
彼と部長の一時をもっと見たかったと思わされました。余韻を大事にしたのでしょうが…
もしかするとこれで、わびさび、という物を表現したかったのかも知れません

2014/09/28 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:12(80%) 普通:3(20%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 45568 ホスト:45390 ブラウザ: 10470
【良い点】
・キャラひとりひとりに個性があっていい
・ストーリーも分かりやすく、読みやすい!

【悪い点】
ないですねー

【総合評価】
私が茶道部に入るきっかけとなった漫画です!←部長のような部長にはなれなかったけど(´д`|||)
まーくん、夏帆ちゃん、部長、ヤーマダなどはもちろん、ブルーとかアニ研の部長など、個性豊かなキャラばかりで最高!(ノ´∀`*)
悪いところが見つかりません!
せめてもう少し続けてくれれば…!

2014/03/01 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 9911 ホスト:10122 ブラウザ: 5655
【良い点】僕は、とてもこの作品が好きです。お勧めです。細かい事は分かりませんが、鋼鉄の華っ柱で夏野がだだこねた様にだれが何と言おうとこの作品は面白いと思います。

【悪い点】
11巻で終わるなんて酷すぎる。あとは想像でという子供の時に理不尽に感じたドラマの様。想像力は働かせることは出来るけど西森さんの想像が知りたいのです。

【総合評価】
続巻がみたいです。つまり最高です。

2013/04/23 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:303(51%) 普通:87(15%) 悪い:208(35%)] / プロバイダ: 2585 ホスト:2616 ブラウザ: 4180
【総合評価】
良くも悪くも無いと言ったところでしょうか…
今日俺のときとは違い今回は作品にテーマがある「優しいとは何か?」である

顔が怖いので周りが怯えてしまう、だけど本人はそのことに気が付かず
ただ、ひたすらに優しい人を目指すため、部長に憧れ、部活に入って優しさについて学ぶ
話の一つ一つを断片的に見るとどれも 問題起きる→まーくんに助けを求める→色々あって解決ではあるのだが、本作はその色々あっての部分が面白い

起承転結における『承』と『転』の部分かな。どう問題ごとに巻き込まれていくか どう解決するかというところが見どころである 5W1HでいうところのH
どう助けるかと言う部分で、暴力で解決するだけの話にも見えるかも知れません。でもマー君はマー君なりに暴力を使わず それでいて困った人が助かることだけしか見ていない。それがこの作品の一番の魅力だと思う

最後には自分の長所を生かして人に優しくするという事を覚えますが、結局こまった人の事しか見えておらず肝心の自分がどうか 自分は何をしたいのかという事を夏帆に教えられてぼかしたEND
ぼかしたオチというと悪いように聞こえますが、この作品はこの終わりだからこそ読後に爽快と言って良いほど爽やかな気持ちになれるのだと思う
ただ部長がマー君とくっついて終わりだと今まで優しいを求めた結果好きな人が手に入りましたーってな感じで少し薄っぺらくなるし 振られたら振られたでその後もマー君は自分が不幸せなのに人に優しく出来るのか?という疑問点を残してしまう それを考えるとこのオチはべストだと思う

もちろん、打ち切って欲しくはなかった。後輩もキャラが立ち始めたところだったのにぽっとでのキャラとなってしまった ですが、部長を卒業させた時点でこの作品は終わりに近づいていたように思える。部長に憧れて入った茶道部なのに部長無しでは物語的にマー君が部室にいる意味が無くなってしまう そういう事を踏まえても部長卒業で終わりが近づいてたと言えよう

もう少し優しいを目指すことで成長するマー君や山田の恋愛についても掘り下げが欲しかったがこのままでも悪いことは無いですね ただ、部長卒業はもうちょっと引き延ばしても良かったと思う

PS・最近細かく調べてみたところ、打ち切りでは無く卒業以降の展開は作者が望んでやった展開らしいです…早とちりですいません

2013/01/06 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2202(58%) 普通:766(20%) 悪い:853(22%)] / プロバイダ: 25514 ホスト:25733 ブラウザ: 5829
部長、結婚してください!
これがこの漫画を読んだときに最初に感じた事です。なんちゃって。

不良同然の男子(本人は別に戦いたいわけじゃない)二人が茶道部に入るストーリーなんですけど、ヒロインが全体的に可愛いですよね。
船橋はバカで荒々しいけど、優しくて平和主義の良いヤツだし、山田はそんな彼をフォローする良い役回り。
三橋伊藤ほどのコンビ感はないけど、これもわかりやすい友情で良いです。
信頼感は相当強いだろうし、いざっていうときの熱血漢ぶりがやっぱりカッコいい。

茶道部の青春というストーリーだけど、序盤のアニ研とのエピソードや、そこからそのメンバーと仲良くなっていくのはかなり良かったんじゃないでしょうか。
やっぱり序盤ですね。誰からも、勝手なイメージで嫌悪されていた奴らが、その真意を初めて知ってもらっていくところですから。
茶道部は、彼らが良い人だと認めない夏帆がいたのが良いんでしょう。
彼女の心変わりがやっぱり話のメイン。ツンデレ系だけど、非現実レベルではなく、素直で健気。不快感もそこまで大きくないです。

部長はもはや、日本男児が最も好きなタイプでしょう。
まさに大和撫子タイプで、母性溢れるお姉さん的なキャラですよね。天然ボケぶりも、そこまで前面に押し出されているわけじゃないんで。
ていうか、西森キャラではまだ常人ですね。バカじゃないぶん。
ビジュアル的にも最高レベルだし、性格はもはや女神。

恋愛描写も、わりと少な目なのになんか甘酸っぱい。
そのうえ、エロ描写は皆無なので安心して読めます。

部長だけで最高。ストーリーも他キャラクターもギャグも最高レベルだと思う。

2012/03/12 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:9(82%) 普通:0(0%) 悪い:2(18%)] / プロバイダ: 9650 ホスト:9550 ブラウザ: 8813
【良い点】
もう全てにおいて最高でした
西森先生はこの作品で絵柄をまた少し変えようとしているかのように感じました(今日から俺は〜のギャグキャラの絵が特に更なる進化をされたかと)
部長さんがすごくかわいいですね
後半数巻に渡る二人の心理描写など、本当に素晴らしかったです
先生のマンガでは初めて涙しました
合宿〜肝試し編もギャグ的には最高でした(樫沢はポスト今井ですね)

【悪い点】
雑誌オトナファミ 西森特集のインタビューの中で、部長卒業後、もう少し話しが続いて(もう+1巻)書く予定だったけれど目が悪くスランプに陥り、書けなかったと仰っていました
現在でも素晴らしい流れ、構成でしたが、もし機会があれば構想にあったものも読んでみたかったです

【総合評価】
最高!!
ここまで心を打つ感じは今までの西森作品には無かったように思います
ホント名作でした
単行本もあまり本屋さんでは見かけませんが、廃版にならないでほしいです

[推薦数:1] 2012/01/20 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:688(68%) 普通:128(13%) 悪い:191(19%)] / プロバイダ: 16079 ホスト:15997 ブラウザ: 4788
【良い点】
・西森作品に茶道を取り込んだ発想

・西森節は健在。ギャグとシリアスのバランスが巧い
ギャグは落ち着きすぎた気がするが、
シリアスシーンなどの間、心理描写などの使い方が巧みになっている

・画力の向上が明らかに見られキャラに惹かれる部分があがった

・西森主人公で喧嘩は強いが一番内向的ともいえるくらい「優しさ」
について思索するマーくん。その相棒のチャラいところはあるが
しっかりした性格で優しい山田、お姉さんヒロインキャラの部長(先生こういうキャラ
も作れるんだなと驚いた)、ツンデレで狂犬的な夏帆など仲間キャラでは好感が持てて印象に残った
先生のキャラ作り引き出しの多さに驚く

【悪い点】
・話自体は脱不良がテーマでもあるので落ち着きすぎて地味に感じるのが多い

・全11巻だったがまだ掘り下げられたんじゃないかと感じたまま終わった
打ち切り説濃厚な道士郎よりも個人的には打ち切り臭を感じてしまう
ただ脱不良がテーマで3年生でヒロインの部長が卒業するとなにかと話が作りにくかったのだろう
同級生の夏帆をヒロインにすれば(それだけの器があったキャラだと思う)、マーくんとの関係を含めて
(部長を憧れの人、夏帆を気になる存在的に)3年で卒業まで綺麗に行けたのかなと感じたりもした(部長がマーくん
に惹かれる描写がやや唐突だったので)

・ブルーを含めてライバル・悪党の実力が力、頭ともに危機感を煽るものが過去に比べても完全になかった
こうなるとバッサリとカットでも良かったのではとは思うが、茶道日常漫画だけでやるのもそれはそれで
持ち味が出たとは思えないのが難しい所

【総合評価】
西森作品で4作目の読破になるが、今日から俺は>天使な小生意気≧お茶にごす>道士郎でござる
くらいが個人的な実感だった。どれも面白いとは言えて、特色がそれぞれに違う辺りが凄い漫画家
さんだと思った。本作自体の評価は「良い」で

2011/12/20 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:22074 ブラウザ: 2099(携帯)
このマンガはキャラの性格がとても様々でおもしろかったです。
まークン、ヤーマダ、部長、夏帆ちゃんなどキャラがとても生き生きしていました。
今日俺に比べるとギャグは抑えめかなと思いますがその分感動的なシーンも多いですし、所々でしっかり笑えます。(名言「お前のアゴは青かった」や、肝試し、アニ研関係の話など)
しかし何と言ってもまークンが優しくなろうとするというのが大きな筋だと思います。家庭の事情や部長との出会いがあり、何としてでも優しくなってやろうというまークンが無意識の内に無理をしていってしまうのは辛いです。部長はずっと見守ってくれていて、夏帆も山田も見てくれていて、ラストは本当にうれしかったです。文句なしに最高!!ぜひ読んでみて下さい。

2011/02/01 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 15735 ホスト:15603 ブラウザ: 3418(携帯)
面白かったけどなにか物足りないような気もします。
終わり方は割と良かったかな。
西森先生好きだけど、これはどちらかというと微妙な位置です。恋愛や優しさをテーマにしてるからかもしれないけど、天使な小生意気より笑えるところも少なかったですし。
でもまークンの過去とかは良かったです。

[推薦数:1] 2010/09/10 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:670(88%) 普通:60(8%) 悪い:33(4%)] / プロバイダ: 18359 ホスト:18390 ブラウザ: 3876
私が高校生ぐらいのときデビューした漫画家である。ずっとファンで面白く見させてもらった。

私は前作道士郎かこちらを最高傑作だと感じる。確かに今日から俺は面白い。天使な小生意気も可愛い。しかしはっきりとした作家としての成長が見られる。これだけ面白いものを書く漫画家は普通マンネリ化になってきたり、得意なものの名人芸になるだけである。得意なヤンキー喧嘩ものか、ギャグを伸ばしていくそんな感じになる。

私は今回泣きそうなぐらい感動した。前からそういうものは描いてはいたが、繊細な心理を言葉は少なめに描写して、流れとしてそういう場面に持っていく。上手い。好きなシーンはやはりラスト、かほとのやり取りの後、先輩に会いに良くあの流れ。泣かせますよって感じの台詞の応酬が無い。あまりそういうのが得意では無いのかもしれない。ただそれでも二つ三つの会話で十分に伝わる思い。後は絵で片付ける。

どれだけ思い出しても昔はこんな上手さ無かったよなと思える。場面としては似たような場面はちょくちょくある。でも何か上手さを感じる。

しかし、今回はいろんなタイプの女の子が可愛く出てきた。この作者こんな風に変わるとは感慨深いものがある。
[共感]
2011/01/29 あえて台詞を書かない、この様な作品が私は一番難しいと思っています。そしてそれが理解出来た時の嬉しさは言葉にできません。ただ、一般受けはしないんですよね(笑 by シャック

もっと読む

「【良い点】相変わらずキャラがいい絵が綺麗になった【悪い点】喧嘩パートが地味【総合評価】ストーリー、構...」 by コンラッド


次のページを読む

この評価板に投稿する



2018/08/14 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 27824 ホスト:28030 ブラウザ: 10492 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事可笑しく笑える/楽しい/面白い/格好良い 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像最高(+3 pnt)

もっと見る
1. お茶にごすの作品評価における過ち by バジリコ
... ){this.width=window_width*0.96;}}else if(window_width && this.width>window_width*0.75){this.width=window_width*0.75;}"> 上記を見て頂ければ分かるように、はっきりと打ち切りと書いてしまったがなんとなーく『お茶にごす』を調べていたらこんなもの http://websunday.net/backstage/ ...
記事日時:2013/04/29
2. リアリティと現実逃避 by 名もなき詩人
... の良さがあると書きたくて書いたところが大きい。現実逃避。娯楽としてこの作品は優れていると思う。 カウボーイビバップ 雰囲気アニメ、現実逃避してしばしこの作品世界に入り込める。 天空の城ラピュタ 現実逃避。その時間ただこの作品を見るためだけに使っている事で満足できる作品。最近は見てないのでどれぐらい良かった忘れてしまった気もする。 お茶にごす この作品結構 ...
記事日時:2011/11/08 [表示省略記事有(読む)]
3. "『週刊少年サンデー 連載作品』史Ⅰ" by 陣兵
... 」(ビッグ錠先生著) 「大空のちかい」(九里一平先生著) 「鳳ボンバー」(田中モトユキ先生著) 「王立院雲丸の生涯」(広井王子・池上遼一先生著) 「おさるなまさるくん」(長谷川清先生著) 「おじさんBOY!!小学中学生」(渡部精二先生著) 「おそ松くん」(赤塚不二夫先生著) 「お茶にごす。」(西森 ...
記事日時:2010/12/27 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ